『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

【2020最新】家具の百貨店!「ACTUS(アクタス)」の学習机

私が収納のプロとしてクライアント宅にお邪魔すると、「これはアクタスで買ったソファだから良いものです」とおっしゃるお客様が結構いらっしゃいました。アクタスと言えばオシャレ、アクタスの家具は品質が高いという風に、非常に高いブランドイメージがあるのですね。

そのため、「学習机もアクタスで」と考える方も多いです。いや、アクタスのファンならアクタス以外は考えられないでしょう。

 

アクタスはこんなインテリアショップ!

アクタス大阪空港店

ACTUS(アクタス)は高価格帯の家具を中心に扱う家具・インテリアショップです。実はIKEA(イケア)が1974年に日本に上陸し、1986年に撤退したあとの会社が現在のアクタスとなっています。なお、現在日本で展開しているイケアとは関係はありません。主要株主はコクヨ100%子会社のLmDインターナショナル、積水ハウス、三井物産で、小売りだけでなく外販も手掛けています。

ヨーロッパを中心とした家具の販売をおこなっているということですが、店舗内を見る限りは国内家具メーカーのものもそれなりにあり、中国などで生産するオリジナル商品も多くなっています。店舗内はセンスの良いコーディネートが魅力的で、その信頼感をもっていわゆる百貨店価格で販売(定価販売)するスタイル。よってセレクトショップ的な要素が強いです。

学習机の品質はここ数年で向上

アクタスの学習机は以前は日本製のものもありましたが、現在は中国やベトナムで製造される自社オリジナル商品が中心です。

品質は以前はお世辞にも良いとは言えませんでした。しかし、ここ数年は中国製でも品質が向上したため、ニトリやコイズミファニテックのものと比較しても遜色ありません。ただし、たまに引出しが固くてスムーズに引き出せないということもあります。

価格については以前は「中国製でこの程度の品質なのにこんなに高いの?」という感じがありました。しかしながら近年、大手学習机メーカーの学習机の価格が上昇傾向にあるため、アクタスのものは相対的に割高感が薄れてきました。一方で、国産メーカーと比べると「あともう少しで国産品が買える」という価格なので割高感を感じるのも事実です。

売れ筋NO.1「フォピッシュ」

アクタス・foppish(フォピッシュ)

出典:ACTUS

アクタスは大手学習机メーカーと比較してオリジナリティのあるデザイン、学習机っぽくない洗練された形状が大きな特徴です。しかしながら、意外と売れ筋No.1はベーシックデスクの「フォピッシュ」と言われています。

上棚がないほうがスタイリッシュで天板面も広く使えるのですが、やっぱり上棚があったほうが教科書類にすぐ手に届きやすいです。また、ワゴンがあったほうが引出しがたくさんあって小物を収納しやすいというメリットがあります。

フォピッシュはアクタスらしい雰囲気を備えつつ、実用性の面でも不安がないからこそ売れていると言えるでしょう。

アルダー材でお手頃価格の「リーヴェ2」

アクタス・リーヴェ2

出典:ACTUS

アクタスでもうひとつ人気の定番ベーシックデスクが「リーヴェ2」です。フォピッシュはオーク無垢のウレタン塗装なので高価ですが、リーヴェ2はアルダー無垢のオイル塗装なので価格がお手頃。2019年からは生産を中国からベトナムに移管することでさらに価格を抑えることに成功しました。

この価格なら国産の堀田木工所「ウィンディ」と比べてもちょっと高いかな、という感じで済みますかね。

ママがサポートしやすい「サークル」

アクタス・sarcle(サークル)

出典:ACTUS

アクタスで人気があるのはベーシックデスクだけではありません。むしろアクタスらしいデザインこそ魅力的だと言えます。中でも「サークル」は奥行がコンパクトでミニマムなデザインが素敵です。

サークルは意外と幅が120cmもあって大きいですが、お母さんやお父さん、家庭教師の先生が横からサポートしてあげるのに最適な位置に脚を付けることができます。天板が飛び出している部分の下にワゴンを置くという使い方も可能です。

2020/08/24追記:8月23日放送のTBS系列『林先生の初耳学!』で取り上げられたところによるとサークルは”5年連続で売上1億円のヒット”ということですから、年間約1000セットくらい売れている計算になります。ちなみに、カリモク家具で売れ筋No.1の「ボナシェルタ」は年間8千台以上売れている計算です。浜本工芸の「No.09デスク」もそれに準じる7千台以上といったところ。

