初めての方はコチラからどうぞ

学習机の購入を検討するにあたって色々と分からないことがあると思います。いつ買えば良いのか、どんなものを買えば良いのか、そもそも必要なのかと、悩みは尽きません。
そんな方はまず、以下のページからご覧ください。
各ページのコメント欄でのご質問もお待ちしております。お気軽にどうぞ!

おすすめ学習机がサクッと分かる!まとめ

オカムラ(旧・岡村製作所)

オカムラ(旧・岡村製作所)の学習机と言えば天板昇降式デスクの「ピエルナ」。…でしたが、2020年度からはピエルナを冠したデスクはカタログから消滅しました。現在はリビングダイニング学習を意識したリュブレやヴィチーノ、かげやま先生とコラボしたKモデルをラインナップしています。ピエルナ以前は天板奥行が拡張できる「のびでかデスク」をヒットさせたオカムラですから、今後も期待したいところです。

オカムラの学習机の特徴
【2021最新】脱ピエルナの「オカムラ(旧・岡村製作所)」の学習机
オカムラ(旧・岡村製作所)について説明したうえで、その学習机の特徴とラインナップを紹介します。天板高さ調節デスクのピエルナは消滅し、テヌートなどの広さ調節デスクも失敗、ヴィチーノなどのリビングダイニング学習デスクもヒットするに至らずですが、ラトリオやKモデル2など独自性のあるデスクが売りです。
よく読まれている記事
ニトリも驚く激安ニーキュッパ!オカムラ直営限定学習机「クオーレ」
オカムラ直営ネットショップの「CUORE(クオーレ)」はニトリやイトーキも驚く激安税込29,800円の学習机3点セットです。引出しが4杯付いており、3万円以下という価格帯では最有力候補と言えるのではないでしょうか。
オカムラに関する最新記事
コイズミファニテック

人気の学習机メーカー&販売店はどこ!?注目度ランキング2021

Googleキーワードプランナーを基に、消費者が実際に検索している学習机メーカー&販売店の人気ランキングを作成してみました。販売店のトップはニトリ。無印良品がそれに続きます。メーカーでは浜本工芸がNo.1。そしてコイズミファニテックです。
6
イトーキ

【価格帯別おすすめ学習机2021】3万円台はオカムラ「クオーレ」で桶

2021年度の3万円台で買えるおすすめ学習机を紹介します。オカムラの「クオーレ3点セット」はワゴンの上にランドセルが置けてリビングダイニングにちょうど良い感じ。大商産業の組み替え式デスク「SWD-519」と姫系コンパクトデスク「SPR-520」は家具販売店もビックリのメーカー直販価格。ほか、イトーキの「リーモ・リビング2点セット」、フナモコの「小型ライティングデスク」もリビング学習に最適なサイズ感です。
0
オカムラ

2021年度のオカムラ学習机は新型発売なしでアルコとウーゴが廃番に

2021年度のオカムラの学習机は新型の発売はありません。逆に、アルコとウーゴが廃番になりました。一方で、テレワーク用のコンパクトなスチールデスク「ヴィヴァン」、ゲーミングチェア&デスクの「ストライカー」を投入。また、あくまでオフィス用ですが「ソリスト」も良いと思います。
0
コイズミファニテック

なぜニトリ無視?こどもリサーチ「全国のママパパが選ぶ学習机ランキング」

こどもリサーチ「全国のママパパが選ぶ学習机ランキング」で購入ランキング第1位はIKEA、第2位コイズミファニテック、第3位イトーキとなりました。思わず納得してしまいそうになるのですが、なぜか調査対象からニトリが外されており、恣意的なものが感じられます。
0
イトーキ

【価格帯別おすすめ学習机2020】7万円台にはカモミールの福袋セット

2020年度の価格帯別おすすめ学習机2020、平均購入価格帯の7万円台は3台ピックアップしました。オカムラの「ラトリオ」は大人っぽいデスク、イトーキの「リーモ・フリーワンタイプ・ラテナチュラル色(NAH-F9L-L77UAS)」は収納量がある組み替え式デスク、イトーキの「カモミール・ベーシックデスク」の福袋セットもお買い得です。
0
ニトリ

【価格帯別おすすめ学習机2020】3万円台はやっぱりニトリが強い!

2020年度版、価格帯別おすすめ学習机。3万円台はやっぱりニトリが強いです。昨年度に続いて「くみあわせですくDNS-G」のほか、「PLABOデスク+ワイドラック2点セット」が選出。オカムラの「クオーレ3点セット」や大商産業の「コンパクトデスクSPR-520」も良いと思います。
0
オカムラ

オカムラの天板昇降式デスク「ピエルナ」が公式ショップ限定で復活!

オカムラの天板昇降式デスク「ピエルナ」が公式オンラインショップ限定で復活しました!しかも、お手頃価格です。しかしながら、ニトリの天板昇降式デスク「ハイトN」と比較すると、ちょっと厳しいかなという印象です。
6
オカムラ

ちょっと奥さん!オカムラさんが年明け早々7%も値上げですって!

