『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

学習机の天板サイズはどれくらい必要?実は1000×600mmで十分!

「学習机の天板のサイズはどれくらい必要?」という疑問。今回はその疑問にお答えすべく、理想的な学習机の天板のサイズについて、新入学時と受験勉強のときに分けて考えてみたいと思います。

 

新入学時(奥行が浅く幅が広いデスクの場合)

新入学時(奥行が浅く幅が広いデスクの場合)

新入学時はリビングに学習机を置くことが増えており、その場合は天板の奥行が浅くて幅が広いデスクを選ぶことが多いので、まずはその前提で考えてみましょう。

小学校低学年の間は教科書もノートもだいたいB5判ですが、変形サイズもあるので一回り大きめのA4判を基準に考えてみます。A4判のノートや教科書を開くとだいたい縦300mm×横400mmです(正確に言うと297×420mm)。教科書、ノート、筆箱などを置くと、上図の通り、だいたい幅1000×奥行300mm程度必要であると言えます。

 

新入学時(奥行が深く幅が狭いデスクの場合)

新入学時(奥行が深く幅が狭いデスクの場合)

次は、新入学時に、奥行が深い一般的な学習机を使用した場合について考えてみましょう。

天板の奥行が600mm以上あれば、教科書を奥側、ノートを手前側に置くことができます。そして右手に筆箱を置くと、最低限必要な天板のサイズは幅600×奥行600mm程度となります。

ちなみに理想を言えば、横にランドセルを置くことができる広さがあれば良いですね。その場合はスペースがさらに幅300mm程度必要となり、そうすると一般的な学習机のサイズ(幅1000×奥行600mm以上)が理想的であると言えます。



受験勉強のとき

受験勉強のとき

受験勉強に臨むころには小学校低学年のような大きな教科書はありませんが、大きな資料集やリングファイルなども使うこともあるでしょう。そこで、ここでは間を取ってやはりA4判を基準に考えたいと思います。

上図の通り、ノートを中心に、教科書、資料集、参考書を広げ、右手に筆記用具を置くだけでも、幅1000×奥行600mmのスペースが必要になります。でも特殊なものを除いて、一般的な学習机はだいたい幅が1000mmで奥行は600~650mmであることが多いので、ほとんど問題ないということがお分かりいただけると思います。ただし、上棚が付いている学習机の場合は、上棚を外さないとこれだけのスペースが確保できないということも多いですね。

 

やっぱり学習机はよくできている

こうやって学習机の天板のサイズについて考えるだけでも、「学習机ってよくできているなー」と改めて感心します。ちゃんと必要な天板サイズになっているんですね。

また、小学生の間は上棚が付いているほうが子供にとって楽しい。けれども中高生くらいになると上棚が子供っぽいからイヤになったり、天板を広く使いたいからと言って上棚を取るわけです。そういう過程を見ても、とても合理的にできていると感じます。

でも、「じゃあ最初から上棚ナシのほうがスッキリするし、無駄もないんじゃない?」という意見もあると思いますが、あくまで個人的な意見を言わせていただくと、それでもやっぱり上棚はあって欲しいなーと思います。そのほうが子供にとってお気に入りの場所になると私は思います。

関連記事

小学校入学時はデスクの奥行が45cmで十分!?子供目線で考察してみた結果
学習机の天板サイズを子供目線で考察してみた結果、小学校入学時はデスクの奥行は45cmで十分と言うことができます。小学1年生の腕の長さは平均で46cm程度だと考えられるからです。それ以上に奥行があっても手が届きにくいとも言えます。
奥行55cmのデスクでもOK?天板拡張式や組み替え式デスクという選択肢も
「奥行55cmのデスクでも大丈夫?」というご質問が増えています。奥行の心配をするなら天板拡張式デスクや組み替え式デスクという選択肢もありますが、天板に継ぎ目が生じたり、複雑な機能が付くことを敬遠する向きもあると思います。
学習机ってやっぱりよくできてる!上棚は「ブリッジ型」だからこそ天板が広く使える
上棚は「ブリッジ型」だからこそ天板が広く使えると言えます。天板の奥に直接、教科書などを並べると、実質的に使える作業面がかなり狭くなってしまいます。しかしながら上棚によって教科書などを高い位置に収納できると、その下の空間も使うことができます。
デスク天板の奥行が活かしやすい!幅がコンパクトな上棚のメリット
幅がコンパクトな上棚のメリットは意外にたくさんあります。デスク天板の奥行が活かしやすいほか、デスクライトの光が棚板の影にならない、右奥または左奥のデッドスペースを活用できる、壁に時間割表などを貼るスペースを確保できることが挙げられます。特にミニマ・ブックスタンドは上下2段に収納することで収納力を確保でき、足元棚として活用することもできます。

