『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

ウットフォークに似て男前!ブルックリンスタイルの学習机をまとめてみた

2020年度の学習机シーズンはひとつの大きな変化がありました。それはイトーキのウットフォークが売場から消えると同時に、似たようなデザインの学習机を競合各社が一気に展開したということです。

まるでイトーキの特許が切れたかのような動きには戸惑いを隠せませんが(苦笑)、イトーキとしても実害はないということで問題視する必要がないのでしょう。販売店サイドとしても、せっかく売れるデザインなのだからイトーキのものでなくても売場に欲しいに違いありません。

ともあれ、これだけ一挙にブルックリンスタイルの学習机が揃うと、消費者としてはどれを選んで良いのやらという感じだと思います。というわけで今回は、それらを一堂に集めるとともに、それぞれの特徴をまとめてみました。

 

イトーキ・ウットフォーク

まずは元祖イトーキの「ウットフォーク」から紹介しましょう。ウットフォークはカジュアルなデザインを採用しながら、天板にはナラ無垢を使用した本物志向の学習机です。

デスク本体は奥行が2サイズ用意されており、ワゴン、上棚、積み重ね可能なシェルフなどがラインナップされたセレクトタイプです。そのため、平机やベーシックデスクとして使うこともできますし、組み替え式デスクのようなレイアウトも可能。デザインだけでなく、質感、使い勝手の面でも非常に良くできたデスクと言えます。

現在はイトーキオンラインショップでのみ購入可能となっています。

コイズミファニテック・ブロスト

コイズミファニテックの「ブロスト」の天板はホワイトオーク無垢で奥行55cmですが、ウットフォークのテイストを忠実に再現することで売場の穴を埋める役割を担っていると言えます。

一方で、ウットフォークは組み替え式デスクのようにして使えるのに対し、ブロストは書棚をデスク側面に向けて置くユニットデスクとしての趣きが強くなっています。また、上棚の仕切り板が可動式になっていたり、タブレット学習に対応しているのがオリジナリティがあるところと言えるでしょう。

 

ヒカリサンデスク・サンビジョン

ヒカリサンデスク(光製作所)の「サンビジョン」は天板にウォールナット突板を使用。オーク突板のナチュラル×ホワイト色もあります。

サンビジョンが競合他社商品と異なるのは、デスクライトと足元棚が付いているところでしょう。いろいろ選べるよりもオールインワンで選びやすいほうが良いという方に向いていると言えるかもしれません。

 

シマホ×くろがね工作所・ヴィンテ

以前にもチラッとご紹介した通り、くろがね工作所にもブルックリンスタイルの学習机が用意されています。島忠ホームズではオリジナル仕様の「ヴィンテ」という商品名で提供。ホワイト×ナチュラル色も用意されています。

天板は天然木ではありませんが、ヴィンテージ感あふれるデザインに仕上がっています。また、島忠オリジナル仕様のバックパネルは有孔ボードになっており、小物などを吊るしてディスプレすることも可能。別売のシェルフの向きを変えることで自分だけの空間を作り出しやすくなっています。

 

大商産業・JD-200

金次郎デスク(大商産業)の「JD-200」は、今もっとも多くの家具販売店で見ることができるブルックリンスタイルの学習机だと思います。天板はMDFダイレクトプリントで見た目はチープですが、価格もお手頃です。

ベーシックデスクのJD-200のほか、3Dデスク(組み替え式デスク)の「JDD-200」、ユニットデスクの「JUD-200」、コンパクトな上棚付きの「JU-200」と全4モデルを揃えており、ニーズに合わせて選べるようになっています。

 

以上、イトーキのウットフォークを含めて5台のブルックリンスタイルの学習机を紹介しました。

ウットフォークを初めて見たときは学習机にここまでインテリア性を求める消費者なんているのかと思いましたが、これだけ似たようなデスクが続々と登場すると、案外普通に思えてくるのですから不思議です。それだけに、パイオニアであるウットフォークが店頭で見れないのが残念でなりません。

