堀田木工所の新作「クオン」「ルオム」「フィーロ」「OED」見てきた

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

堀田木工所・本社@広島県東広島市

前回は堀田木工所のUVフィニッシュオイル(UFO)塗装に関する衝撃的な事実をお伝えしました。

せっかくなので、工場もくまなく拝見させていただきました。その様子もご紹介しようと思ったのですが、ひとつの製品の製造ラインを順に追うのではなく、あちこちで違うパーツを作っているので、お見せしてもサッパリ分からない感じなんですね。

そこで工場の紹介は潔くすっ飛ばして、本社内に展示されている新作デスクを紹介したいと思います!

※この記事は2023年12月23日時点の情報に基づいています

 

ホワイトオーク無垢!クオン

堀田木工所・クオン

まずは一部店舗限定で販売されている、ミライエ・サスティナブル・プロジェクトの「クオン」から紹介して参りましょう。クオンはホワイトオーク無垢を主材とし、ウレタン塗装で仕上げたデスクです。上棚の可動棚板は斜めにセットしてタブレットスタンドとして使うこともできます。

セットされている「ペルケ」チェアもホワイトオーク材でできています。こちらは自然塗装となっています。

デスク引出しはレールレス

堀田木工所・クオンの引出し

引出し内部材は桐。ワゴンはフルスライドレールですが、デスク本体はレールレス仕様となっています。金属製のレールが付いていなくてもスムーズに開閉できます。

リバーシブル仕様のバックパネル

堀田木工所・クオンの背面

バックパネルの裏面は木目調になっており、こちらを正面に向けることもできるリバーシブル仕様です。また、バックパネルは有孔ボードのようになっていて、低めに取り付けて上棚を足元棚として使ったり、バックパネルを90度回転させるとともに上棚の半分を足元棚として使うこともできます。

品質だけでなく、使い勝手もロングライフ設計なのですね。

 

突板でお手頃価格!ルオム

堀田木工所・ルオム

ミライエ・サスティナブル・プロジェクトのデスクはもう1台あります。「ルオム」は天板をホワイトオーク突板にすることでクオンよりも手が届きやすい価格になっています。ルオムの塗装もウレタンです。

こちらにセットされている「ダック」チェアも自然塗装のホワイトオークです。

足元棚としても使える上棚

堀田木工所・ルオムの上棚棚板

ルオムの上棚は足元に置いて足元棚として使うこともできます。それもあって棚板の半分は前後が分割されており、上下2段に分けてセットすることもできるようになっています。また、左右を入れ替えることもできます。

タブレットスタンドにもなるブックエンド

堀田木工所・ルオムの上棚のブックスタンド

ブックエンドの外側にA4判の本などを立て掛け、コの字型の内側にB5判を収めると、表紙を面一に揃えることができるサイズ設計になっています。また、上写真のようにブックエンドを倒すと、タブレットスタンドとしても使えるようになっています。

 

2024新作人気デスク!フィーロ

堀田木工所・フィーロ

お次は2024年度カタログ新登場で、こちらでも人気を集めている「フィーロ」。テーパー脚のデザインだけでなく、シンプルで使い勝手の良い上棚も支持されているところです。デスク引出しはこちらも桐材のレールレス仕様となっています。

ちなみに、左横のデスクは「ネージュ2」。100×60cmという標準的な天板サイズに変更されたことで、フィーロの上棚や60ラック(上写真中央)、「カルロ 100ラック」などを組み合わせて使うこともできるようになりました。

しっかり固定できる可動棚板

堀田木工所・フィーロの上棚棚板の棚ダボ

フィーロの上棚の棚板は可動式になっており、上写真の白いカバーをスライドさせることでロック(固定)できるようになっています。

フィーロの上棚にはコンセントが付いているというのもポイントが高いですよね。これは注目を集めるのも納得です。

WN色もあります

堀田木工所・フィーロWN色

実はフィーロにはWN色もあります。カタログには掲載されておらず、直営ECショップにも掲載されていないので、現状は取扱店限定というかたちになるでしょうか。パッと見た感じはウォールナットのように見えます。

ちなみに、こちらのフィーロにセットされているデスクライトの「C3652-D」。2022年度から高演色のRa95に進化したものですが、実は同年度に発売された某社デスクライトと同じ高演色LED「サンライク」を使用しているそうです。ホント、堀田木工所でお話をうかがっていると、何度も顎が外れそうになりますよ(苦笑)

 

アルダー材ユニットシェルフ!オッフェン

堀田木工所・オッフェン高さ146cmタイプ

どんどんいきましょう。こちらも2024年度新作の「オッフェン」。帆立と棚板を組み合わせてカスタマイズできるユニットシェルフです。上写真のように「カルロ 100デスク」を組み合わせて使うこともできます。

高さ90cmタイプもあります

堀田木工所・オッフェン高さ90cmタイプ

先ほどのは高さ146cm、こちらは90cmです。ハンガー(洋服掛け=上写真左)やブックラック(同右)を組み合わせることもできます。

 

直営店限定の新型デスク!OED

堀田木工所・OED

2024年度カタログが発行されて以降に、直営店限定で「OED」というシリーズが発売されていたことはご存知だったでしょうか。

OEDは標準でデスクに引出しがないため、ぶっちゃけ個人的にはまったく注目していませんでした。しかしながら、実物を見てみるとコレがすごく良いんです!

