『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

定番デスク徹底分析!カリモク家具「ボナシェルタ」2021年度版

定番デスク徹底分析の第2弾はカリモク家具の「ボナシェルタ」を特集したいと思います。

ボナシェルタはカリモク家具の学習机で圧倒的人気No.1で、少し価格が手頃な「ユーティリティプラス」と比較することはあっても他社製品とはほとんど競合しません。そのため、私が敢えて取り上げる理由もないままここに至ったという感じです。

ですが、考えれば考えるほどボナシェルタはすごいんです!今回はその素晴らしさを改めてご紹介したいと思います。

※価格および仕様はすべて2020/10/29現在

 

カリモク家具・ボナシェルタ

カラーバリエーション

  • 4色=ピュアオーク、モルトブラウン、モカブラウン、シアーホワイト
  • プレミアムオーダー3色=ピュアメープル、チェリーナチュラル、ウォールナットナチュラル

ラインナップ

商品名サイズ W×D×H(mm)税別価格品番
デスク
D450
700×450×72356,500円ST2577
900×450×72360,500円ST3077
1000×450×72362,500円ST3087
1100×450×72364,000円ST3577
デスク
D600
700×600×72366,500円ST2578
900×600×72370,000円ST3078
1000×600×72373,000円ST3088
1100×600×72375,500円ST3578
1350×600×72380,500円ST4578
1500×600×72385,500円ST5078
1800×600×72392,500円ST6078
D450用 引き出しユニット(小)320×439×7014,000円AT057E
D600用 引き出しユニット(小)360×574×7015,500円AT0574
D600用 引き出しユニット(大)624×539×7018,000円AT0578
D450用 ブックスタンド408×193×38027,000円AT057B
D600用 ブックスタンド526×213×44331,000円AT0571
D600用 ブックスタンド552×220×30034,000円AT0575
D450用 ワゴン408×446~450×671~72346,000円ST005H
D600用ワゴン408×504~600×671~72348,000円ST0057
D600用ワゴン360×504~600×671~72347,000円ST0054
プリンタワゴン482×396×37731,000円ST0075
D600用 サイドラック489×424×68622,500円ST0572
W900用 書棚948×293×149898,000円QT3075
W1000用 書棚1048×293×1498102,000円QT3085
W1100用 書棚1148×293×1498104,000円QT3575
W900用 棚板899×260×308,700円KQ3075
W1000用 棚板999×260×309,100円KQ3085
W1100用 棚板1099×260×309,400円KQ3575
書棚600×302×142373,500円HT2265
オーダーシェルフ600~1800×293×149890,000~153,000円QT2175

特徴・人気の秘密

ボナシェルタの最大の人気の秘訣は2007年度グッドデザイン賞に輝いたシンプルなデザインでしょう。従来のユーティリティデスクにあった幕板を廃し、脚を目いっぱいまで端に寄せたことで、極限までシンプルなコの字型を作り出しました。

ただシンプルなだけではありません。書棚と組み合わせた場合、書棚の前にデスクを置くときは奥行3段階、L型に組むときは幅を2段階にすることが可能です。また、ワゴン、ブックスタンド、サイドラックなどもシンプルでありながら、様々な組み合わせを実現することが可能となっています。つまり、シンプルなのに驚くほど拡張性が高いのです。

加えてその質感。天板は無垢ではなく突板ですが、セミオープン塗装で本物の木に触れる感じを活かし、またボリューム感も過不足のないバランスを実現しています。模倣品が氾濫する家具業界においてボナシェルタが唯一無二の存在であり続けるのは、デザイン、機能性、質感といったバランスが非常に高い次元で実現されているからにほかありません。

注意事項

ボナシェルタを購入する場合は、いくつか注意しないといけないことがります。まず、天板が37mmと厚いので、他社製のクランプ式のデスクライトは取り付けられない場合があります。また、書棚の前にデスクを置くコンパクトスタイルの場合は、デスク側面にアーム式デスクライトを取り付けることはできなくもありませんが、アームが目の前を横切るようなかたちになって邪魔です。そのため、「KS0156SH」タイプを取り付けるのが無難と言えるでしょう。

