学習椅子はどっちが良いの?板座と合成皮革張りのメリットとデメリット

以前は学習机にデザインという概念がほとんどなかったために、割りと色や材質さえ合っていれば学習椅子を自由に選ぶということが多かったように思います。しかし近年はデザインで学習机を選ぶようになり、学習机のデザインに合った同じシリーズの学習椅子を買い求めるということが多くなりました。

そのため、あまり学習椅子を選ぶのに悩むことはないと思いますが、今回は板座と合成皮革(PVCレザー)張りのそれぞれのメリットとデメリットについて説明したいと思います。

板座の学習椅子のメリット・デメリット

現在では合成皮革張りのほうが多い感じですが、10年以上前は板座を選ぶ人のほうが多かったように思います。そもそも板座のほうが品揃えが多かったということもあると思いますが、購入する人も「板座のほうが長持ちする」という意見が多かったと思います。

板座の場合は通常、座布団を敷いて座ります。合成皮革張りの場合は破れたりウレタンがへたったりすると張り替えを考える必要がありますが、板座の場合はそんな心配はありません。板座の上に座布団を敷けば長く使えるというのがメリットと言えるでしょう。一方で座布団を使わない場合、板座は座り心地が悪いし、冬は冷たいというデメリットがあります。

合成皮革張りの学習椅子のメリット・デメリット

近年は合成皮革(PVCレザー)張りのほうが板座よりも支持されているように思います。様々な要因が考えられるのですが、座布団を併用するのは貧乏臭い、合成皮革張りのほうがそのままでも座り心地が良い、合成皮革がアクセントカラーになるなどということが支持されているのでしょうか。ほかに、椅子というものは所詮、消耗品だということが認知されてきていることもあるのかもしれません。

合成皮革張りの学習椅子は見た目が良く、座り心地が良いというのがメリット、半面で板座に比べると耐久性が低い、夏に直接座ると汗でベタベタするというのがデメリットと言えます。

ちなみに合成皮革が破れたりウレタンがへたった場合は張り替えの必要がありますが、家具修理専門店で5~6,000円程度で張り替えることが可能です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

スポンサードリンク
スポンサードリンク