いかんともしがたいホワイトの姫系デスク。アップタウンスタイルのリリーホワイト

アップタウンスタイルの「リリーホワイト」というデスクについては、毎年1件くらい質問があります。私も一応知っているんですが、実物を見たことがありません。

実物を見たことがないものに対してあれこれ言うのは私の性分ではありません。とは言え、写真を見る限りはあまりオススメする気になれないため、わざわざ見に行こうという気にもなれないままズルズルと来てしまっている感じです。



アップタウンスタイル「リリーホワイト」

リリーホワイトを作っているのはアップタウンネットという岡山県浅口郡里庄町の会社で、主にリリーホワイトのようなホワイトの姫系デスクを扱っているようです。どこで作っているかは分かりませんが、おそらくは中国か東南アジアで作って輸入しているんだと思います。

で、こちらのリリーホワイトの場合、主材は天然木とMDF合板。「天然木」と表示する場合、ラバーウッド(ゴムの木)かパイン材(松)であることが一般的です。ラバーウッドとかパイン材と書いちゃうと安っぽく聞こえるので誤魔化しているわけです。

価格は上写真の3点セット(上棚付きデスク+キャビネット+チェア)で税込102,600円。デザインありきの商品なので、一概に高いとは言えません。ただ、ホームページには”同品質の他メーカー商品と比較しても2分の1~3分の1の価格設定”と書いてありますけど、そんなことはないです(苦笑)デザイン抜きにして仕様だけで見れば、価格はむしろ高いと言えます。

2018/03/12追記

材質について、現在は下記のように記述されています。

白い家具は主にMDF素材、天然木はポプラ材を使用しています。
茶系家具は主にニュージーランドパイン、バーチ材、ラバーウッドを使用しております。

なお、ポプラは比重が軽くて軟らかく、キズが付きやすいため、あまり家具用材として一般的ではありません。少なくとも学習机やテーブルで使うことはないですね。

価格の割りにスペックが低い

  • 材質=天然木+MDF合板
  • 引出=白く塗ったMDF合板?、スライドレールなし
  • ホルムアルデヒドF★★~F★★★レベル

デザインにどれだけの価値を見出すかによって妥当と考えられる価格は変わってきます。ただ、リリーホワイトのスペックを見ると、かなり低いと言わざるを得ません。

前述の通り材質は主に天然木とMDF合板となっています。また、引出しについては詳しくは分からないのですが、内部材は白く塗ったMDF合板であるように見えます。スライドレールは付いていません。この引出しの仕様だと、スムーズに開閉するのは難しい可能性が高く、使っているうちに塗装が剥げてきてしまいます。

また、ホルムアルデヒドの放散量はF★★~F★★★レベルということで、これは学習机としてはかなり悪いです。組立家具最大手の白井産業は未だにF★★レベルの合板などを使っていますが、一般的に国産家具や輸入でも学習机の場合はF★★レベルの合板などはほとんど使っていないはずです。

ぶっちゃけ、家具のホルムアルデヒド放散量に関してはよほど過敏でない限りは気にする必要ないと思いますけど、それでも個人的にはF★★レベルはパスしたいです。

2018/03/12追記

2017/04/23のコメントでも書いた通り、現在はF★★★と表示されています。大手学習机メーカー同等と言え、このレベルであれば問題ないでしょう。

オススメとは言い難い中途半端な立ち位置

  • コイズミファニテック・デコプリ・ベーシックデスク…約8.3万円
  • アップタウンスタイル・リリーホワイト…約10.3万円
  • ローラアシュレイ・ドーセットチルドレン…約12.6万円
  • カリモク家具・カントリー・エンジェルホワイトP色…約15.0万円

以前にアップしました「白いデスクを集めてみました!女子っぽくてシンプルなホワイトの学習机」で紹介したデスクと比較した場合、それぞれ3点セットで価格を見ると、リリーホワイトは良い位置にあると言えます。

ただ、リリーホワイトの仕様はコイズミファニテックのデコプリより明らかに低いです。また、ローラアシュレイのドーセットチルドレンよりは安いですが、価格差以上に仕様の差があります。そもそもドーセットチルドレンも割高感は否めないんですけどねー。

実際のところ、デコプリは完全にホワイトというわけではないですし、デザイン的にも子供っぽいです。どうしても完全にホワイトでなければならない、けれども予算のことを考えると、仕様には目をつむってリリーホワイトという選択肢はあり得るかもしれません。

しかしこの仕様だと白くてキレイなのは最初だけです。学習机は引出しが命。デザインに目をつむって実用性重視でデコプリか、もうちょっと頑張ってドーセットチルドレンまたはカントリーを選んだほうが良いと私は思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

コメント

  1. kai より:

    先日リリーホワイトについて質問したものです。
    その後、コイズミの白っぽいWDスペシャル購入しました(^o^)
    このブログにはお世話になりありがとうございました!

