学習机を窓際に置くのはNG?デメリットが多いがダメとまでは言えない

学習机を窓際に置くのはNG?デメリットが多いがダメとまでは言えない

学習机の置き場所を決めるのは、時に非常に困難なものです。単に机を置く場所を確保するだけでなく、本棚との距離も考える必要があったり、子供部屋の場合はベッドなどとのコンビネーションも考えねばなりません。また、部屋の出入口やクローゼットの扉、窓の位置や大きさなどが障害になることもあるでしょう。

先日、読者の愛知県民ママさんからご質問をいただいた際に、学習机が窓に掛かることのデメリットについて話が及びました。そう言えば、その点について記事にしたことがなかったなーと思いまして、今回は改めて学習机が窓に掛かってしまう場合のデメリットについてまとめてみることにしました。

 

学習机を窓際に置く場合のデメリット

  • 採光のコントロールが難しい
  • 夏の暑さや冬の寒さの影響を受けやすい
  • カーテンなどの開閉が難しい
  • 掃除がしにくい
  • 結露およびカビの心配が生じることがある
  • 気が散りやすい

採光のコントロールが難しい

窓の前に机を置くことによって生じうるデメリットは、概ね以上の通りと考えられます。まず、採光のコントロールが難しいこと。曇天時はちょうど良い明るさでも、夏の晴天では明るすぎてとても本を読めなくなったりもします。ドレープカーテンやレースの開閉で調整できるとは言え、空模様が変わる度にカーテンを開け閉めしていられないですよね。

南向きはもちろん、西向きはなおさら大変です。お子さんが夕方から宿題を始めようとしたときに目に突き刺さるような西日を浴びたら、きっと目の負担が大きいことでしょう。

改めて言うまでもなく、明るければ良いというわけではありません。また、UVカットではない窓ガラスの場合は紫外線の影響を受けるので、目の負担に繋がるだけでなく本が色褪せてきたりもします。

夏の暑さや冬の寒さの影響を受けやすい

近年はペアガラスが普及したため窓際でも暑さや寒さは感じにくくなりました。しかし、影響がまったくないわけではありません。ペアガラスでも暑さや寒さは感じられます。

暑い場所、寒い場所では、勉強に集中できません。熱中症や風邪の心配もあります。

カーテンなどの開閉が難しい

窓の前に学習机を置くと、大人でもカーテンの開閉が難しくなります。上棚付きの学習机の場合はなおさらです。そのため、カーテンは開けっぱなし、もしくは閉めっぱなしになりがちです。

掃除がしにくい

同様に、窓の前に学習机を置くと掃除がしにくくなります。カーテンをホコリまみれのまま放置しがちですし、窓も拭きにくいです。我が家も以前は窓際に学習机を置いていたので掃除が億劫でした。

結露およびカビの心配が生じることがある

ペアガラスでも窓に結露が発生することがあります。単板ガラスの場合はなおさらです。また、カーテンの開閉や窓の掃除がしにくい状況が重なっている場合はカビも発生しやすくなります。

気が散りやすい

窓際に机を置くと子供が外の景色をぼーっと眺めてしまって勉強に集中できないとも言われます。個人的には気分転換にもなるんじゃないかと思うのですが、気分転換なら一度席を立って景色を眺めたほうが良いとも言えます。

 

そのほか、腰窓ではなく掃出し窓の場合は、より暑さ寒さの影響を受けやすくなります。結露やカビの心配も増えがちですし、椅子やワゴンをぶつけてガラスを割ってしまうリスクもないとは言い切れません。

一方で、窓際に学習机を置くメリットがあるかと考えてみても、私にはまったく思い当たりませんでした。窓際に学習机を置くことは基本的にデメリットしかないと思います。

とは言え、学習机の置き場所を考えると窓際しかないということは少なくありません。実際、我が家も以前はそうでした。北向きで過剰な採光はなかったものの、単板ガラスのため冬は寒く、結露もありました。

以上を踏まえまして、学習机の置き場所を決めるときは絶対に窓際を避けるべきまでとは言えないものの、可能な限り窓には掛からないようにレイアウトを考えていただければと思います。

関連記事

リビング?子供部屋?学習スタイルと収納レイアウトから考える学習家具の選び方
学習スタイルと収納レイアウトから考える学習家具の選び方。リビングダイニングと子供部屋、玄関などを絡めた10パターンのレイアウトを紹介します。学習机や収納家具などを選ぶうえで参考になるはずです。
4畳半の子供部屋にデスクとベッドとハンガーラックをレイアウトする方法
4畳半の子供部屋に学習机とベッドを配置しようと思ったら、ロフトベッドやミドルベッドじゃないとレイアウトは無理?いえいえ、そんなことはありません。工夫次第でデスクとベッドはもちろん、棚や洋服の収納まで十分確保することができます。
学習机評論家の新提案!能率アップの学習家具レイアウト「背書の陣」
学習机評論家の新提案!能率アップの学習家具レイアウト「背書の陣」をご紹介します。背書の陣なら、大量の本にすぐ手が届く、本棚をたくさん置ける、勉強に集中できるなどのメリットがあります。また、4畳半でもレイアウト可能です。
学習机評論家jrの子供部屋の家具レイアウトと間取りを大公開!
学習机評論家の新居の子供部屋の家具レイアウトと間取りを紹介します。子供部屋で特徴的なのはクローゼットがないこと。そのためベッドや学習机を自由に配置できます。洋服は隣のウォークインクローゼットに収納。いずれもリビングダイニングに面しており、親子でコミュニケーションを取りながら学習に取り組めるのがメリットです。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など