【2024最新】無印良品「木製デスク」vsニトリ「メルシー」徹底比較

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

【2024年度最新】無印良品「木製デスク オーク材」vsニトリ「ロータイプデスク・メルシー」徹底比較

諸行無常と言う通り、世の中は絶えず変化しています。ニトリは値下げを連呼しながらも、シレッと学習机を軒並み値上げ。無印良品はコロコロと商品構成や仕様を変え、随分と振り回してくれました。そして、2023年に入って約4割の大幅値上げです。

以前にも無印良品とニトリの天然木デスクを比較しましたが、状況が大幅に変わって参りましたので、改めて比較してみたいと思います。

以下、特に断りがない場合は、無印良品は中国製に切り替わった「木製デスク オーク材」の3点セット、ニトリは「スタンダードデスク・メルシーH」を指すものとします。

※価格および仕様はすべて2023/12/24現在に更新済み

 

今回比較するデスク

無印良品/木製デスク オーク材

無印良品 木製デスク オーク材

※以下すべてデスク+キャビネット+上置き棚の3点セットの場合

税込価格69,900円(数量限定64,900円※下記注)
天板サイズ1100×550mm
天板材質オーク無垢
塗装ウレタン
引出し内部材ポプラ積層合板
スライドレールデスク:木桟
ワゴン上段:ローラー式
ワゴン下段:ベアリング式フルスライド(ソフトクローズ)
製造国中国
保証期間設定なし
デスクライトなし
コンセントなし
カラー1色
2023/02/02追記:木製デスク3点セットは税込64,900円で販売開始されました。なお、その際の配送料は3,500円4,500円(2/3から)となっています(店舗受け取りは無料)。
2024/01/26追記:amazonにて無印良品の「木製デスク3点セット」が税込45,214円で販売開始されました。オーク材突板となっていますが、これはデスク天板のことではなく上置きの棚板のことで、現在販売中のものと同じ仕様です。 公式オンラインショップ(税込64,900円)よりも約30%も安く、しかも送料無料。私の経験上、こういうのはすぐに売り切れますので、ご検討中の方は是非お急ぎください。 ⇒2月3日に特価品は完売、2月6日頃から通常価格に戻っています。
ニトリ/スタンダードデスク メルシーH

税込価格59,990円
天板サイズ1000×550mm
天板材質アルダーまたはバーチ突板(推定)
塗装ウレタン
引出し内部材
スライドレール上棚:木桟
ワゴン最下段:ベアリング式フルスライド
その他:ベアリング式スライド
製造国中国
保証期間5年(灯具は1年)
デスクライト付き
コンセント付き
カラー3色

価格の比較

まずは価格の比較から。無印良品の木製デスク+キャビネット(ワゴン)+上置き棚の3点セットの場合、税込64,900円から。対して、ニトリのスタンダードデスク・メルシーHは同59,990円です。ニトリのほうが約8%安い計算です。

ちなみに、配送料については無印良品の場合は1点あたり税込2,500円、3点セットなら同7,500円、数量限定セットは同4,500円となります(店舗受取は無料)。組立設置は4,000円です(数量限定セット以外は3点合計5000円)。ニトリは平日は税込2,200円、土日祝は同3,300円で、組立設置を希望する場合はそれぞれ同2,200円アップとなります。

サイズの比較


無印良品の木製デスクの天板サイズの幅は1100mmで、メルシーHよりも100mm大きいです。設置スペースは余計に必要ですが、広々と作業しやすいと思います。

奥行はいずれも550mmで、近年の学習机としてはややコンパクトと言えます。リビングダイニングに置くなら最適なサイズと言える一方、上棚を置くと上棚の下のスペースを除けばA4ノートをギリギリ広げられるくらいの奥行となります。

天板の高さは無印良品が700mm、ニトリが730mmです。学習机の天板の高さとしてはニトリのほうが一般的で、無印良品のほうが低いと言えます。身長が低い方の場合は無印良品のほうが使いやすい高さと言える一方で、天板下に引出しがあることを考えると身長が高い方にとっては膝が窮屈に感じる可能性があります。

材質の比較

無印良品 木製デスク オーク材 幅110×奥行55×高さ70cm 12841050

無印良品の木製デスクの天板はオーク無垢(集成材)です。あくまで私の主観ですが、オーク材そのものは家具用材として高級品とされるものの、無印良品が扱うオークはかなりの低級品で、節やクサレが多く、色の差もあり、木目も汚いです。上写真のようにキレイな木目のものが届くことはないと思っていただいたほうが良いでしょう。

また、含水率の調整が不十分と思われ、展示品は反りが見られることが多々あります。ただ、デスクの脚やワゴンの天板もオーク無垢ですし、ワゴンの側板や上置き棚の棚板はオーク突板(つきいた)なので、安っぽさはあまり感じられないと思います。

メルシーHの天板は天然木突板です。ライトブラウン色はアルダー、ミドルブラウン色とホワイトウォッシュ色はバーチと見られます。突板というのは木材を紙よりも薄くスライスしたものですから無垢よりもコストは安いですが、木目にバラつきが生じにくく、反ったり割れたりする心配もほぼありません。一方で、メルシーHのワゴンの天板や側板の表面材はプリント紙なので、安っぽさを感じる可能性はあるでしょう。

