ウィドゥスタイル(旧・大塚家具製造販売)

ウィドゥスタイルはもともと大塚製薬などを擁する大塚ホールディングスの傘下で、大塚家具製造販売という名前の家具メーカーでした。大塚家具ということで以前は家具販売店のIDC大塚家具と混同されることがありましたが、もちろん無関係です。

2016年にグループからMBOで独立して現在に至ります。創業以来、本社は徳島県にありましたが、現在は大阪府豊中市となっています。

もともと婚礼箪笥、ドレッサー、ベッド、ダイニングセットなどを主力としており、中国製ながら浜本工芸のような堅牢な学習机を作ることで隠れた人気を得ています。取扱店はルームズ大正堂、島忠ホームズ、近新、マナベインテリアハーツ、萬栄など。あまりメジャーとは言えないものの、良い家具を作っています。

ウィドゥスタイルの学習机の特徴
【2024最新】ウィドゥ・スタイル(旧・大塚家具製造販売)の学習机
ウィドゥ・スタイルはもともと大塚家具製造販売という会社名でした。IDC大塚家具とは関係なく、大塚製薬などを擁する大塚グループの大塚化学の子会社でしたがMBOを経て現在に至ります。主力の学習机「セレクト」はサイズ、カラー、脚形状をそれぞれ3つから選べるのが魅力です。
ウィドゥスタイル

価格次第?ウィドゥスタイル「セレクト」にウレタン塗装のアルダー仕様登場

ウィドゥスタイルの「セレクト」にウレタン塗装のアルダー仕様が登場しました。従来のセラウッド塗装×タモ突板仕様よりも低価格を志向しているのでしょうか。カラーバリエーションは1色のみですが、価格が手頃なら期待できそうです。
4
ウィドゥスタイル

ウィドゥスタイル「イーゼルプラス」は浜本工芸No.28デスクにソックリ!?

ウィドゥスタイルの新作「イーゼルプラス」は浜本工芸の「No.28デスク」やカリモク家具の「ユーティリティプラス」に似ているところが多いです。コイズミファニテックの「ビーノ」と比較しても良い勝負ではないでしょうか。
11
ウィドゥスタイル

キタ━(゚∀゚)━ッ!ウィドゥスタイル「セレクト」&「イーゼルC2」

ウィドゥスタイル(旧・大塚家具製造販売)から2020年度新作学習机「セレクト」と「イーゼルC2」が発売されました。セレクトは3サイズ、3カラー、3つの脚タイプから選べるのが魅力。イーゼルC2は天板上に埋め込まれたコンセントが健在。
12
ウィドゥスタイル

【2024最新】ウィドゥ・スタイル(旧・大塚家具製造販売)の学習机

ウィドゥ・スタイルはもともと大塚家具製造販売という会社名でした。IDC大塚家具とは関係なく、大塚製薬などを擁する大塚グループの大塚化学の子会社でしたがMBOを経て現在に至ります。主力の学習机「セレクト」はサイズ、カラー、脚形状をそれぞれ3つから選べるのが魅力です。
4