『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

定番デスク徹底分析!浜本工芸「No.09デスク」2021年度版

本日はまずお知らせから。11月5日(木)の朝8時にインターネットラジオ「ゆめのたね放送局」(関西チャンネル)の「コロンブスのたまご〜目からウロコのものの見方・考え方〜」(通称コロたま)にわたくし収納マンがゲスト出演します。

その時間にならないと聴けませんが、パソコンでもスマホでも日本全国で聴取可能ですので、是非お聴きいただければ幸いです。

ゆめのたね放送局「コロンブスのたまご」ネットラジオ出演のお知らせ
インターネットラジオゆめのたね放送局(関西チャンネル)「コロンブスのたまご〜目からウロコのものの見方・考え方〜」に、収納スタイルコーディネーター&学習机評論家&ブロガーとして出演させていただきました。ぜひ聞いてください!

さて、本題です。定番デスク徹底分析の第3弾は浜本工芸の人気No.1デスク「No.09デスク」をピックアップしたいと思います。

※価格および仕様はすべて2020/11/04現在

 

浜本工芸・No.09デスク

カラーバリエーション

  • 3色=ナチュラルオーク色、ダークオーク色、カフェオーク色

ラインナップ

商品名サイズ W×D×H(mm)税別価格品番
デスク幅1001000×650×73089,000円096409600968
デスク幅1101100×650×73092,000円098409800988
昇降袖A420×600×590~73053,000円090409000908
昇降袖B420×600×590~73053,000円090409000908
移動袖A412×499×60548,000円090409000908
バックパネルW60600×220×56927,000円090409000908
バックパネルW100979×220×56937,000円090409000908
バックパネルW1101079×220×56938,000円090409000908
No.57バックパネル700×191×27623,000円570457005708
No.89ロータイプブックスタンドW60600×200×35026,000円890489008908
No.89ロータイプブックスタンドW1001000×200×35032,000円890489008908
No.89ロータイプブックスタンドW1101100×200×35033,000円890489008908
No.89ミドルタイプブックスタンドW60600×200×52033,000円890489008908
木製ペントレー330×110×212,800円
コンセント330×33×505,000円800480008008

特徴・人気の秘密

浜本工芸のNo.09デスクは2020年9月にシリーズ累計販売台数が30,000台を突破したことが公式にアナウンスされました。これが2013年発売時のNo.05デスク以降も含むのか、はたまた後述する令和プレミアムも含むのかどうか分かりませんが、少なく見積もっても年間4,000台以上を販売する人気デスクであることは間違いなさそうです。

2012年に発売されたカリモク家具の「ピュアナチュール」に偶然にもデザインが似ているため「ハマナチュール」などと馬鹿にされることもあるデスクですが、最初からデスク本体に引出しが2杯ついており、足元棚はA4ファイル対応ということで、収納力が自慢となっています。また、それでいてピュアナチュールよりもコスパが良いので人気というわけです。

ワゴンは天板を子供が自分で昇降させやすい昇降袖AとB、ちょっと大きめのモノを収納しやすい中深の引出しを設けた昇降袖Bと移動袖A、コンセント付きのNo.89ブックスタンドを選べるというところも人気の秘訣です。また、脚形状はK字脚で見た目が美しいだけでなく、座った状態で椅子を引けない新入学児が横から座り降りしやすい形状となっています。

一部店舗限定カタログ外モデル

No.09令和プレミアムデスク
浜本工芸・No.09令和プレミアムデスク

出典:浜本工芸

2020年度に発売された「No.09令和プレミアムデスク」はナラ本来の色味をそのまま再現したようなプレミアムオーク色で、浜本工芸最高級と言える仕様のデスクです。ワゴン天板ばかりか、引出し内部材までもナラ無垢というデラックス仕様。これ以上に贅沢な学習机はこの世に存在しません。

店舗限定オリジナルモデル

IDC大塚家具・OT-07

IDC大塚家具で販売されている「OT-07」はバックパネルにコンセントが付いていることと、デスク、バックパネルともに幅90cmタイプがラインナップされていることが大きな特徴です。

なお、幅100cm、幅110cmのデスク本体、およびワゴンはカタログモデルとなります。また、「07」は09の以前の型番です。

島忠ホームズ・SSD-09
ファニチャードーム×浜本工芸・YSD09デスク

出典:ファニチャードーム

写真はファニチャードームの「YSD-09」ですが、島忠ホームズの「SSD-09」と同じものではないかと思います。こちらもバックパネルはコンセント付き、ただし棚板の上はトレー状になっていて仕切り板がありません。また、デスクサイドには木製ランドセルハンガー、右引出しには仕切枠が付いています。

東京インテリア家具・TI-09

東京インテリア家具オリジナルの品番は「TI-09」で、基本的に見た目はカタログモデルと変わりありません。こちらは天板がナラ無垢ではなくオーク無垢で、背板(足元棚上側)には3口コンセントが付属しています。

よく比較検討されるデスク

カリモク家具・ピュアナチュール

カリモク家具の「ピュアナチュール」はデスク本体の引出しは別売で、足元棚もA4ファイルは収まりませんが、ワゴン天板がガチャガチャと昇降するのがイヤな方から支持が高いです。また、上棚の棚板の上に教科書類をズラリと並べてもOKなのがポイントです。

浜本工芸・No.32デスク

浜本工芸の「No.32デスク」はNo.09デスクを組み替え式デスクにしたようなスタイル。K字脚を踏襲しつつ奥行拡張天板を設け、大容量の書棚をセットすることができます。