    リリーホワイト生で見て、質感や引き出し開閉ストレス大事だなと思いました。。。
    ローラアシュレイを生で見れなかったのがちょい心残りですが。

    リビング学習で1年近く過ごしてきましたが、学習机がきて
    子供の城的なスペースができて親子ともに満足しております^ ^

    • 収納マン より:

      kaiさま

      おお~っ!コイズミファニテックのWDスペシャルにされたんですね!
      イメージがガラッと変わりますけど、やっぱり最後に選ばれるのはWDスペシャルなんだと改めて思いました。

      お子さんも「お城」ができて良かったですね^^

  2. aiai より:

    こんにちは。
    リリーホワイトを購入してからこちらにたどり着いた者です。
    開封してから臭がキツクて辛い思いをしています。ホルムアルデヒド放出量がF☆☆というのは本当でしょうか??
    サイトではトリプルスターになっていますし、ショールームでは臭いは気にならなかったのですが。。

    • 収納マン より:

      aiaiさま

      はじめまして^^

      リリーホワイトのホルムアルデヒド放出量については、以前は「F★★~F★★★レベル」となっていたのですが、現在は「F★★★」となっているようですね。
      私は通常、「F☆☆☆」という風に白星を使いますので、黒星で記載しているのはアップタウンスタイルの記述からコピーしたからだと思います。

      「ショールームでは臭いは気にならなかった」というのは難しいところです。
      基本的に、通気の良い広い場所に長時間置いていると、ホルムアルデヒドは臭いが気にならないレベルになっていきます。
      逆に、気密性の高い場所、暑い場所では、ホルムアルデヒドの臭いが気になる場合があります。
      これは最上級のF★★★★であっても同様の傾向があります。

      また、ホルムアルデヒド以外にも木の臭いそのものが気になって、それをホルムアルデヒドの臭いだと勘違いされているケースもよくあります。

      いずれにしても、よほど過敏症の方でない限りは、F★★★は健康には大きな問題はないと言えるレベルです。
      ホルムアルデヒドは家具以外にも多種多様な製品に使われており、総量で言えば家そのもののほうがはるかに多くのホルムアルデヒドを含んでいます。

      リリーホワイトのホルムアルデヒド放出量がいつからF★★★になったのか分かりませんが、現状ではご心配には及ばないと思います。
      もし気になる場合は、しばらくの間、できるだけお部屋の換気が良くなるようにしてみてください^^

  3. ちょっと一言 より:

    リリーホワイトを購入した者です。
    実際に見ていないのに、憶測でこのような記事を書くのは如何なものでしょう。
    貴殿が推奨している大手メーカーのデザインの方が子供騙しなデザインでセンスも悪いと感じます。
    まあ、センスは人それぞれでしょうが、女性目線では貴殿のセンスは「なし」の部類です。
    材質や、特に生産国については憶測のみですよね。
    デザイン重視でそこそこの値段、さらに、ショールームは予約制と、貴殿のような実際にお子さんに購入する意思もなく商品をこき下ろす記事を配信する為の冷やかしのお客を寄せ付けないスタイルに、リリーホワイトをこき下ろす理由があるように感じますが。

    • 収納マン より:

      ちょっと一言さま

      はじめまして。

      お叱りの言葉をいただきまして、大変恐縮です。

      私のセンスについては、ちょっと一言さんの憶測の通りです。
      なにしろ私は「日本一センスがないインテリアコーディネーター」を自認しておりますから(苦笑)
      ただ、私はリリーホワイトについてセンスが悪いと言っているわけではないので、ここで私のセンスを疑われるのはちょっと心外です。

      材質については失礼しました。
      本記事の執筆時点では記載がありませんでしたが、現在は以下のような記述がありますね。

      白い家具は主にMDF素材、天然木はポプラ材を使用しています。
      茶系家具は主にニュージーランドパイン、バーチ材、ラバーウッドを使用しております。

      記事に追記するかたちで訂正させていただきました。
      でもまさか、学習机にポプラを使うとは思っておりませんでしたね!

      生産国についても、ご指摘の通り私の憶測です。
      でもそうおっしゃるということは、ちょっと一言さんはご存じなんだと思います。
      これからリリーホワイトの購入を検討されている方々のためにも、ぜひ教えてください!

      最後のところはおっしゃっていることが私にはよく分からなかったんですけど、つまりは私がショールームに入れてもらえないから悪態をついているのではないか、ということでしょうか。
      私自身はショールームに予約をしたことはありませんし、そもそも記事執筆時点では大阪など各地で展示会が開催されていたと記憶していますので、その気になれば見ることはできたと思います。
      そうしなかった理由については、本記事の冒頭でも述べている通りです。

      憶測で記事を書くことがよろしくないことは、もちろん私も重々承知しております。
      ですから、ちょっと一言さんをはじめ、読者の皆様方の情報がとても貴重です。

      このブログは、読者の皆様のおかげで成り立っています。
      これからも、是非ご意見賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク