コイズミ「ODR-773」はワゴン1段でお買い得!?ベーシックデスクも

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

2024年度はコイズミファニテックが「ステップアップデスクM」を発売しました。デスクライトとワゴンを別売とし、デスクとマルチラック(兼上棚)をセットにしたものです。オールインワンではなくミニマムな構成とすることで、学習机に対する負のイメージを払拭するとともに、購入しやすい価格帯を目指したと考えられます。

最近はワゴンを購入しないという方も少なくありませんから、これは良い提案だと私は思っています。しかしながら、一気に引出しが3杯も少なくなると、「本当に大丈夫かしら?」と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。

そんなニーズを狙ったのか、このたび島忠ホームズでワゴンの引出しが1杯だけの「CDコンパクト」のようなオリジナルデスクが発売されました。

※この記事は2023年12月9日時点の情報に基づいています

 

コイズミファニテック・ODR-773/774

こちらがこのたび島忠ホームズで販売開始されたコイズミファニテックの「ODR-773MO」です。ダーク系の「ODR-774WO」もあります。

”シマホと学習机メーカーコイズミタイアップのカタログ外の組み換え型デスク”ということなので、「OD1-woody」のように比較的どこでも扱えるカタログ外商品ではなく、島忠ホームズ限定商品と思われます。一昔前はこういうOD品番があちこちで見られたので、久しぶりな感じですね。

CDコンパクトとの比較

ODR-773/774CDコンパクト
デスク奥行拡張天板なし(D535)あり(D535→615)
ランドセルハンガーなしあり
カバンフックなしあり
なしあり
おかたづけキットなしあり
ワゴン引出し1段3段
リフティング天板なしあり
上棚小引出しなし2杯
タブレット収納棚なし1枚
全体カラー2色7色
サイズ(mm)950×760×1200950×763×1191
税込価格79,900円89,800円

※税込価格はいずれも2023年12月9日現在のシマホネットの場合

シマホ×コイズミファニテックのODR-773/774はCDコンパクトと同じくインドネシア製で、基本的に品質は同程度と考えられます。それでワゴンの引出しが2杯少なくて1万円安いなら良いじゃないかと思われるかもしれません。しかし、それは全くの誤解です。

上表はODR-773/774とCDコンパクトの機能的に違うところだけを書き出したものです。デスク奥行拡張天板なし。ランドセルハンガーもカバンフックもなし。引出しの鍵も、おかたづけキット(デスク引出しの仕切り板)もなし。ワゴンのリフティング天板も、上棚の小引出し2杯も、タブレット収納棚板もなし。カラバリもたった2色と、ナシナシナシのオンパレードなのです。

このスペックなら69,800円でも良かったと思います。おそらくシマホはセールの際に「1万円引きの69,800円!」と言うために、値引き余力を残しているのでしょう。普通に考えて79,900円で売れるはずおまへん。

 

コイズミファニテック・ODR-775/776

興味深いことに、シマホ×コイズミのODR-773/774には、ほぼ同じ仕様のベーシックデスクが用意されています。こちらもダーク系(ODR-776WO)とナチュラル系(ODR-775MO)の2色があります。

ODR-775/776は奥行600mm。それ以外は書棚下箱がなく、代わりに足元棚があるというだけの違いで、価格は税込69,900円となっています。

これも1万円引きの59,900円だったら売れるでしょうけど、さすがにそこまでは厳しいでしょうね。64,800円くらいが妥当でしょうか。

 

東京インテリア家具・Raini(ライニー)

2024年度にワゴン引出しが1杯のコイズミファニテック製ステップアップデスクを投入したのは島忠ホームズだけではありません。東京インテリア家具も「Raini(ライニー)ODR-626MOWH」というモデルを投入しています。

こちらはシマホのODR-773/774とほぼ同じ税込79,800円。それでいて、ランドセルハンガーもカバンフックもタブレット収納棚も付いています。

よって、現時点では東京インテリア家具のほうがコスパが上だと思いますが、そのうち「おねだん以上シマホ」がやってくれるでしょう。

 

というわけで、シマホ×コイズミのODR-773/774はCDコンパクトをスペックダウンして低価格にするというコンセプトは素晴らしいのですが、さすがにこの値段では買えません。ニトリの「くみあわせデスク(DL24) 」が税込64,990円ですから、やはり69,800円くらいで初めて勝負になるでしょう。ニトリ傘下のシマホも当然そこは分かったうえで、セールを見越した値付けをしたものと考えられます。

個人的にはそれよりも興味深いのがベーシックデスクのODR-775/776です。オカムラの「クオーレ3点セット」が税込52,800円で売れるなら、デスクライトとコンセントとワイドな上棚が付いたODR-775/776は同64,800円くらいで売れそうです。

いずれにせよ、年明け以降に値下げされるのが待ち遠しいですねー。

関連記事

【2024最新】コイズミの裏定番「OD1-WOODY」はCDファーストよりお買い得!
コイズミファニテックの「OD1-WOODY」は裏定番と言えるほど人気のカタログ外モデルの学習机です。上棚ハイタイプのODS-622,623,624,625、ロータイプのODF-522,523,524,525があります。ルームズ大正堂、島忠ホームズ、ルームデコかねたや、東京インテリア家具、ファニチャードームなどで販売しています。ナフコ21スタイルにはデスクライトをSB-545にバージョンアップしたNODF-307,308,309があります。CDファーストやコンパクトよりもお買い得だと個人的には思います。
【2024最新】定番デスク徹底分析!コイズミファニテック「CD」シリーズ
コイズミファニテックのCDシリーズには本棚がハイタイプの「CDファースト」とミドルタイプの「CDコンパクト」があります。また、カラーバリエーションがそれぞれ7色用意されており、親子で選ぶ楽しさがあります。
昨年度の失策を踏まえて2024年度のニトリの学習机はデスクライト付きに
ニトリの2024年度学習机は、まず「くみあわせデスクDL24」に大きな変化が見られます。昨年度モデルと比較して、最初からデスクライト付きになり、上棚の形状はバックパネルのようになりました。また、ワゴンがスリム化、足元に配線収納スペースらしきものが見られます。「メルシーH」もワゴンがスリムに。コイズミファニテックのハイブリッドチェアに似た「ラック付き学習イスWT24」が登場しています。
コイズミ新型学習机「ステップアップデスクM」が○○○○○なワケ
コイズミファニテックの新型学習机「ステップアップデスクM」を”ワゴンとデスクライトを省いた低価格モデル”と見てしまうと完全に見誤ります。ステップアップデスクMは現代の消費者ニーズを踏まえて学習机に求められる機能を再定義すると同時に、コイズミファニテックの学習机ラインナップまでも再構築するという大役を担った超大型商品なのです。

コメント 皆様からご質問・ご意見など