『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ
スポンサーリンク

中高生にオススメの奥行65cm学習机!「ラトリオ」vs「フラックス」

【比較】中高生にオススメの奥行65cm学習机!「ラトリオ」vs「フラックス」

新商品が乏しい2019年度の学習机市場において、キラリと光るデスクがありました。それはオカムラの「ラトリオ」です。

 

オカムラ・ラトリオ

私がラトリオのどこに魅力を感じたかというと、最近は奥行55cmのデスクばかり登場する中で、敢えて奥行65cmというところです。また、オーク突板のウレタン塗装で質感も良く、デザインも落ち着いていて良い感じ。さらに、天板奥には配線カバーが備えられており、デジタル機器の使用頻度が高まる中高生にピッタリだと感じたからです。

実は今や奥行65cm以上のデスクは絶滅危惧種と言って良いほどで、国産で高価な浜本工芸やカリモク家具などを除いてはほとんどありません。バルバーニの「ワークスタジオ」には奥行70cmというものもありますけど、ビクターのブランド力なき今、敢えてこんなコスパの悪いものを買う人もいないでしょう。

 

コイズミファニテック・フラックス

そんなわけで、国産木工家具メーカーと組み替え式デスクを除いては、学習机メーカーで奥行65cm以上のデスクと言えば、めぼしいのはコイズミファニテックの「フラックス」だけじゃないかと思います(ヒカリサンデスクの「SDW-アフランド」も一応、奥行65cmですけど)。

というわけで、今回はラトリオとフラックスを比較してみたいと思います。



価格…ラトリオのほうが安い

まず価格を比較してみましょう。2018/10/27現在の楽天市場で見ると、ラトリオの2点セット(デスク1000+ワゴン)は税込59,600円から。一方のフラックスは2点セット(110デスク+ワゴン)で税込67,100円からとなっています。

サイズや仕様が異なるので一概に比較はできないものの、価格だけで見ればラトリオのほうが7,500円も安い計算です。果たして値段相当なのか、コスパが良いと言えるのか、順番に見て参りましょう。

 

材質…ラトリオはオーク突板

ラトリオの天板はホワイトオーク突板のウレタン塗装、脚はラバーウッド(ゴムの木)に木目を印刷したものです。引出内部材は低級な桐を白く塗ったものとなっています。

対してフラックスの天板は低圧メラミン化粧板。脚は同様にメラミンかプリント紙だと思います。引出内部材はパーティクルボードの樹脂フィルム貼りです。

キズが付きにくいメラミン化粧板も魅力的ですけど、一般的にはやはり質感の面でホワイトオーク突板のラトリオに軍配が上がるのではないでしょうか。ウレタン塗装で手間もコストも掛かっています。

 

機能…それぞれにメリットあり

ラトリオを選ぶメリット

  • デスク本体に引出ユニットを追加できる
  • 配線カバー下に電源タップを収納可能
  • 配線カバーにブックエンドをセット可能
  • 上棚ユニットがある
  • サイドチェストが選べる
  • プリンターワゴンもある

フラックスを選ぶメリット

  • 天板奥行55cm→65cm可変
  • 天板奥にコード通し穴あり
  • コンセントボックス&2口コンセント付き
  • 脚の取り付け位置を16cm内側に変更可能
  • サイズラインナップが豊富(幅110~150cm)
  • リフティングワゴンが選べる

機能的にはそれぞれ魅力的な違いがあります。ラトリオは特に、デスク本体にも引出しを追加できることと、天板奥の配線カバーが便利だということです。サイズは幅100cmと120cmの2つだけですが、奥行が同じサイドチェストを組み合わせれば最大で幅161cmになります。

フラックスはそもそも奥行65cmというよりは奥行55cmと切り替えできるようになっていることが特徴です。また、フラックスにはリフティングワゴンがありますから、作業スペースを拡張するのが容易です。背面のコンセントおよびコンセントボックスは、コンセントを頻繁に抜き差しするには不便ですが、見た目は良いと言えるでしょう。

 

あくまで個人的な好みで言えば、ラトリオにリフティングワゴンがあれば良いのになーと思うところですが、ワゴンの天板が上がらなくても実際はそれほど大きな問題ではありません。質感と機能性、予算ということを考えれば、ラトリオは中高生になってから学習机を買う人にはオススメと言えるでしょう。

一方のフラックスは、デスク天板奥行を変えることができ、リフティングワゴンもあることから、置く部屋や家具レイアウトを変更する可能性がある人に向いていると言えるでしょう。子供が独立したら親が使う予定だというお宅にも良いかもしれません。

 

コメント