ダイソー「ピタッと吸着マット」ならサンコー「おくだけ吸着」の半値でOK

サンワサプライ・EVA樹脂製チェアマット100-MAT006

私はオフィスでサンワサプライの「EVA樹脂製チェアマット(100-MAT006)」を使っています。

こちらのチェアマットはポリカーボネート製のようにキャスター付きのチェアを動かしやすく、塩ビ製のように床に吸い付く感じで良かったんです。しかしながら、しばらく使っているうちにズレやすくなり、1日に3回くらい位置を修正する必要が生じるようになりました。

ダイソーで「すべり止めテープ」を買ってきて貼り付けるもあまり効果がなく。やはり1日に1回は椅子を動かしてチェアマットを敷き直す必要があり、プチストレスを感じていました。

そこで、子供たちが使っているのと同じサンコーの「おくだけ吸着チェアマット」に変えようかと思っていたところ、たまたまダイソーでよく似た商品を見つけたので試してみることにしました。

 

ダイソー・ピタッと吸着マット

ダイソー・ピタッと吸着マット・ベージュ色

私もインテリアコーディネーターの端くれですから、ダイソーでカーペットのようなものを買うという概念がなくて、これまでこんな商品があることにまったく気付きませんでした。

こちらの「ピタッと吸着マット」はもちろん税込110円。30×30cmのいわゆるタイルカーペットで、表面はポリエステル100%の日本製。裏面はアクリル樹脂で、サンコーのおくだけ吸着チェアマット同様にストライプ状の滑り止め加工が施されています。また、洗濯可能という点も同じです。

カラバリも豊富

ダイソー・ピタッと吸着マットのカラーバリエーション

私は今回、オフィスのフローリングに合わせてベージュ色を購入しましたが、ほかにもネイビー、モスグリーン、グレー、ブラック、カフェブラウン、マザーピンクなど、カラーバリエーションが豊富です。階段用もあります。

表面はサンコーよりゴワッと硬め

ダイソーの表面はサンコーよりゴワッと硬め

同じ日本製、同じような滑り止め加工ということで、ひょっとしてダイソーの吸着マットはサンコーのマットと同じものではないかと思いました。

そこで、まず表面を比較してみると、サンコーのほうが手触りが柔らかくて、それに比べるとダイソーのほうはゴワッとしていて硬く感じました。ちなみに、サンコーもポリエステル100%であることに違いはないです。

なお、厚みに違いは感じられません。

ダイソーのほうが滑り止めが少ない

ダイソーのほうが滑り止めの間隔が広い

裏面はどうでしょうか。調べてみると、ダイソーのほうがサンコーよりも滑り止めのラインの間隔が広いです。つまり、理屈上、ダイソーのほうが滑り止め効果が劣ると考えられます。

これらのことからダイソーの吸着マットはサンコーの商品とはまったく別のもので、コストを抑えた商品と考えられます。

裏面フィルムを剥がして施工

裏面フィルムを剥がして施工

とは言え、基本的な構造は同じです。裏面のフィルムを剥がしてから床に敷き詰めていきます。

簡単に敷き詰め可能

簡単に敷き詰め可能

30cm角と小さいですから、敷き詰める作業も簡単です。フローリングの目地に合わせて敷き詰めていけばOK。失敗しても容易に貼り直しできます。

継ぎ目もほとんど目立たない

継ぎ目もほとんど目立たない

継ぎ目は思ったほど目立ちませんでした。本当に滑らなければ、使っているうちに継ぎ目もより目立たなくなることでしょう。

敷き詰め完了!

敷き詰め完了!

