まるでNo.09デスク+フォピッシュ!シギヤマ「フォーピーススタディ」

今年度は浜本工芸が「No.09デスク」のウォールナット仕様を発売したことが話題となりました。長らくナラとオーク専門だった浜本工芸がそれら以外の樹種に手を付けたのですから当然です。例えるなら、これまで紳士服専門だったアパレルメーカーがいきなり婦人服を作り始めたようなものだと思ってもらえば良いでしょう。

浜本工芸がウォールナットに手を付けたのには様々な理由が考えられますが、ウォールナットを専門とするマスターウォールの大躍進を見ていると「このままナラ&オークの1本足ではまずい」という危機感があったことは想像に難くありません。それほどここ数年、家具業界ではウォールナットが大人気なのです。

でも、ウォールナットは価格が高いんですよー。いくらウォールナットが人気だと言っても、ポンと買える人の数は限られてしまいます。

※価格および仕様はすべて2022/09/17現在

 

シギヤマ家具工業・フォーピーススタディ

そんなときにオススメと言えるかもしれないのが、シギヤマ家具工業の「フォーピーススタディ」です。デスクは浜本工芸のNo.09デスクと言うか、むしろ私がデザインした「ミニマ」に近いと言えるかもしれません。

上棚はまるでアクタスの「フォピッシュ2」!上写真のハイタイプだけでなくロータイプもありますが、いずれにしてもフォピッシュ2にソックリです。

なお、フォーピーススタディの天板はウォールナット無垢ではなく突板のウレタン塗装。製造はベトナム製ということもあってか、一生紀に近い質感です。

ラインナップ

品名サイズ(mm)税込価格
デスク1001000×600×73044,900円
デスク1101100×600×73049,900円
シェルフLOW1000×220×34020,000円
シェルフHIGH1000×220×67035,000円
オープンラック400×600×73033,000円
サイドチェスト400×600×73048,000円

※デスク脚は天板同色とブラックの2色

フォーピーススタディのラインナップは上表の通りです。デスクの幅は100cmと110cmがありますが、シェルフ(上棚)は幅100cmのみとなっています。もっとも、これは島忠ホームズで商品登録されていないだけという可能性もあります。

フォーピーススタディにはキャスター付きのワゴンが用意されていません。代わりに、引出し3杯のサイドチェストと、引出し2杯と棚のコンビネーションのオープンラックがあります。

ワゴンがあったら良かったのにとも思いましたが、デスク100+シェルフLOWオープンラックの3点セットでも97,900円ですから、基本的にはデスクのみ、もしくは上棚とのセットでと考えているのでしょう。

フォピッシュ2などとの比較

メーカー品名デスク100デスク110100+LOW棚100+HIGH棚
シギヤマフォーピーススタディ44,900円49,900円64,900円79,900円
アクタスフォピッシュ261,600円68,200円86,900円95,700円
浜本工芸No.09デスク107,800円111,100円146,300円
No.09ウォールナット162,800円
一生紀コーリナ35,990円(105)51,990円
コイズミビーノ48,400円(105)74,800円

※浜本工芸はメーカー希望小売価格、一生紀はISSEIKI FURNITURE SHOP 楽天市場店、コイズミはリライアブル楽天市場店の場合
フォーピーススタディと競合しそうなデスクおよび上棚との組み合わせの価格を比較してみました。

アクタスのフォピッシュ2はオーク無垢、対してフォーピーススタディはウォールナット突板ですが、概ね16~28%ほど安く済む計算です。ただし、アクタスは現在実施中のセールなどで10%引きになることがありますし、ワゴンが欲しい場合や110cm幅の組み合わせを希望する場合はフォピッシュ2でしょうね。

浜本工芸は定価との比較ですが、予算が倍以上も違ってきます。比較する人はまずいないでしょう。

サイズは異なりますが、同じウォールナットということで、一生紀の「コーリナ」とも比較してみました。コーリナもベトナム製で天板はウォールナット突板ですが、オイル塗装です。引出内部材も桐ではなく化粧シート仕上げなので、ざっと2割ほど安く済む計算です。

また、ウォールナットではなくナラ突板の「ビーノ」と比較した場合、デスクのみならほぼ同じくらいですけど、上棚をセットするとビーノのほうがちょっと予算が上がります。とは言え、楽天市場でクーポンやポイント還元を考慮すればビーノのほうが安いです。

以上の通り、フォーピーススタディは浜本工芸と比較すると価格面では話になりませんが、それ以外とならなかなか良い勝負をしています。安くもないけれど高くもないという感じですね。

 

シギヤマ家具工業のデスクなんてこれまで私は1度しか見たことがありません。とてもマイナーな存在だと思いますが、意外とちゃんとできていることに驚きました。仕様や価格の設定も上手だと思います。

こういうのが出てくると学習机を選ぶのは楽しくなってきますね。やっぱりオークでも無垢でフォピッシュ2か、いやいやビーノのほうが定番で安心できそうだとか、それならケユカのアロンも検討に値するかもしれないとか、悩ましくて悶絶しちゃいます(笑)

今のところ島忠ホームズ以外で取り扱っているところはなさそうですが、気になる方は是非チェックしてみてください。

関連記事

2023年度の浜本工芸はNo.09デスクにウォルナット無垢が登場!
浜本工芸の2023年度学習机カタログが公開されました。人気1位の「No.09デスク」にウォルナット無垢モデルが登場したのと「No,6000デスクユニット」にオープンラックが登場したのが大きなニュースと言えると思います。
マスターウォールが学習机に本格参入!?「LAB」&「KAKTAS」等
マスターウォール(AKASE)が学習机に本格的に参入しました。「LAB(ラボ)デスク」はアクタスの「リピア」などに似た感じ。「KAKTAS(カクタス)デスク」は棚と机を組み合わせることでL型レイアウトなど様々な配置にすることができます。
【2022最新】定番デスク徹底分析!コイズミファニテック「ビーノ」
コイズミファニテックの定番ロングセラー学習机「ビーノ」の人気の秘密を徹底分析。サイズバリエーションとラインアップが豊富で組み合わせが自由なだけでなく、浜本工芸のデスクと見紛うほど質感が良いのが特徴。飽きの来ないシンプルなデザインで男女ともに人気です。
【2022最新】KEYUCA(ケユカ)の学習机はシンプルでもコイズミ製で安心
河淳が運営するインテリアショップ「KEYUCA(ケユカ)」では、コイズミファニテックが製造するニノスとアロンの2台の学習机を扱っています。いずれもニトリや無印良品よりも品質が高くオシャレです。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など