『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

4畳半の子供部屋にデスクとベッドとハンガーラックをレイアウトする方法

4畳半の子供部屋にデスクとベッドとハンガーラックをレイアウトする方法

先日、読者の方から4畳半の子供部屋に学習机などを置くレイアウトについてご相談をいただきました。その方のお宅ではミドルベッドを購入して、その下の空間を衣類収納などに活用する予定ということです。

もちろん、それはそれで結構だと思いますが、ほかにも方法があります。今回は収納マンならどんな風にして4畳半の子供部屋にデスクとベッドとハンガーラックをレイアウトするかを説明してみたいと思います。

以下、無印良品が提供しているインテリアシミュレーターを使って説明します。また、4畳半の子供部屋はちょっと小さめの2500×2500mmと仮定しています。今回は窓や造り付けの収納スペースは考慮しません。

 

レイアウトは大きな家具からが基本

レイアウトは大きな家具からが基本⇒まずベッドを配置

家具レイアウトは、もっとも大きな家具から順番に配置するのが基本です。子供部屋に限らず、リビングでもダイニングキッチンでも、ほぼ例外なく大きな家具からです。小さな家具はどこにでも置けますが、大きな家具は置く場所が限られるからですね。

今回の場合はベッド。ベッドはよほどコンパクトなセミシングルサイズでもない限り、一般的には小ぶりでも1000×2000mmくらいです。これを2500×2500mmの4畳半の子供部屋に置こうと思ったら、ドア(仮に幅900mm)がある側やドアが開く面には配置できません。

よって、ベッドが置ける場所は上図の2パターンとなります。



家具レイアウトの基本はII型

家具レイアウトの基本はII型⇒ベッドの反対側にデスクを配置

次に大きな家具ということで、デスクの置き場所を考えていきます。家具をレイアウトするときは壁1面だけに配置する「I型」がもっとも理想で、次に理想的なのは向かい合う2面に配置する「II型」です。ベッドを置いた並びにデスクを置くのは無理なので、その向かい側にデスクを置きます。

ちなみに、I型がもっとも理想的な理由は、2面以上に家具を配置するよりもスッキリして見えやすいから。また、L型を避けたほうが良い理由は、L型はコーナー部分にデッドスペースを生じやすいからです。コの字型は圧迫感が強いうえに2つのコーナーがデッドスペースになるので避けたいところ。

 

デスクの横に棚を配置する

デスクの横に棚を配置する

さて次に、デスクの横に棚を配置します。洋服は他の部屋でも構いませんが、勉強するときにいちいち他の部屋に学用品を取りに行くわけにはいきませんからね。デスクと棚はセットで考えなければなりません。

デスクを置いた面の幅2500mmからドアが開くためのスペース900mmを引くと1600mm。デスクの幅を仮に1000mmとしてこの分を引くと残りは600mmです。そうすると、棚はデスク側面に向けて配置するいわゆるユニットデスクのレイアウトか(上図左)、幅600mmの棚を正面を向けてデスクの横に並べるか(上図右)の2通りが考えられます。

なお、後者のレイアウトで背の高い棚を置く場合は、枕をドア側にする必要があります。地震で棚が倒れたときに頭を直撃しないようにするためですね。

 

洋服掛けを置く

今回、洋服掛けは上写真のようなものを使います。ナサ流通企画の「クローゼットパーテーション」。昔からカタログ通販でお馴染みの突っ張り式ハンガーラックです。これなら脚付きマットレスと組み合わせて使うことができます。

 

脚付きマットレス+突っ張り式ハンガーラック

上図は一般的なハンガーラックと組み合わせた状態なので支柱がベッドに突き刺さってしまってますが(苦笑)、レイアウト的にはこんな感じ。

 

パースで正面から見た状態

パースで正面から見るとこんな感じ。一般的なハンガーラックを配置しているので、ちょっと分かりにくいかもしれませんが…。

 

ポリプロピレン引出もセット

ハンガーラックの前にポリプロピレン引出

幅2500mmの壁面に2000mmのベッドを置くと残りは500mm。なので、ポリプロピレンの引出式衣装ケースを置くくらいのスペースはあります。シャツなどはここに収納。

 

ベッド下にも収納可能

脚付きマットレスの下にもポリプロピレン引出

脚付きマットレスならポリプロピレンの引出式衣装ケースを並べることもできます。これだけの幅のハンガーラックと引出しの数があれば、中学生くらいまでなら女子でも大丈夫じゃないかと思います。

 

いかがだったでしょうか。今回は比較的コンパクトな脚付きマットレスを使い、さらに突っ張り式のハンガーラックを活用することで、4畳半でも、デスク、棚、ベッド、洋服収納までまかなうことができました。セミシングルサイズの脚付きマットレスを使えば、もっとレイアウトしやすいと思います。

このように、ちょっと工夫するだけで、4畳半でも十分に子供部屋を作ることが可能です。6畳ないと無理なんてことはないし、学習机をあきらめる必要もありません。むしろ、このくらいのスペースに慣れておいたほうが、将来ワンルームマンションで一人暮らしをすることになったときも順応しやすいと言えます。

なお、今回ご紹介したレイアウトはあくまで一例です。他にも方法はあるはずなので、状況に応じてご検討ください。

関連記事

主に3パターン!子供部屋に学習机とベッドを置くレイアウト
子供部屋にベッドを置くレイアウトは主に3パターンです。ハイベッド(ロフトベッド)の下にデスクを置く、ミドルベッドの下にチェストなどの収納を置く、普通にセミシングルベッドなど置くという方法の3つです。それぞれのメリットとデメリットを簡単に説明します。
リビング?子供部屋?学習スタイルと収納レイアウトから考える学習家具の選び方
学習スタイルと収納レイアウトから考える学習家具の選び方。リビングダイニングと子供部屋、玄関などを絡めた10パターンのレイアウトを紹介します。学習机や収納家具などを選ぶうえで参考になるはずです。
兄弟揃って仲良く…は幻想!?兄弟姉妹で学習机を並べる際のレイアウト
兄弟姉妹揃って机を並べるというのは親にとって理想的ではあります。しかしながら、いくら仲が良くても喧嘩が起こることを考えると、ある程度の距離感を保つことが必要です。レイアウト変更が難しいツインデスクは避けたほうが無難でしょう。
子供部屋はベッドの配置が最大の問題!家具レイアウトの基本に忠実にトライ
子供部屋はベッドの配置が最大の問題です。ですが、家具レイアウトの基本に忠実に取り組めばそれほど難しくはありません。大きな家具から配置し、地震対策も考えるようにしましょう。また、セミシングルサイズのベッドを使うというのも良い方法です。

コメント

  1. カープの女子 より:

    こんにちは。
    狭い子供部屋で収納マンさんが推奨されている脚付きマットレスで検索していたらこちらにたどりつきました。別ブログで、

    “脚付きマットレスはマットレスの耐久性が低いので通常は小学校卒業まで”

    と書かれていたのを読んで、
    既に5年生の息子にこれから買うには適さないでしょうかね。

    あとサイズについて、別途レイアウト図面でご相談してますように、セミシングル80㎝×180㎝が我が家のスペースにはベストかと思うのですが、身長どの程度くらいまでを想定されて作られているのでしょうか?

    因みに無印良品のものは幅は選べるのですが、長さは198㎝のみのようです。
    180㎝の商品があれば是非教えて下さい。

    • 収納マン より:

      カープの女子さま

      “脚付きマットレスはマットレスの耐久性が低いので通常は小学校卒業まで”
      というのは、ちょっと誤解を生む表現だったかもしれませんね。

      より正確を期して言うならば、
      ”脚付きマットレスの寿命は5~6年程度と考えたほうが良い”
      となります。

      もっと正確に言うと、脚付きマットレスに限らず、2万円前後のマットレスの寿命は概ね5年前後です。
      特に脚付きマットレスの場合は裏返して使用することができないため、大切に使っても寿命を延ばしにくいと言えます。

      というわけで、小学5年生のお子さんが脚付きマットレスを購入される場合は、高校卒業まで使えれば御の字というところでしょう。

      ベッドのサイズについては、一般的には身長+20cm以上の長さが必要とされています。
      ただし、寝相にもよりますし、身長200cmの方が220cmのマットレスを使っているのかと言うと、たぶんそんなことはないでしょう。
      ちなみに我が家では息子が私のベッドで寝てしまって、身長179cmの私が長さ170cmほどの二段ベッドに斜めになって寝ることがあります^^;

      80㎝×180㎝のセミシングルショートサイズの脚付きマットレスは家具店ではお目に掛かれないと思います。
      楽天市場では、例えば下記商品のようなものがあります。

      セミシングルベッド ショート 分割 ベット

      分割タイプは接続部に段差が生じるのが気になるという方もいらっしゃるものの、移動しやすいのがメリットです。