デスク天板の奥行が活かしやすい!幅がコンパクトな上棚のメリット

私は上棚が付いたベーシックデスクが好きです。組み替え式デスクに比べて圧迫感がなく、家具としてシンプルで美しいうえに、本に手が届きやすくて機能的であり、子供がお気に入りのモノをディスプレイする楽しみがあるからです。

そのように考えておりましたので、浜本工芸とのコラボ学習家具「たなとつくえ」の学習机をデザインするときは、当然ブリッジ型の上棚を装備させることを考えていました。しかし、同時にリビングダイニングにも置きやすい奥行60cmのデスクを前提として考えた場合、目いっぱい幅のある上棚を設置すると作業面が狭くなってしまうのではないかと懸念したのです。

奥行60cmのデスク+ワイドな上棚

奥行60cmのデスクにワイドな上棚を置いた場合

ベーシックデスクの上棚は一般的に200mm強の奥行があります。それを奥行600mmのデスク天板の上に乗せると、作業面の奥行は400mm弱となります。

この場合、A4サイズのノートや教科書を広げるには十分と言えますが、教科書を奥に置いて手前にノートを置くというのはちょっと無理です。また、棚板の下にはデスクライトの光が届きにくいという問題もあります。

上棚の棚板を高くすれば作業面を広く使えるとは言え、その場合は子供が上棚の本を手に取るときにかなり手を伸ばさないといけません。

奥行60cmのデスク+コンパクトな上棚

奥行60cmのデスクにコンパクトな上棚を置いた場合

今度は奥行60cmのデスクの上に幅がコンパクトな上棚を置いた場合を見てみましょう。

上図の通り、A4版の教科書やノートを置くのに十分な奥行があります。それだけでなく、デスクライトの光が上棚の棚板の影になるようなこともありません。

また、一般的に右利きの場合、天板の右奥は手が届きにくい位置になります。そのため、教科書やノートを前後や左右に並べることはあっても、右奥に広げることはほとんどありません。ですからこの位置は、教科書などを立てて収納するのに適したスペースと言えます。

一方で、上棚の幅が半分程度になると、収納力が落ちてしまいます。そのデメリットを補うために、たなとつくえの「ミニマ」はA4ファイルを上下2段に収納できるようにしているのです。



たなとつくえ「ミニマ」BSの場合

たなとつくえ「ミニマ」ブックスタンドの場合

たなとつくえのミニマ・ブックスタンドのように上下2段式になっていれば、小学校低学年までなら下段のスペースだけでも学校で使う教科書類はほとんど収まるはずです。また、上段には好きなモノを飾ってお気に入りの場所にすると良いでしょう。

もう少し身長が伸びると、上段にも手が届きやすくなります。その頃には塾で使うファイルなども増えるので、上下2段に分けて収納することで十分な収納力を確保することができます。

コンパクトな上棚はもう一つのメリットを生みます。上写真のように壁に時間割表などを貼ることができるのです。受験勉強のときには目標を書いて貼るのも良いですね。

さらに、ミニマのブックスタンドはコンパクトな幅であることを活かして、上棚を外した場合に足元棚として使えるようにしています。また、コンセントは取り外してデスク側面に取り付けることができるので、すべて無駄なく活用することができます(コンセントはデスク付属品です)。

ちなみに、ミニマのブックスタンドはデスクの右奥だけでなく左奥にも取り付け可能なので、左利きのお子さんでも問題ありません。

コンパクトな上棚のメリット まとめ

  • 天板奥行を広々使える
  • デスクライトの光が棚板の影にならない
  • 右奥または左奥のデッドスペースを活用できる
  • 壁に時間割表などを貼るスペースを確保できる
  • 上下2段に収納することで収納力を確保できる(※)
  • 子供の成長に合わせて使い方を変えられる(※)
  • 足元棚として活用できる(※)

※ミニマ・ブックスタンド独自のメリット

このように、幅がコンパクトな上棚には多くのメリットがあります。

反対にデメリットと言えるのは、上下2段式にした場合に、ロータイプの上棚に比べると圧迫感があるということくらいです。ですが、中高生にもなれば上棚だけでは収納力が足りず、横に背の高い書棚を置くことが多いはずなので、上棚が上下2段式でも相対的に圧迫感を感じることはないはずです。

ミニマ・ブックスタンドのように上下2段にA4ファイルが収納可能な上棚としては、浜本工芸のNo.09バックパネル、No.89ミドルタイプブックスタンド、カリモク家具のボナシェルタおよびユーティリティプラスのAT0571、オークフォレストおよびピクロスのAU0406、スパイオキッズ付属のブックスタンドなどが挙げられます。

いずれも国産家具メーカーのため高級品で、選択肢も決して多くはありませんが、幅がコンパクトな上棚はもっと注目されても良いのではないかと思うほどにメリットが多いと思います。

【関連記事】

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

スポンサードリンク
スポンサードリンク