『子育てママの私が片づけに夢中になった理由(仮)』発売のお知らせ

いま話題のメーカー&ショップは!?学習机ブランド人気ランキング2019

ランキング・イメージ

今回は久しぶりのランキングです。

とは言え、楽天市場でのランキングのように恣意的なものを作り上げても仕方ありません。切り口は色々あろうかと思いますが、何かしら根拠がないと信頼に足りません。

そこで今回は、コメント欄で登場する機会が多かった学習机のメーカーやショップの名称を抽出し、数の多いものから順番に並べてみました。「コイズミ」のことを「小泉」と書く場合もあるなど多少の表記揺れはあるかと思いますが、どのブランドでも当てはまることなので大きな問題はないと思います。

集計期間はこちらの都合で2015/01/07から2019/03/11まで。約4年間、計3,000件以上の当ブログ上でのコメントから集計しています。

それでは上位5位から順番に発表してまいりましょう!

 

第5位 ケユカ

ケユカ・グランフロント大阪店

第5位はKEYUCA(ケユカ)。ケユカの「ニノス」や「アロン」はこちらで相当な人気なので上位に入るとは思ってましたけど、並み居る競合を押しのけて第5位にランクインしたのはさすがに驚きました。

【保存版】KEYUCA(ケユカ)の学習机の特徴(最終更新2019年1月)
河淳が運営するインテリアショップ「KEYUCA(ケユカ)」では、コイズミファニテックが製造するニノス、アロン、ノーブルと、光製作所が製造するヘンリーの4台の学習机を扱っています。

 

第4位 イトーキ

イトーキ本社

第4位はイトーキ。私はてっきり、イトーキはぶっちぎりの第2位だと思ってたんですけど、思ったより低かったですね。「カモミール」や「リーモ」と言えばイトーキの商品であることは分かるので、メーカー名に敢えて触れないことが多かったからでしょうか。

【保存版】イトーキの学習机の特徴(最終更新2018年12月)
イトーキの会社概要に始まり、学習机のラインナップと特徴についてまとめています。イトーキは現在、カモミール、リーモ、ウットフォーク、スクリプトの4本柱となっています。ただ、いずれも強力なライバルが立ちはだかっているので、かなり厳しい状況です。



第3位 カリモク家具

カリモク家具・関西ショールーム

第3位はカリモク家具。学習机の名門・イトーキよりも多く話題に上がっているという事実に改めて驚かされた次第です。ただ、今年はちょっと例年に比べると話題に上がることが少なかったように思いますが、気のせいでしょうか。

【保存版】カリモク家具の学習机の特徴(最終更新2019年5月)
カリモク家具の会社概要に始まり、学習机のラインナップとその特徴についてまとめました。カリモク家具の学習机はボナシェルタが圧倒的人気で、次にユーティリティプラス、ピュアナチュールと続き、これら3モデルで売上の大半を占めます。品質、安心感は断トツです。

 

第2位 浜本工芸

浜本工芸・大阪ショールーム

第2位は浜本工芸。中央大通に面した大阪ショールームの前に立ったときは身震いしましたが、人気ランキング2位という事実を目のあたりにして再び身震いしました。私の中では未だに「浜本工芸=マイナー」というイメージなんですけど、少なくともこちらのブログでは私が評価している以上に注目を集めているようです。

【保存版】浜本工芸の学習机の特徴(最終更新2018年12月)
浜本工芸の会社概要に始まり、学習机のラインナップと特徴についてまとめてみました。浜本工芸のデスクは皇室に献上されたことでも有名で、その品質は間違いありません。しかし、ただ高級なブランドではなくコスパが非常に良いです。

 

第1位 コイズミファニテック

コイズミファニテック2019学習家具発表会

堂々の第1位に輝いたのはコイズミファニテック。これはもう、完全に予想通りでしたね。学習机だけでなくデスクライトも人気ということもあるでしょうけど、別に私がコイズミ贔屓なのではなく読者の要請によるものであることが証明されてホッとしました(苦笑)

【保存版】コイズミファニテックの学習机の特徴(最終更新2018年12月)
コイズミファニテックの会社概要に始まり、学習机のラインナップと特徴をまとめています。コイズミファニテックは学習机市場トップシェアを誇り、ラインナップが非常に充実しています。デスクライトやオリジナルのデスクも魅力的です。

 

学習机ブランド人気ランキング2019 全結果

学習机ブランド人気ランキング2019 全結果

※右端の数字はコメント欄での登場回数

6位以下は上表の通りです。6位の無印良品はデスクだけでなく、ユニットシェルフに話が及ぶことが多かったためと考えられます。

7位の島忠ホームズは関東と関西という2大商圏を抑えていることから、馴染みがある方が多いものと思われます。

8位のIDC大塚家具はちょっと意外でした。おそらく市場シェアでは圧倒的に上のニトリ(9位)よりも上というのは、こちらのブログの読者層を反映していると思います。

10位のヒカリサンデスクは実際の市場シェアを考えると大健闘と言えるでしょうね。11位の東京インテリア家具は全国に店舗網を広げつつあるので、これから上位を狙うことになりそうです。

12位のアクタスに続いて、13位にたなとつくえが登場するというのは、私としては本当にありがたいですね。

14位に国産最高級と呼ぶにふさわしい飛騨産業と、その対極に立つIKEA(イケア)が並んでいるというのも興味深いところです。

 

というわけで、当ブログのコメント欄での登場回数を基にした「学習机ブランド人気ランキング2019」、いかがだったでしょうか。

納得の結果と意外だった結果が入り混じっていたと思います。ですが、これが現実です。楽天市場でのランキングなんて見ていると安い学習机しか売れていないと思ってしまいますが、やっぱりちゃんと検討すると自ずと選択肢に上がるものは有名ブランドのものになるということでしょう。

以上、何かのお役に立てば幸いです。

続編

どーも!ビーノ!リーモ!学習机商品名別人気ランキング2019
当ブログのコメント欄で登場する機会が多かった学習机の商品名を集計して「学習机商品名別人気ランキング2019」を作成しました。1位はコイズミファニテックのビーノ、2位はイトーキのリーモ、3位はケユカのニノス、4位はアロン、5位はカリモク家具のボナシェルタという結果に。

コメント