初めての方はコチラからどうぞ

学習机の購入を検討するにあたって色々と分からないことがあると思います。いつ買えば良いのか、どんなものを買えば良いのか、そもそも必要なのかと、悩みは尽きません。
そんな方はまず、以下のページからご覧ください。
各ページのコメント欄でのご質問もお待ちしております。お気軽にどうぞ!

学習机のトレンドが3分で分かる!まとめ

国産

浜本工芸

購入前後で2回行くべし!浜本工芸の大阪ショールームに行ってきた

浜本工芸の大阪ショールームに行ってきました。学習机のカタログモデルがすべて揃っています。リビングやダイニングのセットも多数あり。小売販売はしていません。押し売りを心配することなく社員からマニアックな話をいろいろ聞けるので、浜本工芸製品を買った後に行っても満足感が上がります。
デスクライト

残念賞!バルミューダのLEDデスクライト「BALMUDA The Light」

バルミューダのLEDデスクライト「BALMUDA The Light L01A-WH/BK」をヨドバシとビックカメラで見てきました。率直に言ってスペックを見た通りで、中心照度が明るすぎて相対的に照射範囲が狭く感じられます。質感やデザインが良く、山田医療照明との共同開発という点も購買心をくすぐられるのはもちろん分かりますが、価格が高すぎます。
浜本工芸

意外と似てる対決!カリモク「コーディSU3680」vsたなとつくえ「ミニマ」

カリモク家具「コーディ・ワゴン可動タイプSU3680」と、浜本工芸×学習机評論家=たなとつくえ「ミニマ」を比較してみました。ともに天板奥行60cm、上棚が無駄にならないなどの共通点がある一方で、コーディはワゴンとデスクの高さを揃えてフルフラットにできる、ミニマは上棚や引出しの収納力が大きくてナラ無垢の高級仕様などの違いがあります。
スポンサーリンク
学習椅子

大人までOKだったはず!バランスチェアイージーに「ショートフレーム」追加

サカモトハウスのバランスチェアイージーに「ショートフレーム」が追加されました。販売開始は2017年冬だったようです。これまでの「通常フレーム」で子供から大人まで対応可能だったはずが、160cm以上はショートフレームに買い替え。そうなると国新産業のバランススタディの倍近い負担です。
カリモク家具

カリモク家具「ノバリエ」って何だ!?実はAmazon専売ユーティリティプラス

カリモク家具がamazonオリジナルとして「ノバリエ」シリーズの販売を開始しました。デスク、マルチシェルフ、マルチラックは、基本的にユーティリティプラスのパッケージを変えたものです。チェアはクレシェ。以前にミキハウスで販売されていたものに近い組み合わせです。今のところ価格は安くありませんが、今後の激しい値動きに期待したいところ。
浜本工芸

たなとつくえ「ミニマ」は浜本工芸No.09とNo.89デスクのハイブリッドだった!?

デザインした私自身、今まで気づかなかったことですが、たなとつくえの「ミニマ」は浜本工芸のNo.09だけでなくNo.89デスクにもよく似ていると言えます。Kライン脚はNo.09に似ている一方、天板奥行600mmである点や足元棚がないという点ではNo.89に似ています。
メーカー

事実上のNK復活?小島工芸2019学習机の新作は「ローラ」

小島工芸の2019年度新作学習机「ローラ」は、2017年度まであった「NK」を復活させたような感じです。一方でここ数年定番だった「JD」がカタログから消えました。方向性がまったく見えないですね。
浜本工芸

リビング学習の救世主!浜本工芸「No.90デスク」開発者に突撃インタビュー

浜本工芸「No.90デスク」の開発者に突撃インタビューを敢行しました。No.90デスクはリビングダイニング学習に最適です。コンパクトなのに収納力があり、おまけに天板を開けると広い。それなのにシンプルでスタイリッシュで特にBタイプはお手頃価格。
堀田木工所

世界に1台だけの特別感!ベルメゾン「きみに贈る、学習づくえセット」

ベルメゾンの「きみに贈る、学習づくえセット」は、名前などを英数字で入れることができるネームプレート付きの世界でひとつだけの特別なデスクです。堀田木工所が作っていますが、天板はオイル塗装ではなくセラミック塗装となっています。無印良品のパイン材デスクに形が似ています。
浜本工芸

