ややこしすぎる!無印良品「木製デスク オーク材」ベトナム製から中国製に

一週間ほど前に、無印良品が「木製デスク・オーク材」の3点セットを数量限定で税込39,900円で販売開始したことをお知らせしました。

3万円台で売出中!無印良品「木製デスク&キャビネット&上置きセット」
無印良品から「木製デスク キャビネット 上置きセット オーク材突板」が発売されました。通常税込45,790円のところ、同39,900円となったお得な3点セットです。値引率は約13%ですが、配送料も含めると約20%となります。ただし、キャビネットまたは上置きが不要な場合は特に「オーク無垢材デスク(引出・足元棚付)」との違いを知ってから購入したほうが良いでしょう。

その後、このセットは数日で完売。…と思ったら、また在庫が復活しました(2021/09/23追記:また完売しました)。

もっとも、これくらいのことは私も予測していましたよ。しかし、上置き棚とキャビネットの在庫処分が目的だと思っていたのに、デスクと上置き棚の製造をベトナムから中国に移管して改めて販売を開始したことはまったく予想外でした!

※価格および仕様はすべて2021/09/22現在

 

木製デスク オーク材

無印良品・木製デスク オーク材( 44873939)

出典:無印良品(以下同)

ただでさえややこしい無印良品のデスクですが、今回はどこからどう説明したものかと悩むくらいややこしさを極めています。

昨年(2020年)9月に「オーク無垢材デスク(引出・足元棚付)」(商品番号:82009354)に取って代わるかたちで登場した「木製デスク・オーク材」(82583199)は、ベトナム製で引出内部材が積層合板でできているというのが大きな特徴でした。しかし、今年の5月頃から欠品が続いていました。

そして、先日発売されたのが「木製デスク オーク材」(44873939)。”木製デスク”と”オーク材”の間の”・”が消え、商品番号も変わっています。そして、製造は中国となりました。

無印良品としてはロックダウン下のベトナムからコロナ発祥の地でありながら鎮静化に成功した中国にシレッと入れ替えたかったのでしょうけど、やり方が中途半端すぎて困惑します。おまけに、現在も販売中の3点セット(「木製デスク キャビネット 上置きセット オーク材突板(15287741)」)はデスク本体も上置き棚もキャビネットもベトナム製、単品ではデスク本体と上置き棚は中国製で、キャビネットだけがベトナム製のままなんですから、もう本当にややこしいです。

「木製デスク・オーク材」と「木製デスク オーク材」の違い

旧型新型
商品名木製デスク・オーク材木製デスク オーク材
商品番号8258319944873939
税込価格24,900円
幅×奥行×高さ(cm)110×55×70
脚間寸法(cm)99.8記載なし
天板材質オーク集成材
塗装ウレタン樹脂
引出内部材積層合板
スライドレール木桟未確認
引出左右比率1.8:1不明
左引出内寸(cm)48.5×39.5×6記載なし(奥行は39.5)
右引出内寸(cm)26.5×39.5×6記載なし(奥行は39.5)
足元棚
脚形状4本脚
サイドフック黒色
製品重量20kg21kg
天板耐荷重40kg
製造国ベトナム中国
ホルムアルデヒド放散量記載なしF☆☆☆☆

上表は旧型「木製デスク・オーク材」と新型「木製デスク オーク材」の違いを一覧にしたものです。商品名の”・”の有無や産地のほかは目立った違いは見受けられません。

新型で脚間寸法や引出し内寸が記載されていないのは、毎度ながら無印良品のいい加減なところでしょうか。一方で、ホルムアルデヒド放散量が国産家具並みのF☆☆☆☆並みになったのは喜ばしいことです。もはやダンボール入り肉まんやアスベスト入り珪藻土なんて過去の話。安心安全のメードインチャイナと言えましょう。

木製デスク用上置き棚 オーク材突板

無印良品・木製デスク用上置き棚 オーク材突板(44873953)

