【2022最新】カリモク「ボナシェルタ」vs浜本工芸「No.28デスク」

カリモク家具・ボナシェルタ vs 浜本工芸・No.28デスク 比較

2018年度に浜本工芸が「No.28デスク」を発売したとき、私は杉工場の「レグシー」にソックリじゃないかと思いました。そして、2021年度に幅90cmタイプが追加されると、カリモク家具の「ユーティリティプラス」を目指しているのかと思いました。サイズバリエーションが増えただけなのに、不思議なものです。

ところが、2022年度はハイタイプの「No.28書棚A」が登場。そうすると、今度はカリモク家具の「ボナシェルタ」のように見えてきました。いやはや、4年前にはまったく想像だにしなかった展開です。

唯一無二のハイタイプのオープンシェルフを組み合わせることができるボナシェルタを検討されていた方々も、予想外の競合の登場で戸惑ったことでしょう。というわけで今回は、カリモク家具のボナシェルタと浜本工芸のNo.28デスクを比較してみたいと思います。

※価格および仕様はすべて2021/10/13現在

 

ボナシェルタ vs No.28デスク 比較

カリモク家具・ボナシェルタ

ボナシェルタは2007年発売で、カリモク家具の学習机で不動の人気No.1となっています。デスクの天板にLVL(単板積層材)を使うことで幕板がなくてもたわまない、シンプルなデザインを実現することに成功し、2007年度グッドデザイン賞を受賞しています。

素晴らしいのはシンプルなデザインだけではありません。書棚の前にデスクを置く「コンパクトスタイル(収納スタイル)」では全体の奥行を3段階で使うことができるほか、「L型スタイル」ではデスクの片脚を外すことで書棚の下段が使いやすいよう配慮されています。

浜本工芸・No.28デスク

浜本工芸・No.28デスク+書棚A

浜本工芸のNo.28デスクは2017年に登場。それまでにも浜本工芸には4本脚のシンプルなデスクはありましたが、ナラではなくオークの無垢を天板に使うことでコストを抑えるとともに、奥行約50cmのコンパクトさが支持されて、気が付けば浜本工芸の人気No.2のポジションにまで育ちました。2021年のハイタイプの書棚Aの登場で、ますます販売台数を伸ばすに違いありません。

No.28書棚Aは上下を分割して使えるというのが最大の特徴。また、デスクとのコンビネーションはボナシェルタのように多機能ではないものの、逆にただ並べるだけというシンプルさが支持を集めるように思います。

価格&スペック比較

デスク
ボナシェルタNo.28デスク
税込価格62,150~101,750円61,270~65,890円
幅(mm)700/900/1000/1100/
1350/1500/1800
900/1000/1100
奥行(mm)450/600505
天板材質オーク突板オーク無垢
天板塗装ウレタンUVウレタン
カラー4色3色
デスク本体引出し別売2杯付き
引出し内部材(シナ)
コンセント付属別売

※すべて2021/10/13現在の税込価格(以下同)

まずはデスク単体の比較から。ボナシェルタは幅が700mmから1800mmまで7サイズ用意されており、奥行も450mmと600mmの2サイズ展開(奥行450mmタイプは幅700~1100mmのみ)。サイズバリエーションが3つしかないNo.28デスクよりも豊富です。

また、ボナシェルタのカラーバリエーションはピュアオーク、モルトブラウン、モカブラウンの3色が基本ながら、奥行600mmの幅900~1100mmのみシアーホワイト色にも対応しています。No.28デスクはナチュラルオーク、ダークオーク、カフェオークの3色です。

塗装はボナシェルタが木目を残すことで質感を楽しめるセミオープン塗装なのに対し、No.28デスクは紫外線照射により表面を硬化させてキズや汚れに強くしたUV塗装。これは好みが分かれるところだと思います。

ボナシェルタはコンセント付き、No.28デスクはコンセント別売。しかし、ボナシェルタの天板はオーク突板、引出しは別売にもかかわらず、天板がオーク無垢で引出し2杯付きのNo.28デスクのほうがボナシェルタの奥行450mmタイプよりも安くなっています。

ワゴン
ボナシェルタNo.32/No.89袖
税込価格50,600~52,800円52,800~57,200円
ワゴン天板着脱式昇降/固定式
天板材質オーク突板ナラ突板

ワゴンについては、ボナシェルタは天板を着脱することでデスク天板と高さを揃えたり、デスク下に収めることができるようになっています。引出しの大きさや見た目の美しさの面でメリットがあると言えるでしょう。

一方、No.28デスクには専用のワゴンが用意されておらず、No.32昇降袖AまたはB、もしくはNo.89移動袖Aを流用するかたちです。昇降袖は手軽に天板の高さを変えやすいのがメリットですが、見た目や音が気になるという方もいらっしゃいます。何より、直線的なデザインのNo.28デスクに対し、No.32昇降袖は丸みのあるデザインということで、その微妙な違いが少々気になるところです。

書棚
ボナシェルタNo.28書棚A
税込価格107,800~114,400円92,400~96,800円
幅(mm)948/1048/1148900/1000/1100
奥行(mm)293245
フレーム材質オークオーク
棚板材質オーク突板下箱天板:ナラ無垢
棚板:エンボスシート(強化プリント紙)
段数固定×4段固定×4段、可動×1段
ブックエンド木製×1、金具×3木製×1

ボナシェルタの書棚はデスクに比べて48mm幅が大きくなっています。また、奥行はNo.28書棚Aよりも48mm深いです。広い設置スペースを必要とするものの、カラーボックス用のインナーケースやチェストがほとんどハミ出さない状態で収納できるのはメリットと言えます。

