アクタスのリピアっぽいのに安い!モモナチュラル「ALVA」デスク

MOMO natural(モモナチュラル)は岡山県に本社を構える脇木工の直営インテリアショップで、現在はショッピングモールを中心に全国に9店舗を展開しています。いずれの店舗でもキッズ家具を扱うPIENI KOTI(ピエニ コティ)を併設していましたが、昨年からブランドをMOMO naturalに集約しているようです。

以前は「モモナチュラルの机ってどうですか?」という質問を時々いただいたのですが、近年はとんとご無沙汰です。ピエニコティのブランドを使わなくなる以前から机のラインナップも減っており、私の中では既に過去のものとなっていました。

ところが、2020年3月に新型のデスクを発売していたのですね!遅ればせながらご紹介したいと思います。

 

ALVA DESK HIGH

momo natural・ALVA DESK HIGH OA

出典:momo natural

こちらがちょうど1年ほど前に発売されたモモナチュラルの「ALVA(アルバ)」デスクのハイタイプです。

え?アクタスの「RIPIA(リピア)」じゃないかって?

何を言ってるんですか。アクタスは丸棒がモチーフ、アルバは角棒です。しかも、デスクのデザインがまるで私がデザインした「ミニマ」みたいで素敵です♡

ですから、パクリなんてまったくの事実無根で、完全にオリジナルデザインなのです。

ALVA DESK LOW

momo natural・ALVA DESK LOW CB

出典:momo natural

アクタスのイメージ写真に似ているから誤解を生じるというのもあるかもしれません。また、ご丁寧にハイタイプだけでなくロータイプ(上写真)まで用意されているところに、悪意のようなものを感じるというのもあるのでしょう。

ですが、アルバのロータイプは高さが1390mmもあります。リピアのロータイプはたったの1180mmですから、アルバのほうが210mmも勝っています。

なお、前述のアルバのハイタイプは1710mm、リピアのハイタイプは1885mmです。だからと言ってアルバが負けたわけではありません(苦笑)

もうひとつ、アルバはOA(オーク)色と、ホワイト×オークのCB(コンビ)色の2色展開となっています。だから断じてリピアのパクリなどではないのです!

 

ALVA MINI CHEST

momo natural・ALVA MINI CHEST

出典:momo natural

もうひとつダメ押ししておきましょうか。リピアにはデスクに引出しがありません。しかし、アルバには引出しがアルよ!

しかーも、リピアにはワゴンがないですが、アルバにはワゴンがアルよ!まさにオリジナルを超えた機能性というわけですねー。

 

アルバはリピアより安い!

アルバリピア
ハイタイプセット97,900円140,800円
ロータイプセット83,600円111,100円
デスク42,900円48,400円
ワゴン29,700円

※いずれも公式オンラインショップでの2021/03/10現在の税込価格

さらに、アルバは国産。実物はまだ確認していないのですが、モモナチュラルですから国産で間違いないでしょう。

なのに、中国産のリピアよりも安いのです!セットの場合、実に40%以上も安くなっています。

念のため、どちらもデスク天板はオーク無垢のウレタン塗装です。アルバのデスクには引出しが1杯付いており、しかもフルスライドレール付きです。なのに、アルバのほうが安い。アクタスがいかにぼったくってるかという話になりかねないほど安いです。

アルバのデスクは幅990mm、奥行545mmで、リビングダイニングにも最適なコンパクトデスクです。デスク+ワゴンの平机で税込72,600円、それで国産というのは、なかなか魅力的なんじゃないでしょうか。

 

前半では冗談めかしてお話ししましたが、ぶっちゃけ、アルバはリピアのパクリと馬鹿にされても仕方ないデザインです。しかしながら、私のような庶民にはこの安さは魅力的と言わざるを得ません。

一方で、この構造だとちょっと横揺れする可能性も考えられます。大阪は外出自粛が解除されたことですし、近いうちに実物を拝みに行きたいと思います。

しかしまあ、アクタスも苛立ちが収まらないでしょうねー。中国地方の国産家具メーカーが立て続けに中国製をパクってくるんですから(苦笑)そこは同情します。

2021/03/16追記:店頭で実物を見てきました。横揺れがひどすぎて笑っちゃいました(苦笑)デスク単品はもちろん、シェルフを合体しても揺れるのですから素人のような設計です。
おまけに引出しはワゴン最下段以外は三方囲い構造、ワゴンのキャスターはナイロン製の一輪タイプ。なんだかキシルみたいですね。
脇木工なんかに期待した私が馬鹿でした。

関連記事

脇木工が運営している「モモナチュラル/ピエニコティ」の学習机ってどう?
モモナチュラル/ピエニコティは一応、木工家具メーカーである岡山市の脇木工が運営しています。メーカー直販だから安いということはなく、国産だから高品質ということもありません。ですが、素敵な雰囲気であることだけは間違いないです。
アクタスさん出番ですよ!「リピア」にクリソツなシギヤマ家具工業の「結」
島忠ホームズで販売されているシギヤマ家具工業の「結(ゆい)」はアクタスの「リピア」にそっくりです。リピアはオークのウレタン塗装、結はヒノキのオイル塗装ですが、どちらも丸棒をモチーフにしたデザインが似ていると思います。
アクタスついに怒る!浜本工芸デスクが「ヴァリオ」類似品として持ち込まれる、の巻
浜本工芸の「No.41デスク」がアクタスの「ヴァリオ」類似品として家具経済同友会に持ち込まれました。ついでに、フォピッシュに対するNo.89デスク、サークルに対するNo.6000デスクについても物言いが。しかし、結果的に「類似性は認められるが、まったくのコピー商品とまでは言い難い」という結論に。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など

