リビンズ・キヅクの2024新作はリノリウム天板の「リノ」!ワゴンなし

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

コイズミファニテックの学習家具カタログがまだ公開されません。8月に入ったら、お盆前には、お盆が過ぎたら、遅くとも8月中には…などと思っていたのですが、まだなものはまだです。

そうこうしているうちにもう9月ですよ。さすがにボチボチと各社の動きが出てくるわけで、今回はリビンズの「kiduku(キヅク)」の2024年度カタログをチェックしたいと思います。

※この記事は2023年9月2日時点の情報に基づいています

 

新作はリノリウム天板の「リノ」

リビンズ・キヅク「リノ」

出典:キヅク

2024年度のキヅクには新作デスクが1台あります。「LINO(リノ)」という、天板にリノリウムを使ったオーク材のデスクです。

リノリウムと言えば、三栄コーポレーションの「フォルミオ」やアクタスの「サークル」にも使われている素材です。床材として使われるほど耐摩耗性に優れる一方、適度な軟らかさがあり、しかも抗菌作用があることからアフターコロナでますます注目されています。

それでいて幅100cmのデスク単品で税込39,800円というのは手頃だなーと思うのですが、デスク本体に引出しがなく、ワゴンも用意されていません。奥行55cmということもあり、あくまでリビング学習やテレワーク向けかなという感じです。

ワゴンの需要が減少?

2024年度のキヅクのラインナップは前年度から価格が据え置きになっている商品のほうが多い印象です。一方で、数%から最大で30%近くも値上がりしている商品もあります。

特に値上げ幅が大きいのがワゴンで、「トライ・ラバー」(上写真)の34スリムワゴンは約28%もの値上げです。これはコスト上昇の影響というよりも、予算の都合などでワゴンを買い控える消費者が増えているということなのかもしれません。

前述のリノにワゴンが用意されていないというのも、そういう傾向を踏まえた結果ではないかと考えられます。

 

エヴォル2が廃番に

2024年度のキヅクのラインナップにリノが加わった一方で、「エヴォル2」が消えました。個人的には割りと好きなデザインかつギミックだったのですが、昨年度の値上げで売れ行きが悪くなったのかもしれません。

 

というわけで、リノの投入とともにエヴォル2が消えた2024年度のキヅクですが、逆に言うと大きく変える必要性はなかったということでしょう。

昨年から楽天市場などでも購入できるようになり、消費者の目に触れる機会は増えているはずです。このまま順調に売上をキープしていってもらえたらと思います。

関連記事

2023年度のリビンズ「キヅク」はロッソ据え置き以外は1~3割値上げ
2023年度のリビンズの学習机「キヅク」シリーズは「ロッソ」こそ価格据え置きとなったものの、ほかは概ね1~3割の値上げとなりました。2022年度に続く大幅値上げでますます厳しい状況になってきていると感じます。
この記事を書いた人

家具メーカーを退職後、2002年に収納スタイルコーディネーターとして独立。多くのご家庭の片づけの悩みを解決してきました。TVチャンピオン「収納ダメ主婦しつけ王」選手権で優勝するなどメディア出演多数。
長女が小学校に入学するのを機に学習机を購入してブログで報告したところ、学習机について相談が殺到。以後、「学習机評論家」としてメーカーの展示会や販売店に足を運ぶなどして日々情報収集に努めています。詳しいプロフィールはこちら

収納マン(芝谷 浩)をフォローする
その他メーカー

コメント 皆様からご質問・ご意見など