保証期間の比較

無印良品では家具に関しては保証期間を定めていません。ケースバイケースで3年目でも対応してくれることもあれば、半年でも対応してくれない場合もあるということです。

一方で、ニトリは5年間保証となっています。ただし、LEDデスクライトに関しては1年間保証です。学習机最大手のコイズミファニテックや国産のカリモク家具でも3年間保証ですから、数字だけ見ればそれ以上の安心感が得られると言えるでしょう。

ちなみに、我が家ではニトリのベッドフレームが1年足らずで突然壊れましたが、四の五の言わずに全交換してくれました。掛け布団カバーも不良品で返品を受け付けてくれましたよ。

引出しの比較

無印良品 木製デスクキャビネット オーク材突板 幅39×奥行48×高さ58cm 12841067

メルシーHは上置き棚を除く引出し全段に金属製のスライドレールを備えており、開閉は比較的無難な印象です。また、デスク本体に2杯、ワゴンに3杯、上棚にも小引出しが1杯あり、文房具などの小物の収納に便利と言えます。ただし、2024年度から幅がスリムになり、容量は減りました。

無印良品の木製デスク本体は金属製のスライドレールではなく木桟で、スムーズに開閉できるギリギリのレベルです。金属製スライドレールと違って無理な力を加えても変形する心配がなく、定期的なグリスアップの必要もありません。

ワゴン上段はローラー式スライドレール、下段はベアリング式フルスライドレールでソフトクローズ機能付き。ベトナム製のときはワゴンの引出しの開閉が固くてダメでしたが、中国製になって大幅に改善されました。

デスクライトについて

メルシーHには調光式LEDデスクライト(ND2-10AN)が付いています。調色機能はないものの、JIS規格AA形相当なので、机上面全体を照らすことができます。また、AC×2+USB×1のコンセントも付いています。

無印良品の木製デスクはデスクライト別売となります。上置き棚の棚板奥にクランプ金具で留めることができるので、お好きなLEDデスクライトを選んでもらうと良いでしょう。ただし、無印良品で販売されているクランプ式デスクライトは子供はもちろん大人にもオススメできるシロモノではありません。

カラーバリエーションの比較

無印良品の木製デスクはナチュラル系の1色のみ、メルシーHはライトブラウン、ミドルブラウン、ホワイトウォッシュの3色展開です。メルシーのほうがインテリアの好みに合わせて選びやすいと思います。

ラインナップの比較

メルシーはユニットデスクくみあわせデスクを選ぶこともできますし、デスク単品も用意されています。また、同じシリーズではありませんが、テイストの合う木製学習イスも用意されています。

一方で、無印良品の木製デスクは単品での購入が可能であるものの、バリエーションはありません。また、ガススプリング昇降式のワーキングチェアは足置きがないので、小学校低学年までの子供が使う場合は足がブラブラして落ち着きません。学習椅子は無印良品以外で探したほうが良いと思います。

 

以上を踏まえまして、無印良品の木製デスクを選ぶメリットは、概ね以下の通りと言えます。

  • オーク無垢&突板で安っぽくない
  • それでいて手が届きやすい価格
  • 天板の幅が1100mmで広々している
  • デスク本体引出しのグリスアップが不要

一方で、ニトリでメルシーDTまたはSDTを選ぶメリットは以下の通りです。

  • 5年間保証で無難な品質
  • 価格自体は無印良品より安い
  • 3色から選べる
  • 引出しの数が多い

つまるところ個人的には、キレイな木目のものが届くことを祈りながら無印良品の木製デスクを買う可能性が高いと思います。そしてその結果、文字通り腐ったオーク無垢の天板を見てガッカリする可能性も否めません(苦笑)

一方のニトリはさすがに木目が気に入らないからと言って返品することはできませんが、初期不良や通常使用におけるクレーム発生に関しては間違いなく交換に応じてくれるので安心です。引出しの数が多いので収納もバッチリです。

最近は6万円前後で買えるシンプルでコスパが良い学習机が少なくなっているので、この価格帯で検討されている方にとってはいずれも優良な選択肢だと思います。

関連記事

【2024最新】定番デスク徹底分析!無印良品「木製デスク オーク材」
無印良品の「木製デスク オーク材」は2023年1月から4割も値上がりしてしまったとは言え、6万円台で買えるオーク無垢の上棚付きベーシックデスクなんて他にありません。他方で突板やアルダー材も候補に入れれば競合はたくさんあります。
無印良品の「木製デスク」が4割も値上げ!月額定額サービスも実は改悪
無印良品の「木製デスク」が2023年から4割も値上げされます。また、家具の月額定額サービスの対象になったこと自体は喜ばしいものの、これまでよりも割高な月額料金設定となっています。
【2024最新】定番デスク徹底分析!ニトリ「メルシーH」
ニトリの定番デスク「メルシー」は天板に天然木突板を使いつつデスクライト付きのスタンダードデスクで5万円台という比較的お手頃な価格が魅力です。ホワイトウォッシュ、ライトブラウン、ミドルブラウンの3色展開で、男女ともに人気というのも大きいと思います。ライバルは無印良品やイトーキ、コイズミファニテックなど。
1年足らずで!ニトリで買ったシングルベッドフレームが壊れてしまった件
ニトリのシングルベッドフレーム「ロデリック-S」が使用開始から8ヶ月ちょっとで壊れてしまいました。原因はフットボードの無垢の反りとダボの接着不良。しかし、5年保証だったので全交換してもらえました。

コメント 皆様からご質問・ご意見など