  1. moon より:

    コメント失礼します。
    モモナチュラルでアルバを購入しようと思い、こちらのサイトに辿り着きました。
    素人なので全然わからず教えていただきたいのですが、アルバはそんなに横揺れが酷いのでしょうか?
    近隣店舗で実物を見た際には感じなかったので、プロ目線でどこがダメなのか等々本音をお聞かせください。
    また、そうなるとアクタスのリピアかな…とも思いますが引き出しがないのがネックで…
    アクタスの場合は品質的には問題ないでしょうか?
    また、他に似たようなデザインかつ品質のいいものおすすめあればご教示ください。
    いろいろリクエストすみませんが、どうぞよろしくお願いします。

    • 収納マン より:

      moonさま

      はじめまして^^

      アルパのデスクの横揺れはなかなか酷かったです。
      天板の端に手を乗せて左右に力を加えれば確認できます。

      個体差もあるかもしれませんが、おそらく構造上の問題だと思います。
      デスクに限らず、脇木工(モモナチュラルの運営元)の設計はだいたいおかしいんです。

      アクタスも以前は引出しが開かないとか普通にありましたけど、ここ数年で随分と改善されました。
      見た目のクオリティはモモナチュラルに劣っても、中身はアクタスのほうが確実にマトモだと思います。

      ただ、リピアに引出しがないというのもおっしゃる通りで、引出し付きのシェルフをセットするか、サークルのワゴンを横に置くことで対処するよりほかありません。

      アルバ、リピアみたいな感じでお探しでしたら、カリモク家具の「ボナシェルタ」、浜本工芸の「No.28デスク+書棚A」、あとはコイズミファニテック×ナフコ21スタイルの「NOD-7812WWNO」くらいですかねー。
      ちょっとイメージから外れてしまうかもしれませんけど、こちらもご検討ください。

      • moon より:

        収納マンさま

        ご丁寧にありがとうございます。
        そうだったんですね…
        知人が以前勤めていて、同価格帯のメーカーさんより質は確かだと言っており、デザインもとても好みなので、今回引越しにあたりいろいろ家具を揃えようと思っていましたが…
        ソファや椅子の設計もあまり…でしょうか?(専門外かもしれませんがごめんなさい)

        また、他のおすすめもありがとうございます。
        同じくリピアはちょっと収納がなと思い、アクタス内ではやはりフォピッシュがよいでしょうか?
        また、全然おすすめと変わってしまいますが、ヴァリオについてもご意見お聞かせください。
        ちなみに子供部屋は5畳予定です。

        長々すみません、よろしくお願いします。

        • 収納マン より:

          moonさま

          > 知人が以前勤めていて、同価格帯のメーカーさんより質は確かだと言っており、

          評価の指標は人それぞれであって、あくまで私の主観ですが、デザインや表面の仕上げという点では確かに「質は確か」だと思います。
          ただ、設計については、本当に木工メーカーなのかと疑わざるを得ません。
          テーブルの天板に反り留めが入っていないとか、椅子の補強桟が足りないとか、引出しが箱組み構造でないとか、どれもこれもちょっと抜けている印象です。
          アルバにしても、横桟をもっと太くするなどすれば横揺れは防げたのでしょうが、そもそもそういう観点はなかったのだと思います。

          しかしながら、もしモモナチュラルが耐久性を考慮してデザインしたら、アルバはあんなに線の細いデザインにならなかったでしょうし、価格ももっと上がっていたかもしれません。
          アクタスのリピアもデスクに引出しがあったら重くて使い勝手が悪くなります。
          無難さを求めればフォピッシュですが、果たして本当にそれで良いのかという感じもします。

          今回いただいたご質問では、どなたが使われるか書かれていませんでしたが、たとえば華奢な女子が使うなら、小学校低学年男子のように全力で消しゴムをゴシゴシすることなどなく、横揺れを実感する機会はないと思います。
          私が評価しているのはあくまで一般的に子供が使うのに適した耐久性、価格とのバランスなどに過ぎません。
          使い勝手を重視して無難にフォピッシュという選択肢も決して悪くないですが、moonさんご自身やお子さんが心ときめくかどうかということが大切だと思いますよ^^

          ちなみに、ヴァリオも未だ引出しが固くて開けにくいことがありますが、ロットが新しいものは改善されているようにも思います。
          こちらもやはり機能性やコスパで選ぶものではなく、あくまでデザインの好みで選ぶものでしょう。

          • moon より:

            収納マンさま

            回答ありがとうございます。
            設計面での細部等は素人には一切わからなかったので、プロの目線からお聞きできてよかったです、ありがとうございます。

            また、使用者お伝え漏れ失礼しました。
            小一の娘が使用しますが、将来息子にも同じものをと思っていたため、アルバは外して、アクタスか、お教えいただいた浜本工芸のNo.28…ではなく32で検討します。
            ご丁寧に回答いただき感謝です、引き続きサイト見させていただきます。
            またお尋ねすることあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

          • 収納マン より:

            moonさま

            その子の性格次第ですが、一般的には男子が使うと横揺れを実感することになりかねないですね^^;

            浜本工芸のNo.32デスクなら横揺れの心配はありません。

            リピアからNo.32デスクという流れは以前にもありましたね。
            丸みのある感じがイメージに適うのでしょうか。

            ともあれ、またお役に立てることがあればいつでもご相談ください^^