初めての方はコチラからどうぞ

学習机の購入を検討するにあたって色々と分からないことがあると思います。いつ買えば良いのか、どんなものを買えば良いのか、そもそも必要なのかと、悩みは尽きません。
そんな方はまず、以下のページからご覧ください。
各ページのコメント欄でのご質問もお待ちしております。お気軽にどうぞ!

学習机のトレンドが3分で分かる!まとめ

オカムラ

コイズミファニテック

中高生にオススメの奥行65cm学習机!「ラトリオ」vs「フラックス」

オカムラの「ラトリオ」とコイズミファニテックの「フラックス」を比較してみました。いずれも中高生にオススメできる奥行65cmの学習机です。ラトリオはオーク突板で質感が良く、天板奥の配線カバーが便利。フラックスは奥行可変でリフティングワゴンが選べるところが良いと思います。
オカムラ

2019年度のオカムラは「脱ピエルナ」でホームインテリア路線が鮮明に

2019年度のオカムラは「脱ピエルナ」でホームインテリア路線が鮮明になりました。新作のヴィチーノもラトリオも価格的には手頃で、特にラトリオはコイズミファニテックのワイズ、リファルド、フラックスなどと良い競合になる可能性があります。
コイズミファニテック

2019学習机市場はこうなる!学習家具メーカー4社合同展示会を終えて

前々回まで4回に渡って、「学習家具メーカー4社合同展示会2019」出展4社のレポートをさせていただきました。また、一般社団法人日本オフィス家具協会(JOIFA)発表のデスク購入率と平均購入価格の予測についても前回紹介しました。 ...
スポンサーリンク
コイズミファニテック

2019年度の学習机購入率は45.3%、平均価格は69,550円の予測

2019年度の新入学児童による学習机購入率は45.3%の予想で、いよいよ50%を下回りました。平均購入価格は69,550円の予測。スタイル別構成比の順位は例年と変わりないですが、組み替え式デスクのシェアが下がり、平机とユニットデスクの人気が高くなってきています。
オカムラ

スマッシュヒットの予感!オカムラ2019学習家具展示会レポート

オカムラ2019学習家具展示会レポート。新作「ヴィチーノ」はリビングダイニング学習対応のニュータイプの天板昇降デスク。もうひとつの新作「ラトリオ」は打って変わって奥行65cmのデジタル対応デスク。全体のラインアップの見直しも進み、かなり良い感じになっています。
コイズミファニテック

【価格帯別オススメ学習机】2018平均購入価格帯の7万円台は…?

【価格帯別オススメ学習机】2018年度の平均購入価格帯の7万円台のオススメは、コイズミファニテック・レイクウッド・ステップアップデスク、コルフィ、デコプリ・ステップアップデスク・ミドルタイプ、オカムラ・テヌート。
オカムラ

【保存版】オカムラ(岡村製作所)の学習机(最終更新2017年12月)

オカムラ(岡村製作所)とは 岡村製作所は横浜市西区に本社を置くオフィス家具メーカー大手。イトーキの年商(約1,017億円)の2倍以上の規模(2,367億円)を誇ります。なお、2018年4月に社名を「オカムラ」に変更することを発表し...
コイズミファニテック

奥行55cmのデスクでもOK?天板拡張式や組み替え式デスクという選択肢も

最近、特に多いと感じるご質問は「奥行55cmのデスクでも大丈夫でしょうか?」というものです。 このようなご質問が増えたのは2014年度にKEYUCAから発売された「アロン」以降ですね。オカムラの「ピエルナ・コンパクト」、「ソラノ2」、...
オカムラ

オカムラ2018年度学習机はスタディアップデスクの簡易版!?「アルコ」登場

大阪の阪神高速池田線を走っていると、「お~いオカムラくん♪」と書かれた看板を見ることができます。名神高速と交わる豊中ジャンクションの少し南側ですね。池田線を北上しているときは豊中南出口への流出に気を取られて気付かないことが多いのですが、南進...
コイズミファニテック