上棚の棚板は固定ですが、机上が広く見える高さで、それでいて子供が手を伸ばせば手が届く位置になっています。また、デスク天板下の棚には「サージュ オプション引出し」を最大2つまでセットすることができます。

完成品の国産シェルフが19,900円!

堀田木工所・OED

デスク天板下の棚は少し奥に引っ込んでいるので、肘付きチェアをセットしても収めやすいという点もメリットです。そして何より、上写真の状態に共通袖をセットした4点セットが税込79,800円という低価格!この価格ならイトーキの「リーモ・ベーシックデスク」よりお買い得と感じる方も多いのではないでしょうか。

デスク右横の「OED 60ラック」もお買い得ですよー。国産の完成品で税込19,900円ですからね。この価格なら、まずこれをリビング学習用に購入して、あとで学習机も堀田木工所で揃えようかしらと思われる方もいらっしゃると思います。

 

人気のグリッドシェルフ!タロ

堀田木工所・タロ

堀田木工所のシェルフと言えば、「タロ」も人気です。こちらは天然木ではありませんが、国産&完成品で、棚板は一部を除いて可動棚のため使い勝手が良いのが特徴です。2サイズ×4カラーから選ぶことができます。

質感に優れたオリジナルの強化紙

堀田木工所・タロ

タロの天板と、デスク天板と同じ高さになる固定棚の部分には、強化プリント紙が使われています。

今回初めて知ったのですが、この強化プリント紙は汎用品ではなく、堀田木工所が20年くらい前から使っている特注品だそうです。プリント紙とも木目や質感が揃っていますし、アルダー材にもバッチリ合っています。

実はサージュの天板と同じもの

堀田木工所・サージュ

この強化プリント紙は食器棚などのほか、「サージュ」の天板にも使われています。

プリント紙と言うと「所詮は紙」と思われる方もいらっしゃると思いますが、ハッキリ言って天然木より丈夫です。それでいて、この質感なら素人目には天然木と見紛うレベルです。個人的にはこれで十分と思ってしまいます。

 

以上、堀田木工所の2024年度新型デスクを中心にご紹介しました。

ハイエンドモデルのクオンとルオムが素晴らしいことは言うまでもなく、個人的には手が届きやすい価格のフィーロとネージュ2、そして直営EC限定のOEDが魅力的に感じます。今ならまだ共通昇降袖の在庫もありますからね。組み合わせにこだわつつ、国産、それでいてお手頃価格というワガママを叶えるラストチャンスだと思います。

写真では伝わらないことが多いと思いますので、是非お近くの家具販売店に足を運んでいただいて、堀田木工所の学習机をご覧ください。

関連記事

堀田木工所の「自然風塗料(UFO)」は自然塗料とは別物でした
堀田木工所の学習机の天板に用いられているUFO塗装(UVフィニッシュオイル塗装)とは、樹脂系塗料をオイルの様に木部へ浸透させたのち、UV(紫外線)照射により表面を硬化させる塗装技術です。汚れやキズに対して十分な耐久性があると言えます。
2024年度の堀田木工所デスクはホワイトオーク無垢の「クオン」など登場
2024年度の堀田木工所の学習机にはホワイトオークを使った新型デスク「クオン」&「ルオム」が登場。いずれも上棚が足元棚にもなるロングライフデザインです。「フィーロ」はアルダー材のオイル塗装ですがこちらも新作。アルダー材ユニットシェルフの「オッフェン」も素敵です。
大刷新!堀田木工所2024学習机はカタログからウィンディ&ダック消滅
2024年度の堀田木工所の学習机カタログが公開されました。新作デスク「クオン」、「ルオム」、「フィーロ」が登場した一方で、「ウィンディ」、「ダック」、「コンセ」の3台がカタログから消えました。また、昇降袖も継続販売が危ぶまれるところです。
【2024最新】堀田木工所の学習机は天板サイズオーダー対応のものも
堀田木工所(hotta woody)の学習机は国産であるにもかかわらず浜本工芸やカリモク家具に比べて価格が安いことが魅力です。一方で、オイル塗装でキスや汚れがつきやすい、モデルによってスライドレールの仕様が異なる、中国製とそれほど変わらない品質といったデメリットもあります。
この記事を書いた人

家具メーカーを退職後、2002年に収納スタイルコーディネーターとして独立。多くのご家庭の片づけの悩みを解決してきました。TVチャンピオン「収納ダメ主婦しつけ王」選手権で優勝するなどメディア出演多数。
長女が小学校に入学するのを機に学習机を購入してブログで報告したところ、学習机について相談が殺到。以後、「学習机評論家」としてメーカーの展示会や販売店に足を運ぶなどして日々情報収集に努めています。詳しいプロフィールはこちら

収納マン(芝谷 浩)をフォローする
堀田木工所

コメント 皆様からご質問・ご意見など