『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

定番デスク徹底分析!ニトリ「メルシーR」2021年度版

たった数年前まで、私はニトリのことを「粗大ゴミ置き場」と呼んでいました。ダイニングセットの多くはラバーウッドでできていて安っぽい、3段カラーボックスはグラグラ、カーテンをイージーオーダーさせれば寸法を間違えるといった具合で、とてもマトモなお店とは言えなかったからです。

ですが、今は違います。某北欧風B級家具店が殺人チェストを販売し続けているのに対し、ニトリのタンスは確かにおねだん以上だと感じますし、私の親が引越しする際には私自らニトリのダイニングセットをオススメしました。

この数年で中国やベトナムの家具工場のクオリティーが格段に上がったことも影響していると思いますが、ニトリの家具は決して悪くないどころか、とてもコスパが良いですし、安心してオススメできると思います。

もちろんすべての商品について諸手を挙げて褒められるわけではないものの、学習机についても同様です。中でも年々人気となっている「メルシー」はニトリを代表する学習机と言えるのではないでしょうか。

※価格および仕様はすべて2021/03/17現在

 

ニトリ・メルシーR

カラーバリエーション

  • 3色=ホワイトウォッシュ色とライトブラウン色とミドルブラウン色
ニトリ・メルシーRロータイプデスクのカラーバリエーション

出典:ニトリネット

ラインナップ

商品名サイズ W×D×H(mm)税別価格品番
ロータイプデスク1000×550×112045,364円6544220
6543930
6544230
6543940
6544240
6543950
デスク単品1000×550×73019,091円6544214
6540015
6544215
6540016
6544216
6540017
スリムワゴン435×300×6078,173円6549004
ワゴン402×413×53015,455円654921265492226549232
ランドセルラック610×420×85818,091円658005465800556580056
ユニットデスク1250×550×121054,455円6544250

6543960

6544260

6543970

6544270

6543980

くみあわせですく1000×800×121063,546円6544280
6543990
6544290
6544000
6544300
6544010

特徴・人気の秘密

ニトリのメルシーが発売されたのは2014年度のことです。当時はデスクライト付きのロータイプデスクのみで、上棚にはイトーキの「カモミール」のように右側に扉収納部が付いていました。2012年度にイトーキが「リーモ」、2013年度にコイズミファニテックが「レイクウッド」を投入していずれもヒットしたことで、「アルダー材、いけるんじゃね?」と考えてメルシーを投入したのだと思います。

ただし、当時はカタログのかなり最後のほうに掲載されており、担当者もここまでのヒット商品に育つとは考えていなかったのではないでしょうか。少なくとも私は当時、ニトリに対する不信感はまったく拭えていませんでした。メルシーはともかく、展示品の引出しがまったく開かないことなんてザラでしたからね(苦笑)

ともあれ、2016年度にユニットデスクが登場、2017年度に3色展開となって、くみあわせですくも発売されて現在に至ります。発売時はまだカラーデスクが人気の中心で、メルシー以外にも天然木のデスクはありましたが、その中でもメルシーがひときわ人気となった理由は、(1)質感やシンプルなデザインが評価された、(2)デスクライト付きで値ごろ感があった、(3)3色のカラバリで男女ともに支持を得た、といったことが挙げられると思います。どれか一要素が抜きんでていたと言うよりは総合力で勝ったという感じですね。

東日本専用と西日本専用について

2021年度版のメルシーRのデスクは東日本専用(N)と西日本専用(TK)が用意されています。

東日本にお住まいなら西日本専用品を取り寄せることはできないので、この点で悩む必要はありません。しかし、なぜこのようなことになっているのかと不思議に思う方はいらっしゃると思います。

同様の事例は過去に「くみあわせですくデラックス」でもありました。おそらく、ひとつの工場では生産を賄いきれなかった、もしくはリスクヘッジとして二ヶ所の工場に分散させる必要があったのだと思います。

仕様についてはまったく同じと言えれば良いのですが、過去にもメルシーは中国製とタイ製が併売されていたくらいですから、若干の違いがあるかもしれません。ちなみに、今年見たメルシーのくみあわせですく西日本専用品はマレーシア製でした。

