学習机メーカー

学習机メーカー各社それぞれの特徴について。

くろがね工作所

くろがね工作所の2023学習机は4年ぶり「スタンダード」シリーズ復活

2023年度のくろがね工作所の学習机は「The DESK」の廉価版「BC」が登場。また、4年ぶりに「スタンダード」がカタログに戻ってきました。「The DESK」はデスクライト別に、「ヴィンテ3」、「ラティック」はシェルフも別になり、トータルでは値上げとなっています。
2022.09.28 2
コイズミファニテック

2023年度のケユカ「ノニス」はチェア50%値上げで半額原資確保!

2023年度のケユカの学習机「ニノス」「アロン」は概ね10~20%の値上げとなりました。ただし、ニノスチェアは約50%もの爆上げ。チェア代半額キャンペーンの原資とするつもりでしょうか。アクタス「フォピッシュ2」やコイズミ「ビーノ」と価格を比較してみました。
2022.09.22 0
メーカー

まるでNo.09デスク+フォピッシュ!シギヤマ「フォーピーススタディ」

シギヤマ家具工業の「フォーピーススタディ」は浜本工芸のNo.09デスクのような脚とアクタスのフォピッシュ2のような上棚を備えたデスクです。ウォールナット突板のウレタン塗装で価格はまあまあお手頃。選択肢の幅が広がると思います。
0
スポンサーリンク
イトーキ

これは見事!イトーキ「ミノト」はリュブレよりも奥行が大きくて実用的

イトーキから「MINOTO(ミノト)」という新しいシリーズが発売されました。オカムラの「lieuble(リュブレ)」に似ていますが、むしろテレワークやリビング学習という観点で見ればリュブレよりも実用性をブラッシュアップしていると言えるでしょう。
0
メーカー

2023年度のリビンズ「キヅク」はロッソ据え置き以外は1~3割値上げ

2023年度のリビンズの学習机「キヅク」シリーズは「ロッソ」こそ価格据え置きとなったものの、ほかは概ね1~3割の値上げとなりました。2022年度に続く大幅値上げでますます厳しい状況になってきていると感じます。
0
コイズミファニテック

コイズミ「ECL-111」が『家電批評』LEDデスクライトの1位に輝く

晋遊舎が発行する『家電批評』2022年9月号でコイズミファニテックの「ECL-111」がLEDデスクライトのベストバイ1位に輝きました。2019年に同社「ECL-546」がランキング1位となったのに続く快挙と言えましょう。
0
堀田木工所

2023年度の堀田木工所はベッドも含めて子供部屋まるっとコーデを提案

2023年度の堀田木工所のデジタルカタログが公開されました。新作デスクは「sage(サージュ)」。システムベッドの「トラック」は消えたものの、「Clay(クレイ)」と「NOVA(ノーヴァ)」というベッドが投入され、よりトータルでコーディネートできるようになりました。
0
コイズミファニテック

コイズミファニテックが2023年度デスクカタログ公開!学習机要素は薄く

コイズミファニテックが2023年度のデスクカタログを公開しました。年々、学習机の要素は薄まり、テレワーク向けが多くなっていると感じます。デスクの値上げ率は概ね10~20%です。
0
イトーキ

イトーキ「トルテR」はコンパクトでもデュアルモーションで座り心地最高

イトーキの「トルテR」はデュアルモーションロッキング機構採用で、特に中高生や女性など小柄な人が安心してロッキングできるコンパクトな椅子です。価格はちょっと高めですが、学習机やテレワークにピッタリではないでしょうか。
0
浜本工芸

ロシアの影響も少なく絶好調!浜本工芸のショールームに行ってきました

中国・武漢から始まった新型コロナウィルスの流行も3年目となりました。そして、ロシアによるウクライナ侵攻が始まってから5ヶ月が経ちます。 改めて言うまでもなく、日本でもこれらによるビジネスや家計への影響は甚大です。しかしながら、...
0
スポンサーリンク