一方、No.28書棚Aはボナシェルタよりも全高が高く、1段分多く本などを収納できます。また、ボナシェルタのように別売の天板を足さなくとも、最上段の上にモノを乗せることができます。

デスク+書棚2点セット価格比較

ボナシェルタNo.28デスク+書棚A
奥行45cm奥行60cm
幅90cm174,350円184,800円153,670円
幅100cm180,950円192,500円158,070円
幅110cm184,800円197,450円162,690円

それぞれ単品で価格を比較してもあまり意味がないので、それぞれのデスク+書棚の2点セットの価格を見てみましょう。

総じて、No.28のほうがボナシェルタよりも10%以上安くなる計算です。デスク天板の材質や引出しのことを考えるとNo.28のほうが圧倒的にコスパが良いと言えます。一方で、奥行3段階調節可能である点やコンセント付きなどの機能面、デザイン面で、ボナシェルタという選択もあるでしょう。

デスク+ワゴン+書棚3点セット価格比較

ボナシェルタNo.28デスク+書棚A
+No.32昇降袖AまたはB
奥行45cm奥行60cm
幅100cm231,550円※1244,200円※2215,270円
幅110cm235,400円※3250,250円※4219,890円

※1…ワゴンST005Hをセットした場合、椅子はXT0901でもかなりギリギリ ※2…スリムワゴンST0054とのセット  ※3…ワゴンST005Hをセットした場合 ※4…ワゴンST0057をセットした場合

デスク+ワゴン+書棚の3点セットで比較すると、No.28はボナシェルタよりも10%前後安いと言えますが、この程度の差なら出費自体は大きく変わらないとも言えるでしょう。

この場合にむしろ重要なのは、ワゴン天板の構造の違いや、デザイン面でしょう。好みの分かれるところだと思います。

 

以上の通り、ボナシェルタとNo.28デスクを比較してみました。コスパという点では、天板が無垢で引出しが最初から2杯付いているNo.28デスクのほうが圧倒的に優れていると思います。書棚も1段分高く、組み替えもシンプルで、書棚を上下分割して使えるという点でもメリットがあるでしょう。

一方で、ボナシェルタはNo.28デスクよりも特にワゴンの見た目がシンプルで美しく、組み替えはやや複雑ではありますが非常に良くできた構造だと思います。配線カバー、ブックスタンド、プリンタワゴン、サイドラックなど、オプションパーツが豊富なところも魅力のひとつと言えるでしょう。

これら2つで悩む場合は、カリモク家具の「ユーティリティプラス」や浜本工芸の「No.32デスク」、コイズミファニテックの「WDスペシャル」も選択肢に上がるかもしれません。そうなってくると、ますます悩ましいですね。

関連記事

定番デスク徹底分析!カリモク家具「ボナシェルタ」2021年度版
カリモク家具の圧倒的No.1学習机「ボナシェルタ」の人気の秘密を徹底解剖します。2007年グッドデザイン賞に輝いたシンプルなデザイン。にもかかわらず拡張性が高く機能的に使えるところが最大の人気の秘訣と言えるでしょう。
定番デスク徹底分析!カリモク家具「ユーティリティプラス」2021年度版
定番デスク徹底分析の第4弾はカリモク家具の「ユーティリティプラス」。どうしても同社「ボナシェルタ」が人気すぎて目立ちませんが、ユーティリティプラスはL型デスクにもなる、シンプルな組み替え式デスクとも言える、リフティング式のワゴンをセットできるなど、ボナシェルタにはないメリットもあります。
定番デスク徹底分析!コイズミファニテック「WDスペシャル」2021年度版
定番デスク徹底分析の第5弾はコイズミファニテックの「WDスペシャル」をご紹介したいと思います。現在のコイズミファニテックのラインナップでハイエンドに位置するWDスペシャルは天板がナラ突板で質感が良く、収納力が大きく、レイアウトパターンが豊富なのが魅力です。
2022浜本工芸はまさかの値上げナシ!しかも新型ハイシェルフ登場!?
2022年度の浜本工芸の学習机には新商品「No.28書棚A」が登場。どこかで見た感じに見えますが、それと違って上下分割式になっているのが大きな特徴となっています。そのほか、新型デスクライト「C3764」はコンセント付き。今年度の値上げはありません。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など

  1. 座木 より:

    浜本工芸のNo.28デスク、コスパが素晴らしいですね。ナラ無垢ではないですが、天板はオーク無垢ですし、コンパクトながら今回追加された書棚で収納力も補える。
    前回、実物を見た時はワゴンが少々入れ辛く、書棚だけだと収納力不足かなと感じておりましたが、今回の2段書棚であれば十分に感じますね。
    ワゴンの顔板のデザインを合わせられないのは残念ですが、No.89ワゴンだと天板が合わないのと材質違いなんですね…

    また色々と情報を収納マンさんから仕入れさせて数年後の購入目安とさせていただきます!

    • 収納マン より:

      座木さま

      はじめまして^^

      幅110cmタイプはともかく、No.28デスクは脚が真っ直ぐなので、ワゴンの出し入れは微妙にしにくいと感じることがあるかもしれませんね。
      もっとも、そういう声もあることを踏まえて、No.09デスクなど様々なモデルを用意しているのでしょう。

      数年後にはまた状況が変わっているかもしれませんが、そのときまで情報収集していただけると幸いです^^