コメント

  1. さっとん より:

    来年1年生になる子供の学習机を検討していて、こちらのブログを読ませて頂いてます。
    学習机…奥が深いですね。。。
    深すぎてよくわからなくなってきました。

    我が家の優先順位としては
    ①左利きの子供でも使いやすいように、引き出し部分が動かせるもの
    ②地震の際に危険でないように、ロータイプの棚か棚なしか
    ③受験勉強でも使えるように、天板は奥行70くらいのもの
    ④収納力があるもの(ただ、のちのち本棚を別で買えばいいかなとも思います)

    リビングでは使用せずに子供部屋に置くつもりです。
    私個人としては目が悪いもので、照明がいいコイズミがいいなと思ってたんですが、コンパクトなものばかりでどうしたものかと迷走中です。。。

    お忙しいところ、恐縮ですが、何かアドバイス頂けたら幸いです。

    • 収納マン より:

      さっとんさま

      はじめまして^^

      学習机は各社各商品それぞれに良いところがあり、他方で自分のニーズを満たしたデスクは1台もなかったりして、本当に悩ましいですよね^^;

      さて、さっとんさんの条件は以下の通りですね。

      > ①左利きの子供でも使いやすいように、引き出し部分が動かせるもの

      これは袖(2~3段のチェスト)がデスク本体に固定ではなく、キャスター付きのワゴン式ということでしょうか。
      そうであれば、今は大半がワゴン式ですよね。

      > ②地震の際に危険でないように、ロータイプの棚か棚なしか

      近年はハイタイプよりもロー~ミドルタイプが多いですし、上棚なしをチョイスできるセレクトタイプも増えていますので、この点も問題ないでしょう。

      > ③受験勉強でも使えるように、天板は奥行70くらいのもの

      奥行70cmのデスクというのは今は見当たらないですねー。15~20年前はむしろ主流だったのですが。
      今はデスク単体では実質的に奥行65cmが最大で、それ以上となると組み替え式デスクをチョイスすることになります。

      > ④収納力があるもの(ただ、のちのち本棚を別で買えばいいかなとも思います)

      そうですね、私も引出しは多いほうが良いと思いますし、上棚があればよく使う教科書などにすぐに手が届いて便利だと思います。
      足元棚まで条件にするとかなり選択肢が絞られてしまいますが、組み替え式デスクであればむしろ選択肢は多いでしょう。

      さらにデスクライトはコイズミファニテックで検討中となれば、これはもう選択肢としてはコイズミファニテックのステップアップデスクがベストなんじゃないでしょうか。

      たぶん、ちょっとイメージと違うと思われるでしょうけど、色々冷静に考えていくと、やっぱり組み替え式デスクってとても良くできているんです。
      少なくとも先に挙げていただいた条件はすべて満たしていると思います。

      レイクウッドやオルレアのステップアップデスク、カタログ外モデルの「OD-1.5Lo(ODF-593BR / ODF-600WT)」あたりはいかがでしょうか?

      • さっとん より:

        早々にお返事頂き、ありがとうございます。

        パンフレットの前の方のレイクウッドを見て、レイクウッドは奥行55cmまでだと思い込んでいました。スタンダードスタイルにすれば、76cmまでになるんですね!
        パズルみたいでこんがらがってしまってました。
        まだ店頭に見に行けていないので、パンフレットをきちんと見直してから実際に見てみてステップアップデスクのなかで決めようかと思います。

        聞いてみてよかったです、ありがとうございました!

        • 収納マン より:

          さっとんさま

          そうですね、今はレイクウッドのスタディアップデスクがあるから、デザインだけ見るとステップアップデスクと勘違いしかねませんね^^;

          ステップアップデスクのレイクウッドなら、デスク奥行は単体で535mmから615mm、本棚と組み合わせてスタンダードスタイルにすれば764mmから最大844mmにすることも可能です。
          もっとも、奥行844mmにしたら大人でも棚に手が届きませんが^^;

          ちなみに、お子さんが左利きでワゴンを左側に置いた場合、レイクウッドは本棚の小引出しが正面に来てしまって、全体の奥行に比べて天板奥行が狭く感じられる可能性があります。
          そう考えると、浜本工芸のNo.032デスクやカリモク家具のボナシェルタまたはユーティリティプラスも一考の余地があるかもしれません。
          もしくはイトーキのウットフォークやくろがね工作所のシェルデも良いでしょう。

          レイクウッドに比べると予算が上がってしまいますが、ご検討いただければと思います^^

  2. さっとん より:

    新しい提案までありがとうございます!