一方で、ニトリは2018年度に、リビンズは2019年度にウットフォーク似のデスクを投入するも、いずれも翌年度には継続していません。このテイストは需要がありそうで実際にはまだ市民権を得たと言える状況ではないのかもしれませんね。

関連記事

2020年度もニトリからイトーキとくろがね工作所の学習机が登場!
2019年度に引き続き2020年度もニトリからイトーキの「ロータイプデスクAPD-2」、「ユニットデスクAUT-2」、くろがね工作所の「学習机RP-NT20CD」が登場しました。しかし、APD-2は増税後も売価据え置きなのに対し、AUT-2とRP-NT20CDは10%以上の値上げです。
コイズミ2020学習机カタログ公開!新作「ファリス」&「ブロスト」分析
コイズミファニテックの2020年度の学習家具デジタルカタログが公開されました。新作デスクの「ファリス」はビーノやルトラと比較して割高感があります。また、「ブロスト」はイトーキのウットフォークに比べると安いですが機能的にはシンプルです。
イトーキ激おこ!?リビンズkidukuの2019新作はウットフォーク似「ヴィクトール」
リビンズのkiduku(キヅク)の2019新作学習机は3台。イトーキ・ウットフォーク似の「ヴィクトール」、グリッドシェルフを組み合わせる「シュシュ」、トライ三兄弟の末っ子「トライラバー」です。珍しくオリジナリティも見られますが、パクリ体質も健在。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など

  1. 子どもファースト より:

    はじめまして。 学習机を購入するにあたり、ご相談させてください!
    兄弟2人分(新小4/新小2)を探しています。
    マンション住まいなので、子供部屋の余裕はありません。
    リビングに置くことになります。 引っ越しの予定もないです。
    「子どもファースト」ですので、部屋の見た目や価格はそこまで気にしておりません。
    これまではいわゆるリビング学習で、食卓の上を使用していましたが、上の子が塾に行くことになったので、さすがに限界かな…、と。
    どうせならまとめて買ってしまえ、エイヤッ!、となったわけです。

    兄弟レイアウトで紹介されていたような、向かい合わせで上棚をついたて代わりにするような感じで考えています。
    KEYUCAのニノス、いいなぁ~と考えていましたが、妻曰く、収納が足らない、と。
    たしかに、塾の教材やらを大量に収納する必要が出てくるので、通常の上棚だけでは明らかに不十分です。
    本棚を他に増設するほど、部屋のスペースもないし・・・
    となると、机の上棚を高くするしかなかろう、ということなのです。

    で、サイト内をいろいろチェックさせていただいた結果、目についたのがイトーキ/ウットフォークです。
    シェルフを重ねて使えば、まさにニーズにぴったりですよね。
    子どもらしさは失われるけど、男子っぽくて、長く使えそうな感じもするし。
    アイアン素材のハイブリッドも、考えようによってはむしろいいのかな?、と思い始めました。
    (コストダウン・頑丈さUP・すっきり感・大人びた雰囲気、などなど)

    どう思われますでしょうか? 他に有力候補はありますか?
    ご意見伺いたく、コメントさせていただきました。

    よろしくお願いいたします。 長文失礼いたしました。

    • 収納マン より:

      子どもファーストさま

      はじめまして^^

      我が家も上棚付きの学習机を背合わせで配置するレイアウトなので良いと思いますよー♪

      塾に通うようになるとプリントなどが一気に増えるので、別に書棚を置かない場合はやはりハイタイプの上棚は必要になるでしょうね。
      奥行さえ問題なければ、足元棚もある組み替え式デスクが収納力があって良いと思います。

      そういう条件で選ぶと、イトーキのウットフォークのほか、以下のような候補が挙がると思います。

      イトーキ・リーモ・ハイタイプ
      コイズミファニテック・WDスペシャル
      コイズミファニテック・woody1
      浜本工芸・No.32デスク
      カリモク家具・ボナシェルタ

