『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売中

学習机選びで行き詰ったら椅子に注目してみましょう

当ブログは皆様がご覧くださった際に表示される広告収入によって成り立っております。私がメーカーの展示会へ取材に行く電車賃や、販売店に車で行くガソリン代も、皆様が時折りポチッとクリックしてくださる広告収入から捻出されます。家に帰って妻に怒られずに済むのも、皆様がこうしてご覧くださるおかげなのです(笑)

そんな大変ありがたい広告ですが、先日はこれまで見たことがないようなものが表示されてビックリしました。

謎の広告「ああああ」

ああああ ぁぁぁぁ

なんでしょう、これは!

「本日は晴天なり」、「ただいまマイクのテスト中」みたいな感じで、とりあえずダミーテキストを打っただけのようにも見えますが、力なく言葉を発しているようにも見えます。

イトーキの広告でした

で、広告主を見てみると、「shop.itoki.jp」。

イトーキの公式オンラインショップではありませんか!

新手の広告手法でしょうか。

もしくは、中の人の心の叫びなのかもしれません。

この1年ほどは色々ありましたものねー。

心中お察しします。

 

それはさておき、学習机を選んでいると迷走しまくって「ああああ…」と頭を抱えてしまう人も少なくないことでしょう。

今回はそんな方のために、視点を変える提案をさせていただきたいと思います。

 

視点を変えて椅子に注目

収納量の多い組み替え式デスクにするか、シンプルなベーシックデスクにするか。はたまた、親としてはオーソドックスな天然木デスクが希望なのに、子供は頑としてキラキラ姫系で一歩も譲らない…。そんな風に学習机選びが膠着状態に陥ることがあると思います。

そういうときはいったん学習机から離れて、椅子を見てみましょう。一昔前とは異なり、学習机はそれぞれ個性的なデザインに仕上がっていて、椅子も同じデザインで揃えられていることが一般的です。しかしながら多くの場合、ひとつのデザインに対して複数の選択肢があるわけではありません。

たとえば、コイズミファニテックのオルレアには、板座でキャスター付きの木製チェア(上写真)が用意されているのみです。ようやく机が決まったと思ったら、椅子はレザー張りが良かったとか、フローリングの上に置くから4本脚にするべきだと言われても困ります。だから、先に椅子に注目することで、机選びで迷わなくても済む可能性があるのです。

ちなみに、椅子は形だけでなく座り心地も重要です。実際に座って確認するようにしましょう。

デスクマットを選ばせてみる

学習机あるあるのひとつに、「子供がデスクマットと机はセットだと思い込んでいた」というのがあります。基本的に学習机本体とデスクマットは別売りで、好きな組み合わせを選べます。しかし、子供が勝手にセットだと思い込んでしまっていたがために、「この机が良い!」と言い張っているということもあるのです(苦笑)

このデスクマットというのは結構使えるもので、親が子供に勧めた机に好きなキャラクターのデスクマットをセットすると、意外とすんなり決まるということもあります。子供が学習机に興味を示さないときも、デスクマットを最初に選ばしてやることで机に興味を示すようになることもあります。

デスクマットで釣るというのはちょっとあざとく感じられるかもしれませんが、効果はかなり高いです。膠着状態に陥ったときは試してみてください。

 

複数の店舗で見てみる

まったく同じ商品のはずなのに、店舗によって全然違って見えるということがあります。たとえば、売場の前面に押し出されていると人気のデスクのように見えるのに、現品処分品と並んで売場の隅に置いてあると印象が薄かったりします。

子供は大人よりもずっと敏感です。ちょっとした光の当たり具合の違いだったり、そのときの気分によっても判断が大きく左右されたりします。また、大人よりも視線が低いですから、大人とはまた違った景色を見ているものです。

なので、同じ家具店に何度も通い詰めるよりは、別の店舗へも足を運んでみるのが良いと思います。引出しが開かないなど、個体差による品質のバラツキに気づけるということもあるので、腕組してジッと見つめるよりは実際に引出しを開閉するなどしてみるとベターです。

 

あちこちの家具店に足を運ぶと、売価だけでなく、割引キャンペーンや配送設置料などの面で違いに気づくこともあります。商品そのものを比較するだけでは結論が出なかった場合も、値段に釣られて一気に決まるということもあるでしょう。

基本的に、家具は縁のものです。ジッとカタログを眺めているよりは、店頭に足を運んで手で触れてみたり、販売員の声を聞いてみたり、家族に相談してみると、きっと良いご縁に恵まれるに違いありません。

関連記事

フローリング?カーペット?学習机にセットする学習椅子を選ぶときは床にも注意
学習机にセットする学習椅子を選ぶときは床にも注意が必要です。カーペット式の場合は基本的にキャスター付きのものを、フローリングの場合は4本脚のチェアの脚裏にフェルトを貼って使用するようにしましょう。スキー脚のチェアやバランスチェアなど、どちらでも使えるタイプの椅子もあります。
学習椅子はどっちが良いの?板座と合成皮革張りのメリットとデメリット
以前は学習机にデザインという概念がほとんどなかったために、割りと色や材質さえ合っていれば学習椅子を自由に選ぶということが多かったように思います。しかし近年はデザインで学習机を選ぶようになり、学習机のデザインに合った同じシリーズの学習椅子を買...
意外な盲点!?木製学習椅子のキャスターは一輪と双輪の2種類がある
木製学習椅子のキャスターには一輪と双輪の2種類があります。一輪キャスターのメリットは目立たないこと。一方で双輪キャスターは前後左右に自在に動かせる、床にキズが付きにくいといったメリットがあります。
学習椅子はどっちが良いの?【木製チェアvs回転チェア】メリット&デメリット
学習椅子は木製チェアと回転チェアのどちらが良いのか。JOIFAや当サイトのアンケート結果とともに、メリット&デメリットをまとめてみました。一概にどちらが良いというわけではなく、お子さんやシチュエーションに合わせて選ぶのが良いでしょう。

コメント