なんとU3万円!無印良品の「無垢材デスク(引出付)」セットが数量限定で復活

4月から商品価格はすべて内税表示にすることが求められています。小売店は大変です。すべての商品の値札を付け替えないといけませんし、消費者の財布の紐が固くなってしまうかもしれません。こんなことが消費増税のたびに政府の都合で繰り返されるのですから本当に馬鹿げていると思います。

そんな中、この状況を想定外の手法で乗り越える販売店が現れました。ユニクロとGU(ジーユー)です。少し前からプライスカードから「+消費税」という表示は外しており、3月12日からは商品本体価格を消費税込み価格にしてしまうというのです。つまり、このタイミングで実質的に約9%値下げするということです。

政府のインフレ目標なんてどこ吹く風。日本はまだまだデフレが進行しています。

我らが無印良品も今年に入ってからまた一部商品の値下げを断行しました。そして今度はまたダメ押しで数量限定の特価品をぶち込んできましたよ!

※価格および仕様はすべて2021/03/21現在に修正

 

無垢材デスク(引出付)セットが29,900円で復活

無印良品・無垢材デスク(引出付)セット オーク材

出典:無印良品

2021/04/14追記:このセットは完売となった模様です。

このたび数量限定で販売開始されたのは2019年を最後にカタログから消えた「無垢材デスク(引出付)・オーク材」と「無垢材デスクキャビネット(引出2段)・オーク材」の2点セットです。当時のカタログではセットで税込39,800円となっていたところ、今回はなんと同29,900円という破格値となっております。

実に約25%引き。しかも、バラで買うと送料が合計3,000円必要だったところ、今回のセットなら2,000円で済んでしまうのですから、こちらも約33%引き。ワーキングチェアが1脚買えてしまうくらいの値引きなのです。

ちなみにこちらの無垢材デスク(引出付)とキャビネットは既に廃番になったものと思っていましたが、トップページからはリンクしないかたちでひっそりと販売が続けられていたようですね。それぞれのJANコード(4550182207026と4550182207033)でググると詳しいスペックをご覧いただけます。MUJIオンラインショップの商品検索ではたどり着けませんのでご注意ください。

現行2モデルとの比較

引出付新型足元棚付
2点セット税込価格29,900円39,800円39,800円※
デスク 幅×奥行×高さ(cm)110×55×70
キャビネット 幅×奥行×高さ(cm)35×48×5839×48×5841.5×40×58
天板材質オーク無垢
塗装ウレタン樹脂
色ツヤ明るい、ツヤありやや濃い、ツヤなし
引出内部材積層合板
デスク 引出レール木桟
キャビネット上段 引出レールローラー式底付3/4スライド2段引スライド
キャビネット下段 引出レールフルスライド底付フルスライドフルスライド
足元棚
脚形状4本脚H型脚
上置き棚取付不可取付可能
製造国中国ベトナム中国
ホルムアルデヒド放散量F☆☆☆相当以上記載なしF☆☆☆相当以上

上表はこのたび数量限定特価で販売された引出付と、現行2モデル(木製デスク・オーク材、オーク無垢材デスク(引出・足元棚付))の主要なスペックを比較したものです。より詳しくは下記ページをご覧ください。

無印良品の「木製デスク・オーク材」は足元棚がなくなって引出は積層合板に
2020年9月に無印良品のデスクがまたリニューアルされました。新しい「木製デスク・オーク材」は足元棚がなくなって引出内部材は桐から積層合板に変更。スライドレールは底付けタイプになりました。その根本にあるのは中国製からベトナム製に切り替わったことでしょう。

通常価格であれば、引出付を選ぶ理由はありません。オーク無垢とは言えツヤあり塗装で汚らしく、デスク本体引出しは遊び(すき間)が多くてカタカタ言いますし、ワゴン上段の引出しはイマドキ組立家具でしか使わないローラー式のスライドレールだからです。