    左利きの弊害が出てきましたか…何とも悩ましいところです。右利き社会に慣れるために頑張れて言ってしまいたいくらいです(笑)
    パンフレットを見る限りではCDやRDは小引き出しを左右どちらにでもできそうなんですが、レイクウッドは右にしかできないんでしょうか?

    しょうもない質問ばかりで申し訳ないです。お時間のあるときにお返事頂ければ幸いです。

    • 収納マン より:

      さっとんさま

      失礼しましたーー!

      ご指摘を受けて改めて確認しましたところ、レイクウッドもRDやCDと同じく、本棚の小引出しと棚板は左右入れ替え可能となっていますね。
      レイクウッド登場の2013年度からカタログを確認したところ、小引出しを左右入れ替えた写真はありませんでしたが、2018年度カタログの43ページと45ページの写真を比較すると小引出しの高さが変わっていることが確認できます。

      レイクウッドは何度も仕様変更していますが、そう言われてみれば確かに小引出しのところにも棚ダボがあったことを思い出しました^^;

      おかげさまで勉強になりました。
      ありがとうございます^^

      • さっとん より:

        小引き出し、入れ替えできるんですね。歴代カタログまで確認して頂きありがとうございます!やっぱり現物見てないとわからないことがたくさんあります。。。
        母的にはレイクウッドに傾きつつありますが、提案して頂いた他製品も一緒に見に行ってみようと思います。

        まだ入学まで1年近くありますし、下の子もいるので、これからもブログ楽しみにしています☆
        本当にありがとうございました!

        • 収納マン より:

          さっとんさま

          そうですね、まだ1年もじっくり検討する時間があれば、ひょっとしたら特価品に巡り会えるかもしれませんし、下のお子さんのことも考えて検討する余地もあるかもしれません。

          5月にコイズミファニテックの展示会に足を運ぶ予定なので、5月末~6月初旬にでも何かしらご報告できればと思うのですが…。
          確約はできませんが、乞うご期待ください^^

  3. keikei より:

    来年1年生の子供の学習机を検討していて、こちらのブログにたどりつきました。
    増税前に買おうと家族に先日言われて焦っているところです。

    さて、近所の家具屋で見た
    杉工場のレグシーが候補だったのですが、いざ、置く場所を考えるとレグシー以外のものがいいだろうと思ってきています。

    小学校のはじめのうちはリビングに、将来子ども部屋に置くことを考えています。
    リビングでの置き場を考えたときに、奥行きは60cm、幅は100cmがいいと考えてます。

    ①幅100cm×60cm のサイズ
    ②上置き棚はロータイプ
    ③できれば机のセンターの引出しがあるタイプがいい。
    ④センター引出し、ワゴンとも引出しの出し入れがスムーズでストレスがないもの。

    ①~④を考えたときに、ミニマはぴったり!!。ただ大塚家具が近くにないので現物を見られないのが難点で、他に候補も欲しいと考えています。(あつかましいですね。。。)

    現在、杉工場のポルテ、クオーレも候補としてます。

    他に①~④にかなうものがないでしょうか?アドバイスいただけたら幸いでございます。お忙しい中恐れ入りますがよろしくお願いいたします。

    • 収納マン より:

      keikeiさま

      はじめまして^^

      増税前の駆け込み需要はほとんどないと思われていたのですが、9月に入ってから急に駆け込みで購入される方が増えている印象です。
      どうせなら、確実にお得に買いたいですものね^^

      さて、購入条件を拝見させていただきましたが、「机のセンターの引出し」というのは、デスク本体天板下の引出しということでしょうか。
      カリモク家具のボナシェルタや浜本工芸のNo.6000デスクユニットのように、後付けではないということですかね?

      その前提で申しますと、引出しの開閉のスムーズさを重視するなら、やはり浜本工芸でしょう。
      その次となると、飛騨産業、カリモク家具、橋詰家具などになると思います。

      このクラスを基準に置くなら、杉工場は避けたほうが無難です。
      杉工場の引出しは遊び(すき間)が大きく、ヒノキを使っているので、空のときはスムーズですが、中身を詰めるとスムーズではなくなってしまいます。

      浜本工芸でデスク本体に引出しが付いていて、天板サイズが1000×600mmなのは、No.61デスク、No.89デスク、あとはたなとつくえのミニマです。
      ただし、No.61デスクはバックパネル式で固定袖なのでご希望にそぐわないかもしれません。
      また、ミニマは上置きがロータイプと言うよりミドルタイプなので、それで言えばNo.89デスクのほうが理想的かもしれません。

      ちなみにミニマはワゴン天板がナラ無垢で側板がナラ突板になっている以外は、他のデスクとほとんど変わりません。
      カタログ掲載モデルをご確認のうえ、大塚家具のオンラインショップで購入されるというのもひとつの方法です^^

      • keikei より:

        収納マンさま

        早速ご回答くださりありがとうございます!

