『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

定番デスク徹底分析!コイズミファニテック「ビーノ」2021年度版

学習机評論家をやっていると、ついつい目新しいものを追い求めたり、逆に昔話やウンチクを語ってしまいがちです。しかし、今年学習机を買おうと思っている人にとっては、そんなことはどうでも良い話。いま用意されている選択肢こそがすべてです。

そこで、学習机選びの道先案内人として、売場で商品をひとつひとつ紹介していくようなスタンスで説明するのも良いのではないかと考えました。普通ならその店の商品しか紹介できませんが、私なら他店の商品も紹介できます。

というわけで、今回はまずコイズミファニテックのロングセラー「ビーノ」から紹介して参りましょう。

※価格および仕様はすべて2020/10/25現在

 

コイズミファニテック・ビーノ

カラーバリエーション

  • 2色=NS色とWT色

ラインナップ

商品名サイズ W×D×H(mm)税別価格品番
90デスク900×600×73043,500円BDD-071NSBDD-171WT
105デスク1050×600×73046,100円BDD-072NSBDD-172WT
120デスク1200×600×73052,700円BDD-073NSBDD-173WT
リフティングワゴン413×495×585~73036,200円BDW-064NSBDW-164WT
ワゴン415×495×58529,700円BDW-065NSBDW-165WT
スリムワゴン300×442×585~73032,300円BDW-066NSBDW-166WT
サイドチェスト420×600×73042,100円BDW-067NSBDW-167WT
90デスクシェルフ894×233×35023,700円BDA-062NSBDA-162WT
105デスクシェルフ1044×233×35025,000円BDA-063NSBDA-163WT
本立て450×210×32014,500円BDA-081NSBDA-181WT
エクステンション本立て469~864×210×32020,800円BDA-082NSBDA-182WT
マルチラック600×343×112545,000円SDB-061NSSDB-161WT
シェルフ600×284×141938,800円BDB-078NSBDB-178WT
エクステンションシェルフ600~1058×299×141951,400円BDB-079NSBDB-179WT
チェストシェルフ350×600×150048,700円BDB-068NSBDB-168WT
ビーノチェア434×495~576×76527,700円BDC-37NSIV
BDC-38NSDB
BDC-39WTIV
BDC-40WTDB

特徴・人気の秘密

コイズミファニテックのビーノは10年以上続くロングセラーです。ロングセラーでありながら人気は衰えるどころか、むしろますます売れ筋になってきている、非常に稀な存在です。

ビーノの人気の秘訣はシンプルなデザインで、かつサイズバリエーションが豊富で組み合わせも自由に選べるというところ。それだけでなく、天板にナラ突板を使っており質感が上々。国産の浜本工芸の学習机は予算オーバーだけれどビーノなら…という方も多いです。

ここ数年減少傾向である天板リフティング式のワゴンが選べる、コンパクトな90cm幅がある、お揃いの本棚を選ぶこともできる、といった点も人気の理由です。2021年度はさらにデスクシェルフが加わり、上棚付きのベーシックデスクとして使うこともできるようになりました。

店舗限定オリジナルモデル

ビーノ50

首都圏と関西圏で展開している島忠ホームズ、東海圏のファニチャードーム(安井家具)では、奥行50cmの「ビーノ50」があります。リビングダイニングに置きたいという方に人気があるようです。

よく比較検討されるデスク

コイズミファニテック・ルトラ

ビーノは天板がナラ突板なので高級ですが、「ルトラ」はメラミン合板なので価格が手頃です。奥行55cmで圧迫感が少なく、リビングダイニング向きと言えるかもしれません。

セレクトデスク比較!コイズミ・ビーノvsルトラvsワイズvsファリス
コイズミファニテックのビーノ、ルトラ、ワイズ、ファリスのセレクトデスク4商品を比較してみました。幅バリエーションが3サイズで2色展開のセレクトタイプという点では類似性があるものの、 価格、材質、引出しの数、奥行、ラインナップなど様々な点で微妙に違いがあります。
ケユカ×コイズミファニテック・アロン
ケユカ・アロン

出典:KEYUCA

ケユカの「アロン」は逆にビーノよりも高級ですが、コイズミファニテックが作っているということで品質的に安心感があります。天板などにオーク無垢を使っているのでビーノよりも質感が良いと思います。

ケユカで学習机を買うなら「ニノス」と「アロン」どっち?比較してみた
ケユカで学習机を買うなら「ニノス」と「アロン」のどちらがオススメか比較してみました。サイズ、脚形状、上棚、スライドレール、椅子、価格で比較してみた結果、やはりデザインの好みもしくはリビングダイニングに置くか否かが重要な指標となりそうです。
コイズミファニテック・WDスペシャル

意外に思われるかもしれませんが、ビーノを検討していて同じコイズミファニテックでナラ突板の「WDスペシャル」に至るケースは決して少なくありません。デスクライト付きでコスパも良く、なにより収納力があります。

イトーキ「リーモ上棚ハイタイプ」vsコイズミ「WDスペシャル」比較
組み替え式デスク2強、イトーキ「リーモ・フリーワン上棚ハイタイプ」とコイズミファニテック「WDスペシャル」を改めて比較してみました。基本的には材質やデザインの好みで選ぶべきとは思いますが、いつの間にやらリーモの上棚ハイタイプのLEDデスクライトから調色機能が省かれていることにビックリしました。
コイズミファニテック・レイクウッド

本棚ハイタイプの「WDスペシャル」はやりすぎ、でも天然木は捨てがたいということで、「レイクウッド」に流れるというパターンもアリです。WDスペシャルもそうですが、上棚が目の前にあると圧迫感がありますけど、ユニットスタイルにすると意外とビーノに近い雰囲気になります。

【2021最新】コイズミ「レイクウッド」vsイトーキ「リーモ」組み替え式デスク徹底比較
【2021年度最新版】コイズミファニテック「レイクウッド・ステップアップデスク」とイトーキ「リーモ・フリーワン書棚ロータイプ」の組み替え式デスク2大人気モデルを徹底比較してみました。「LEDデスクライトのコイズミ」、「片づけやすさのイトーキ」という構図が成り立つと思います。
コイズミファニテック・アルフ

予算と睨めっこしながらビーノの組み合わせを考えていると、意外と「アルフ」のコスパが良いことに気づくことがあります。書棚とデスクライト付きで実売価は税込9~10万円くらいですからね。10パターンの組み替えができますからレイアウトの自由度が高いというのもメリットです。

2019年度は4モデルに!コイズミ「スタディアップデスク」考察してみた
コイズミファニテックの「スタディアップデスク」について考察してみました。最盛期の2017年度は7モデル、計18バリエーションあったのが、2019年度は4モデル、計計6バリエーションに激減しています。これは人気がなくなったというよりは、奥行55cmのデスクが他にも増えたうえ、10パターンものレイアウトは必要なかったということだと思います。
浜本工芸・No.89デスク

実際のところは浜本工芸のデスクを検討していてビーノに落ち着いたということが多いですが、いろいろ知恵がついてくるとビーノよりも浜本工芸のほうが素敵なんじゃないかということで「No.89デスク」などを買ってしまうというパターンもあります。

たなとつくえ「ミニマ」は浜本工芸No.09とNo.89デスクのハイブリッドだった!?
デザインした私自身、今まで気づかなかったことですが、たなとつくえの「ミニマ」は浜本工芸のNo.09だけでなくNo.89デスクにもよく似ていると言えます。Kライン脚はNo.09に似ている一方、天板奥行600mmである点や足元棚がないという点ではNo.89に似ています。
カリモク家具・ユーティリティプラス

ビーノから浜本工芸というパターンよりも少ないですが、カリモク家具の「ユーティリティプラス」という選択肢もナシではありません。特にL型デスクとしてレイアウトしたい場合や、よりスタイリッシュなデスクを希望する場合にはオススメです。

【2021最新】カリモク家具の学習机は絶対的な安心感が人気の秘訣
カリモク家具の会社概要に始まり、学習机のラインナップとその特徴についてまとめました。カリモク家具の学習机はボナシェルタが圧倒的人気で、次にユーティリティプラス、ピュアナチュールと続き、これら3モデルで売上の大半を占めます。品質、安心感は断トツです。
ウィドゥスタイル・セレクト

コイズミファニテック以外でビーノにもっともコンセプトと価格帯が近いのがウィドゥスタイルの「セレクト」です。中国で作られた浜本工芸という感じで個人的には好きなのですが、ちょっと横揺れすることだけがネック。

キタ━(゚∀゚)━ッ!ウィドゥスタイル「セレクト」&「イーゼルC2」
ウィドゥスタイル(旧・大塚家具製造販売)から2020年度新作学習机「セレクト」と「イーゼルC2」が発売されました。セレクトは3サイズ、3カラー、3つの脚タイプから選べるのが魅力。イーゼルC2は天板上に埋め込まれたコンセントが健在。
無印良品・木製デスク・オーク材
無印良品・木製デスク・オーク材3点セット

出典:無印良品

ナラやオークを使ったデスクでビーノよりも価格が安いということで、無印良品の新しい「木製デスク・オーク材」も候補に挙がるかもしれません。もっとも、実際にビーノに触ればビーノのほうが安心感があると思います。

無印良品の「木製デスク・オーク材」は足元棚がなくなって引出は積層合板に
2020年9月に無印良品のデスクがまたリニューアルされました。新しい「木製デスク・オーク材」は足元棚がなくなって引出内部材は桐から積層合板に変更。スライドレールは底付けタイプになりました。その根本にあるのは中国製からベトナム製に切り替わったことでしょう。

 

ビーノは組み合わせの自由度が高く、デザインや質感も良いことから人気となっているわけですが、価格面でも105デスク+リフティングワゴン+デスクライト+チェアで10万円前後という手頃さが支持されているのだと思います。

また、意外と女子からも引き合いが強く、男女ともに売れるデザインというのも売れ筋となっている重要なポイントでしょう。お子さんが大学生くらいになっても違和感がないデザインということもあり、様々な点で後悔が少ないデスクだと思います。

 

コイズミファニテック「ビーノ」

関連記事

コイズミファニテック「ビーノ」は何cm幅のデスクの組み合わせが良い?
コイズミファニテックの「ビーノ」はシンプルで質感も良いことから人気の学習机です。組み合わせが自由に選べるのもメリットですが、とても悩ましいですね。幅105cmデスク+リフティングワゴンがスタンダードながら、ワイドな幅120cm、コンパクトな幅90cmの組み合わせなど、それぞれにメリットとデメリットがあります。
どーも!ビーノ!リーモ!学習机商品名別人気ランキング2019
当ブログのコメント欄で登場する機会が多かった学習机の商品名を集計して「学習机商品名別人気ランキング2019」を作成しました。1位はコイズミファニテックのビーノ、2位はイトーキのリーモ、3位はケユカのニノス、4位はアロン、5位はカリモク家具のボナシェルタという結果に。
浜本工芸キラー!コイズミ「BEENO(ビーノ)」がロングセラーになった理由
コイズミファニテックの「BEENO(ビーノ)」がロングセラーになった理由について。私が「浜本工芸キラー」と呼ぶほどナラ突板の質感が良く、自由にサイズや組み合わせが選べるセレクトタイプであり、それでいて低価格を実現したところがヒットの秘密だと思います。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など