また、学習机の幅は100cmが一般的ですが、ボナシェルタは脚が太いため、スリムな「ワゴンST0054」以外をセットする場合は110cm以上を選ぶのが妥当です。100cmだと収まる椅子を見つけるのが困難になります。もっとも、ボナシェルタを購入する方はワゴンをセットしないことも多いようですが。

よく比較検討されるデスク

カリモク家具・ユーティリティプラス

ボナシェルタは予算オーバーという方には「ユーティリティプラス」がオススメです。デスク単体で見ればボナシェルタよりも3割ほど価格が手頃となっています。マルチシェルフや書棚とのコンビネーションはボナシェルタとはまた違った感じで、L型デスクにするにも最適です。

定番デスク徹底分析!カリモク家具「ユーティリティプラス」2021年度版
定番デスク徹底分析の第4弾はカリモク家具の「ユーティリティプラス」。どうしても同社「ボナシェルタ」が人気すぎて目立ちませんが、ユーティリティプラスはL型デスクにもなる、シンプルな組み替え式デスクとも言える、リフティング式のワゴンをセットできるなど、ボナシェルタにはないメリットもあります。
コイズミファニテック・ビーノ

ユーティリティプラスよりもさらに手頃なのがコイズミファニテックの「ビーノ」。デザイン性はボナシェルタには遠く及びませんが、デスク本体に最初から引出しが付いており、ワゴンもリフティング式が選べるなど、子供にとって使い勝手が良いのが魅力です。

定番デスク徹底分析!コイズミファニテック「ビーノ」2021年度版
コイズミファニテックの定番ロングセラー学習机「ビーノ」の人気の秘密を徹底分析。サイズバリエーションとラインアップが豊富で組み合わせが自由なだけでなく、浜本工芸のデスクと見紛うほど質感が良いのが特徴。飽きの来ないシンプルなデザインで男女ともに人気です。
浜本工芸・No.32デスク

個人的にはボナシェルタの直線的なデザインが好きなのですが、やっぱり丸みがあったほうが安心ということで浜本工芸の「No.32デスク」などを選ばれる方も少なくありません。典型的な組み替え式デスクのスタイルではあるものの、機能性や質感は非常に高いと思います。

【2021最新】浜本工芸の学習机は国産最高級だけどコスパは最強!
浜本工芸の会社概要に始まり、学習机のラインナップと特徴についてまとめてみました。浜本工芸のデスクは皇室に献上されたことでも有名で、その品質は間違いありません。しかし、ただ高級なブランドではなくコスパが非常に良いです。
飛騨産業・ソフィオ

実際のところボナシェルタと飛騨産業の「ソフィオ」のどちらかという話はあまり聞きませんが、価格帯としては比較検討する余地はあると思います。「やっぱり無垢が良いわ~」という方はこちらをどうぞ。

【2020最新】飛騨産業(キツツキ)の学習机は唯一無二の10年保証
キツツキマークでお馴染みの飛騨産業について簡単に説明したうえで、その学習机の特徴とラインナップを紹介しています。ソフィオ、ビギンなどが比較的人気、morino,kotoba(森のことば)などデザイン性の高いものが特徴と言えます。10年保証であることも大きな特徴です。
アクタス・リピア

背の高い書棚とデスクを組み合わせた学習机というのは少ないので、その点で言えばアクタスの「リピア」もアリなのかもしれません。ただ、ここ数年はアクタスの学習机の品質も良くなったとは言え、カリモク家具には敵わないと思います。

おしい!アクタスの「RIPIA(リピア)」は素敵なデザインなのに引出しが一つもない
「おしい!」と嘆かずにはおれなかった学習机の第二弾はアクタスの「RIPIA(リピア)」です。 見た目だけを考えたらこうなった カリモク家具も同じような傾向があるんですが、引出しを減らせば価格が安くなりますし、見た目もスッ...
ヒカリサンデスク・SDW-サンユニット

同じくシェルフ+デスクとしてはヒカリサンデスクの2021年度新作デスク「SDW-サンユニット」も候補に上がることがあるかもしれません。書棚に背板と側板があるのでボナシェルタほどの解放感は得られないものの、実用性という点では決して悪くはないと思います。

2021年度のヒカリサンデスクは「SDW-サンウッド」で本気出してみた
2021年度のヒカリサンデスクの新作学習机は「SDW-サンウッド」と「SDW-サンユニット」。サンウッドはサンワークス後継と見られ、使い勝手も良さそうです。サンユニットは価格がちょっと高いかなと思いますが、カリモク家具のボナシェルタやユーティリティプラスあたりから流れてくる人もいるかもしれません。
杉工場・レグシー+ブックシエル

デザイン的にはむしろ杉工場の「レグシー」「ブックシエル100」の組み合わせのほうがボナシェルタに雰囲気が近いかもしれません。価格もボナシェルタに比べれば手頃です。ただし、品質はさすがに敵いませんし、オイル仕上げですからキズや汚れは覚悟する必要があります。

まるでカリモクのボナシェルタ!?杉工場「レグシー+ブックシエル100」
みなさま、お正月はいかがお過ごしでしょうか。 大渋滞や大混雑に見舞われながら実家に帰省された方もいらっしゃると思います。そこで「学習机はどうするの?」という話が出てきて、調べ始めた方もいらっしゃることでしょう。 実際、こちらのブ...
堀田木工所・リデラ

堀田木工所には「カルロ」のほか、カタログ外モデルの「トリップ」やそれに似たイオンの「カスタマイズシリーズ」などもありますが、ここではファニチャードームで扱っている「リデラ」をピックアップしたいと思います。もっとも、ボナシェルタと比較するのは酷というものですね(苦笑)

「ファニチャードーム」の2019オリジナル学習机カタログがスゴイ!
ファニチャードームの2019オリジナル学習机カタログがスゴイです。テイスト毎に編集されており、商品ラインナップも充実。堀田木工所のリデラ、マーガレット、シルフィ、イトーキのウットフォークSなどがあります。

 

という感じでボナシェルタと比較検討する余地がありそうなものを8モデル取り上げてみたものの、だんだんと馬鹿馬鹿しくなってしまいました。やはりボナシェルタは唯一無二の存在です。こんなにシンプルなのに、パクリ天国の家具業界でどこも模倣できないほど完成度が高いわけです。

「ボナシェルタみたいな感じでもっと安いのがあったらなー」という気持ちは分かります。けれど、発売から10年以上を経ても現実的にそういうデスクが存在しないということは、その価値が十分あるという証拠でしょう。

というわけで、安心してボナシェルタをお買い求めいただければと思います。

 

カリモク家具「ボナシェルタ」

関連記事

2021年度のカリモク家具の学習机は基本的に前年度と変わりなく
2021年度のカリモク家具の学習机カタログが発行されました。基本的に前年度と変わりなく、新作と言えるのは昨年末に発表済みの「パーチャー」のみ。あと、デスクライトの「KS0190」はUSBコンセントを採用しているだけでなく、高演色でパワーLEDながらJIS規格AA形相当の明るさです。
カリモク家具から新作デスク「Parture(パーチャー)」誕生
カリモク家具から新作デスク「Parture(パーチャー)」が誕生しました。”壁で完全に仕切るのではなく、家具で緩く仕切ることで自分の居場所を確保しながら、周りには適度な距離を保つことで孤立しない”パーテーションにもなる学習机です。幅は2サイズ、パーテーションデスクに別売のバックテーブルをセットすることで両面デスクとしても使えます。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など

  1. さわ より:

    お世話になります。
    ボナシェルタのワゴンのサイズで悩み中です。
    ご相談にのっていただけたら嬉しいです。

    3年前にボナシェルタのデスクW1100×D600と書棚1100用を兄弟分に2セットずつ購入しました。
    デスクには考えた末、引き出しをつけませんでした。
    ワゴンも欲しかったのですが、予算的に先送りしました。
    現在、子どもたちは小1と小3になりました。
    書棚は壁に並べて置いてます。
    書棚の前に、机同士を向かい合わせにして置き、机と机の間には手作りのついたて(間仕切り?)を置いています。
    書棚と机との間は50cmほど離れてます。

    今回ワゴンを買う予定で、サイズに悩んでいます。
    D600用を買うのは決まってますが、横幅をスリムタイプにするかどうか、、。
    W408のワゴンを机の下に納めて使うと足元のスペースが狭くなり解放感がなくなると懸念してます。
    ワゴンを机の横に置くと、まだ手が届きにくいかなとも思います。

    部屋の広さ的には大きい方を買っても問題はありません。

    スリムタイプを選べば、足元のスペースは気持ち広くなります。
    でも、将来的に一番下の引き出しにA4サイズの書類をいれるとなると、スリムタイプだと出し入れが困難かなとも考えます。

    でも、書棚に大きめの書類を納めればよいのだから、スリムでもよいかなとも考えます。

    足元のスペースか、書類の出し入れのどちらを優先させるか悩んでます。

    ご意見聞かせてもらえたら嬉しいです。

    さわ

    • 収納マン より:

      さわさま

      はじめまして^^

      さわさんのお宅は上のお子さんの入学に合わせてごきょうだいの机を一緒に購入されたのですね。
      書棚の前に50cm離して机を向かい合わせで置くというのは、書棚にデッドスペースが生じず、それでいて比較的コンパクトにまとまっていて手が届きやすくてとても良いレイアウトだと思います。

      さて、ボナシェルタにワゴンを買い足すという話ですね。

      お話からすると、これまでは引出しなしの状態だったわけですよね。
      小1のお子さんはともかく、小3のお子さんはそれまで特に問題ないようだったら、引出しはそれほど重要ではないのかもしれません。
      むしろ、足元にワゴンが来ることで、狭くて使いにくいと不満を感じることのほうが多いんじゃないかと思ってしまいます。
      どうしても、基準がワゴンなしの状態になってしまいますからね。

      おっしゃる通り、スリムタイプのワゴンだと引出し下段にA4ファイルを入れたときに、引出しを全開にしなければファイルが取り出しにくいという不便があります。
      また、引出し上段もちょっと収納量が少なくなるに違いありません。

      一方で、スリムタイプのワゴンなら足元がそれほど狭くならないだけでなく、目いっぱい机の端に座る必要もありませんし、書棚と机のすき間にワゴンを移動するときも余裕があります。
      また、デッドスペースのない状態の幅110cmの書棚ならそもそもファイルの収納には事欠かないと思います。
      むしろファイルは書棚にまとめて収めるようにして、ワゴンの引出し下段には他のモノを収納するようにしたほうが使い勝手が良いかもしれません。

      これからボナシェルタ一式を揃えるならどちらのワゴンにすべきか非常に悩ましいところですが、これまで引出しの必要性をあまり感じておらず、またワゴンがない状態でゆったり3年過ごしたということを考えると、スリムワゴンのほうが良いんじゃないかと私は思います^^

      • さわ より:

        ご意見ありがとうございます!!

        スッキリしました。
        悩んでるところを的確に理解してもらい、心が軽くなりました。

        初めてのコメントでしたが、3年前に学習机を買う時から、このサイトでいろいろ勉強させてもらってもらってます。
        机の照明やイスなども参考にさせてもらってます。
        ありがとうございました。

        ワゴンもスリムタイプにしようと思います。
        早い返信ありがとうございました。

        さわ

        • 収納マン より:

          さわさま

          そうなんですかー。ボナシェルタは本当に良くできた机ですよね^^

          そこにスリムワゴンが加わればまさに鬼に金棒。
          これまでより収納量も増え、天板面を拡張できたりして、よりお子様方に喜んでもらえることでしょう。

          お役に立てて私もうれしいです^^