        センターの引き出しというのは、おっしゃるとおり、デスク本体天板下の引き出しのことです。

        スムーズな引き出しの開閉についてご助言いただきありがとうございます。

        希望サイズですが、
        天板サイズだけでなく、デスクとしての奥行60cmが希望です。言葉足らずでした。
        そして、デスクの幅は100-105cmであればと思ってます。浜本工芸のデスクは、天板の奥行が60cmでもデスクとしての奥行は65cmあるようですね。
        ミニマもそうなのでしょうか?

        スムーズな引き出しの開閉については優先せず、
        デスクサイズ幅100-105、奥行60cmのデスクで
        キャスター付ワゴンがある、おすすめの学習机、ご教示いただけませんか?デスク本体天板下の引き出しがあるものがいいですが、第1優先は、サイズです。
        なんども申し訳ありませんが、よろしくおねがいいたします。

        • 収納マン より:

          keikeiさま

          浜本工芸のNo.89デスクは脚が台形になっているので、天板奥行は600mmですが、全体としての奥行は630mmになります。
          また、No.61デスクはバックパネルの厚み分21mmだけ後方に飛び出すかたちとなります。

          たなとつくえのミニマは天板も全体も奥行は600mmです。
          ただし、上棚を取り付ける場合は取り付け金具の厚み分3mmほど後方に飛び出します。

          引出しの開閉のスムーズさをさほど重要視せず、天板幅が1000~1500mm、奥行が600mm、キャスター付きワゴン、デスク本体に引出し付き、ロータイプの上棚という条件ですと、浜本工芸以外でのオススメは以下の通りとなります。

          コイズミファニテック・ビーノ
          ケユカ×コイズミファニテック・ニノス
          コイズミファニテック・レイクウッド・ベーシックデスク
          コイズミファニテック・オルレア・ベーシックデスク
          イトーキ・リーモ・ベーシックタイプ
          イトーキ・カモミール・ベーシックタイプ
          イトーキ・ウットフォーク

          先に候補に挙げていただいた杉工場も個人的には好きなのですが、やはりオイル塗装よりもウレタン塗装のほうが自信を持ってオススメできます。
          上記に挙げたものの中でお気に召すものがあれば良いのですが…^^;

          • keikei より:

            収納マン様

            候補をいただき、ありがとうございます!。
            オイル塗装、ウレタン塗装についてはまだ勉強不足でした。確認しました。
            確かに、ウレタン塗装がよさそうですね。

            コイズミファニテック・ビーノ
            ケユカ×コイズミファニテック・ニノス 
            この2つ、いいなと思ってきてます>^_^<。

            ニノスの上棚は横幅が広い92cmのものの他に、
            狭い上棚https://www.keyuca.com/shopping/products/detail.php?product_id=30952
            もつけられるようですが、
            学習机の上棚としては、狭いもの、広いもの、どちらがおすすめなのでしょうか?
            ニノスの上棚の場合は、広い方はコンセントが2口ついてるから広い方がいいのかなとも思いますが。

            ニノスについては、地方に住んでいるので、購入する際は、実物を見られず購入しなければならないだろうと思い、質感、色味が気になります。

            ビーノと比べて、色味はどうでしょうか?ニノスが載っている写真では、白っぽくみえるものもあれば、アルダーに近い色に見えるものもあります。

            細かい質問、条件にも丁寧にご回答いただきまして、本当に感謝しております。
            お忙しい中恐れ入りますがよろしくお願いいたします。

          • 収納マン より:

            keikeiさま

            ニノスのフックシェルフは基本的にはベッド用のオプションという位置付けで、「デスクの上棚としても使える」というものだと私は考えています。
            机の上に小引出しがあったほうが良いという場合は便利かもしれませんが、下の空間に何を置くという感じでもないので、基本的には幅広のデスクシェルフのほうがオススメです。