2021/03/17追記:現在は店頭を除いて「RN」で統一され、日本全国同じものが届く体制になっている模様です。

よく比較検討されるデスク

無印良品・木製デスク・オーク材
無印良品・木製デスク・オーク材3点セット

出典:無印良品

メルシーRロータイプデスクのライバルの大本命と言えるのは無印良品の「木製デスク・オーク材」でしょう。メルシーと違ってデスクライトが付いていない、ワゴン引出しが1杯少ないというデメリットはあるものの、無印良品は天板がオーク無垢、ワゴンの側面はプリント紙ではなくオーク突板であるなど、スペック上は高級感がありますし、デザイン的にもよりシンプルです。

無印良品の「木製デスク・オーク材」は足元棚がなくなって引出は積層合板に
2020年9月に無印良品のデスクがまたリニューアルされました。新しい「木製デスク・オーク材」は足元棚がなくなって引出内部材は桐から積層合板に変更。スライドレールは底付けタイプになりました。その根本にあるのは中国製からベトナム製に切り替わったことでしょう。
イトーキ・リーモ

イトーキの「リーモ・ベーシックタイプ」はデスクライトが付属しておらず、価格も2万円ほどメルシーより高価ですが、天板はアルダー無垢の奥行60cmで広々しており、脚のデザインが素敵、なおかつイトーキだから安心感があります。ニトリが島忠ブランドの店舗を全国に展開してくれたらより多くの方の目に触れるでしょうか。

ニトリの「メルシーR」って本当におねだん以上?リーモ&レイクウッドと比較
ニトリの「メルシーR・ロータイプデスク」は本当におねだん以上なのか?イトーキの「リーモ」とコイズミファニテックの「レイクウッド」と比較してみました。価格の違いは1.5~2万円程度ですが、LEDデスクライト、コンセントボックスなどの各種装備、材質やスライドレールを見れば、価格差は十分説明可能と思われます。
コイズミファニテック・レイクウッド

現在のところリーモよりも比較検討しやすいのがコイズミファニテックの「レイクウッド・ベーシックデスク」です。店頭での実売価はメルシーの1.5倍くらいになってしまうものの、天板はアルダー無垢の奥行60cmで広々、デスクライトはワイドで調色機能付き、コンセントボックスも付属します。また、引出しは全段フルスライドレール付きですから開閉のスムーズさや耐久性はメルシーよりも格段に良いでしょう。

【2021最新】イトーキ「リーモ」vsコイズミ「レイクウッド」ベーシックデスク徹底比較
2021年度版イトーキ「リーモ」vsコイズミファニテック「レイクウッド」ベーシックデスク徹底比較。2021年度からリーモは仕様改悪が進んでおり、島忠ホームズ以外では見れないということもあって、レイクウッドがかなり優位だと思います。
イトーキ・JAQ-F23

メルシーとリーモの中間の価格帯にあるのがイトーキの「JAQ-F23」。スタイルとしてはリーモよりもむしろメルシーに近いですよね。しかも、デスクライトとコンセントボックス付き、天板はナラ突板、デスク本体とワゴン最下段の引出しはフルスライドレールです。オンラインショップ限定ではありますが、イトーキが威信を掛けてメルシーに送った強烈な刺客と言えるでしょう。

イトーキから新型デスク「JAQ-F23」と「NUF-2VB」が発売
イトーキから新型デスク2モデルが発売されました。「JAQ-F23」はデスクライト付きのベーシックデスクで、以前にナフコ21スタイルで販売されていた「アンティークデスクJAQ-F9Q」がベースと思われます。「NUF-2VB」はウットフォーク似のデスクでこちらもナフコの「学習机2点セットNUF-18-VB」に似ていると思います。
ヒカリサンデスク・SDW-サンウッド

2021年度新登場のためまだ実績はありませんが、ヒカリサンデスクの「SDW-サンウッド」も候補に挙がるかもしれませんね。レイクウッドと同じ価格帯となるものの、オーク突板で引出しはワゴン最下段を除いてスライドレールなしなので変形やグリスアップの心配をする必要もありません。また、上棚を足元棚として使うこともできます。

2021年度のヒカリサンデスクは「SDW-サンウッド」で本気出してみた
2021年度のヒカリサンデスクの新作学習机は「SDW-サンウッド」と「SDW-サンユニット」。サンウッドはサンワークス後継と見られ、使い勝手も良さそうです。サンユニットは価格がちょっと高いかなと思いますが、カリモク家具のボナシェルタやユーティリティプラスあたりから流れてくる人もいるかもしれません。
オカムラ・クオーレ