国産書棚徹底比較!小島工芸vsフナモコvs浜本工芸vsカリモクvs大洋

国産書棚を徹底比較!小島工芸「アコード」、フナモコ「ニューラチス」、浜本工芸「No.86書棚A」、カリモク家具「HU2415」、大洋「エースラック/カラーラック」。いずれも定番と言える本棚ばかりです。
メーカー

唯一変わったのは、ビギンの可動棚――キツツキノツクエ2019Max

2019年度のキツツキノツクエ(飛騨産業の学習机)で唯一変わったのはビギンの可動棚(MB609R)が廃番になったことくらいで価格など他に変更はありません。「カンブリア宮殿」放映効果もなく、極めてマイペースを維持しています。
杉工場

2019年度の杉工場の学習机はアルダーのPワゴンが加わっただけ

2019年度の杉工場の学習机ラインナップは、レッドオークのセノヴィ・ワゴンをアルダーで作ったPワゴンが加わっただけで、価格など他に変化はありません。あとはポルテとクオーレが隅っこ扱いになり、レグシーなどの組み合わせ提案がされているくらいです。
浜本工芸

ハロウ!No.90チェア!浜本工芸2019デスクカタログGETしました

浜本工芸の2019デスクカタログをゲットしました。たなとつくえのハロウチェアがNo.90チェアとして張地違いでカタログ商品となりました。ほか、No.90スツール、No.90マルチラックが登場しています。
堀田木工所

堀田木工所の2019学習机はサイバリが増えた「カルロ」推し!

堀田木工所(hotta woody)の2019年度の学習机は2018年度と比較してラインナップの変更はありません。ただし、「カルロ」だけはサイズバリエーションが増えました。また、4本脚の「ダックチェアーNo.6」は廃番、代わりに「ダックチェアーNo.5」の座面カラバリが増えました。
カリモク家具

ベネッセ2019学びデスクは広さ成長タイプ終了で「囲み可変タイプ」登場

ベネッセ×カリモク家具の2019年度の学習机は、学びデスク「広さ成長タイプ」が廃番となって代わりに「囲み可変タイプ」が登場しました。囲み可変タイプは可動式のパーテーションが付いた、奥行55cmのコンパクトな学習机です。
カリモク家具

新作ホワイトデスク「カリーシル」登場!カリモク家具2019学習机

カリモク家具の2019年度学習机カタログが届きました。カントリーに代わる新作ホワイトデスク「カリーシル」、一枚板風の「レグノッタ」が新登場。また、レグノッタとユーティリティプラスに新色シアーブラックが登場。その他ラインナップは大きく変わることなく、値上げもありません。
イトーキ

やっぱり出た!イトーキがサイズオーダーできる国産デスク「ヴァルコ」発売

イトーキが国産でサイズオーダー可能な木製デスク「Valko(ヴァルコ)」を発売。広島県福山市の宏栄産業が製造。北海道産のイタヤカエデ無垢を使用。天板は高圧メラミン。幅70~180cmオーダー可能、奥行2サイズ。天板拡張にも使える上棚のギミックが面白く、コスパも良いデスクだと言えます。
浜本工芸

日本一早く!浜本工芸の2019新作学習デスク発表会をレポートします

日本一早く浜本工芸の2019新作学習デスク発表会をレポートします!鮮やかなカラーリングを施した商工デスクのNo.78デスクも魅力的ですが、今年度の目玉はなんと言ってもNo.9000デスクです。リビングダイニング学習の常識を覆すかもしれません。
カリモク家具

ベネッセ×カリモクのランドセルラック「あしたの準備ステーション」

ベネッセ×カリモク家具のランドセルラック「あしたの準備ステーション」は、従来の「あしたの準備サポートワゴン」の発展形と言えます。しかしながら、一概に新商品のほうが良いとは言えないところがあります。
浜本工芸

たなとつくえ「フレム」オープンシェルフが背板ナシにこだわった理由

浜本工芸×学習机評論家のコラボ学習家具「たなとつくえ」の「フレム」オープンシェルフが背板ナシにこだわった理由。それは背が高くても圧迫感を感じないようにしただけでなく、どの方向からも自在にモノを出し入れできるように配慮したためです。
スポンサーリンク