            ニノスの色合いはビーノのNS色に似ています。
            ただし、ビーノは天板が突板なので木目が安定している一方、ニノスは無垢板(集成材)なので個体ごとに個性があります。
            あまり変な木目のものは見たことがありませんが、「木目が違うのは天然木だからこそ」とご理解いただければと思います。
            なお、色味については木目の間隔や濃さで明るく見えたり暗めに見えたりすることがあります。

            ちなみに、無印良品のオーク無垢材デスクよりは当たり外れが少ないと思いますよ。
            そのあたりも含めて、やっぱりコイズミファニテックなどの大手メーカーのほうがオススメしやすいです^^

            あと、ケユカのネットショップでは現在、家具の販売を一時中止しています。
            これまでもセール時には欠品していることが多かったので、販売が再開したら早めにご購入いただいたほうが良いかもしれません。

  4. めいたん より:

    学習机の購入を検討し、こちらのブログを拝見させていただいています。

    悩みに悩んで、コイズミのビーノを購入予定です。
    小学生と中学生の姉妹に、各デスクとワゴン、間にシェルフを置く予定です。

    こちらの記事では、幅は1000mmで充分とありましたが、置けるのであれば大は小を兼ねるで大きい方がいいのでしょうか?

    ・1050mmデスク+リフティングワゴン
    ・1200mmデスク+リフティングワゴン
    ・1200mmデスク+普通のワゴン

    幅が1200mmあれば、ワゴンにリフティングまでいらないような気がするのですが、受験勉強など考えると便利な機能でしょうか?
    子供は1050mmでいいと言い、パパはできるだけ大きい方がいいと言い、悩んでいます。
    収納マン様の意見が聞けたら幸いです。

    お忙しいと思いますが、よろしくお願いいたします。

    • 収納マン より:

      めいたんさま

      はじめまして^^

      御姉妹でビーノを並べるご予定ですね。

      基本的には学習机の天板サイズは「大は小を兼ねる」と言えるところがあると思います。

      ただ、一般的に言うと、幅が90cmを超える家具は置く場所を選びます。
      90cmよりは100cm、100cmよりは110cmのほうがレイアウトが難しいものです。
      だから「家具の10cmの差は大きい」と言われるのです。

      いまのお部屋でビーノの105cmを選んだ場合と120cmの場合、それぞれ問題なくいくつかのレイアウトが組めるかどうかを確認してみてください。
      今後、姉妹で机を離して設置する場合のことも考えておく必要があります。
      そのうえで他の家具を置いても問題がなく、デスクサイドのフックも使えるようでしたら、120cmを選んでも大きすぎるということはありません。

      ワゴンのリフティング機能については、ないよりはあったほうが便利なのは間違いありません。
      特にビーノの場合はリフティングなしでも引出しの深さに大きな違いがありませんから、単に予算が少し変わるだけです。

      あとはお子さん自身がリフティングなんて要らないということでしたら省いても問題ないでしょう^^

  5. めいたん より:

    さっそくのご回答ありがとうごさいます。
    1200mmでもレイアウトはできそうですが、横にフックがあるということを失念していました。
    ランドセルや通学鞄はけっこう厚みがありますもんね。

    今後の家具の購入なども含めて、よく考えてみます。
    ワゴンはリフティングで決定です。
    迷いが一つなくなりました。
    ありがとうごさいます。

    • 収納マン より:

      めいたんさま

      そうですね。ランドセル、サブバッグ、体操服、巾着袋など、棚に収納することもできるけど、デスクサイドに掛けたのほうが便利というものもあります。
      せっかくサイドフックが付いているのですから、活用できたほうが良いですよね^^

      リフティングワゴンがあれば十分な作業スペースが確保できますし、デスクの幅が短いほうがワゴンをデスク横に置くということも可能になります。

      以上のことを鑑みると、1050mmデスク+リフティングワゴンをチョイスするのが正解かもしれないですね♪

  6. keikei より:

    収納マン様

    ご回答ありがとうございます!
    近所の家具屋さんではまだビーノも店頭に出てないので、
    後日ビーノを実際に見てから、
    ニノスかビーノに決めたいと思います。
    収納マンさまのおかげで、ニノスとビーノの2つに絞れました!
    いまの気持ちは、ニノスにちょっと傾いてるので、ネットをこまめにチェックしていきたいと思ってます。
    ありがとうございました

    • 収納マン より:

      keikeiさま

      ニノス、早くネットで販売を再開してくれると良いですねー^^

      3DCGではありますが、「RoomCo AR」というアプリを使うと、お部屋にニノスを配置することができます。
      ブランドから「ケユカ」、カテゴリーから「子供用家具」→「ニノス」をお選びください。

      お子さんも喜んでくれるんじゃないでしょうか^^