【2019年度版】イトーキ「リーモ」vsコイズミ「レイクウッド」ベーシックデスク徹底比較

【2019年度版】イトーキ「リーモ」vsコイズミ「レイクウッド」ベーシックデスク徹底比較

前回のカモミールとオルレアの比較に続きまして、今回はイトーキの「Leamo(リーモ)」とコイズミファニテックの「LakeWood(レイクウッド)」のベーシックデスクを比較してみたいと思います。

レイクウッドにベーシックデスクが復活するのは2015年度以来、4年ぶりです。自動車業界においてセダン車の需要がどんどん減っているように、学習机業界においてベーシックデスクはもはや絶滅危惧種。そんな中、またリーモとレイクウッドのベーシックデスクを比較できるとは感慨もひとしおです。

イトーキ・リーモ

イトーキの「リーモ・ベーシックタイプ」はカタログには掲載されていません。2019年度はセレクトタイプもカタログから消えましたが、ベーシックデスクは引き続き一部販売店限定で取り扱われています。

2019年度はティーブラウン(NAG-F01-L77UAS)とカフェブラウン(NAG-F09-L77UAS)の2色展開。ただし今なら実質2017年度からの在庫と思われるラテナチュラル色(NAG-F9L-L77UAS)も入手可能です。2018/10/06現在、20台限定のところ残り僅か8台。これは希少かつ大変お買い得です。

リーモのベーシックタイプの価格は、2018/10/06現在、楽天市場で前述の数量限定大特価ラテナチュラル色が税込64,410円から、ほかプロパー2色は同69,800円からです。いずれも送料込みですが玄関渡しとなります。家具販売店の店頭では概ね税込79,800円です。

リーモを選ぶメリット

  • 本体引出しの専用お片付けトレーが使いやすい
  • ワゴン引出し2段目に十分な深さがある
  • A3用紙が収まるロングサイズワゴン
  • ワゴン引出し最下段はフリーボックス型で自由に使える
  • コンセントは正面からプラグを抜き差ししやすい
  • 使い分けフックでたくさんモノが掛けやすい

コイズミファニテック・レイクウッド

2012年度に登場したイトーキのリーモに対して、コイズミファニテックの「レイクウッド」は少し遅れて2013年度に登場しました。2015年度を最後にベーシックデスクは一旦消滅し、2017年度からは色味が明るくなったので、この色合いでのレイクウッドのベーシックデスクは初めてということになります。

なお、2015年度のベーシックデスクは奥行650mmで足元棚があり、ワゴン天板は昇降式でしたが、2019年度版(SDF-791AN)は奥行600mmで足元棚なし、ワゴン天板は固定式となっています。そのあたりが個人的にはちょっと残念ですが、税別定価が10万円以下に抑えられたのはありがたい限りです。

レイクウッドのベーシックタイプの価格は、2018/10/06現在、楽天市場で税込69,800円からとなっています。家具販売店の店頭では概ね税込75,000~79,800円くらいではないでしょうか。

レイクウッドを選ぶメリット

  • LEDデスクライトのシェード幅が広い(シェード幅735mm)
  • LEDデスクライトの操作パネルが大きく色温度の切り替え等が容易
  • 引出しは全段フルスライドレール
  • 丈夫で使いやすいランドセルハンガー
  • ワゴン天板無垢
  • カラープレートのアレンジが可能



リーモとレイクウッドを比較した結果

デザインの好みはそれぞれとして、リーモとレイクウッドの比較においては、「片づけやすさのイトーキ」、「LEDデスクライトのコイズミ」という構図が成り立つように思います。これほど価格とサイズがカブってくると、もはやそういう対立軸で判断するよりほかありません。

ともあれ、個人的にリーモの推しは、深めのワゴン2段目引出し、専用お片付けトレーなど、細部にわたって片づけやすくできている点です。

一方のレイクウッドはLEDデスクライトの幅が広いことと全体的に丈夫なところが推しです。ワゴン天板がプリント紙ではなく無垢ですし、全段フルスライドレールなのでシングルレールよりも変形しにくいと言えます。

ただぶっちゃけ、どちらも甲乙つけがたすぎるので、結局はデザインや色合いの好みで決まることが多いようにも思います(笑)それでも迷うようでしたら、椅子との組み合わせも一緒に検討すると良いでしょう。

組み替え式デスクを比較した場合

上棚ロータイプ

ついでに組み合わせ式デスクについても比較してみましょう。リーモのフリーワンタイプの上棚ロータイプ(NAH-F01-L77UAS/NAH-F09-L77UAS)とレイクウッドのステップアップデスク(SDF-771AN)を比較した場合も基本的にはベーシックデスクと同じです。

ただ、こちらもカモミールとオルレアを比較した場合と同様に、リーモはデスク天板奥行が520mmから650mmに、レイクウッドは同じく535mmから615mmとなるという違いがあります。リーモのほうが最小から最大までの差が大きいので使い分けするのに便利である一方、脚はパネル脚になってしまうというのが残念です。

価格については、楽天市場で2018/10/06現在、リーモのフリーワンタイプの上棚ロータイプはこちらもまだラテナチュラル色(NAH-F9L-L77UAS)の在庫が残っていて税込75,905円から。プロパー2色は同85,800円からとなっています。一方のレイクウッドは同79,800円からということで、レイクウッドのほうがちょっと安いかなーという感じです。

デザイン的にはレイクウッドのほうが脚がオシャレで良いと感じますけど、やはりリーモの片づけやすさも魅力的ですね。

上棚ハイタイプ

リーモのフリーワンタイプには上棚ハイタイプ(NAH-H01-L52UDS/NAH-H9L-L52UDS)があります。一方のレイクウッドの上棚ハイタイプはカタログにこそ掲載されていませんが、島忠ホームズなどで取り扱いされています(ODS-939AN)。

リーモの上棚ハイタイプはデスクライトの幅が大きくなり、この点ではレイクウッドと互角。また、リーモはワゴン引出し2段目は浅くなる代わりにワゴン天板が昇降式になります。一方のレイクウッドはデスクライトがSB-655からSB-545にグレードアップします。

価格については、楽天市場で2018/10/06現在、リーモのフリーワンタイプの上棚ハイタイプはこちらもまだラテナチュラル色(NAH-H9L-L52UDS)の在庫が残っていて税込99,990円から。プロパー2色は同104,200円からとなっています。一方のレイクウッドは島忠ホームズの場合、同107,784円ということで、価格的にはそれほど変わらない感じですね。

もっとも、このあたりは「WDスペシャル」などもありますので、なかなか悩ましいところだと思います。

リーモとレイクウッドはいずれも割りとオーソドックスなデザインの天然木デスクということで、いろいろ悩み始めると他の選択肢もチラついてきます。シンプルにベーシックデスクにするか、やっぱり収納量が心配で組み替え式デスクのほうが良いかと悩んだり。いろいろ悩み始めると、ケユカ(×コイズミファニテック)、ヒカリサンデスク、浜本工芸、カリモク家具も選択肢に入り、膨らんでしまった予算のことを考えると堀田木工所や杉工場も候補に上がって収拾がつかなくなりがちです(苦笑)

しかし、学習机選びに正解はありません。また、こんなことで悩めるのは子供一人に基本的には一回限りです。ですから是非、眠れなくなるほどジックリ選び抜いていただければと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

スポンサードリンク
スポンサードリンク