たなとつくえ・ミニマ

逆にNo.09デスクをコンパクトにしたと言えるのが、わたくし学習机評論家×浜本工芸のコラボ学習家具「たなとつくえ」の「ミニマ」です。天板サイズは100×60cmで、上棚はコンパクトながらA4ファイルを2段に目いっぱい収納できます。

飛騨産業・ビギン

飛騨産業の「ビギン」も以前はNo.09デスクと比較検討されることがありましたが、最近はなくなりました。価格が高いですし、リフティングワゴンがなくなったことも大きいでしょう。

KEYUCA・アロン
KEYUCA・アロン

出典:KEYUCA

Kライン脚希望、でも浜本工芸はさすがに予算オーバーということで、KEYUCA(ケユカ)の「アロン」を検討される方もいます。コイズミファニテックが中国で作っているので品質的には決して悪くありません。

堀田木工所・シルフィ

浜本工芸のNo.09デスクの代わりに、ファニチャードーム限定の堀田木工所「シルフィ」を購入したという話を聞いたこともあります。言われてみれば確かに、シルフィはNo.09デスクっぽいですね。実際のところは「ウィンディ」をアレンジした感じだと思いますが。

 

以上の通りNo.09デスクには競合も多いわけですが、ガチでライバルと言えるのはピュアナチュールだけでしょう。K字脚は相当高いクオリティーでなければ実現できません。

No.09デスクか、ピュアナチュールか、悩みに悩み抜いて結論が出ない場合は椅子に注目してみるのもアリです。もっとも、椅子はカリモク家具の「クレシェ(XT2401)」、机はNo.09デスクに決まることも少なくないんですけどね(苦笑)

関連記事

今度は「市川海老蔵家」に献上!?浜本工芸「No.09デスク」
市川海老蔵さん宅に浜本工芸の「No.09デスク」が納品されたようです。また、以前に元モーニング娘・辻希美さん宅の学習机はニトリの「くみあわせですく(DNS14)」だと話題になりましたが、2016年に堀田木工所の「ムーン」が納品されています。島忠ホームズで購入した可能性大です。
【2019年度改定】カリモク家具「ピュアナチュール」 vs 浜本工芸「No.09デスク」
2019年度版、カリモク家具「ピュアナチュール」 vs 浜本工芸「No.09デスク」比較。結論から言うと、インテリア性重視ならワゴンがスッキリとしたピュアナチュール、コスパ重視なら引出し付きのNo.09デスクでしょう。
たなとつくえ「ミニマ」は浜本工芸No.09とNo.89デスクのハイブリッドだった!?
デザインした私自身、今まで気づかなかったことですが、たなとつくえの「ミニマ」は浜本工芸のNo.09だけでなくNo.89デスクにもよく似ていると言えます。Kライン脚はNo.09に似ている一方、天板奥行600mmである点や足元棚がないという点ではNo.89に似ています。
浜本工芸2020新作デスクを見てきました→「令和プレミアム」に仰天!
浜本工芸の大阪ショールームで2020年度の新作デスクを見てきました。注目は「令和プレミアムデスク」。No.09デスクの最高級仕様で、引出し内部材までナラ、塗装色も原木に近くなっています。メラミン天板がスライドする「No.49デスク」も注目です。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など

  1. たなたな より:

    コメント失礼します。以前よりブログ拝読しています。
    お値段ははりますが、ショールームで実物を見ると、浜本工芸にゾッコン。
    我が家では棚を横付けして使用できることから、No89を検討しています。
    しかし、こちらのブログでNo.09推しの記事を読んでいると、心が揺らぐ日々です(どちらも捨てがたい良さがあって)
    差し支えなければ、No89の推しポイントを教えていただけないでしょうか?

    • 収納マン より:

      たなたなさま

      はじめまして^^

      浜本工芸の机の素晴らしさは、実物を見れば一目瞭然ですよね。
      価格は確かに高いですが、比べれば比べるほどコスパが良いと思います。

      さて、私がNo.09デスク推しなのは座り降りしやすい脚形状が一番ですが、一方で書棚を横付けするならNo.89デスクが良いことは間違いありません。
      また、賛否両論ある脚と天板の継ぎ目の部分もデザイン的にはとても良いと思います。

      そのほか、引出しの取っ手の形状がNo.89デスクのほうが手を掛けやすいというのはたまに聞く話です。
      また、No.89デスクは別売コンセントをデスク横に取り付けできる、スリムワゴン(昇降袖C)をセットできるというのも大きなメリットだと思います。

      リビングダイニングに設置するというときにさすがにNo.09デスクの奥行65cmは大きすぎるのでNo.89デスクの奥行60cmがちょうど良いということもあるでしょう。
      また、昇降袖をセットする場合、No.09デスクと袖は奥行が5cm違いますが、No.89ならいずれも60cmでピッタリです。

      もっと言えば、No.89デスクは足元棚がないので子供が足を掛けることもありません。
      これって意外と気にする人がいたりするんですよね。

      以上の通り、No.89デスクにも魅力はいっぱいあります。
      得心されたうえでお買い求めいただければと思います^^

      • たなたな より:

        No89デスクのいいところをたくさん挙げていただいて、ありがとうございます。
        そうなんです。あの脚線美というか、前に向かってゆるやかに、わずかにカーブしているあの形状に惚れてしまいました。
        もちろんNo09デスクの肌触りや収納力の高さは魅力なのですが。
        もう少し、検討してみます。
        早々にお返事いただき、ありがとうございました。