「死んでもニトリはイヤ!」と言う方や「学習机に5万円も出せない!」とおっしゃる方にはオカムラの「クオーレ」はどうでしょう。天板サイズはメルシーと同じ1000×550mm、さすがに天然木ではありませんが、ワゴンも上棚もミニマムにすることで税込3万円強というお手頃価格を実現しています。

ニトリも驚く激安ニーキュッパ!オカムラ直営限定学習机「クオーレ」
オカムラ直営ネットショップの「CUORE(クオーレ)」はニトリやイトーキも驚く激安税込29,800円の学習机3点セットです。引出しが4杯付いており、3万円以下という価格帯では最有力候補と言えるのではないでしょうか。
杉工場・プルッケ

同じクオーレ繋がりで杉工場のクオーレ改め「プルッケ」はどうでしょう。こちらもメルシーの1.5倍くらいしますが、アルダー無垢でしかも国産です。ちなみにプルッケは廃番とアナウンスされましたが、それはリフティングワゴンとミドル棚だけで、ノーマルワゴンのロー棚はまだ辛うじて健在です。

ニトリ・くみあわせですくデラックス

メルシーのくみあわせですくをご検討の場合は、同じ売場にある「くみあわせですくデラックス・リビオC」と悩むことも多いと思います。質感はメルシーとはかなり異なるものの、リビオCなら1万円安いし、コンセントボックスも付いています。でも2021年度は値上がりしましたから、今年度はメルシーのほうを選ぶ人が増えるでしょうねー。

ニトリの2021学習机が販売開始!「リビオ」値上げ&ラインナップ大幅減
2021年度のニトリの学習机は定番人気商品だった「くみあわせですくデラックス・リビオ」が20%もの大幅値上げ。また、「メルシー」は中国製からマレーシア製に変わった模様です。また、ラインナップも減少しています。新作は「くみあわせですく(フォート)」。

 

以上の通り、天然木のベーシックデスクという括りで見ると、メルシー・ロータイプデスクの競合となる商品はたくさんあります。しかしながら、税込5万円以下でデスクライト付きとなるとライバルは完全に振り落とされてしまいます。「デスクライトなんて明るければいいんじゃね?」とおっしゃるような方にはメルシーで十分すぎることでしょう。

逆に、ここで「デスクライトはもっとワイドなほうが」とか「奥行55cmではちょっと不安」とか「やっぱり大手メーカー」とか言い始めると、予算は5万円から一気に7~10万円にアップしていきます。そうすると、「やっぱりメルシーかー」と意気消沈してしまうほどにメルシーが約5万円で買えるということは圧倒的な破壊力を持っているわけです。

メルシー、ありがとう。でも本当は「天然木」が何の木なのかちょっと気になるところです(苦笑)

2021/03/17追記:ライトブラウン色はアルダー材、ミドルブラウン色とホワイトウォッシュ色はバーチ材と表記されるようになりました。

 

「メルシー」@ニトリ楽天市場店

関連記事

【2021最新まとめ】ニトリの学習机って本当に「おねだん以上」なの?
ニトリの学習机は自社企画商品で固められており、3~5万円程度の低価格帯のものを中心に揃えています。ロータイプデスク「メルシーR」やくみあわせですくデラックス「リビオC」などが人気です。コイズミファニテック、イトーキ、くろがね工作所は事実上撤退。
ニトリで買ったアルダー材のダイニングセット「アルナス135+ライト3K」
ニトリでダイニングテーブル「アルナス13580」+ベンチ「アルナス105」+チェア「ライト3K」2脚の組み合わせを購入しました。なんと言っても椅子が布バネ仕様で軽くて引きやすいのが良いです。カバーリング仕様で手洗いできるのもグッド。
突板ベッドフレーム対決!ニトリ「ロデリックS」vsマナベ「エールデ2」
ベッドフレームはニトリの「ロデリックS」とマナベインテリアハーツの「エールデ2」を購入しました。ロデリックSはオーク突板、エールデ2はウォールナット突板です。購入にあたっては、センベラの「クルト2」や「モデスト」、グランツの「ウォルテ・Lキャビネット」なども比較検討しました。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など