学習机の天板サイズはどれくらい必要?実は1000×600mmで十分!

「学習机の天板のサイズはどれくらい必要?」という疑問。今回はその疑問にお答えすべく、理想的な学習机の天板のサイズについて、新入学時と受験勉強のときに分けて考えてみたいと思います。

新入学時(奥行が浅く幅が広いデスクの場合)

新入学時(奥行が浅く幅が広いデスクの場合)

新入学時はリビングに学習机を置くことが増えており、その場合は天板の奥行が浅くて幅が広いデスクを選ぶことが多いので、まずはその前提で考えてみましょう。

小学校低学年の間は教科書もノートもだいたいB5判ですが、変形サイズもあるので一回り大きめのA4判を基準に考えてみます。A4判のノートや教科書を開くとだいたい縦300mm×横400mmです(正確に言うと297×420mm)。教科書、ノート、筆箱などを置くと、上図の通り、だいたい幅1000×奥行300mm程度必要であると言えます。

新入学時(奥行が深く幅が狭いデスクの場合)

新入学時(奥行が深く幅が狭いデスクの場合)

次は、新入学時に、奥行が深い一般的な学習机を使用した場合について考えてみましょう。

天板の奥行が600mm以上あれば、教科書を奥側、ノートを手前側に置くことができます。そして右手に筆箱を置くと、最低限必要な天板のサイズは幅600×奥行600mm程度となります。

ちなみに理想を言えば、横にランドセルを置くことができる広さがあれば良いですね。その場合はスペースがさらに幅300mm程度必要となり、そうすると一般的な学習机のサイズ(幅1000×奥行600mm以上)が理想的であると言えます。



受験勉強のとき

受験勉強のとき

受験勉強に臨むころには小学校低学年のような大きな教科書はありませんが、大きな資料集やリングファイルなども使うこともあるでしょう。そこで、ここでは間を取ってやはりA4判を基準に考えたいと思います。

上図の通り、ノートを中心に、教科書、資料集、参考書を広げ、右手に筆記用具を置くだけでも、幅1000×奥行600mmのスペースが必要になります。でも特殊なものを除いて、一般的な学習机はだいたい幅が1000mmで奥行は600~650mmであることが多いので、ほとんど問題ないということがお分かりいただけると思います。ただし、上棚が付いている学習机の場合は、上棚を外さないとこれだけのスペースが確保できないということも多いですね。

やっぱり学習机はよくできている

こうやって学習机の天板のサイズについて考えるだけでも、「学習机ってよくできているなー」と改めて感心します。ちゃんと必要な天板サイズになっているんですね。

また、小学生の間は上棚が付いているほうが子供にとって楽しい。けれども中高生くらいになると上棚が子供っぽいからイヤになったり、天板を広く使いたいからと言って上棚を取るわけです。そういう過程を見ても、とても合理的にできていると感じます。

でも、「じゃあ最初から上棚ナシのほうがスッキリするし、無駄もないんじゃない?」という意見もあると思いますが、あくまで個人的な意見を言わせていただくと、それでもやっぱり上棚はあって欲しいなーと思います。そのほうが子供にとってお気に入りの場所になると私は思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

スポンサードリンク
スポンサードリンク