発売間近?【オール中国製】の無印良品の「木製デスク3点セット」

既にこちらでもご紹介した通り、無印良品の足元棚がなくオーク無垢天板の「木製デスク」のラインナップはベトナム製から中国製に切り替えられつつあります。ただし、2021/11/27現在、キャビネット(ワゴン)だけがベトナム製のままで、木製デスク+キャビネット+上置き棚の3点セットのキャビネットもベトナム製となっています。

「一体いつになったらキャビネットも中国製になるのか?」と思っていたのですが、実は既にその準備はできているようです。

※価格および仕様はすべて2021/11/27現在がベース。2022/01/17現在の情報を加筆修正しています。

 

【オール中国製】木製デスク キャビネット 上置きセット

NEW 木製デスク キャビネット 上置きセット

出典:無印良品

商品名JANコード税込価格合計価格
木製デスク キャビネット 上置きセット455051203190144,900円
 木製デスク455034487393924,900円47,790円?
49,790円
 木製デスクキャビネット455034487394614,900円?
16,900円
 木製デスク用上置き棚45503448739537,990円

ベトナム製から中国製に変わっても見た目はまったく変化はありませんが、こちらが全パーツ中国製の「木製デスク キャビネット 上置きセット」です。商品名はまったく変わらず、価格も従来の3点セットと同じです。

ただ、オール中国製3点セットの商品ページは現在、見ることができなくなっています。今回ご紹介するにあたり、今日になって商品ページが削除されて慌てました(苦笑)

中国製のキャビネットのページは同時期には見つけられず、そのため価格も不明です。ただ、ほぼ仕様は変わっていないので、価格をいじる必要性は低いのではないかと思います。

2021/12/11追記:中国製のキャビネットの販売が始まり、セット品もオール中国製となりました。キャビネットの価格はベトナム製から2,000円アップ。同時に足元棚付きのほうはデスクが欠品。セット品も消え、今後は足元棚なしのほうだけに絞られるのではないかと私は考えています。

なお、中国製のキャビネットの仕様については、JANコードでググると取扱説明書で確認することができます。ちなみに、その取扱説明書は2021年6月15日にはサーバーにアップロードされていたようです。無印良品としてはコロナ禍に際して早い段階でベトナムから中国に生産を移管したのでしょう。

【キャビネットだけベトナム製】セット

商品名JANコード税込価格合計価格
木製デスク キャビネット 上置きセット455051201763944,900円
 木製デスク455034487393924,900円47,790円
 木製デスクキャビネット・オーク材455018258320514,900円
 木製デスク用上置き棚45503448739537,990円

というわけで、おそらくベトナム製のキャビネットの在庫がある限りはオール中国製に切り替わることはなさそうです。

ただ現在、無印良品では2021年11月19日(金)から12月6日(月)24時まで「対象家具10%OFF」セール中で数量限定の「木製デスク キャビネット 上置きセット」も対象となっています。

セットではなくバラで買うと3点で税込47,790円。しかも、配送料は通常2,500円×3点で7,500円。合わせて、55,290円となります。それが12月6日までなら3点セットが税込44,900円が10%引きで40,410円。配送料は3,500円。合計で43,910円ですから、最大約20%もお得になるという計算です(いずれもオンライン購入の場合)。

もっとも、良し悪しはさておき、キャビネットだけベトナム製というのもなんか気持ち悪いかもしれません。キャビネットの引出しの開閉が固いというのは私も当初から指摘した通りですが、購入者のレビューでも指摘されています。

2021/12/11追記:中国製に切り替わったことでキャビネット上段引出しのスライドレールが底付けベアリング式から側面ローラー式に変更になっています。

おまけに、中国製のキャビネットが登場するのは時間の問題です。ただ、それがいつになるか分からないし、おそらく今回のセール以降でしょう。そして、同様のセールがまたいつ開催されるかというのは現状では何とも言えないところです。

おまけに、「不揃い品」でセット品が安くなっている現状、すべて中国製で揃ってしまえばセット品の割引もなくなる可能性があるのではないかと思います。にもかかわらず、オール中国製の3点セットは現在の数量限定セットと同じ税込44,900円となっていました(ただしセール10%OFFの表示は無し)。書き換えられる可能性もありますが、期待して良いのでしょうか。

2022/01/17追記:オール中国製の3点セットも数量限定で税込44,900円となっています。
2022/01/26追記:数量限定セットは完売になったのか、商品ページが削除されました。
2022/06/28追記:木製デスク オーク材の3点セット(デスク+キャビネット+上置き棚)が復活しました。税込49,790円でディスカウントはないものの、配送料は同3,500円で済みます(バラだと1点につき2,500円)。同時に、足元棚付きのほうの3点セットも復活していますが、こちらもディスカウントはありません(税込45,790円)。

 

いやー、悩ましいですね。私としてもサッサと中国製に切り替えてくれないと過去記事の修正などができなくて困ってしまいます。

ただでさえ商品名が分かりにくいのに産地や仕様などが微妙に違ったりするのですから、説明するほうも説明されるほうも大変です。早くスパッと解決して欲しいところです。

オール中国製の実物を確認しました!

無印良品史上最強!中国製「木製デスク キャビネット 上置きセット」
ベトナム製から中国製に切り替わった無印良品の「木製デスク オーク材」「キャビネット」「上置き棚」の3点セットを見てきました。ベトナム製のときはワゴンの引出しの開閉が固くてダメでしたが、中国製は下段がソフトクローズになるなど大幅に改善しています。上置き棚にはクランプ式のデスクライトも取付け可能なので、5万円以下で学習机やテレワーク用のデスクを探している人には最適と言えるでしょう。

関連記事

ややこしすぎる!無印良品「木製デスク オーク材」ベトナム製から中国製に
無印良品がベトナム製の「木製デスク・オーク材」と「木製デスク用上置き棚・オーク材」に代えて、中国製の「木製デスク オーク材」と「木製デスク用上置き棚 オーク材突板」を発売しました。違いは上置き棚の棚板がオーク集成材から突板に変わったことと値上げです。キャビネットはまだベトナム製のままなので中国製の登場を待ちたいところ。
驚いた!無印良品の新型「木製デスク」と旧型「足元棚付」がまさかの併売
廃番になったはずの「オーク無垢材デスク(引出・足元棚付)」の販売が再開されました。パッと見た目は違いがない新型「木製デスク・オーク材」と併売されるという事態になっています。どちらを買うべきか、改めてそれぞれのメリットを簡単にまとめてみました。
無印良品の「木製デスク・オーク材」は足元棚がなくなって引出は積層合板に
2020年9月に無印良品のデスクがまたリニューアルされました。新しい「木製デスク・オーク材」は足元棚がなくなって引出内部材は桐から積層合板に変更。スライドレールは底付けタイプになりました。その根本にあるのは中国製からベトナム製に切り替わったことでしょう。
無印良品が家具のサブスクを開始!無垢材デスク+チェアが月額900円から
無印良品とIDÉEが家具の月額定額サービス、いわゆるサブスクを開始しました。「無垢材デスク・引出付き」+「ラウンドチェア・布座・オーク材」の組み合わせの4年契約で月額税込900円から。分割払いと割り切るのもひとつの考え方ですが、途中解約の場合は解約手数料、買取りを希望する場合は買い取り手数料が発生するなど、ともすれば不利な立場に追いやられます。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など