オカムラが2020年1月1日からホーム・インテリア家具を含むほとんどすべての取扱商品の価格を7%アップすると発表しました。学習机シーズン最盛期の値上げは売場に混乱を招きそうです。クオーレは既に値上げされていますが、来年からはさらに値上げされるのでしょうか。
0
コイズミファニテック

リビングダイニングに置くのに最適なコンパクトで低価格のデスク6選

リビングダイニングに置くのに最適なコンパクトで低価格のデスクを6台ピックアップして紹介します。大洋のオーダーコンソール、IKEAのミッケ、島忠ホームズ×コイズミファニテックのビーノ50、イトーキのカモミール・リビングデスク、オカムラのリュブレ、無印良品のスチールユニットシェルフはいずれも3万円台以下で購入できます。
0
オカムラ

2020オカムラ学習机はとうとう「ピエルナ」がラインナップから消滅!

2020年度のオカムラの学習机カタログからとうとう天板昇降式デスクの代名詞「ピエルナ」が消えてしまいました。スタンダードモデルのピエルナだけでなく、最高級モデルのノワイエも廃番。広さ調節タイプのテヌートとノベルも廃番。一方で、Kモデルがリニューアル、新作「アイティア」が登場。
2
コイズミファニテック

2020年度の学習机市場、購入率&平均価格ともに微減という予測に

オカムラ、くろがね工作所、コイズミファニテック、イトーキの4社によると、2020年度の学習机市場は学習机の購入率&平均価格ともに2019年度比で微減という予測になりました。また、デスクはシンプルなものが好まれる傾向で、ダイニング学習の普及からか木製チェアが売れています。
0
オカムラ

学習机評論家寄稿の『家具新聞』から2020年度の学習机最新情報をお届け

今年も『家具新聞』に学習机評論家として寄稿させていただきました。小島工芸、オカムラ、ヒカリサンデスクの最新動向をお伝えするとともに、2020年度の学習机市場を私なりに占ってみたいと思います。
0
コイズミファニテック

学習机評論家が選んだ!ベスト・オブ・学習机2019

学習机評論家が選んだ「ベスト・オブ・学習机2019」を発表します。今年度は浜本工芸「No.90デスク」、オカムラ「ラトリオ」、ニトリ×イトーキ「ユニットデスクAUT-1」、コイズミファニテック「レイクウッド・ベーシックデスク」、無印良品「オーク無垢材デスク(引出・足元棚付)」が受賞。
12
コイズミファニテック

意外な盲点!?木製学習椅子のキャスターは一輪と双輪の2種類がある

木製学習椅子のキャスターには一輪と双輪の2種類があります。一輪キャスターのメリットは目立たないこと。一方で双輪キャスターは前後左右に自在に動かせる、床にキズが付きにくいといったメリットがあります。
0
コイズミファニテック

【価格帯別オススメ学習机2019】7万円台はあの大人っぽいデスクが登場

価格帯別オススメ学習机2019、7万円台はオカムラ「ラトリオ」とコイズミファニテック「フラックス」がオススメ。中高生が使うのにふさわしい落ち着いたデザインで、ゆとりのあるサイズ。ヒカリサンデスクの「パティナ」もシックな片袖机で良いと思います。
0
ニトリ

【価格帯別オススメ学習机2019】2万円台はオカムラ!イトーキ!ニトリ!

2019年度の価格帯別オススメ学習机、2万円台はオカムラ「クオーレ」、イトーキ「FDC-F97」、ニトリ「スタンダードデスク・キンダーS」の3台をピックアップしました。2万円台でメーカー品が買えるとは驚きです。
30
オカムラ

ニトリも驚く激安ニーキュッパ!オカムラ直営限定学習机「クオーレ」

オカムラ直営ネットショップの「CUORE(クオーレ)」はニトリやイトーキも驚く激安税込29,800円の学習机3点セットです。引出しが4杯付いており、3万円以下という価格帯では最有力候補と言えるのではないでしょうか。
20
コイズミファニテック

どんだけ「シェルフ+デスク」推し!?ナフコ21スタイルの2019学習机

ナフコ21スタイルの2019年度の学習机ラインナップは昨年度に続いてなかなかの粒揃いです。ただ、ケユカ×コイズミファニテックの「ノーブル」のようなデスク+シェルフの組み合わせが急に増えたと感じます。
0
コイズミファニテック

中高生にオススメの奥行65cm学習机!「ラトリオ」vs「フラックス」

オカムラの「ラトリオ」とコイズミファニテックの「フラックス」を比較してみました。いずれも中高生にオススメできる奥行65cmの学習机です。ラトリオはオーク突板で質感が良く、天板奥の配線カバーが便利。フラックスは奥行可変でリフティングワゴンが選べるところが良いと思います。
9
オカムラ

2019年度のオカムラは「脱ピエルナ」でホームインテリア路線が鮮明に

2019年度のオカムラは「脱ピエルナ」でホームインテリア路線が鮮明になりました。新作のヴィチーノもラトリオも価格的には手頃で、特にラトリオはコイズミファニテックのワイズ、リファルド、フラックスなどと良い競合になる可能性があります。
0