【号外】無印良品の「木製デスク」にリノリウム天板モデルが登場!

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

今年(2023年)の初めに無印良品の「木製デスク オーク材」は約40%も値上げされました。しばらくは「こんな値段で買えるか!」と思ってましたけど、意外と慣れてくるものですね。競合他社製品も値上がりしているので、相対的にアリだと思えるようになってきました。

ともあれ、これでようやく落ち着くかと思いきや、またしてもビッグニュースが舞い込んで参りました。木製デスクにリノリウム天板モデルが登場するというのです!

※この記事は2023年12月25日時点の情報に基づいています(2024年2月1日一部更新)

 

無印良品・木製デスク リノリウム天板

無印良品 木製デスク グレー 幅39×奥行48×高さ58cm リノリウム天板 83895907

ラインナップ

商品名サイズ W×D×H(mm)税込価格JANコード
デスク1100×550×70039,900円4550583895884
デスクキャビネット390×480×58030,000円4550583895846
上置き棚1090×200×3008,000円4550583895877
3点合計77,900円

まだ無印良品から正式なアナウンスなどはないのですが、1月中旬発売予定の「木製デスク リノリウム天板」は、その名が示す通り、天板にリノリウムを貼ったデスクです。

リノリウムは亜麻仁油などの自然素材を原料としたもので、床材などにも使われるほど丈夫な素材です。抗菌性や脱臭効果も期待されます。2021年度からアクタスが「サークル」などにリノリウムを使っていますが、今年はレグナテック、リビンズ、さらにニトリまで採用しています。

無印良品の木製デスクにはグレー、グリーン、ピンクの3色が用意され、デスク天板だけでなくキャビネット(ワゴン)の天板にもリノリウムが貼られています。

形状は「木製デスク オーク材」とまったく同じ。しかし、根本的に違うところがいくつかあります。

オークではなくラバーウッド

無印良品 木製デスク グリーン 幅110×奥行55×高さ70cm リノリウム天板 83895884

リノリウム天板モデルは従来の木製デスクの天板をリノリウムにしただけではありません。木部はオークではなくラバーウッド(ゴムの木)を使っているのです。

ディテール写真を見ると、確かにラバーウッドっぽい木目です。ただ、これはおそらくCGなんですよね。木製デスクのオーク材もなかなか酷いものですが、こちらも質感は期待できないと思ったほうが良いでしょう。

製造は中国ではなくベトナム

無印良品 木製デスクキャビネット ピンク 幅39×奥行48×高さ58cm リノリウム天板 83895853

また、製造は中国ではなくベトナムとなっています。以前の木製デスク・オーク材もベトナム製でしたが、キャビネットの下段引出しのスライドレールがスムーズでなくクレームが少なくなかったようです。その点は改善されているのでしょうか。

なお、引出内部材は合板となっています。ディテール写真を見る限り、オーク材と同じ積層合板に見えるのですが、積層合板と同義で合板と表示しているだけか、CGのためそこまで手を加えなかっただけかは現時点では不明です。

ラバーウッドなのに価格が高い

リノリウムは一般的にコストアップの要素となります。一方で、主材としているラバーウッドは低級材です。トータルで見ると、価格は下がって当然と考えられます。

ところが、オーク材と比較してリノリウムのデスクは5,000円アップ、キャビネットも5,000円アップ、上置き棚はリノリウムを使っていないので単純に2,000円ダウン。3点セットで合計8,000円のアップとなっています。ぶっちゃけ、こんな値段で買う人なんているのかと思ってしまいます。

ちなみに、早くもamazonで販売が始まっているリノリウム天板モデルは3点合計で58,905円からとなっています。無印良品の公式オンラインショップでは77,900円なので、約24%も安い計算です。数量限定のオーク材3点セット(64,900円)と比べても1割ほど安いです。どうしてこういうことになっているんでしょうね。