幅コンパクトで高さを活かした「リピア」

アクタス・リピア

出典:ACTUS

ここまで紹介した3モデルはアクタスでも定番と言える学習机で、いずれも10年以上前からあるデザインです。しかし、意外とそれ以外は定着していません。そんな中、2015年に登場した「リピア」は近年でもっともヒットしたデザインと言えます。

リピアは引出しがないので小物の収納が難しいものの、背が高いオープンラックとの組み合わせで本の収納量はバッチリ。おまけに幅がコンパクトで、少なくとも何も収めていないときは圧迫感を感じさせないデザインに仕上がっています。

 

アクタスの学習机はどれもデザインがとても魅力的です。売れ筋No.1のフォピッシュはラインナップも増えており、ニーズに合わせて組み合わせを自由に選べて実用性も高いと言えます。

しかしながら、国産家具メーカーと比較してみると、価格はそれほど変わりなく、品質面でも不安がなく、より実用的な組み合わせが選べたりもします。そこは少し冷静になって色々と見て回ったほうが良いかもしれません。

なお、アクタスは例年8月に学習机のモニターキャンペーンを実施しており、10%程度安く購入するチャンスがあります。また、それ以外にも10%引きとなるセールが年に何度か実施されますので、安く購入したい場合は店員さんに話しかけてみると良いでしょう。

関連記事

2020年度のアクタス学習机は「リーヴェ」が2にバージョンアップ!?
2020年度のアクタスはリーヴェがリーヴェ2に変更されました。ただし製造が中国からベトナムに変わっただけで、仕様自体は変更なしということです。価格も手頃になって消費者としては喜ばしいことだと思います。堀田木工所のウィンディと悩みますね!?
アクタスついに怒る!浜本工芸デスクが「ヴァリオ」類似品として持ち込まれる、の巻
浜本工芸の「No.41デスク」がアクタスの「ヴァリオ」類似品として家具経済同友会に持ち込まれました。ついでに、フォピッシュに対するNo.89デスク、サークルに対するNo.6000デスクについても物言いが。しかし、結果的に「類似性は認められるが、まったくのコピー商品とまでは言い難い」という結論に。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など

  1. もんもん より:

    こんにちは。

    先日、アクタスへ学習机を見に行き、デザイン重視でヴァリオがいいと考えていたのですが、店員さんから中国製と聞き不安に思っていたところ、こちらの記事にたどり着きました。
    やはり、中国製は問題がありそうですね。
    子供が気に入っていたので残念です。

    そこで、国産でデザインが好みな杉工場のmucmocをネットで発見しコレだ!と思ったのですがオイル塗装…。
    汚れや傷が気になるので、ウレタン塗装が欲しいのです。

    そこで、国産&ウレタン塗装&おしゃれなものをご存知でしたら、教えて頂けないでしょうか。
    よろしくお願い致します!

    • 収納マン より:

      もんもんさま

      はじめまして^^

      アクタスのヴァリオは私もデザインは好きですよ。杉工場のMUCMOCも大好きなデザインです。

      国産&ウレタン塗装&おしゃれなもの…というかたぶん個性的なものという感じになるかと思いますが、その線でいくと、飛騨産業かカリモク家具がもっともハマるかと思います。

      飛騨産業なら、コブリナ、おさらい。カリモク家具なら、ピュアナチュール、ピクロス、スロープあたりでしょうか。ちょっと個性が弱いですかね?^^;

      • もんもん より:

        収納マン さま

        色々とありがとうございます。
        差し色のある飛騨産業のおさらいが気になりました‼

        他の記事も参考にさせて頂き、まだまだ熟考しようと思います。

        • 収納マン より:

          もんもんさま

          あ、やっぱり差し色ポイントが高かったですか?^^
          私も好きなんですよ。もっと他のメーカーもやれば良いのにと思っているんですが、違う素材を組み合わせることに抵抗があるんでしょうね。

          もうひとつ、実際にモノを収めてしまうと隠れて見えなくなってしまうということもありますし、他のモノの色と相まって色がゴチャゴチャとするリスクもあるんだろうと思います。

          でもやっぱり、ランドセルを含め、ツートンカラーは流行だと思います。
          もんもんさんのお目に適う机が見つかると良いですね♪