【2024最新まとめ】ニトリの学習机って本当に「おねだん以上」なの?

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

ニトリ店舗看板

当ブログではついつい最新情報を追い掛けてしまうため、初見の方にとっては全体像がよく分からないことがあると思います。たとえば、「ニトリのくみあわせですくデラックスの2020年度モデルはコンセントがUSB対応になってスゴイ!」とか言われてもピンと来ないと言うか、そんなことよりも他店と比べてどうなのかということや、ニトリではどの机がオススメなのかという話を聞きたい方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、改めてニトリの学習机についてイチから順に説明してまいりたいと思います。

※価格および仕様は2023/12/24現在に更新済み

 

ニトリの学習机はほとんど自社企画商品

ニトリ2023年度学習机カタログ

一般的に家具販売店の店頭に並ぶのは学習机メーカーのカタログ掲載モデルが中心です。東京インテリア家具や島忠ホームズ、ナフコ21スタイルなどには、コイズミファニテック、くろがね工作所、浜本工芸、堀田木工所などのオリジナルモデル(カタログ外商品)も並びます。

一方で、ニトリに並ぶのはニトリが自社で企画した学習机がほとんどです。イトーキとくろがね工作所のニトリ専用商品というのもありましたが、それも含めてニトリ以外では扱っていない学習机ばかりです。同様に他店では扱っていない独自商品がほとんどを占めるというスタイルはアクタスやイオンが挙げられますが、ニトリの規模はそれらを圧倒しています。

ニトリの学習机は低価格帯が中心

ニトリの学習机は3~6万円が中心価格帯です。ほかの家具販売店では5~12万円が中心価格帯となるので、それと比べるとかなり安いと言えます。

しかし、だからと言って同じ商品でもニトリで買ったほうが安いというわけではありません。前述の通り、ニトリの学習机のほとんどは自社企画商品で、他店では扱っていないものです。基本的には価格帯の安いものだけを扱っており、他店とは比較のしようがないものとお考え下さい。その点が、「おねだん相当ニトリ」と言われる所以です(苦笑)

 

くみあわせですく「DL24」

ニトリの学習机と言えば、テレビCMでもお馴染みだった「くみあわせですくデラックス」。本棚が4分割できるほか、コスパが高い組み替え式デスクとしてシェアを拡大しました。

しかしながら、近年はカラーデスクの人気が落ち、組み替え式よりもシンプルなものが好まれるようになったことで、くみあわせですくデラックスはロットを減らしてどんどんコスパが悪くなってしまいました。2024年度モデルの「DL24」(旧・リビオ)は税込64,990円でデスクライト付きと前年度よりはお得感が回復したものの、厳しさを感じられずにはおれません。

 

スタンダードデスク「メルシーH」

くみあわせですくDL24と並んでニトリの主力モデルとなっているのは、天板に天然木突板を使った「メルシーH」です。上棚付きのスタンダードデスク(上写真)のほか、書棚付きのユニットタイプ、レイアウト自在の組み合わせタイプ、デスク本体のみの平机タイプもあります。

こちらも2024年度は頑張ってデスクライト+コンセント付きで税込59,990円。ワゴンがスリムになったことで収納力が落ちたものの、逆に足元が広くなるというメリットもあると思います。

 

ユニットデスク「SC23」

ニトリにはコイズミファニテックの「オルレア」やイトーキの「カモミール」に似たテイストの学習机「SC23」(旧・シナモ)もあります。

ただ、個人的にはこの値段なら「カモミール・ユニットデスク」を買ったほうが良いかなと思います。カモミールなら天板が無垢で、ワゴンはA4ロングサイズワゴン、お片付け専用トレーも付くからです。

 

くみあわせですく「WC23」

男子に人気なのが「くみあわせですくWC23」(旧・クロ)です。2019年度まではくろがね工作所が特許を持っている「かわるんラック」が採用されていたのですが、2020年度以降は普通の書棚になりました。でも、たぶん作っているのはくろがね工作所だと思います。女子向けの姫系デスク「WR23」(旧・ルミエ)も同様です。

 

ユーティリティプラスみたいな「PLABO N」

「PLABO N」にも注目です。カリモク家具の「ユーティリティプラス」を意識した構成のように見えますし、それよりも価格帯が近いところで言えばコイズミファニテックの「ビーノ」に競合する商品とも言えるでしょう。リビングダイニング学習向けのコンパクトさが魅力です。

 

IKEAミッケ似の「ES23」

実際のところ、リビオやメルシーはニトリではハイエンドという位置付けで、1~2万円台のデスクが売上ランキングの上位を占めています。2024年度もIKEAの「MICKE(ミッケ)」によく似た「ES23」(旧・シトラス)がシェアを伸ばしそうです。

価格はいずれも2万円弱。デザインで言えばイケア、安心感で言えばニトリという感じでしょうか。

 

大手学習机メーカーは事実上撤退

ニトリではコイズミファニテック、イトーキ、くろがね工作所の学習机も扱っていました。いずれのメーカーも値段は厳しくても数は捌けるから仕方なくニトリと取引していたものの、近年は期待する数が捌けなくなったものと推測できます。その結果、2021年度以降は店頭では大手メーカー品は学習椅子とデスクマットのみとなりました。

そもそもニトリの学習机はラインナップも減っており、現在はロフトベッド以外はテレビCMも放映されていません。ニトリが落ち目というよりも、それほど学習机市場は厳しいということでしょう。

 

2023年度のニトリは値上げでかなり苦戦を強いられた様子ですが、2024年度はメルシーが最初からデスクライト+コンセント付きとなるなど、コスパの面でかなり改善されています。お手頃価格で学習机を購入したいとお考えの方にとっては、有力な候補となり得るでしょう。

一方で、価格重視で検討される方は、もはやネットショップでの購入に軸足を移しつつある感があります。ご自分で家の中に運び入れ、組立設置ができるなら、それで問題ないと考える方も少なくないでしょう。

しかしながら、価格が安くなればなるほど組み立ては複雑です。また、そのようなものは耐久性も間違いなく落ちますし、キズなどのクレームも発生しやすいです。なので、そういったリスクも覚悟したうえで、総合的にご判断いただければと思います。

関連記事

昨年度の失策を踏まえて2024年度のニトリの学習机はデスクライト付きに
ニトリの2024年度学習机は、まず「くみあわせデスクDL24」に大きな変化が見られます。昨年度モデルと比較して、最初からデスクライト付きになり、上棚の形状はバックパネルのようになりました。また、ワゴンがスリム化、足元に配線収納スペースらしきものが見られます。「メルシーH」もワゴンがスリムに。コイズミファニテックのハイブリッドチェアに似た「ラック付き学習イスWT24」が登場しています。
ニトリの学習デスク人気ランキング!意外やメルシー&リビオはほぼ圏外
ニトリの学習デスク人気ランキングを1年間を通じて独自に集計した結果、【1位】デニッシュ、【2位】レトアーデ、【3位】PLABO N、【4位】シトラス87、【5位】ピット、【6位】リビオ、【7位】メルシーとなりました。
【2024最新】無印良品「木製デスク」vsニトリ「メルシー」徹底比較
2024年度最新版。無印良品「木製デスク オーク材」+キャビネット+上置き棚の3点セットと、ニトリ「スタンダードデスク メルシーH」を徹底比較してみました。低価格ながらオーク無垢の天板ということを考えると無印良品は魅力的。一方で、安心感や無難さを求めるならメルシーという選択肢もアリかもしれません。
1年足らずで!ニトリで買ったシングルベッドフレームが壊れてしまった件
ニトリのシングルベッドフレーム「ロデリック-S」が使用開始から8ヶ月ちょっとで壊れてしまいました。原因はフットボードの無垢の反りとダボの接着不良。しかし、5年保証だったので全交換してもらえました。
この記事を書いた人

家具メーカーを退職後、2002年に収納スタイルコーディネーターとして独立。多くのご家庭の片づけの悩みを解決してきました。TVチャンピオン「収納ダメ主婦しつけ王」選手権で優勝するなどメディア出演多数。
長女が小学校に入学するのを機に学習机を購入してブログで報告したところ、学習机について相談が殺到。以後、「学習机評論家」としてメーカーの展示会や販売店に足を運ぶなどして日々情報収集に努めています。詳しいプロフィールはこちら

収納マン(芝谷 浩)をフォローする
ニトリ

コメント 皆様からご質問・ご意見など

  1. みいさん より:

    お久しぶりです。以前家の方に来ていただき相談にのって頂き本当にためになりました。突然ですが、質問させて下さい。2017/1月にニトリでくみあわせですくデラックスを購入しました。ほとんどリビングで勉強するのでほとんど使わないでいて1週間に1度ほどしか使用しないのですが、LEDなのに今日ライトが点滅していたのでカスタマーセンターに電話したところ保障が1年しかないとのこと。。6千円ほどで新らしいものを購入しないといけないと言われてしまい、ほとんど使わないで3年で壊れるなら他メーカーの物を購入したいと言いましたが難しいといわれました。。ニトリのデスクに合うライトは何かご存じありませんか??

    • 収納マン より:

      みいさんさま

      おひさしぶりですー^^
      ご新居にお邪魔して以来ですね。
      その節はありがとうございました♪

      その後、ニトリのくみあわせですくデラックスを購入されたのですね。
      お子様も喜ばれていたことと思いますが、10年以上も使えるはずのLEDデスクライトがたった2年で壊れてしまったというのは残念だと思います。

      コイズミファニテックなど学習机メーカーなら3年保証というのが一般的ですが、意外と浜本工芸や山田照明も1年保証だったりします。
      いずれにせよ、個体によって当たり外れがあるので、運が悪かったとあきらめるより他ないかもしれません。

      それはさておき、くみあわせですくデラックス(2017年度モデルの品番はYNF-EL)の専用デスクライトは「IT12T」という品番でした。
      その後継モデルと見られるのは「DSL-IT12T」ですが、コンセント付きであることやデザインからすると「TOD-12T」のほうが近いと思います。
      ちなみに、IT12Tとまったく同じものはこちらの「LDY-1217TN」じゃないかと思います。

      2017年度モデルのくみあわせですくデラックスのデスクライトの取り付け方はちょっと覚えていないのですが、上棚に取り付ける場合は小引出しの真上なのでこれはひょっとすると下からネジで固定するタイプではないでしょうか。
      だとすると、この方式は現在はニトリ以外ではほとんど採用されていないので、ニトリとしては「他社製は難しい」と言わざるを得ないのだと思います。

      ですが、もしデスク天板に直接デスクライトを固定するレイアウトでお使いでしたら、他社のクランプ式デスクライトでも取り付けできます。
      天板厚もそれほど厚くありませんし、天板奥側の奥行もシビアではないと思います。
      なので、基本的にはお好みのクランプ式デスクライトを取り付けできるはずですよ^^