イトーキ「ジョイカラー」復活!リーモとカモミールにユニットデスクも

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

イトーキは2019年度を最後にほぼ全ての家具販売店から撤退し、学習机は島忠ホームズでカモミールのベーシックデスクを扱うのみとなりました。2020年度以降は主戦場をネット販売に移行したため一時はどうなることかと思いましたが、手頃な価格で一定の存在感を示していました。

しかし、今年はちょっと厳しいかなと感じていたところです。リーモのフリーワンタイプ上棚ロータイプは消え、上棚ハイタイプは在庫限り。リーモ、カモミール、JAQ-F31ともに値上げで、セット品も魅力的な価格とは言えません。競合他社も値上げしているとは言え、価格も品揃えも息切れしているように見えました。

ところが、こんな隠し玉を用意していたのですね!イトーキがかつて主力としていた「ジョイカラー」が復活したのです!

※この記事は2023年12月27日時点の情報に基づいています(2024年1月30日一部更新)

 

ジョイカラーがベーシックになって復活!

ジョイカラーと言えば、かつてコイズミファニテックの「CD」シリーズと覇権を争ったカラーデスクです。末期にハイタイプのベーシックデスクが登場したことがありますが、2024年度はロータイプのベーシックデスクとして復活しました。

しかも、2024年度はカラーデスクでありながら天板はバーチ突板です。おまけに、かつてジョイカラーを作っていたベトナムではなく中国での生産となっており、品質的にはかなりグレードアップしていると感じます。

デスク右引出しにはお片付け専用トレーが付属。ワゴンはA3対応ロングサイズワゴン。形状、スペック、価格ともに、「JAQ-F31」とほぼ同じですが、JAQ-F31はアルダー無垢であるもののお片付け専用トレーが付かないという違いがあります。

 

ジョイカラー・ユニットデスク

ジョイカラーはベーシックデスクだけでなく、ユニットデスクも投入されました。上棚に代えて書棚が付く以外、基本的なスペックはベーシックデスクとほぼ同じ、価格も同じ税込69,900円です。

このジョイカラー・ユニットデスクとガチで競合するのはコイズミファニテックの「ミニマル」じゃないですかね。ミニマルはワゴン付きで楽天市場で税込79,800円から。書棚上段をデスク上棚としても使える、コンセント付き、全段フルスライドレールというアドバンテージもあるものの、ジョイカラーのほうが約1万円安く、バーチ突板、中国製という点で、ミニマルは苦戦を強いられることになりそうです。

 

リーモ・ユニットデスク

ジョイカラーの復活ほどの衝撃はありませんが、リーモにもユニットデスクが追加されました。価格はリーモのベーシックデスクが税込84,900円なのに対し、ユニットデスクは79,900円となっています。バーチ突板のジョイカラー・ユニットデスクよりも1万円高いというかたちですね。

かつてリーモのセレクトタイプでユニットデスクの組み合わせができたことを思い出します。ニトリの「ユニットデスク(メルシーH)」と比較しても勝算はあるんじゃないでしょうか。

 

カモミール・ユニットデスク

カモミールにもユニットデスクが追加されています。価格はリーモのユニットデスクと同じ税込79,900円で、スペックもほぼ同じです。カモミールはフリーワンタイプや平机、ダイニングテーブルまでまだ生き残っているので、ラインナップが多いですね。

こちらはニトリの「ユニットデスク(SC23)」とほぼ同じ価格です。デスクライトとコンセントは付いていませんが、天板バーチ無垢、デスク引出しフルスライドレール、A3対応ロングサイズワゴン、専用お片づけトレー、鍵付きという点で、カモミールに分があると思います。

 

2024/01/30追記

ジュエルキュート・ベーシックデスク

なんと、「ジュエルキュート」がリニューアルされました。上棚の形状が変化するとともに、ベトナム製から中国製に切り替わって(=品質アップ)、おねだんは税込69,900円から同59,900円にダウン!ホワイト系デスク難民が少なくない中、これはとてもうれしいですね!

しかも、同じ価格でユニットデスクも追加されています。このデザインなら取っ手などをもっとシックなものに変更することでローラアシュレイの「ドーセットチルドレン」の後釜を狙いにいけるんじゃないでしょうか。イトーキには是非がんばって欲しいところです。

 

というわけで、このたび発売されたイトーキの新型デスクはかなり良いと思います。ニトリと比べてもまったく遜色ない価格なのですから、真面目に検討してもらえれば普通に売れるでしょう。

一方で、リーモとカモミールのラインナップをこれだけ充実させるなら、デスク横の樹脂製フックは金属製の使い分けフックに戻して欲しいなと思いますね。7~8万円も出して、イトーキのブランドで買うのに、この安っぽい樹脂製フックではかなりテンションが下がります。

割引クーポンの発行やセール価格も含めて、イトーキにはあと一声を期待したいところです。

関連記事

学習チェア唯一のスマートロッキング搭載!イトーキ「トワイスKS32」
イトーキから学習用回転チェア「トワイスKS32」と同「KS5」が発売されました。KS32は学習チェア唯一のスマートロッキング機能を搭載。長時間の学習でも途中でリラックスできます。また、キャスターには荷重ロック機能が付いており、子供が座ると固定されます。
イトーキ「サリダPSデスク」なら3Dプリンター使って親子でパーツ自作も
イトーキの「サリダPS」シリーズはコクヨの「リーン」と比較すると、奥行がコンパクトで、ラックがあり、ワゴンが木製というところに違いがあります。また、3Dプリンターでアドオンパーツが作れるようにデータが提供されています。
【2024最新】定番デスク徹底分析!イトーキ「リーモ」ベーシックタイプ
イトーキ「リーモ・ベーシックタイプ(NAG-F41)」はアルダー無垢の質感が良く、男女ともにOKなデザインが人気の学習机です。フリーワンタイプ(組み替え式デスク)などの関連商品も多く、必要な機能に応じて選ぶことができます。同じくイトーキの「JAQ-F31」やニトリの「メルシー」、無印良品の「木製デスク オーク材」などが比較対象となります。
【2024最新】「イトーキ」の学習机の特徴は収納力にあり!
イトーキの会社概要に始まり、学習机のラインナップと特徴についてまとめています。イトーキは2020年度からほとんどの家具販売店から撤退し、ネット販売が主体です。カモミール、リーモ、ウットフォーク、ジョイカラー、ジュエルキュートなどが主力です。

コメント 皆様からご質問・ご意見など