フローリングに敷き詰めてみたところ、チェアマットより目立たずかなり良い感じです。とても100円ショップで買ったとは思えません(笑)

90×120cmの面を敷き詰めるのに12枚購入して、コストは税込1,320円。サンコーの置くだけ吸着デスクマットのおよそ半値で済む計算です。

また、最初は90×180cmのキッチンマットをカットして敷こうと思っていたので、それと比べてもめちゃぐちゃコスパが良いです。

チェアマットよりキャスターの動きが悪い

チェアマットよりキャスターの動きが悪い

喜んで椅子に座ってみたところ、あることに気付きました。それはEVA製チェアマットに比べるとキャスターの動きが悪いということです。チェアマットなら椅子に座ったままでもサーッと移動できたのに、この吸着マットの上ではお尻を浮かさないと椅子が動きません。

一方で、サンコーの吸着マットとまったく遜色ないレベルでズレないです。もちろん、継ぎ目が広がるようなことはまったくありません。

あとは汚れの心配だけですが、汚れたら汚れたところだけ買い替えれば良いわけですから、長い目で見てもコスパはすごく良いと思います。

 

まだ使い始めて1週間も経たないので断定的なことは言えないものの、現時点ではダイソーの吸着マットにとても満足しています。サンコーの吸着マットに比べるとゴワッとしていて椅子のキャスターの動きも重いですが、まったくズレないし、見た目も全然悪くないです。

一方で、キャスターがスムーズに動くEVA製チェアマットもちょっと名残惜しいのも正直なところ(苦笑)もしダイソーの吸着マットに不満を感じるようなことがあれば、100均ではなくサンコーの滑り止めテープを試してみようかなーなんて思っています。

2021/06/02追記:ダイソーの吸着マットは使用開始から約2ヶ月にして、一部が波打ったり、めくれ上がったりするようになりました。

関連記事

ポリカと塩ビの良いとこ取り!EVA樹脂製チェアマット「100-MAT006」
サンワダイレクトのEVA樹脂製チェアマット「100-MAT006」はポリカーボネートと塩ビ(PVC)の良いとこ取りです。上面はエンボス加工されているのでキャスター付きのオフィスチェアを滑らせやすく、適度な硬さもあり、ホコリも付きません。また下面は塩ビのようにフローリングに貼り付いてしまうことはなく、それでいてしっとりと吸い付くような感じです。
ズレないけど毛玉だらけ!サンコー「置くだけ吸着デスク足元マット」
子供部屋の学習机の下にサンコーの「おくだけ吸着デスク足元マット」を敷きました。フローリングにピタッと貼り付いて掃除機をかけてもズレたりめくれ上がることがありません。椅子の滑りもスムーズ。一方で、毛玉が大量に発生するというデメリットがあります。
まるでスキーをしている感覚!腰痛持ちに最適なハラチェア「プロニーチェ」
HARAchair(ハラチェア)の「プロニーチェ」は座面が左右に割れていてそれぞれ独立して動きます。その座り心地はまるでスキーをしているよう!おかげで姿勢が固まることなく長時間デスクワークに取り組むことができ、私は半月以上も腰痛や肩凝りを患っていません!
コクヨのミーティングテーブル「JUTO(ジュート)」を買いました♪
新居の事務所にコクヨのミーティングテーブル「JUTO(ジュート)MT-JTK189SAWMAWN」を購入しました。脚がフローティングデザインでオシャレです。IKEAの「VANGSTA(ヴァングスタ)」よりも高価ですが、同じメラミン天板でも下地が透けることなく、組立設置もやってくれたので、決して高い買い物ではなかったと思います。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など

  1. 紫野 より:

    先日浜本工芸さんのナフコオリジナルデスクセットについて相談をさせていただいたものです。

    その後、机は子供が使うものなので、子供の意見を聞くと浜本工房さんの机は娘の好みではなかったためお流れになりました(;_;)

    結局、子供の意見も取り入れ机はコイズミのCDファーストの水色になりました。狭い我が家には教科書や本を収納するところを多めに欲しかったので、私の受験時期の経験からCDファーストぐらいないと参考書までは置けないなと思ったからです。

    そこで相談なのですが、このCDファーストを今のところL字でき組みたいと思っているのですがデスクカーペットのサイズはよくある110×130では足りない気がします。どのくらいのサイズのデスクカーペットがいいでしょうか?

    家具屋の特典で無地のデスクカーペットがプレゼントでついてきますが、サイズが110×130です。子供が好きなデザインのもののカーペットだと横110タテが130もしくはサイズアップすると130×170になります。しかも模様が縦方向にしか使えないデザインなのでどのサイズで選ぶべきか悩みます。(子供に聞いたらプレゼントされる無地のデスクカーペットでもいいとのことでしたが、L字に机を置く時にはカーペットのサイズが足りない気がするのでどのみち自分たちで準備しないといけないです)

    ご連絡いただけると嬉しいです。
    よろしくお願いします。

    • 収納マン より:

      紫野さま

      おっ!一転CDファーストになりましたか!
      でもお嬢様からすると、気に入った色でL字型にできるCDファーストのほうが良いのでしょうね^^

      それはさておき、今回はデスクカーペットのサイズについてのご相談ですね。

      CDファーストをL型カウンタースタイルにした場合、幅は1177mm、奥行は967mmとなります。
      ただ、椅子を十分に引くにはデスク奥行+椅子奥行は最低限必要となるので、全体の奥行は1200mm程度は欲しいところです。

      基本的にデスクカーペットはコイズミファニテックの柄の配置をご覧いただいてもお分かりいただける通り、幅が1100mm、奥行が1300mの状態で使うことを想定しています。
      そのため、L型カウンタースタイルにした場合は幅がちょっと足りません。
      なので、デスクカーペットを90度回転させて幅1300×奥行1100mmの状態で使うお宅も決して少なくありません。
      椅子を引くにはちょっと奥行が十分とは言えないのですが、決して無理と言える状態ではないからです。

      あとは、1100×1300mmのデスクカーペットを普通に敷いて、幅が足りない分は書棚の下に薄い板を何枚か重ねて挟むという方法もあります。
      書棚を動かすことは基本的にありませんし、見た目の面でも問題ないはずです。
      むしろ、一般的に床というのは平らではありませんから、薄い板で調整してやるほうが書棚を安定させることができるとも言えます。

      もしくは、もっとも理想的なサイズの幅1200×奥行1300mmのデスクカーペットを探すか、イージーオーダーするか。
      または、サンコーの「ズレないデスクマット」を、デスクの脚と書棚が干渉しない部分に敷くという方法もあります。
      (デスクの脚などが干渉する場合はカットすることもできます)

      ちなみに、デスクカーペットは必ずしも「大は小を兼ねる」ものではありません。
      中途半端に大きいと、横に書棚などを置いたときに、書棚などがカーペットを跨いでしまうからです。
      (書棚などの片側がカーペットに乗り上げ、もう片側が床に直接乗る状態=書棚が斜めになってしまう)

      色んな方法が考えられるので悩ましいところですが、お嬢様と相談していただければと思います^^

  2. 紫野 より:

    ご連絡ありがとうございます!

    学習机を購入したお店でデスクカーペットをプレゼントしますとのことでしたが、サイズが合わなければ邪魔になるだけだなぁとお思っていたので、とても参考になりました!!

    理想のサイズを探すorオーダーするもしくはズレないデスクマットも検討してみたいと思います♪

    ご回答ありがとうございました(^^)

    • 収納マン より:

      紫野さま

      もし学習机メーカー以外のデスクカーペットを探す場合は、摩耗に強いナイロン100%で、カットパイルの毛足の長くないものをチョイスしていただければと思います。

      ナイロン100%というのはあまり多くはなく、またナイロンであってもループパイルのものが多くて、その場合は引っ掛かって糸がビローンっと出てきてしまいます。

      家具販売店で相談してみて、気に入った色や柄がない場合は他店で探してみてください^^

      • 紫野 より:

        アドバイスありがとうございます!!

        デスク専用以外のカーペットを探す基準がわからなかったのでとても助かります(^^)

        今のところ教えて頂いたサンコーのズレないタイプのタイルカーペットかデスクカーペットにしようかなぁと思っています。タイルカーペットだとサイズの調整が効きそうなので…

        • 収納マン より:

          紫野さま

          タイルカーペットは一部がめくれ上がることもありますが、カットしなくても好みのサイズにしやすいですし、汚れても洗ったりその部分だけ取り替えられるというメリットもあります。

          サンコーならブルー(水色)もありますから、デスクとコーディネートするというのも良いかもしれませんね^^