【学習机のスタイル別構成比と平均購入価格】2018年度の平均価格予測は7万円強

前々回、前回に続き、今回もJOIFA学習用家具部会公表の学習机市場データをもとにお送りします。今回は学習机のスタイル別構成比と平均購入価格についてです。 学習机のスタイル別構成比 上表はJOIFA学習用家具部会公表の学習...
コイズミファニテック

学習椅子の購入率は70%!?学習机よりも購入率が高い理由は…

前回はJOIFA学習用家具部会公表の学習机の購入率が55%にまで下がっていることを紹介しました。 【関連】2018年度の学習机の年間購入率は55%の予想!?JOIFA学習用家具部会発表 今回は学習椅子の購入率について紹介したいと...
コイズミファニテック

2018年度の学習机の年間購入率は55%の予想!?JOIFA学習用家具部会発表

いやー、MajiでKoiする5秒前…じゃなかった、マジでビッくらコキました! JOIFA学習用家具部会(※)が発表したところによると、2017年度の学習机の年間平均購入率は54.6%という結果となり、2018年度の予測は55.0%とな...
コイズミファニテック

もう2018年度新作学習机が並んでる!東京インテリア家具神戸店

先月6月23日にオープンした東京インテリア家具神戸店に行ってきました。 オープンから約半月後、しかも学習机は完全にシーズンオフということで、なーんにも期待せずに行ったのです。ところが、予想に反して見どころ満載でした! ...
コイズミファニテック

子供が大きくなったら足元が狭くならないか心配?メーカー各社の天板高一覧

しばしば、「子供が大きくなったら足元が狭いんじゃないか」という心配の声を聞きます。また逆に、「ウチは背が低い家系なので天板が低いものが良さそう」とおっしゃる方もおられます。 学習机と一言で言ってもニーズはいろいろあるんだなーと...
コイズミファニテック

【価格帯別オススメ学習机】2017年度は平均購入価格帯の7万円台がアツい!

4万円台、5万円台、6万円台と来まして、いよいよ平均購入価格帯の7万円台の学習机のオススメでございます。 過去数年で見ると、7万円台というのは真空地帯だったんですよ。平均購入価格帯というのは名ばかりで、実際のところは5万円前後と10万...
コイズミファニテック

消費者は何も知らないと思ってらして?ナフコの2017学習机は廉価版が勢揃い

一昔前のまだタブレットやスマホが普及していない時代、家電量販店では各系列オリジナルのパソコンが店頭に多く並んでいました。 価格自体決して安くもないのですが、外見はメーカーのカタログ掲載モデルと同等でも、オフィスソフトを搭載して...
ランキング

それでもやっぱりNo.1はピエルナ!?オカムラ2016学習机人気ランキング・ベスト5

学習机メーカーの多くが人気モデルのランキングを公表していますが、意外とオカムラ(オカムラ製作所)はホームページやカタログを見ても掲載されていません。 先日の「家具新聞」にオカムラの学習デスク売上ベスト5が掲載されていましたので、順番に...
オカムラ

ベネッセ「学びデスク」と同じ流れ!?オカムラの2017学習机に「広さ調節タイプ」登場

オカムラ(オカムラ製作所)と言えば、天板昇降式デスクの「pierna(ピエルナ)」。ピエルナは近年のオカムラの学習机の代名詞であり、ピエルナ・ホニャララという感じで派生商品を展開してくのが常でした。 ピエルナの人気が下がってからも天板...
オカムラ

オカムラの「rapport(ラポール)」がようやく販売開始!普通にマトモで驚いた

オカムラ(岡村製作所)が2015年の12月に発売すると宣言していたリビングデスク「rapport(ラポール)」。いつまで経っても売場に並ばないのでおかしいと思ったら発売が4月になったと聞き、それ以降も販売開始される様子がないと思っていたら、...
オカムラ

オカムラ渾身の新作デスク「rapport(ラポール)」は4月以降発売!

オカムラ(岡村製作所)が2015年末に発売する予定と告知していた「rapport(ラポール)」。しかし、1月になってもどこの家具店でも見つけることができませんでした。 学習机評論家としてはやっぱり早めに見ておきたいと思っていた...
スポンサーリンク