上置き棚のほうもベトナム製の「木製デスク用上置き棚・オーク材」(82583212)から、中国製の「木製デスク用上置き棚 オーク材突板」(44873953)に切り替わりました。

「木製デスク用上置き棚・オーク材」と「木製デスク用上置き棚 オーク材突板」の違い

旧型新型
商品名木製デスク用上置き棚・オーク材木製デスク用上置き棚 オーク材突板
商品番号8258321244873953
税込価格5,990円7,990円
幅×奥行×高さ(cm)109×20×30
材質オーク集成材側板:オーク集成材
棚・背板:オーク突板
製品重量6kg
天板耐荷重5kg

※デスクと共通の仕様は省略

デスク単品と同様に商品名から”・”を消したのはともかく、”突板”というワードが示す通り実は新型の棚板は突板に変わっています。

それでいて、価格は5,990円から7,990円に約33%もアップ。普通なら値下げ要因のはずですが、それほど中国製は高くつくということなのでしょう。もっとも、それでも十分安いとは思いますけどね。

 

キャビネットは現状ベトナム製のままだが…

無印良品・木製デスク オーク材+木製デスク用上置き棚 オーク材突板+木製デスクキャビネット・オーク材

現状、キャビネット(ワゴン)はベトナム製のままです。しかし、これまでの経緯を見るとこちらも中国製に切り替わると考えられます。そうすると、仕様や価格も変更になるかもしれません。

ともあれ、「オーク無垢材デスク(引出・足元棚付)」が登場して以降、ベトナム製の「木製デスク・オーク材」が発売されるも両者が併売されたり片方が完売になったりで、どちらが本命なのかまったく分からない状態がしばらく続きましたが、中国製の「木製デスク オーク材」が登場したことで、足元棚付のほうを廃番にして足元棚なしのほうを継続する方針ではないかと考えられます。足元棚以外に大きな違いのない両者を併売し続けるメリットはないですし、木製デスクのほうを廃番にするつもりならわざわざ生産を中国に移管しないですからね。

中国製のキャビネットの仕様と価格がまだ分かりませんが、デスク本体に準じるとすれば、引出しのスライドレールはマシになり、上置き棚はクランプ式のデスクライトの取付けができるようになって、トータルで申し分ない内容になると言える可能性が大きいです。散々無印良品に振り回されましたが、結果オーライというところでしょうか。

 

今までの経緯を見ると、無印良品もコロナウィルスに振り回されて大変だったと思います。一方で、商品名がややこしいのはちょっと考えものです。デスク関連品に限らず、ポリプロピレン収納でも同様のことが言えますから、消費者が理解しやすいネーミングを心掛けて欲しいと思います。

ともあれ、中国製のキャビネットさえ登場すれば、もう引出しの開閉がスムーズな足元棚付きか、上置き棚にクランプ式デスクライトを装備可能な木製デスクを選ぶか、などと考える必要はなくなります。無印良品で学習机を買おうかと思っている人はもうしばらく待ってみるのが吉と言えるでしょう。

関連記事

驚いた!無印良品の新型「木製デスク」と旧型「足元棚付」がまさかの併売
廃番になったはずの「オーク無垢材デスク(引出・足元棚付)」の販売が再開されました。パッと見た目は違いがない新型「木製デスク・オーク材」と併売されるという事態になっています。どちらを買うべきか、改めてそれぞれのメリットを簡単にまとめてみました。
【2021最新まとめ】無印良品の机って学習机として使えるの?
無印良品の机はもちろん学習机としても使えます。現在販売中の「木製デスク・オーク材」は「オーク無垢材デスク(引出・足元棚付)」の質感を引き継ぎつつ、2世代前の「無垢材デスク(引出付)」の形に近くなりました。そのほか、ランドセルなどの学用品を収納するのに「スチールユニットシェルフ」などもオススメです。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など