      ウットフォークを選ぶメリットは、男前なデザインのほか、ナラ無垢で素材感があり、棚を上下分割して別々に使える、余計な組み替えの機能がないのでシンプルといったところです。

      リーモ・ハイタイプやWDスペシャル、woody1は、リフティングワゴンとシェード幅の広いデスクライトがセットされている、拡張天板で天板奥行を変えられるという点などがメリットと言えるでしょう。

      予算が許すようでしたら、浜本工芸のNo.32デスクもオススメです。
      また、ボナシェルタの本棚の前にデスクを置いた「収納デスク」はウットフォークに近いスタイルと言えるかもしれません。
      ただし、ボナシェルタにスリムではないワゴンをセットする場合は、デスクの幅を1100mm以上にする必要があります。

      デザインをもっとも重視するなら、ウットフォーク一択と言って良いでしょう。
      それに比べると、大商産業のJDD-200はかなりチープですからね^^;

      ちなみに、デスクライトのほか、チェアが盲点だったりすることもあります。
      ウットフォークの場合は回転チェアの「KS81-0VB」がベストマッチですが、リビングでカーペットを敷かない場合は4本脚チェアの脚裏にフェルトを取り付けて使用するほうが良いかもしれません。
      そうでなくとも椅子は好みが分かれるところですから、事前に座り心地などを確認しておいたほうが良いでしょう^^

  2. 子どもファースト より:

    早速ていねいなお返事をいただき、ありがとうございます!

    一通り、全部見てみました。
    自分で買うなら(ルックス的に)ウットフォーク一択やん!、と思ってしまいましたが、奥さんが一刀両断で「透け透けすぎるので不可」、と。。。
    横や後ろは、板が貼ってないと嫌らしいです。 まあたしかに、子供用だし一理あるかなと。
    ご紹介いただいた浜本は、さすがに2つは買えないかなという値段ですね…。

    ということで、

    イトーキ・リーモ・ハイタイプ
    コイズミファニテック・WDスペシャル
    コイズミファニテック・woody1

    が候補に残りました。

    サイトを見させていただくと、「イトーキ・レイクウッドの上棚ハイタイプ」もあるという記載も拝見しました。

    ハイタイプの上棚で、大きくなって机から分離したときに、本棚としても使えるというのが希望ということになりますが、、、

    これら4つだと、何で選んだらいいんでしょうね、、、(写真は激似…)
    というか、そもそもコンセプトは何が違うんでしょうか?(メーカーサイトを見ても全然わからん…)

    • 収納マン より:

      子どもファーストさま

      > 自分で買うなら(ルックス的に)ウットフォーク一択やん!、と思ってしまいましたが、奥さんが一刀両断で「透け透けすぎるので不可」、と。。。

      まるで私と妻のやり取りを見ているようで強く共感してしまいました^^;
      ただまあ、ウットフォークも本などを収めてしまえば同じように圧迫感を感じるので、実用性を重視すれば奥様のご意見はごもっともだと思います。

      コイズミファニテックのレイクウッド上棚ハイタイプは今年度はまだ見てません。
      今年度からコイズミファニテックはモデル数を絞り込んでいるので、おそらくもう作らないのだと思います。

      そうすると、候補はイトーキのリーモ上棚ハイタイプ、コイズミファニテックのWDスペシャル、woody1の3モデルに絞られます。

      これら3つの違いは様々な角度から見ることができるのですが、まずは材質。
      リーモはアルダー無垢、WDスペシャルはナラ突板、woody1はラバーウッド無垢です。
      木目が薄いほうがお好みならリーモ、木目がシッカリしているほうが良いならWDスペシャル、予算重視で木目にはこだわらない場合はwoody1という感じでしょうか。