2024/02/01追記:リノリウム天板モデルを見てきました。率直に言って、ラバーウッドだからと言って安っぽいということはありませんでした。木目が少なく、素人目にはメープルやチェリーと見分けがつかないんじゃないかという感じです。
引出内部材はオーク材と同じ積層合板です。スライドレールもすべて同じです。開閉はお世辞にもスムーズとは言えません。ただ、オーク材のほうも品質にバラつきがあるのか、リノリウム天板モデルと同様に良くなかったです(2店舗で確認)。
ぶっちゃけ、無印良品に安定した品質を期待するというのは無理筋かなと改めて思いました。

オーク材とのスペック比較

デスク
リノリウムオーク材
商品番号グレー:83895907
グリーン:82583199
ピンク:83895891
12841050
税込価格39,900円34,900円
幅×奥行×高さ(cm)110×55×70
引出し奥行395mm
天板材質リノリウム
ラバーウッド材
オーク材
脚部・前板材質ラバーウッド材オーク材
塗装ウレタン樹脂
引出内部材合板積層材
スライドレール木桟
製品重量22kg22.2kg
天板耐荷重40kg
引出し耐荷重3kg
サイドフック耐荷重3kg
製造国ベトナム中国
ホルムアルデヒド放散量不明F☆☆☆☆
キャビネット
リノリウムオーク材
商品番号グレー:83895860
グリーン:83895846
ピンク:83895853
12841067
税込価格30,000円25,000円
幅×奥行×高さ(cm)390×480×580
引出し奥行375mm
材質天板:リノリウム
前板:ラバーウッド材
側板・地板・背板:合板
引出し内箱:合板
天板・前板:オーク集成材
側板・地板・背板:オーク突板
引出し内箱:積層材
塗装ウレタン樹脂
製品重量25kg21kg
天板耐荷重10kg
引出し耐荷重上段:3kg、下段:5kg
製造国ベトナム中国
上置き棚
ラバーウッド材オーク材
商品番号8389587712841074
税込価格8,000円10,000円
幅×奥行×高さ(cm)109×20×30
材質ラバーウッド材側板:オーク集成材
棚・背板:オーク突板
塗装ウレタン樹脂
製品重量6kg
天板耐荷重5kg
製造国ベトナム中国

その他、詳細の比較は上表の通りです。材質と製造国が違う以外は、目立った違いは見受けられません。

ニトリ「IR24」との比較

販売店ニトリ無印良品
商品名デスクワゴンセットIR24木製デスク リノリウム天板
(デスク+キャビネット)
税込価格59,990円69,900円
サイズ1050×500×730mm1100×550×700mm
木部材質繊維板ラバーウッド
カラーグレー、ピンク、ブラックグレー、ピンク、グリーン

先ほども少し触れた通り、2024年度はニトリからもリノリウムを天板に採用した「デスクワゴンセット(IR24)」(上写真)が発売されています。まさか無印良品がニトリに対抗したとは思えませんが、似ているところがいくつかあるので比較してみたいと思います。

まず価格はニトリが約6万円に対し、無印良品はデスク+キャビネットの2点セットで約7万円です。天板サイズも似ていて、ニトリは1050×500mm、無印良品は1100×550mmとなっています。ニトリのほうが一回りコンパクトですね。

ただ、ニトリは天板の縁や脚に天然木が使われているように見えるものの、主材は繊維板と表示されています。また、デスク引出しは1杯のみです。それに対し、無印良品はラバーウッドでデスク引出しは2杯ですから、それらのコストを考慮すると、ニトリより1万円高くても決して高いとは言えません。

カラーバリエーションも似ています。いずれもグレーとピンクがあって、残り1色はニトリがブラック、無印良品はグリーンです。素材メーカーが両社に売り込みを掛けたのかもしれませんね。

 

