椅子を選ぶときに要チェック!コイズミファニテックのデスクの脚間寸法

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

学習椅子を選ぶときは、学習机に合ったデザイン、材質、色合い、そして座り心地で選ぶことが多いと思います。一方で、たとえばキャスター付きではなく4本脚のほうが良いということで、他社製のものを選ぶことも少なくありません。

そんなときにまずチェックしないといけないのは、机の下にワゴンをセットしたときにその椅子が収まるかどうかです。浜本工芸やカリモク家具の学習机ならカタログに脚間寸法等が記載されていますが、コイズミファニテックの場合は記載がありません。

でも実は、コイズミファニテックのホームページをよく見ると各部の詳細な寸法が書いてあるんです。今回は脚間寸法のみに絞って一覧にしてみました。

すべて2022年度モデルに基づく。
下表の「+ワゴン」などの数字は、デスクの下にワゴンを収めた場合の脚間寸法の差分を示しています。

 

コイズミデスクの脚間寸法一覧

ビーノ

サイズ(mm) 脚間寸法(mm) +スリムワゴン +ワゴン
90デスク 900×600×730 800 500 385
105デスク 1050×600×730 950 650 535
120デスク 1200×600×730 1100 800 685

※90デスクにワゴンもしくはリフティングワゴンをセットすることは事実上不可 ※リフティングワゴンはワゴンとほぼ同サイズ(リフティングワゴンのほうが幅が2mm短い)

ファリス

サイズ(mm) 脚間寸法(mm) +スリムキャビネット +キャビネット
90デスク 900×480×730 806 510
105デスク 1050×480×730 956 660 545
120デスク 1200×480×730 1106 810 695

ルトラ

サイズ(mm) 脚間寸法(mm) +スリムワゴン +ワゴン
90デスク 900×550×730 816 498 394
105デスク 1050×550×730 966 648 544
120デスク 1200×550×730 1116 798 694

※90デスクにワゴンをセットすることは事実上不可

コトア

サイズ(mm) 脚間寸法(mm) +スリムワゴン
95デスク 950×550×730 846 591
105デスク 1050×550×730 946 691

※コイズミファニテックホームページ記載の情報に基づく(誤植の可能性あり。これでいくとスリムワゴンの幅は255mmくらいという計算になってしまいます)

ウェルビー

サイズ(mm) 脚間寸法(mm)
90デスク 900×500×730 836

ブロスト

サイズ(mm) 脚間寸法(mm) +ワゴン
100デスク 1000×550×730 946 531

ワイズ

サイズ(mm) 脚間寸法(mm) +ワゴン
90デスク 900×550×730 850 438
105デスク 1050×550×730 1000 588
120デスク 1200×550×730 1150 738
サイドデスク 1050×450×730 1000

トリムス

サイズ(mm) 脚間寸法(mm) +ワゴン
ミドルタイプ 1040×590×1165 920 506
ハイタイプ 1040×590×1600 920 506

ルーミン

サイズ(mm) 脚間寸法(mm)
デスク 750×675×1350 669

アルフ

サイズ(mm) 脚間寸法(mm)
02コンパクトスタイル 1050×550×1097 537
03リビングスタイル 1464×550×1097 742
04ユニットスタイル 1302×550×1430 605
05ユニットワイドスタイル 1716×550×1430 1004
07ワイドスタイル 1464×550×1097 934

WDスペシャル

サイズ(mm) 脚間寸法(mm)
セパレートスタイル 2000×616×1621 522
ユニットスタイル 1229×1000×1621 537

レイクウッド

ステップアップデスク
サイズ(mm) 脚間寸法(mm)
デスク単体 1000×535×760 925
セパレートスタイル 2000×615×1222 517
ユニットスタイル 1229×1000×1222 517
ベーシックデスク
サイズ(mm) 脚間寸法(mm) +ワゴン
ベーシックデスク 1000×600×1222 925 517

オルレア

ステップアップデスク
サイズ(mm) 脚間寸法(mm)
デスク単体 1000×535×760 925
セパレートスタイル 2000×625×1251 483
ユニットスタイル 1229×1000×1251 536
ベーシックデスク
サイズ(mm) 脚間寸法(mm) +ワゴン
ベーシックデスク 1000×600×1251 900 517

デコプリ

サイズ(mm) 脚間寸法(mm)
デスク単体 970×530×760 895
セパレートスタイル 1940×610×1209 484
ユニットスタイル 1202×970×1209 484

CDファースト

サイズ(mm) 脚間寸法(mm)
デスク単体 950×535×760 875
セパレートスタイル 1900×615×1631 473
ユニットスタイル 1177×950×1631 505

CDコンパクト

サイズ(mm) 脚間寸法(mm)
デスク単体 950×535×760 875
セパレートスタイル 1900×615×1191 473
ユニットスタイル 1177×950×1191 505

ペグ

サイズ(mm) 脚間寸法(mm) +ワゴン
100デスク 1000×550×730 923 510

コットコンポ・セレクト

サイズ(mm) 脚間寸法(mm) +ワゴン
デスク単体 1000×50×730 922 512
シェルフ+デスク 1260×650×970 560

ビルトコンポ

サイズ(mm) 脚間寸法(mm)
デスク 1100×550×730 647
ユニットデスク 1374×1028×1194 652

 

図らずもコイズミファニテックのカタログ掲載モデル一覧みたいになってしまいました(苦笑)こうやって見てみると、さすがコイズミファニテックは層が厚いですねー。

それはさておき、木製学習椅子を選ぶ際は脚間寸法から20mm引いた数字が最大値というのがひとつの目安となります。脚間寸法が500mなら椅子は幅480mmまでということですね。

「たった20mmしか余裕がないの?」と思われるかもしれませんが、デスクの脚間寸法からワゴンを引いた場合は、その数字よりも実際のほうが広いほうが多いです。デスクのスキー脚の上に、キャスターで下駄を履かされたワゴンが覆い被さっているということもあるからです。

もっとも、椅子はやはり実際に机にセットして座ってから購入するのがベターと言えます。数字だけでは分からないことも多いですからね。

上表はあくまで候補をチェックするうえで参考にしていただければと思います。

関連記事

【2024最新】子供の勉強に最適な学習椅子の選び方
子供の勉強に最適な学習椅子の選び方をまとめてみました。特に重要なのがデスクカーペットを敷くかどうかで選ぶタイプが変わってくるということ。リビングダイニング学習の場合はカーペットを敷かないことが多いので、4本脚やスキー脚のチェアを選ぶのが良いでしょう。
この記事を書いた人

家具メーカーを退職後、2002年に収納スタイルコーディネーターとして独立。多くのご家庭の片づけの悩みを解決してきました。TVチャンピオン「収納ダメ主婦しつけ王」選手権で優勝するなどメディア出演多数。
長女が小学校に入学するのを機に学習机を購入してブログで報告したところ、学習机について相談が殺到。以後、「学習机評論家」としてメーカーの展示会や販売店に足を運ぶなどして日々情報収集に努めています。詳しいプロフィールはこちら

収納マン(芝谷 浩)をフォローする
コイズミファニテック

コメント 皆様からご質問・ご意見など