      イトーキとコイズミの機能面の違いは概ね以下の通りです。

      【2019年度版】イトーキ「リーモ」vsコイズミ「レイクウッド」ベーシックデスク徹底比較

      上記はリーモとレイクウッドの比較なので材質はWDスペシャルやwoody1とは異なりますが、機能的なところは基本的に同じです。
      ちなみに、woody1もレイクウッド同様に引出し前板のパネルの色替えができるようになっています。

      収納面を重視されるならリーモのほうがオススメです。
      A3用紙対応のロングサイズワゴンは2段目が少し深めなので大きめのモノが収めやすいですし、本体引出しの専用お片付けトレーは仕切り板が動かせるので使い勝手が良いと思います。
      使い分けフックは巾着や手提げバッグを掛けるのに便利でしょう。
      また、天板奥行を520mmから650mmに+130mmも拡張できるというのもメリットです(WDスペシャルは536mmm→616mm、woody1は530mm→610mmでいずれも+80mm)。

      対してWDスペシャルやwoody1は総合力で選ぶという感じです。
      操作性の良いデスクライト、ランドセルを掛けやすいランドセルハンガー、変形しにくい全段フルスライドレールなど。
      また、椅子の選択肢もコイズミファニテックのほうが豊富なので、ここで一気にイトーキからコイズミにひっくり返ることもあります。

      あとは写真では分かりにくいかもしれませんが、リーモは直線的でエッジの利いたデザイン、WDスペシャルとwoody1は角に丸みがあって無難なデザインです。
      実際に店頭でご覧いただければ、「なんだ、全然別ものじゃないか!」と感じていただけると思います。

      ちなみに、これらを効率良くご覧いただくには島忠ホームズに足を運んでいただくのがオススメです。
      リーモはベーシックタイプしか店頭にありませんが、ほかに扱っている家具店がありませんので。

      それ以外だとWDスペシャルとwoody1を一緒に見れる店舗としては、東京インテリア家具、かねたや、ルームズ大正堂、ファニチャードーム、ナフコ21スタイル(woody1はオリジナル仕様)あたりでしょうか。
      ニトリ以外の大手では結構な確率でwoody1を扱っていると思います。

      なお、候補に挙がっている3台のコンセプトはどれも同じと言って差し支えないと思います。
      自動車で言えば、日産・セレナと、トヨタ・ノア&ヴォクシーみたいなものですね^^;

      今年は意外とリーモ上棚ハイタイプとWDスペシャルのご相談が多いので、また近日中に比較記事をアップしたいと思います^^

  3. 子どもファースト より:

    「調べといてくれる?」「考えといてほしい。」って言っといて、簡単にぶった切ってくるから、ほんまムカつくんですよね(笑)

    今回も、角ばってるのは無理、とリーモを一刀両断、、、
    たしかに、男兄弟ですので、角があるデザインは何かと不安です。

    挙げてくださった店舗、すべてチェックしてみましたが、
    うちは京都在住なので、大津にある「ナフコ21」っていうのに行ってみようかと思います。
    ここのオリジナルのwoody1はハイタイプじゃないようなので、WDスペシャルの一択になりそうです。

    比較記事も、目を通させていただきました。
    自動車のたとえは、とってもわかりやすいですね。。。(苦笑)

    詳細に答えていただき、感謝です!
    リーモ上棚ハイタイプとWDスペシャルの比較記事も、楽しみにしています。

    • 収納マン より:

      子どもファーストさま

      >「調べといてくれる?」「考えといてほしい。」って言っといて、簡単にぶった切ってくるから、ほんまムカつくんですよね(笑)

      オクサマは社長って感じですかね^^;
      ちなみにウチは百獣の王ライオン(←どうぶつ占い)なので逆らえません( ;∀;)

      それはさておき、子どもファーストさんは京都在住ですかー。
      京都でナフコ21スタイルがあるのは八幡市と精華町。

      八幡市なら、枚方家具団地でリビンズ系ののインテリア森田にもwoody1があるかもしれません。
      精華町だと、湯川家具奈良店にも同様にwoody1があるかもしれません。

      それとスイマセン、リーモの上棚ハイタイプに関して、2020年度からデスクライトから調色機能がなくなったようです。
      今のところリーモは有力候補ではなくなったようですが、念のためお伝えしておきます。
      比較記事は明日12/18(水)21:15公開予定です。

  4. 子どもファースト より:

    ありがとうございます!

    うちはアクセスが京都の南のエリアはむしろ難しくって、逆に滋賀の方が近いのです。
    大津店っていうのに行こうと思っています。

    サイトを見てみたら、税抜 157,000円。。。 けっこう高い…!

    ライトはセットされてるんですよね?
    これに椅子を別売で購入するわけですね。

    安く買う工夫はあるでしょうか? ナフコ21では多少値引きされているわけですか?
    送料も別にかかってきますよね?
    電動工具などは持っていないので、玄関渡しでは厳しいように思うのですが、、、

    woody1は廉価版な感じなんですよね?
    いいものを長く使えるのなら、定価の差は許容しようかと思います。

    • 収納マン より:

      子どもファーストさま

      ナフコ大津店に行かれるなら、もうちょっと東まで足を延ばして近新の近江大橋店まで行かれるのも良いかもしれません。
      滋賀県では近新がもっとも有力なチェーン店ですから。

      ちなみに、近新大三大橋店のブログを見たら、OD1-woodyが紹介されていました。
      http://kinsin64.blogspot.com/2019/10/blog-post.html

      WDスペシャルはもともとコイズミファニテックのハイエンドモデルですから、価格は結構高いです。
      楽天市場で買って玄関届けでも税込11万円台、店頭では税込13万円前後といったところだと思います。

      その点、OD1-woodyはお手頃ですよ。
      税込8万円くらいですから。

      廉価版と言っても基本的にはナラ突板に代えてラバーウッド無垢になっているだけですからね。
      あと、デスクライトがツインライト(SB-545)ではなくストレートライト(SB-655)になっています。
      ひょっとしたら引出し内部材は白塗りの桐だったかもしれませんが。
      いずれにせよ、質感にご不満がなければコスパは良いと思いますよー。

      WDスペシャルもOD1-woodyもデスクライトは付属です。
      椅子、デスクマット、デスクカーペットは別売です。

      ナフコで値引きというのはあまり聞かないですねー。
      普通なら早期割引などがありそうなものですが、ナフコはそもそも展開が遅くて、ようやく学習机が並んだかなというところですから。

      配送設置料については、最近は別途必要になることが多いです。
      ナフコの場合はちょっと分かりませんが、1台あたり1,000~3,000円程度というのが相場だと思います。

      ネットショップで購入してご自分で組み立てる場合、大人二人でやれば組み立て自体はそれほど難しくはありません。
      ただ、重いので家の中に運び入れるのが大変ですし、梱包材も重くて硬くて処分するのが大変です^^;

  5. 子どもファースト より:

    ご紹介いただいてありがとうございます!

    「思い立ったが吉日」ということで、さっそく近江大橋の近新まで行ってきました~。
    OD1は、ブログの通りに展示されていました。
    おっしゃる通り、ちょうど税込8万円ぐらいでした。
    たまたまキャンペーン中で若干のキャッシュバックがあるようでした。
    サービス特典で、デスクマット・カーペット付きとのこと。

    WDのデスクもたまたま出してきて見せてくれたのですが、較べるとOD1の方は(悪い意味でなく)雰囲気が軽く、ポップな感じがしました。
    仕様が微妙に違うようで、L型コーナースタイルにするとちょっと角が不細工なのですが、
    うちは当面スタンダードでの配置を予定していますから、そこはまあいいかな…、と。

    全然不満はなかったので、値段もだいぶ差がありますから、OD1でいこうかと思いました。
    2つ買うとなるとやっぱりコスパも気になりますし、ご紹介いただいて感謝です!

    椅子ももらってきたコイズミのカタログを見ていますが、ベストフィットチェアっていうのがいいかな?、と。
    Cadetっていうやつだと長く使えるようですが、どう思われます?
    足置きと回転止めの有無が違うように読めます。
    ちなみに、下の子(新小2)も割と大きい方で、130cm近くはあります。

    しかし、平日の雨の閉店間際とはいえ、4階建ての大きな店舗が貸し切り状態でした、、、
    店舗型の従来式の家具屋は大変だなぁ~、と改めて。。。

    イスはネット販売で済ますという手もありますが、けっこう値段違うもんですか?

    • 収納マン より:

      子どもファーストさま

      おおーっ、早速、近新に足を運ばれたのですね!

      デスクマット、カーペット付きというのも、どこでもありそうで意外と少ない特典です。
      価格的には魅力的ではないでしょうか。

      椅子については、これは実際にお子さんに座り比べてもらわないと分からないでしょうねー。

      大人がベストフィットチェアに座ると、なんだか背あたりが悪いように感じることが多いと思います。
      また、ちょっと重いように感じると思いますが、そのほうがお子さんにとっては安定感が良いうえに、座面回転ストップ機能やキャスター固定機能もあるので落ち着いて勉強できるというメリットもあります。

      身長が130cmもあれば一般的には大人用の椅子でも問題ないと思います。
      まだちょっと足裏が床にベタっとという状況ではないでしょうけど、ワンサイズ上の洋服を着せるような感覚で買うのもアリでしょう。

      椅子の組み立ては簡単なので、デスクだけ家具店で購入&配送組立してもらって、椅子はネットで買うという方も少なくないです。
      ぶっちゃけ、私もそうしました(笑)

      それにしても、平日の家具店の客入りはどこも無残なものですよねー。
      一方で、ネットショップも送料が高くなり過ぎて大変だそうです。
      家具業界で儲かっているのは本当にニトリだけですよー^^;

  6. 子どもファースト より:

    返信ありがとうございます!
    リーモ vs WD の比較記事も、拝見しました。

    週明けにもう一度行って、決めてくる予定です。

    椅子も座り比べさせようと思いますが、ネットとは数千円の開きが、、、
    店員のおばちゃんは親切でしたが、さすがに金額が違いすぎますね。。。

    またご報告します!

    • 収納マン より:

      子どもファーストさま

      椅子の価格の違いについて、そこは家具屋も商売ですから、「ネットで買ったほうが安いのでネットで買おうと思います」と言ってもらえば良いと思いますよ。
      ベテランの店員だと「やれやれ」という表情をするかもしれませんが、近江商人ならそこは勉強しますと言ってくれる可能性もあるでしょう。
      遠方の届けですが、2台セットですからね。
      お店も決して悪い条件ではありません。

      ともあれ、お子様方が気に入ってくれると良いですね^^

  7. 子どもファースト より:

    昨日、購入してきました!
    椅子は同じコイズミのハイブリッドチェアになりました。

    子供たちも気に入っていましたよ~、デスクマットが…!(笑)

    「近新」の方、みんな親切で、Amazonの値段にも興味を持って(?)くださいまして、
    OD1 woody+椅子+マット+カーペットが2セットで、セット割引やらなんやかんやで、20万円いかないぐらいになりました。
    ちなみに、配送料は1000円でした。

    家族みんなが納得のいく買い物になって、本当によかったと思っています。
    ご相談に乗っていただき、ありがとうございました!

    あとはカーペット2枚分、260x110cmのスペースを捻出しないといけません、、、汗

    • 収納マン より:

      子どもファーストさま

      おーっ!さすが近新、近江商人の意地を見せましたね~^^

      ウチの子供たちも学習机本体よりデスクマットにおめめキラキラで、最初はそれを見るために机に向かっていたようなものです^^;
      学習机そのものの良さに気づくのはもう少し時間が掛かるかもしれませんね。

      デスクカーペットを敷くと相当なスペースが必要ですけど、お父さんの腕の見せどころだと思います。
      奥様も大満足のコーディネートを実現させてください^^