ですが、上置き棚は要らない、とにかく安いほうが良いということでしたら、今回の特価品を選ぶのも悪くないかもしれません。

同じく上置き棚なしという条件で選ぶなら、私は足元棚付を選びます。天板塗装の質感が良いですし、デスク本体引出しもスムーズ。引出し内部材も割りとキレイだからです。

上置き棚ありという条件なら、クランプ式デスクライトを取り付け可能な新型も一考の余地があると思います。つまるところ、いずれを選ぶにせよニーズ次第と言えるでしょう。

2021/03/19に足元棚付デスク本体は3,000円値下げされて2点セットで39,800円となり、新型と同じ価格になりました。

メルシーRセットとの比較

無印良品・引出付ニトリ・メルシーR
2点セット税込価格29,900円29,990円
配送料2,000円無料
デスク 幅×奥行×高さ(cm)110×55×70100×55×73
キャビネット 幅×奥行×高さ(cm)35×48×5843.5×30×60.7
天板材質オーク無垢アルダーorバーチ突板
塗装ウレタン樹脂
カラー1色3色
引出内部材洋桐(ファルカタ)
デスク 引出レール木桟ベアリング式
キャビネット上段 引出レールローラー式
キャビネット下段 引出レールフルスライド
足元棚
脚形状4本脚ロの字脚
上置き棚取付不可
製造国中国マレーシア
ホルムアルデヒド放散量F☆☆☆相当以上記載なし

競合するニトリの机と比較してみるとどうでしょうか。上写真の「デスクメルシーセット(デスク+スリムワゴン)」だと、価格は特価品の引出付とほぼ同額です。メルシーセットなら送料無料ですから、むしろ特価品の引出付よりも安いとも言えます。

天板サイズは引出付のほうが10cm幅広く、引出しの数も引出付のほうが多いです。また、引出付はオーク無垢ですからスペック的には満足度が高いかもしれません。

しかしながら、無印良品のオークはとても質が悪く、クサレ(墨汁をこぼしたような染み)が見られることが多いです。その点、アルダーまたはビーチ突板のメルシーのほうが無難とも言えます。

メルシーのスリムワゴンは引出しではなく棚になっているので、引出しはそんなに必要ではなく、上棚の代わりに教科書類を並べたいという人にとっては良いかもしれません。デスク本体だけでなくワゴンにもフックが付いているという点もメリットになり得るでしょう。

総じて、オーク無垢だから、引出しが多いから、無印良品のほうが優れている…とは言えないと思います。個人的には甲乙つけがたいところです。

 

というわけで、今回の数量限定特価の引出付はとにかく安い机が欲しいという方には良いと思います。テレワークに際して机を買い求める人や、とりあえず学習机を買っておくか―という感じの人には朗報と言えるでしょう。

一方で、ある程度の質感を求める方には「安物買いの銭失い」というか不満が残る結果となるように思います。安いからと言って飛びつかず、じっくり検討してから購入するのが良いでしょう。

2021/03/15追記:先日某店にて確認したところ、「無垢材デスク(引出付)・オーク材」は以前よりツヤがなくなったと感じました。また、「オーク無垢材デスク(引出・足元棚付)」は初期ロットに比べてデスク本体の引出しの精度が落ち、引出付とさほど変わらないと感じました。どうにも品質が安定しませんねー。

関連記事

驚いた!無印良品の新型「木製デスク」と旧型「足元棚付」がまさかの併売
廃番になったはずの「オーク無垢材デスク(引出・足元棚付)」の販売が再開されました。パッと見た目は違いがない新型「木製デスク・オーク材」と併売されるという事態になっています。どちらを買うべきか、改めてそれぞれのメリットを簡単にまとめてみました。
無印良品とニトリの学習机をガチ比較!オーク無垢材デスクvsメルシー
無印良品の「オーク無垢材デスク」とニトリの「ロータイプデスク・メルシーR」を徹底的に比較してみました。いずれも5万円弱という価格のベーシックデスクです。無印良品のオークはハッキリ言って低級ですが、プリント紙はほとんど使っていないので安っぽさはあまり感じません。一方で、ニトリはLEDデスクライト付きで3色から選べるというのが最大のメリットでしょう。
定番デスク徹底分析!ニトリ「メルシーR」2021年度版
ニトリの定番デスク「メルシーR」は天板に天然木突板を使いつつデスクライト付きのロータイプデスクで税込5万円以下というお手頃価格が魅力です。ホワイトウォッシュ、ライトブラウン、ミドルブラウンの3色展開で、男女ともに人気というのも大きいと思います。ライバルは無印良品やイトーキ、コイズミファニテックなど。
無印良品のオーク無垢材デスクをK字脚にした感じ!?マナベ「ドロシー」
マナベインテリアハーツのオリジナル学習机「ドロシー」を無印良品の「オーク無垢材デスク(引出・足元棚付)」とニトリの「ロータイプデスク・メルシーR」と比較してみました。いずれも5万円前後で買える天然木デスクながら、ドロシーはK字脚で子供が座りやすく、天板が突板で反りや割れの心配がないのがメリットと言えるでしょう。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など