イトーキ「トルテR」はコンパクトでもデュアルモーションで座り心地最高

少し前に中学3年生の息子の椅子をイトーキの「YE8」に買い替えました。その後も家具屋で回転チェアを見る度にあれこれ座ってみるのですが、やっぱりウチの息子にはYE8が最高にピッタリだと確信を増しています。何より、息子がちゃんと机に向かって勉強することが増えたことがうれしいです。

イトーキの回転チェア「YE8」購入!見た目ショボいが実は…
イトーキの回転チェア「YE8」を購入しました。商品写真だけ見るとショボいですが、同社「サリダYL2」と比較するとかなり大きいです。座面幅&奥行ともに510mmあり胡坐をかけるほど。そのため、幅1000mmの学習机にセットするのはちょっと厳しいかなと思います。

次は娘の椅子を買い替えようと思いまして、コクヨの「ピコラ」を買う気満々でおりました。ところが、島忠ホームズでたまたまイトーキの「トルテR」に座ったところ、これが実に座り心地が良い。

「あれ?トルテってこんなに座りやすかった?これは絶対に娘が気に入るはず!」と勝手に確信して購入することとなったのです。

※価格および仕様はすべて2022/08/10現在

 

イトーキ・トルテR

イトーキ・トルテR チェア ローバック ポリジンコーティング仕様 布張り 肘無し ネイビーブルー KZ240PGM-W9B2X

というわけで、こちらが購入したイトーキの「トルテR」のローバックタイプ、布張りポリジンコーティング仕様(KZ240PGM-W9B2X)です。通常、イトーキの直営ショップでトルテRのローバックを購入すると税込37,000円もしますけど、アスクルでたまたまワケアリ特価で2万円ちょっとで買えてしまいました。

YE8は中国製で組立式でしたが、トルテRは日本製で完成品です。そのため、箱から出すとそのまますぐに座れる状態です。ただ、ワケアリ特価だったためか、西濃運輸のチョンボで配送指定日に届かないなどのトラブルがあったのはちょっと残念でした。その点、イトーキ直営ショップなら自社便で開梱設置までしてくれるので安心だと思います。

イトーキ「サリダYL2」との比較

イトーキ「サリダYL2」と「トルテR・ローバック」の比較

妻がテレワーク用に使っている、同じくイトーキの「サリダYL2」を横に並べて比較してみましょう。

ローバックでもトルテRのほうが背が高いように見えますが、背もたれ、座面、脚部ともに、サイズはほとんど変わらず、コンパクトな部類になると思います。

違いはむしろ座面のほうで、サリダYL2はトルテRに比べると扁平です。対してトルテRは御椀型。また、サリダYL2に比べるとトルテRのほうが座り心地が軟らかくて気持ち良いです。

トルテRの各部サイズ

イトーキ・トルテRの各部サイズ(座面幅や奥行など)

脚部キャスター含まず570mm
キャスター含む最大625mm
最小(脚2本分)365mm
座面450mm
440mm
奥行脚部キャスター含まず560mm
座面420mm
高さ全体810~900mm
座面405~495mm

※収納マンによる実測

YE8と異なり、トルテRは各部の寸法が詳細に記されているので、その点では安心と言えるでしょう。

ひとつだけ補足しておくと、座面の奥行420mmというのは座面の前の端から背もたれまでの長さのことで、座面そのものの奥行は450mmほどあります。

座面はソフト

イトーキ・トルテRの座面はソフト

トルテRにはビニールレザー張りのタイプもありますが、今回購入したのは布張りです。おそらくポリエステル系の生地で、触り心地は柔らかく、滑りにくいです。

モールドウレタンとは書かれていないので板ウレタンかなと思いますが、板ウレタンでこんな御椀型にできるものかなと思ったりもします。座り心地はYE8はもちろん、サリダYL2よりも軟らかくて、もっちりした感じです。

座面下に取扱説明書

イトーキ・トルテRは座面下に取扱説明書が収納されている

トルテRの座面下には取扱説明書が収納されています。こういうところはオフィスや公共施設向けという感じがしますね。

樹脂脚&ウレタンキャスター

イトーキ・トルテRは樹脂脚&ウレタンキャスター

トルテの脚部は樹脂製なので、木製の学習机にセットしても傷つける心配が少ないです。また、サビることもありません。

キャスターはフローリングに適したウレタンキャスターと、カーペットに適したナイロンキャスターから選べます。娘は「おくだけ吸着デスク足元マット」の上で使うのですが、今回はワケアリ特価品の安さにつられてウレタンキャスターで手を打ちました。

デュアルモーションロッキング!