無印良品・木製コンパクトデスク

無印良品 木製コンパクトデスク 幅80×奥行50×高さ70cm 83706272

木製デスクのリノリウム天板モデルの発売とほぼ同時に、amazonで「木製コンパクトデスク」という商品が販売開始されています。こちらは無印良品の公式オンラインショップ上ではまだ掲載されていない商品です。

スペック

商品番号83706272
税込価格9,778円(amazon)
幅×奥行×高さ(cm)800×50×70
天板材質ラバーウッド無垢集成材
塗装ラッカー塗装
製品重量9.5kg
製造国ベトナム

木製コンパクトデスクは「パイン材テーブル・折りたたみ式」と同じサイズのラバーウッドのデスクです。

幅86×奥行58cmの「パイン材デスク」よりも一回りコンパクトで、価格は半値近くです。ただし、引出しはありません。また、パイン材デスクはベトナム製から中国製に変わりましたが、こちらはベトナム製となっています。

木製デスクのリノリウム天板モデル、木製コンパクトデスクともに、ベトナムの工場を稼働させるために作っているのかなという感じがします。

2024/02/01:木製コンパクトデスクの天板はラバーウッドの巾接ぎではなく、フローリングの床面みたいな接ぎ合せ方です(フィンガージョイント)。横揺れは思ったほどではありませんでしたが、普通にガタガタします。

 

というわけで、リノリウム天板の木製デスクの発売には驚きましたが、正直なところ、売れるのかなと思います。アクタスなどでもリノリウムを採用したデスクは増えつつあるので、注目を集めやすいことは間違いありません。しかしながら、木目がキレイではないラバーウッド、しかも割高な価格設定です。無印良品がどのような意図で投入したのか気になるところです。

木製コンパクトデスクのほうも、パイン材テーブルやパイン材デスクというものがありながら、本当に必要なのかと首を傾げてしまいます。やっぱり、どうしてもベトナムの工場を稼働したいということなんでしょうかね。そうでも考えないと腑に落ちません。

2024/01/26追記:amazonにて無印良品の「木製デスク3点セット」が税込45,214円で販売開始されました。オーク材突板となっていますが、これはデスク天板のことではなく上置きの棚板のことで、現在販売中のものと同じ仕様です。 公式オンラインショップ(税込64,900円)よりも約30%も安く、しかも送料無料。私の経験上、こういうのはすぐに売り切れますので、ご検討中の方は是非お急ぎください。 ⇒2月3日に特価品は完売、2月6日頃から通常価格に戻っています。

関連記事

【2024最新】定番デスク徹底分析!無印良品「木製デスク オーク材」
無印良品の「木製デスク オーク材」は2023年1月から4割も値上がりしてしまったとは言え、6万円台で買えるオーク無垢の上棚付きベーシックデスクなんて他にありません。他方で突板やアルダー材も候補に入れれば競合はたくさんあります。
無印良品の新「パイン材デスク幅86cm」はベトナム製から中国製に
無印良品の新しい「パイン材デスク幅86cm」はベトナム製から中国製となり、販売価格を維持するためUV塗装が施されなくなり、ワッシャーまで省かれました。よりキズつきやすく、よりグラつきやすくなったと言えるでしょう。
アクタス2024キッズ家具カタログ発行!ウォールナットのデスク登場
2024年度のアクタス学習机はほとんど変化なし。ほぼ値上げもなし。「THEO(テオ)デスク」にウォールナット材モデルが登場したのと、「MITTE(ミッテ)」2段ベッドがカタログから消えたことが変化と言える程度です。
レグナテック「CODON(こどん)」発売!デスク天板はリノリウム
レグナテックから子供用家具シリーズ「CODON(こどん)」が発売されました。佐賀県太良町のヒノキを主材とした「カーボンオフセット済み」の家具です。「フトーナ 110 デスク」の天板はリノリウムが使われており、耐久性があるだけでなくアクセントカラーとしても素敵です。

コメント 皆様からご質問・ご意見など