【スタイル別】収納力と見た目の好バランス?組み替え式デスク上棚ロータイプのオススメ

前回は学習机のスタイルとしてもっとも売れている組み替え式デスクの中でも、もっとも収納力がある上棚ハイタイプのオススメをピックアップしました。

【前回】【スタイル別】見た目よりも収納力!組み替え式デスク上棚ハイタイプのオススメ

今回は上棚ロータイプの組み替え式デスクのオススメを紹介したいと思います。

上棚ロータイプの組み替え式デスクは収納力では上棚ハイタイプに比べると劣るものの、背が低くて圧迫感がないというのがメリットです。また、学習机大手メーカーのラインナップを見ても、日本で一番学習机を売っていると言われるニトリの売場を見ても、組み替え式デスクの上棚ロータイプがもっとも人気があると思われます。

ところが実際にその中からオススメを選ぼうと思ったら、これが意外と難しいんですよね~。機能的には大きな違いがなくて、ほとんどデザインと質感の違いという感じになっています。

なお前回ピックアップした上棚ハイタイプのコイズミファニテックのWDスペシャル、イトーキのトレフ、浜本工芸のNo.32デスクにも上棚ロータイプバージョンがありますが、今回は敢えて対象外としました。



イトーキ・リーモ・フリーワンタイプ

トップバッターはイトーキのLeamo(リーモ)フリーワンタイプNAH-F81。別に機能的にほぼ同じカモミールでもポルクでも良かったんですけど、リーモは脚がパネル状になっているのでバッグなどを掛けたときに机の内側に干渉しないということでオススメとしました。見た目で言えば、パネル脚よりもロの字型の脚のほうがスッキリして見えるんですけどね。

コイズミファニテック・レイクウッド・ステップアップデスク

イトーキのリーモをベースに開発されたと思われるコイズミファニテックのLakeWood(レイクウッド)。リーモとの違いは主に、大型のLEDモードコントロールツインライト、リフティング袖ワゴン、引出し全段フルスライドレールという点です。代わりに袖ワゴン引出し2段目の深さが浅い、袖ワゴン引出し奥行が短いなどといったデメリットもありますが、甲乙つけがたいですね~。

ニトリ・くみあわせですくデラックス

日本一売れている組み替え式デスクの上棚ロータイプと言えば、やっぱりニトリのくみあわせですくデラックスYNF16Lでしょう。ニトリのくみあわせですくデラックスは、決して安いからとか、テレビCMによって認知度が高いから売れているというわけじゃありません。やはり売れるからには理由があるのです。

税込49,900円という低価格ながら、ショボイとは言え、LEDデスクライトもチェアも付いていますし、左右分割型の本棚はランドセルラックとしても使えます。たまにどうしようもない不良品を掴まされることがあるようですが、ハズレさえ引かなければコスパは高いと思います。

コイズミファニテック・アルフ

2016年度にリリースされたコイズミファニテックのNEWシリーズ「スタディアップデスク」シリーズも組み替え式デスクの上棚ロータイプに分類されると思います。中でもarf(アルフ)は実売価8万円台でスッキリしたデザインの調色機能付きLEDデスクライトが付いており、8通りのレイアウトが可能ということで、かなりお買い得感があります

しかしながらスタディアップシリーズは横に広がっていくかたちですから、限られたスペースにコンパクトに収めることがメリットと考えられる従来の組み替え式デスクとはコンセプトが大きく違います。また、良くも悪くも「いかにも学習机」という感じはありません。

リビング学習を志すお母さん的には「まあ素敵♡」という感じかと思いますが、子供はあまり強い関心を示さず、保守的なお父さんからは「奥行が短すぎるんじゃない?」という反応が多いことも予想されます。

当ブログでも最初はスタディアップデスクに対して購読者の関心が高かったものの、それ以降はパッタリで、売れ行きが非常に気になるところです。売場でのシェアは非常に高いこともあり、大コケはないと思っているのですが…。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

スポンサードリンク
スポンサードリンク