イトーキ・トルテRはデュアルモーションロッキング機構採用

今さらですが、どうして私がトルテに惚れ込んだのかを説明したいと思います。

トルテRはデュアルモーションロッキング機構を採用しており、背もたれが後ろに倒れるのと同時に、座面が前方にスライドするようになっています。そのため、足の裏は床に着いたままで、背と座が連動して後傾するYE8のように「うわっ!」とならないのです。

私と息子は身長が高いので足のかかとが浮いた状態になっても問題ないのですが、妻や娘は足が完全に浮いてしまってYE8はあまり座り心地が良いと感じられないそうなのです。そういうことなら背もたれさえロッキングすれば良いのではないかと思われるかもしれませんが、やっぱり座面が動いたほうが自然に上体を後ろに倒しやすいのです。その証拠に、トルテRなら腕を自然に曲げて手を机の上に置いた状態を維持しながらロッキングできます。つまり、体の中心がブレないのです。

これは実際に座り比べてもらわないと分かりにくいかもしれませんが、基本的にトルテRは小柄な人でも安心してリラックスできる椅子だと思います。ただし、背が高い人には向かないというわけではなく、私でも十分に座り心地の良さを堪能できます。

逆に言うと、トルテRの座り心地を体感してしまうと、失礼ながらサリダYL2の座り心地はかなりショボく感じられます。

トルテRは幅1000mmの学習机でもOK

イトーキ・トルテRは幅1000mmの学習机でもOK

トルテRは脚部の幅が600mm以下とコンパクトなので、一般的な幅1000mmの学習机にもセット可能です。ただし、学習机によって足元のスペースは異なりますからご注意ください。

トルテRを選ぶメリット&デメリット

浜本工芸「No.02デスク」+イトーキ「トルテR」

  • デュアルモーションロッキングで安心
  • ソフトな座り心地
  • 幅1000mmの学習机にもピッタリ
  • 価格はちょっと高め
  • ロッキングの調整ができない
  • デザインはちょっと微妙かも

最後に、トルテRを選ぶメリットとデメリットをまとめてみました。メリットは何と言ってもデュアルモーションロッキング。小柄な人でも安心して体全体でリラックスすることができます。これはコンパクトな外観からはまったく想像できない、異次元の心地良さと言えるでしょう。

また、その心地良さをさらに際立ててくれるソフトな座り心地や、幅1000mmの学習机にもセット可能なコンパクトさも魅力です。もちろん、テレワークにも良いと思います。

一方で、価格はちょっと高め。私はワケアリ特価でかなり安く購入できましたが、定価だとサリダYL2の倍以上ですからね。基準をどこに置くかで判断の分かれるところだと思います。

また、デュアルモーションロッキングは座る人の体重が変わってもロッキングの強弱を変える必要がない構造だということですが、背の高い私や息子に比べると、小柄な妻の場合は強めにもたれ掛からないとロッキングしにくいようです。なので、やっぱり調整できたほうが良いのかなと思ったりもします。

あと、デザインは一般家庭で使う場合はちょっとオフィスチェアっぽさを感じてしまうかもしれません。全体的にかわいらしいシルエットなんですけどね。感じ方は人それぞれだと思います。

 

こうして我が家にある回転チェア4脚のうち3脚がイトーキ製になったわけですが、決してイトーキからナンボかもらってるわけではありません(笑)むしろ、色んなメーカーの椅子を試したいと思いつつ、自然にすべてイトーキ製になってしまった感じです。

それはさておき、イトーキのトルテRは特に中高生や女性など小柄な人が安心してロッキングできるコンパクトな椅子なので、学習やテレワークにピッタリだと思います。価格は決して安くないですが、張地は布またはビニールレザーが選べて、しかもカラバリも豊富。シェルはホワイトとブラックから選べるほか、背と座の色が異なるコンビカラーもあります。ちなみに、販売店によって取り扱い色が異なるのでご注意ください。

また、キャスターもウレタンとナイロンが用意されているほか、背もたれはローバックとハイバックの2タイプから選べます。肘付きも選べて、2タイプあります。ちょっと選択肢が多すぎて逆に選びにくいところはあるものの、楽しんで選んでいただければ良いんじゃないかと思います。

関連記事

中高生にオススメの学習机にセットできるコンパクトな回転チェア11選
お子さんが成長して椅子を買い替えようと思ったときにオススメの、幅1000mmの一般的な学習机にセット可能なコンパクトな回転チェアを10脚セレクトして紹介します。コクヨ、オカムラ、イトーキ、アイリスチトセ、ナカバヤシ、コイズミファニテック、ニトリ、無印良品。
イトーキ「サリダチェアYL2」は程良いコンパクトさでテレワークに最適
妻のテレワーク用にイトーキの「サリダチェアYL2」を購入しました。ホワイト×ベージュ色なので、ミッケのデスクやナチュラル系のフローリングと家具によく合います。また、コンパクトなので小柄な女性には最適な座り心地です。
まるでスキーをしている感覚!腰痛持ちに最適なハラチェア「プロニーチェ」
HARAchair(ハラチェア)の「プロニーチェ」は座面が左右に割れていてそれぞれ独立して動きます。その座り心地はまるでスキーをしているよう!おかげで姿勢が固まることなく長時間デスクワークに取り組むことができ、私は半月以上も腰痛や肩凝りを患っていません!
椅子を選ぶときに要チェック!コイズミファニテックのデスクの脚間寸法
特に木製学習椅子を選ぶときはデスクの脚間寸法を確認するようにしましょう。脚間寸法とは脚と脚の間の幅のことで、浜本工芸やカリモク家具はカタログに記載しています。コイズミファニテックはホームページに記載されていますが、こちらに一覧にしてみました。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など