初めての方はコチラからどうぞ

学習机の購入を検討するにあたって色々と分からないことがあると思います。いつ買えば良いのか、どんなものを買えば良いのか、そもそも必要なのかと、悩みは尽きません。
そんな方はまず、以下のページからご覧ください。
各ページのコメント欄でのご質問もお待ちしております。お気軽にどうぞ!

学習机のトレンドが3分で分かる!まとめ

国産

カリモク家具

ベネッセ2019学びデスクは広さ成長タイプ終了で「囲み可変タイプ」登場

ベネッセ×カリモク家具の2019年度の学習机は、学びデスク「広さ成長タイプ」が廃番となって代わりに「囲み可変タイプ」が登場しました。囲み可変タイプは可動式のパーテーションが付いた、奥行55cmのコンパクトな学習机です。
カリモク家具

新作ホワイトデスク「カリーシル」登場!カリモク家具2019学習机

カリモク家具の2019年度学習机カタログが届きました。カントリーに代わる新作ホワイトデスク「カリーシル」、一枚板風の「レグノッタ」が新登場。また、レグノッタとユーティリティプラスに新色シアーブラックが登場。その他ラインナップは大きく変わることなく、値上げもありません。
イトーキ

やっぱり出た!イトーキがサイズオーダーできる国産デスク「ヴァルコ」発売

イトーキが国産でサイズオーダー可能な木製デスク「Valko(ヴァルコ)」を発売。広島県福山市の宏栄産業が製造。北海道産のイタヤカエデ無垢を使用。天板は高圧メラミン。幅70~180cmオーダー可能、奥行2サイズ。天板拡張にも使える上棚のギミックが面白く、コスパも良いデスクだと言えます。
スポンサーリンク
浜本工芸

日本一早く!浜本工芸の2019新作学習デスク発表会をレポートします

日本一早く浜本工芸の2019新作学習デスク発表会をレポートします!鮮やかなカラーリングを施した商工デスクのNo.78デスクも魅力的ですが、今年度の目玉はなんと言ってもNo.9000デスクです。リビングダイニング学習の常識を覆すかもしれません。
カリモク家具

ベネッセ×カリモクのランドセルラック「あしたの準備ステーション」

ベネッセ×カリモク家具のランドセルラック「あしたの準備ステーション」は、従来の「あしたの準備サポートワゴン」の発展形と言えます。しかしながら、一概に新商品のほうが良いとは言えないところがあります。
浜本工芸

たなとつくえ「フレム」オープンシェルフが背板ナシにこだわった理由

浜本工芸×学習机評論家のコラボ学習家具「たなとつくえ」の「フレム」オープンシェルフが背板ナシにこだわった理由。それは背が高くても圧迫感を感じないようにしただけでなく、どの方向からも自在にモノを出し入れできるように配慮したためです。
学習机の選び方

デスク天板の奥行が活かしやすい!幅がコンパクトな上棚のメリット

幅がコンパクトな上棚のメリットは意外にたくさんあります。デスク天板の奥行が活かしやすいほか、デスクライトの光が棚板の影にならない、右奥または左奥のデッドスペースを活用できる、壁に時間割表などを貼るスペースを確保できることが挙げられます。特にミニマ・ブックスタンドは上下2段に収納することで収納力を確保でき、足元棚として活用することもできます。
浜本工芸

穴が開くほど見つめる姿が印象的!「浜本工芸」学習机の工場見学動画

「浜本工芸」学習机の工場見学動画は、職人の方々が製品部材を穴が開くほど見つめる姿が印象的です。「家具へのこだわり」の動画も合わせてご覧ください。
メーカー

海のトリトン!?小島工芸の2018学習机はネーミングセンスがナイス

小島工芸の2018学習机はネーミングセンスがナイス!ラインナップがほぼ総入れ替えで、トリトン、アトラス、コロナの3モデルが新たに登場。
浜本工芸

【2019年度改定】カリモク家具「ピュアナチュール」 vs 浜本工芸「No.09デスク」

2019年度版、カリモク家具「ピュアナチュール」 vs 浜本工芸「No.09デスク」比較。結論から言うと、インテリア性重視ならワゴンがスッキリとしたピュアナチュール、コスパ重視なら引出し付きのNo.09デスクでしょう。
杉工場

まるでカリモクのボナシェルタ!?杉工場「レグシー+ブックシエル100」

みなさま、お正月はいかがお過ごしでしょうか。 大渋滞や大混雑に見舞われながら実家に帰省された方もいらっしゃると思います。そこで「学習机はどうするの?」という話が出てきて、調べ始めた方もいらっしゃることでしょう。 実際、こちらのブ...
メーカー

【保存版】飛騨産業(キツツキ)の学習机の特徴(最終更新2018年12月)

キツツキマークでお馴染みの飛騨産業について簡単に説明したうえで、その学習机の特徴とラインナップを紹介しています。ソフィオ、ビギンなどが比較的人気、morino,kotoba(森のことば)などデザイン性の高いものが特徴と言えます。10年保証であることも大きな特徴です。
メーカー

継ぎ脚で高さ調節&キャスターで移動も可能!コサイン「coitti (コイッティ)」

いろいろと思うところがありまして、ブログのデザインを変更しました。先日のトップページ更新に続きまして、私としては以前よりも見やすくなったのではないかと考えております。 ただ、まだ目的が達せられていないので、更なる変更があるかもしれませ...
IDC大塚家具

祝!ネット解禁!IDC大塚家具オンラインショップで「たなとつくえ」購入可能に

実質2日間に渡りブログの更新をお休みさせていただきまして、読者の皆様には大変ご迷惑をお掛けしました。 本日から再開させていただき、また年内はできるだけ休まず更新してまいりたいと考えておりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げま...
販売店

ローラアシュレイの学習机「ドーセットチルドレン」が国産になって復活だ(J)

先日から当ブログをあちこちイジっておりまして、その際に「ローラアシュレイ」の取扱いをどうしたものかと思案しておりました。私の記憶では2016年度を最後にローラアシュレイが学習机の取扱いをやめてしまっていたからです。 ところが、念のため...
メーカー

テレビ東京「カンブリア宮殿」に飛騨産業のコブリナなどが登場!

一昨日の11月30日にテレビ東京系で放映された「カンブリア宮殿」、ご覧になりましたか? 当日、私は友人から「カンブリア宮殿で家具メーカーの特集やるらしいよ」と聞いてはいたのですが、まさか飛騨産業が取り上げられていたとは知らず、こちらの...
浜本工芸

【保存版】たなとつくえの学習机の特徴(最終更新2019年2月)

たなとつくえは学習机評論家と浜本工芸がコラボした学習家具シリーズです。IDC大塚家具の大型店を中心に販売中。ミニマデスク、ハロウチェア、フレムオープンシェルフの3アイテムで構成されています。
浜本工芸

浜本工芸に聞いてみた!一見分かりにくい品番の本当の意味

前回は浜本工芸に取材して、ナラ無垢にトコトンこだわる理由を徹底的に聞き取りました。浜本工芸の学習机に使われているナラやオークが、いかに安心でコスパ最高かがお分りいただけたことと思います。 【前回】ナラのことなら日本一!?ナラ専門総合家...
浜本工芸

ナラのことなら日本一!?ナラ専門総合家具メーカーの浜本工芸に聞いてみた

当ブログではお馴染みとなっております浜本工芸ですが、実は今まで単独取材をさせていただいたことはありませんでした。 しかし、今年は浜本工芸とわたくし学習机評論家でコラボ学習家具「たなとつくえ」を発売したということもあって、改めて浜本工芸...
カリモク家具

【保存版】カリモク家具の学習机の特徴(最終更新2019年5月)

カリモク家具の会社概要に始まり、学習机のラインナップとその特徴についてまとめました。カリモク家具の学習机はボナシェルタが圧倒的人気で、次にユーティリティプラス、ピュアナチュールと続き、これら3モデルで売上の大半を占めます。品質、安心感は断トツです。
スポンサーリンク