国産書棚徹底比較!小島工芸vsフナモコvs浜本工芸vsカリモクvs大洋

国産書棚徹底比較

学習机を選ぶときに気掛かりなことのひとつが収納量です。既に絵本などがたくさんある場合はもちろん、将来的に参考書などが増えたらやっぱり大きな書棚が必要だろうな―と思われる方もいらっしゃることでしょう。

書棚はサイズや仕様にもよりますが、数千円から数万円まで価格に幅があります。しかし、本というのは相当な重さがあるので、やはりそれなりの価格でないと壊れやすいと言えます。側板が左右に広がって棚板が落ちたり背板が抜けたり、棚板がたわんでしまうのですね。

国産の書棚であれば間違いないと断言することはできないものの、安心してオススメしやすいのもまた事実です。というわけで今回は、国産書棚の定番と言える小島工芸、フナモコ、浜本工芸、カリモク家具、大洋の5社の製品を比較してみたいと思います。

なお、今回はサイズがおよそ幅60×奥行30×高さ180cmで扉や引出しのないオープンタイプの書棚を基準として比較することとします。価格は2018/10/13現在の楽天市場の税込価格を参照しています(浜本工芸とカリモク家具は税込定価で表示)。

小島工芸・アコード

学習机では存在感が薄れつつある小島工芸ですが、書棚売場では絶対的な存在感があります。小島工芸なくして書棚売場は作れないと言っても良いほどです。中でも「アコード」は小島工芸を代表する書棚で、発売から30年以上が経つロングセラーモデルです。そこまで評価される理由はいくつも挙げられます。

まず価格。国産&完成品にもかかわらず60Hタイプで税込3万円強と手頃な価格。24mm厚のMDFベタ芯構造の棚板は耐荷重30kgまでOK。挿し込み式ではなくネジ式の棚ダボ。棚板は30mmピッチで高さ調整可能。約1度の後傾仕様で地震の際も安心。前面縁は化粧紙ではなくアッシュ材(ライト色とミディアム色のみ)。ホルムアルデヒド放散量はF☆☆☆☆で最高ランク。カラー4色、サイズは基本的に幅5cm刻みで豊富、上置や引出しのオプションもあります。

つまるところ、スペックとコスパで選べばアコード一択と言っても過言ではないではないでしょう。

フナモコ・ニューラチス

これだけ幅600mmではなく743mmでスイマセン。フナモコの「ニューラチス」も発売から20年近くが経つロングセラーです。と言っても発売当時に家具業界から逃げ出した私には馴染みがないんですけど(笑)、今はどこの家具屋でも扱っています。

ニューラチスは外箱や棚板にボリューム感があり、リビングダイニングに置いても違和感がありません。もちろん、国産&完成品。それなのにこのサイズで税込2万円ちょっとという激安価格。棚板は35mm厚で耐荷重は20kg。カラー4色、天井ツッパリ金具やローチェストといったオプションもあります。また、幅39~73cmまで1cm単位でサイズオーダーすることも可能です。

カジュアルな見た目と低価格で選ぶならニューラチスはかなりオススメです。



浜本工芸・No.86書棚A

小島工芸やフナモコがあまりにも安すぎて、浜本工芸はタジタジでしょう。「No.86書棚A」はグッと価格帯を上げて税込定価61,500円となっています。その代わり、移動可能な引出し2杯付きで、天地板や引出前板にはナラ無垢を使用し、それ以外の部分には丈夫な木目調エンボスシートを貼っています。

No.86書棚Aの棚板は21mm厚のベタ芯。カラーは3色、サイズラインナップはいくつかあります。

小島工芸やフナモコに比べれば割高感がありますけど、ナラ材を使っていて高級感があることを考えればコスパは決して悪くないでしょう。

カリモク家具・HU2415

カリモク家具の「HU2415」も浜本工芸と同じ価格帯の税込定価65,664円です。引出しは付きませんが、代わりに表面材は化粧紙ではなくオーク突板。もちろん見た目や触り心地が良いことは間違いありません。

HU2415の棚板は20mm厚で、ベタ芯ではなくフラッシュ(中空)だったと思います。カラー4色で、ハイタイプ(高さ2100mm)もあります。

オーク突板であっても素人目にはプリント紙に見えかねませんが、カリモク家具ならやっぱり安心感や満足感が段違いでしょう。

大洋・エースラック

大洋の「エースラック」は国産とは言え、これだけ組立家具です。そのため他4商品に比べれば見た目は貧相でしょう。しかし、これはこれでメリットも多いのです。

まず価格は税込13,000円くらいからと低価格。そして、なにより魅力的なのが固定棚がないフルオープン構造であることです。これによりすべての棚板が30mmピッチで高さ調節可能です。また、5色展開でサイズバリエーションは恐ろしく豊富です。さらに、一応「カラーラック」という別商品扱いとなりますが、1cm単位でサイズオーダーができたり、様々なオプション加工をオーダーすることもできます。なお、棚板は17mm厚で耐荷重は10kgですが、カラーラックなら25mm厚で耐荷重は30kgのタフ棚仕様も選べます。

つまるところ、いろいろワガママを言いつつ低価格に抑えようと思えば、大洋のエースラックはオススメと言えますね。

以上、小島工芸、フナモコ、浜本工芸、カリモク家具、大洋の国産書棚を比較しました。

書棚を探すなら、基本的にこの5社から選べば間違いないです。価格とスペックを重視するなら小島工芸、あんまり書棚っぽいのはイヤならフナモコ、ブランドと満足感で選ぶなら浜本工芸とカリモク家具、サイズで選ぶなら大洋と言えるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク