国産!セラミックス塗装!天板奥行拡張!家具の里×堀田木工所「リッケ」

浜本工芸やカリモク家具の学習机の品質が優れているのは誰が見ても分かります。しかし、特に小学校入学の前後というのは色々と物入りですから、学習机にはあまり予算を掛けられないという方もいらっしゃることでしょう。

その点、堀田木工所の学習机は国産なのに価格がお手頃です。でも、キズや汚れがつきやすい自然塗装。

多少無理をしてでも良いものを買うか、財布に優しいほうを選ぶか。もしくは、国産にはこだわらずにコイズミファニテックなどから選ぶか…。そんな風に悩む人は多いと思います。

ですが、そんな方に新たな選択肢ができました。読者のそうすけママさんが教えてくださった、家具の里×堀田木工所の「LIKKE(リッケ)」がなかなか良い感じなのです。

※価格および仕様はすべて2021/01/09現在

 

家具の里×堀田木工所「リッケ」

家具の里は広島県府中市に本社を置くトイロが運営するネットショップです。また、堀田木工所も本社が広島県です。そういうこともあってか、これまでも家具の里では堀田木工所の学習机がメインで扱われてきました。

その延長線上で堀田木工所の学習机が家具の里のオリジナル商品として登場するのは自然な流れと言えましょう。しかし、これが単にカタログ商品と形が違うというだけではないのです。なんと、リッケの天板は自然塗装ではなくセラミックス塗装なのです。

セラミックス塗装

セラミックス塗装とは文字通り超微粒子のファインセラミックスを含む塗装です。質感はサラッとした手触りで、自然塗装(オイル塗装)に似ています。しかしながら、汚れはもちろん、水、熱、薬品、紫外線にも強く、ウレタン塗装よりも優れているところがたくさんあります。

デメリットがあるとすれば、オイル塗装やウレタン塗装よりもコストが高いことでしょうか。あと、我が家でもセラミックス塗装のリビングテーブルを使っていて総じて満足なのですが、キズには思ったほど強くなさそうです。まだ1年も経たないのに、知らない間に打痕(だこん)が複数ついています。

マハロ本体60Aとの比較

実は堀田木工所のカタログモデルでもセラミックス塗装が使われているものがあります。サイズオーダー対応の「マハロ」(上写真)です。
マハロの奥行60cmタイプを幅100cmでオーダーした場合、楽天市場では税込42,900円(送料込)。一方で、リッケはサイスオーダー対応ではないものの、引出し2杯付き、天板は奥行拡張可能(55→63cm)で、デスク単品は同43,780円(送料別)ですから、なかなかお買い得感があります。

ベルダッド2との比較

リッケのデスクに仕様が似た堀田木工所のデスクというのは意外となくて、比較的近いところで言うとカタログ外モデルの「ベルダッド2」(上写真)でしょうか。

ベルダッド2も天板奥行拡張機能はなく、幅は100cm、奥行は65cm、天板はオイル塗装で、価格は楽天市場で税込39,600円(送料込み)から。リッケとは脚のデザインなどが異なるものの、少なくともリッケが割高ではないことはお分かりいただけるのではないでしょうか。

ちなみに、リッケのデスク本体引出しはフルスライドレールですが、ベルダッド2はシングルレールのはずです。この点で見てもリッケのほうがハイスペックと言えます。

イオン・ナチュラルウッドデスクとの比較

iconicon

堀田木工所の学習机は天下のイオンでも扱われています。イオンの学習机で最高級モデルである「ナチュラルウッドデスク」(上写真)は税込76,780円(別途配送料3,300円が必要)。一方の家具の里で扱われているリッケの3点セット(デスク+ワゴン+上棚)は同82,280円(送料込)です。

単純に価格の差だけ見ればイオンのほうが安いですが、リッケの天板はセラミックス塗装、デスク本体引出しはフルスライドレール、天板奥行拡張機能付き、上棚はワイドで、しかもコンセント付きで、明らかにイオンよりおねだん以上のスペックとなっております。

イトーキ・リーモ ベーシックタイプとの比較

リッケと同じくアルダー無垢のイトーキ「リーモ・ベーシックタイプ(NAG-F31Z)」(上写真)と比較するとどうでしょうか。

リーモは税込&配送設置料込みで69,900円ですから、リッケの3点セットよりも1万円以上安いという計算です。また、リーモは中国製ですけど、ぶっちゃけ堀田木工所は国産と言ってもそれほど品質には差がありません。堀田木工所の品質が低いと言っているのではなく、それだけ近年の中国製品のクオリティは高いということです。

個人的には、デザイン、上棚の可動棚板、深めの引出し2段目、配送設置料込といったところを重視するならリーモ。国産、ワゴン天板無垢、天板奥行拡張機能を重視するならリッケを選ぶかなという感じです。

 

そのほか、リッケのように天板奥行拡張機能がある浜本工芸の「No.32デスク」と比較しようかとも思いましたがやめました。デスク単品だけならともかく、ワゴンや上棚もセットすると全然お話にならない価格差があるからです。

その点、堀田木工所のワゴンや上棚は国産とは思えないほどお手頃価格です。そこにセラミックス塗装のデスクを組み合わせれば安くて何となく安心感のある国産ベーシックデスクの一丁上がりということで、リッケは魅力的な存在だと思います。

しかも、「カルロ」のラックと組み合わせた3点セットなら組み替え式デスクとして使えて価格は10万円を切るというのも魅力的。これは結構よく売れるんじゃないでしょうか。

 

堀田木工所「リッケ」@家具の里

関連記事

堀田木工所の2021学習机は新作「コンセ」登場!天板昇降式「ムービー」廃番
堀田木工所の2021学習机カタログには新作「コンセ」が登場した一方で、天板昇降式の「ムービーWH」、L型デスクの「エルデスク」が廃番となりました。「カルロ」のデスクのサイズバリエーションも半減しましたし、袖薄型(スリムワゴン)も消えました。
堀田木工所直営「HYGGE(ヒュッゲ)」が楽天市場にオープン!
堀田木工所直営の「HYGGE(ヒュッゲ)」が楽天市場にオープンしました。二段ベッドなど大型家具は学習机は基本的に全品取り扱っています。また、価格も送料込みでオープニングセール中はポイント倍率も大きく激安です。
次世代住宅ポイントで高野木工のリビングテーブル「プレーン」をゲット!
次世代住宅ポイントで高野木工のリビングテーブル「プレーン」をゲットしました。材質はウォールナット無垢のセラウッド塗装。幅奥行とも1cm単位でサイズオーダー可能で、天板の四隅の形状や脚形状もそれぞれ2種類から選べて3万円台からなんてコスパ良すぎます。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など

  1. みなママ より:

    はじめまして。この度、学習机の購入を検討しており、無印の学習机でほぼ決まっていたのですがこちらのブログを拝見しリッケと無印の学習机と杉工場のレグシー、クッカ、SDで悩みはじめました。
    やはりこの中でしたら、リッケが一番おすすめでしょうか?

    • 収納マン より:

      みなママさま

      はじめまして^^

      無印良品の机を軸に、家具の里×堀田木工所のリッケ、杉工場のレグシー、クッカ、SDをご検討中ということですね。
      いずれも天板が無垢で素材感があり、デザインがシンプルというところが、お気に召した要因でしょうか。

      まず、杉工場のSDに関しては既に廃番が発表されていますので、残念ながら選択肢からは外れます。
      残り4台で言うと、もっともキズの心配がないのはウレタン塗装の無印良品の足元棚付き、もしくは木製デスクでしょう。
      机に限らず無印良品がお好きなら、安心感もあると思います。

      一方で、無印良品だと木目の汚いのが届きそうとか、全体的な品質に不安があるようでしたら、キズはつくけど汚れなどには比較的強いセラミック塗装のリッケが良いかもしれません。

      レグシーやクッカを選ぶ場合は、もうキズとか汚れとかはどうでも良いから、それよりもあくまでデザインというか雰囲気という場合でしょうね。
      もしくは、リッケみたいな天板拡張機能は要らないという場合などだと思います。

      あとは組み合わせ次第でしょうね。
      リッケなら無印良品よりもワゴンの引出しが1杯多いし、上棚を取り付ける場合はクランプ式のデスクライトが取り付けできます。
      (無印良品の木製デスクのほうはクランプ式OK)
      書棚を組み合わせる場合はレグシーまたはクッカのほうがデザイン的にはリッケ+カルロより良いかもしれません。

      理屈で割り切れないところもあるので悩ましいところだと思いますが、もう少しじっくり悩んでみてください^^

      • みなママ より:

        詳しくお返事くださりありがとうございました。知りたいことが全て知れて、悩みも解決しました。早く相談させていただけばよかったです^_^

        リッケにしたいと思います。

  2. みさ より:

    初めまして、娘の学習机を探していてこちらのブログにたどり着き熟読中です(^^)
    アドバイスいただきたいことがあり、コメントさせていただきました。

    我が家はダイニングに机2つ置きたいなと思っています。
    机、ワゴン、横にシェルフを置いてユニットデスクスタイルの予定です。

    ダイニングのスペースがあまりないこともあって、奥行き55センチで拡張型のを購入しようと思っているのですが…
    リッケ、コイズミファニテックのCDコンパクト、ヒカリサンデスクのKコンパクトで悩んでいます。

    リッケは実物が見れないので、堀田木工所の別のデスク、コイズミは実物を見ることができました。

    デザイン的には堀田木工所やヒカリサンデスクの机が好きですが、ヒカリサンデスクは実物を見ることができないので候補にいれるか決め兼ねています。
    ですがKコンパクトの脚がスッキリしている感じは気に入っています。

    長く大切に使っていきたいなと思っているので、それぞれの品質も含めアドバイス頂けたら嬉しいです。

    よろしくお願いいたします。

  3. みさ より:

    早速返信を頂きありがとうございます♪
    とても参考になりました!

    ヒカリサンデスクはご指摘の通りMコンパクトでした。

    そして…オススメいただいたOD-1woody確かに条件にぴったりです!特にナフコバージョンは今すぐ見に行きたいぐらいです。
    カタログに載っていないので見落としていました…

    リッケやヒカリサンデスクは傷に弱いということでしょうか?
    長く使うことを考えるとその点も重要ですよね。

    インテリアについてもご意見をお聞かせいただけると嬉しいのですが、我が家のダイニングは
    床がメープルのフローリング
    キッチンカウンターの下部分の収納がウォールナット
    ダイニングテーブルがオーク天然木無垢集成材でできたものになります。

    ダイニングの白い壁の前に机を配置する予定なんですが、その場合だと
    OD-1woodyのナフコバージョンの白又はブラウン、Mコンパクト、リッケどちらがインテリアとして良いでしょうか?

    気に入った白で拡張型が見つからなかったので諦めていましたが、教えて頂き候補に急浮上しています。

    コイズミファニテックのランドセルハンガーや照明付きも魅力的に思えてきました(^^)
    家族の共有スペースにおくので、シンプルなのが希望ではありますが、女の子が気に入る要素が多いですね☆
    素敵な商品を教えていただきありがとうございます!
    よろしくお願いいたします。

    • 収納マン より:

      みささま

      一般的にセラミックス塗装は汚れには強いですがキズには無力です。
      我が家のセラミックス塗装のセンターテーブルも、リモコンをぶつけただけでキズだらけになっています(苦笑)
      リッケの場合は比較的やわらかい部類のアルダーなので、余計にキズの心配が増します。

      一方、Mコンパクトはアルダーまたはウォールナットの突板のウレタン塗装なので汚れや傷の心配は少ないです。
      それでも、木製椅子を収めるときに背板をぶつけたり、ランドセルの金具をぶつければ、キズは付きますけどね。
      HBの鉛筆くらいなら大丈夫です(逆に言うと、アルダー材のオイル塗装はHBでもダメです)

      なお、OD-1woodyもウレタン塗装なので、キズの心配は少ないと思います。
      ラバーウッドも硬い部類に入りますし。

      続いて、カラーコーディネートについて。
      ダイニングテーブルの色が分からないのですが、ナチュラル系でしょうか?

      それでしたら、床もテーブルもナチュラル系ということになりますね。
      ちなみに、ラバーウッドは見方によってはメープルに近い木目です。

      上棚や書棚の背の高いのが気にならないようにするには、壁と同化しやすいホワイト系がベター。
      ある程度、存在感を出したい場合は、ナチュラル系が良いと思います。

      ただし、ダイニングテーブルに加えて学習机2台が同時に目に飛び込むと、まるで事務所のように錯覚するリスクもあります。
      その点で言えば、ダイニングテーブルとデスクは違う系統の色にしたほうが無難です。

      また、並べた教科書類はどうしても見た目にウルサイものです。
      ダーク系の学習机ならそれらがあまり目立たなくなるというメリットもあります。
      ただし、ダイニングセットよりも学習机2台のほうが表面積が広くなるので、ダイニングセットの存在感が薄くなってダイニングの印象がかなり変わってしまいます。

      ダイニングルーム全体の雰囲気がちょっと分からないのですが、そういったことを総合的に考えると学習机はホワイト系のほうが良いかもしれませんね。
      圧迫感が強く感じられがちなデスクライトも壁と同系色のほうが目立ちにくいというメリットもあります。

      そういった点でも総合的に見るとOD-1woodyはピッタリかもしれませんね^^

      • みさ より:

        返信が遅くなり申し訳ありません。
        丁寧なアドバイスありがとうございました(^^)

        アドバイスを基にその後考え、OD-1woodyのホワイトを購入しました♪
        娘たちの好みも踏まえ、機能性やダイニングとの相性も含めて1番良い選択ができたなと思っています!
        自信を持って決めることができたのも、収納マンさんのおかげです。
        ありがとうございました。

        暫くはダイニングで使っている椅子を兼用で使おうと思っていますが次は椅子選び…
        また記事を熟読させていただこうと思っています。
        これからも投稿楽しみにしています。

        • 収納マン より:

          みささま

          OD1-woodyのホワイト色を購入されたのですね!
          レイアウト面、機能性、インテリアコーディネートの点でも、みささんのお宅にピッタリのチョイスだと思います。
          何より、お嬢様方もお気に召したことがうれしいですね♪

          椅子はおっしゃる通り、とりあえずはダイニングチェアと共用で問題ないと思います。
          そうしないと、ダイニングが椅子ばかりになっちゃいかねないですからね^^;
          掃除するときに地味に面倒ですし、見た目も気になります。

          でも、ダイニングチェアだと高さが合わないとか、そういう問題が出てきたら、学習メインの椅子もご検討ください^^

  4. 3児ママ より:

    初めましてこんにちは!
    4月から1年生になる長男、4年生になる長女の学習机を探してこちらに辿り着きました。
    アドバイス頂きたいことがあります。

    我が家は5畳の子供部屋に二つ並べて置く予定で、いずれは個々の部屋へと考えています。
    条件としては
    上棚が高すぎなく圧迫感のないもの。
    上棚と机の隙間が狭すぎないもの。
    シンプルなもの。
    を探していました。
    見過ぎで分からなくなってしまいました。
    ここで候補になっているのがリッケ、イトーキの ITOKI JAQ-F31、マナベのドロシー、isseikiのツートンです。
    この中でリッケの手触りに一目惚れしていましたが、お値段の差もあるので迷っています。
    何を優先するかで一番のオススメは変わってくると思いますが、アドバイス頂けたら嬉しいです。
    宜しくお願い致します。

    • 収納マン より:

      3児ママさま

      はじめまして^^

      姉弟お二人分の学習机のご購入を検討されているのですね。
      それはそれは気合いの入るところだと思います。

      条件は、(1)ロー棚で、(2)上棚の棚板と天板の空間が狭くないこと、(3)シンプルなもの。
      特に(2)はおっしゃる通りだと思います。

      で、現在の候補は、堀田木工所×家具の里の「リッケ」、イトーキの「JAQ-F31」、マナベインテリアハーツの「ドロシー2」、一生紀のツートンといのは「エクリュ」のことでしょうか。

      リッケは店頭での取り扱いがないはずなので、”手触りに一目惚れ”されたというのは堀田木工所の「マハロ」で確認されたということでしょうか。
      確かに、この4台の中ではもっとも表面の手触りが良いと思います。

      手触りという点ではエクリュもオイル塗装なので良いと思います。
      ただ、セラミックス塗装もオイル塗装もキズがつきやすいのが難点です。

      その点で言うと、ウレタン塗装のJAQ-F31とドロシー2が安心と言えますが、JAQ-F31は「L-78」などクランプ金具が小さなデスクライトしか取り付けられないというのが難点。
      また、ドロシー2はワゴン引出しが2杯しかないというのが他に比べてネガティブな要素と言えるでしょうか。

      以上の通りネガティブな要素を先に挙げたうえで、リッケなら天板奥行を変えることができるので、最初はコンパクトに、それぞれの部屋に1台ずつ置くようにする際には奥行を広くして使うことができます。
      ちなみに、天板奥行拡張機能が要らないということでしたら、「ベルダッド2」を選ぶのも良いかもしれません。
      ただし、こちらはオイル塗装なのでセラミックス塗装に比べると汚れやすく、奥行も65cmなので大きすぎると感じられる可能性もあります。

      JAQ-F31ならウレタン塗装なので、セラミックス塗装やオイル塗装に比べるとキズの心配は少ないと思います。
      また、リッケに比べると約2.5万円ほど予算を抑えられて、それでいて中国製ですから品質はそれほど変わらないと言って差し支えないレベルだと思います。

      もっとも、JAQ-F31はデスク本体引出しがフルスライドレールではなく、ワゴンの引出し前板がフィンガージョイントなので、実際に手にすると値段なりかなと感じてしまう可能性もあります。
      その点で言うと、「リーモ・ベーシックタイプ」のほうが無難かもしれません。
      ちなみに、リーモなら上棚の棚板を一旦外すことで、一般的なクランプ金具のデスクライトも取付け可能です。

      ドロシー2もウレタン塗装で、天板はオークまたはウォルナットの突板ですから、キズの心配は少ないと思います。
      また、110cmでワイド。ただし、奥行は55cmなので他に比べるとちょっと狭いです。

      エクリュは4台の中でもっとも価格がお手頃なのがメリットのひとつ。
      また、リッケ同様に上棚にコンセントが付いているというのも便利かもしれません。
      幅も105cmでドロシー2の次にゆったり、それでいて奥行は60cmを確保しています。

      私がアドバイスできるとしたらだいたいこんな感じかなと思いますが、どれも捨てがたいですよねー^^;
      決め手となるのはまず、無難にウレタン塗装にするか、キズはそれほど心配しないのでセラミックス塗装やオイル塗装でも問題ないと考えるか、というところかと思います。
      その判断次第で4台から2台に候補が絞られます。

      キズの心配がなければ、価格はちょっと高くても国産ということで安心感のあるリッケ。
      対してエクリュはベトナム製ですが、価格を考えればリッケと比べても品質はまったく問題ないレベルだと個人的には思います。
      この2台はむしろ個性的なカラーリングのエクリュか、無難な色合いのリッケと見たほうが良いのかもしれません。

      ウレタン塗装のJAQ-F31かドロシー2かで悩んだ場合は、もっとも決め手になるのは天板サイズの違いでしょう。
      ただ、ぶっちゃけ、上棚をセットするのであれば、また上棚の棚板と天板のすき間の高さを気にされるのであれば、天板奥行が広いJAQ-F31をチョイスするほうが無難だと思います。
      もっと言えば、リーモなら上棚の棚板の高さを変えられますし、デスクライトも選択肢が増えます。
      質感も基本的には同じでワゴン引出し前板はフィンガージョイントではなく巾ハギですから、リーモのほうが3児ママさんのニーズに適っているように思います。

      以上、ご参考になれば幸いです^^

      ※勝手ながらお名前を修正させていただきました