『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

2019年度は4モデルに!コイズミ「スタディアップデスク」考察してみた

2016年度に大量投入され、学習机市場に大変革をもたらすかのように思えたコイズミファニテックの「スタディアップデスク」シリーズ。しかし、2019年度は2018年度と比較して2モデル減の4モデルと、ラインナップが縮小してしまいました。

登場から3年が過ぎ、今年度で4年目を迎えるスタディアップデスク。発売当初は海のものとも山のものとも分からない感じでしたが、いま、改めて考察してみたいと思います。

 

ラインナップの変遷

年度\モデルアルフビーノレイクウッドオルレアプレオデコプリコルフィ
2016221221
201736
2018
20191

※数字はカラーバリエーション数

2016年度の登場から2019年度までのラインナップを振り返ってみると、ピークは2017年度だったことが分かります。2017年度は7モデル、計18ものバリエーションが揃っていました。それに比べると2019年度は4モデル、計6バリエーションですので、バリエーション数で言えば1/3に激減したことになります。



ステップアップデスク等との比較

年度\タイプスタディアップステップアップその他
2016662
2017766
2018675
2019466

※カタログ掲載モデルのみ。その他にはベッド付きデスクは含まず。

スタディアップデスクだけを見て「ラインナップが減った」などと言っても意味がありません。ステップアップデスクなども含めたコイズミファニテック全体のラインナップで見る必要があります。

それをまとめたものが上表です。しかし、ステップアップデスクやその他のデスクはほとんど変わらない中、やはりスタディアップデスクのウエイトが下がっているという印象を受けます。

ちなみに、2018年度から2019年度にかけてはステップアップデスクの「RD」が廃番となっています。また、その他が1モデル増えているように見えますが、これは前年度にカタログ非掲載だった「ウエストコースト」が掲載されたためです。2016年度から2017年度にかけて、その他が4モデル増えているのは、「リファルド」などの書斎系デスクが学習家具カタログに掲載されるようになったためです。

 

スタディアップの存在意義が薄まった

スタディアップデスクは主に2つの特徴がありました。ひとつは奥行55cmとコンパクトでリビングダイニングに置いても違和感がないということ。もうひとつは、10パターンにレイアウト変更可能という点でした(2016年度は8パターン)。

2016年当時は奥行55cmのデスクというのは珍しく、その後の流れを大きく変えたように思います。しかし一方で、その後に自社および他社にも奥行55cmのデスクが増えたことで、大きな特徴とは言えなくなってしまいました。

また、スタディアップデスクのレイアウトパターンは「04ユニットスタイル」が圧倒的人気で、10パターンのうちの38%を占めました(コイズミファニテック調べ)。10パターンのレイアウトが可能でもそこまで偏ってしまうと、リファルドやルトラをユニットスタイル同様に置けば良いとか、ステップアップデスクのユニットスタイルで良いという意見も少なくなかったのかもしれません。少なくとも個人的には、お母さんが学習机を選ぶことが多い現状、10パターンという選択肢は逆に混乱を招いたように思います。

ちなみに、2019年度はスタディアップデスクのモデル数が減る一方で、ルトラにチェストシェルフが登場しています。ルトラをユニットスタイルのように配置することで、スタディアップデスクの減少をカバーする意図があるのではないでしょうか。

 

以上のように考察してみると、スタディアップデスクは人気がなくなって淘汰されたというよりは、むしろそのエッセンスが自社および他社の商品に急速に波及したことで、相対的に存在意義が薄れてしまったと言ったほうが正しいのではないかと思います。その点で、スタディアップデスクが学習机の歴史に与えたインパクトは非常に大きかったと思います。

一方で、学習机市場全体において組み替え式デスクのシェアが下がり、平机やベーシックデスクが増えている現状も合わせて見ると、スタディアップデスクのようなオールインワンタイプは人気が薄れてきているように思います。まずデザインを決めてから、組み替え式デスク、ベーシックデスク、セレクトタイプなどのラインナップの中から、ニーズに合わせて選ぶというかたちが、今後の主流になってくるのではないでしょうか。

コメント

  1. 最近何故かマミーと呼ばれる より:

    来年小学校に入学の男の子がいます。マンション住まいなのでリビング隣の洋室を子供部屋にして、そこに学習机を置く予定です。気になるメーカーの学習机カタログを取寄せましたが最近の流行りなのか奥行が55センチのしか見当たりません。
    5センチの違いですが奥行60センチのを探してます。また、気が散りやすいので正面に上棚のないタイプで、横にラックを置こうと思いますがオススメはありますか?

    • 収納マン より:

      最近何故かマミーと呼ばれるさま

      はじめまして^^

      最近は本当に奥行55cmのデスクが多いですよねー。
      ですが、奥行60cmのデスクも決して少なくはありません。

      上棚なし、横にシェルフを置くということでしたら、コイズミファニテックのビーノ(セレクトタイプ)、イトーキのウットフォーク、ヒカリサンデスクのサンワークス3、カリモク家具や浜本工芸など高価格帯のものも含めれば他にもたくさんあります。
      また、地域によってはオリジナル商品があるかもしれませんし、シェルフはちょっとデザインが違っても問題ないようならもっと選択肢は広がると思います。

      学習机メーカーが扱うシェルフは基本的に背が低いものが多くて、価格もちょっと高価に感じますから、上棚なしで奥行60cmの平机で探してから、それに合うシェルフを探してもらったほうが良いと思います^^

  2. 最近何故かマミーと呼ばれる より:

    早速お返事ありがとうございます!
    コイズミファニテックのビーノ(セレクトタイプ)が気になりました!、イトーキのウットフォーク、ヒカリサンデスクのサンワークス3はツートンカラーが好みでなく、カリモク家具や浜本工芸など高価格帯で揃えられたら理想ですが金額的にあまり現実的でない気がします。。笑
    よっぽど惚れ込んだならアリだとは思いますがカタログ見てる限りそこまでではなく汗
    去年のヒカリサンワーク2も気になってたんですがアルダー材という点と天板の下に収納を付けられるギミックは、大きくなったら座った時に狭く感じるかな?男の子だし蹴っ飛ばしたりしそうかな?って思いました。奥域が可変出来るタイプのはやはり繋ぎ目気になるし、消しカス溜まりそうなんて考えてしまいます。シェルフはやはり同素材、同色で学習机の幅に合ったのが良いのですが学習机のメーカーのは奥域が狭い気がして、絵の具セットとか習字セットとか入るのかな?と心配してます。。

    • 収納マン より:

      最近何故かマミーと呼ばれるさま

      やっぱり色々悩むと行き着くのはコイズミファニテックのビーノ(セレクトタイプ)というパターンは多いですね^^
      シンプルでサイズ感や質感も良く、組み合わせも選べるのがナイスです。

      足元棚は蹴ってしまいがちというのは確かによくある話です。
      また、奥行拡張天板の継ぎ目に消しゴムカスが…というのも、私も気になりますね^^;

      あと、学習机メーカーの作るシェルフは教科書類の収納しか考えていないものが多いので、ご指摘の通り絵具セットなどを収めるには奥行が足りないです。
      完全にデザインや質感を揃えたい場合はともかく、予算面、サイズ面などを考えると、学習机を選んでからそれに合ったシェルフを選んだほうが合理的だと思います^^

  3. 最近何故かマミーと呼ばれる より:

    なるほど、シェルフは後付け的な考えでも良いのですね!シェルフも学習机メーカー以外だとなかなか60センチ幅ので奥行や高さの条件満たしたのが見当たらず。。浜本工芸さんのフレム・オープンシェルフが理想です。ミニマセットって学習机も気に入ったけど書棚なしでは販売してくれないですよね。。きっと。。書棚なしなら少し予算オーバーですがフレムオープンシェルフと併せて使わせたいなー。なんて考えてます。

    • 収納マン より:

      最近何故かマミーと呼ばれるさま

      ミニマは、デスク、上棚、ワゴン、それぞれ単品で購入可能です!
      https://www.idc-otsuka.jp/item/item2.php?id=kidsdesk7599

      IDC大塚家具のホームページで確認すると、商品名も写真も4点セットのまま表示されますが、価格は単品で表示可能です。
      是非ご検討ください^^

      それとフレムのようなオープンシェルフは家具屋さんにはないですね。
      競合するのは無印良品のオーク材ユニットシェルフだけだと思います。

  4. 最近何故かマミーと呼ばれる より:

    それぞれ単品購入出来るのですね‼︎
    また家具屋さんにはフレムのようなオープンシェルフはなく、競合するのは無印良品のオーク材ユニットシェルフだけですか。。ナラ材にオーク材じゃ色味とか風合も違いそうだし、ますますフレム一択ですね!最初に検討してたコイズミファニテックのビーノも確かナラ材だったとは思いますが、これにフレムだと色合いとかが合いませんかね?色々アドバイス頂けたおかげで方向性が見えてきた気がします!

    • 収納マン より:

      最近何故かマミーと呼ばれるさま

      ナラとオークは色味や風合いが違う…とは言い切れません。
      実際、浜本工芸の場合はモデルによってオークを使っていますが、私でもナラとの違いは分かりません^^;

      ナラとレッドオークよりも、木目の間隔の違いのほうが見た目に影響する場合もあります。
      木目が詰まっていたほうが色が濃く見え、反対だと明るい色に見えるというわけですね。

      なので、こればっかりは実際に届いてみないことには分かりません。
      それでも、たとえばIDC大塚家具の店頭で、フレムの横にビーノの引出しを持って行って比べれば、比較はしやすいと思います。

      高い買い物ですので、じっくりご納得いくまで品定めしていただければと思います^^