【比較】コイズミ「ハイブリッドチェア」vsイトーキ「トワイスKS32」

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

【比較】コイズミ「ハイブリッドチェア」vsイトーキ「トワイスKS32」

今年度はコイズミファニテックの「ハイブリッドチェア」の有力なライバルとなり得る、「トワイスKS32」がイトーキから発売されました。いずれも座面がクルクルと回転しない学習用チェアです。

価格はハイブリッドチェアが税込29,800円に対し、KS32もほぼ同じ29,900円(それぞれ楽天市場の公式ショップの場合)。しかも、いずれも10年以上続く定番シリーズです。

ハイブリッドチェアはPVCレザータイプ(ローバック)に加え、ファブリックタイプ(ミドルバック)も発売されましたので、これを機にKS32とその廉価版のKS5も交えて比較してみたいと思います。

※この記事は2023年12月16日時点の情報に基づいています

 

今回比較する”回転しないチェア”

コイズミ・ハイブリッドチェア

PVCレザータイプ(ローバック)

ファブリックタイプ(ミドルバック)

イトーキ・トワイス

KS32

KS5

機能性の比較

コイズミ・ハイブリッドチェア

  • 安定感のある4本脚
  • PVCレザー張りが選べる
  • モールドウレタン使用
  • 足元棚つき

まず機能性の違いを比較してみたいと思います。まずハイブリッドチェアは回転チェアに多い5~6本脚ではなく4本脚で、重心が低く安定感があります。また、2024年度から従来のPVCレザー張りに加え、ファブリック張りが選べるようになりました。それに伴い、選べるカラーバリエーションも増えています。

ハイブリッドチェアは座面にモールドウレタンを採用しているので耐久性が高く、モチッとした座り心地が特徴です。また、木製学習椅子のように足元棚が付いています。ただし、昨今の大型化したランドセルを置くには少し物足りない大きさです。

ネット専売のKS32と異なり、ハイブリッドチェアはほとんどの家具販売店で試すことができるという点も大きなメリットと言えるでしょう。

イトーキ・トワイス

  • 座面回転ロックを解除できる
  • 足置きステップが大きい
  • スライド傾斜機能つき
  • スマートロッキング搭載(※KS32のみ)

続いて、トワイスのKS32とKS5共通の機能からを見てみましょう。まずハイブリッドチェアと大きく異なるのは、トワイスは座面回転ロックを解除することもできるという点です。お子さんが成長して落ち着きが出てきてから、便利な回転機能を使うことができるようになるわけです。

また、トワイスは足置きステップが大きく、足裏をベタッと着地することで安心感が生まれ、落ち着いて勉強することができます。ハイブリッドチェアは座面が前後するだけですが、トワイスは背もたれが前後と同時に上下するスライド傾斜機構を採用しており、お子さんの背中にフィットしやすくなっています。

KS32は学習椅子で唯一、背もたれが傾くスマートロッキングを搭載。休憩時に背中を伸ばすのに役立つでしょう。一方で廉価版のKS5にはスマートロッキングだけでなく、キャスター荷重ロック機能が付いていません。

なお、トワイスを実際に見ることができる店舗は現在のところありませんが、ニトリで扱っている「学習イス (AS33-4) 」はイトーキ製のはずなので、座面の座り心地はこれに近いと考えられます。また、島忠ホームズではイトーキのオフィスチェアをいくつか扱っているので、少なからず参考になるところがあるかもしれません。

 

どちらがオススメ?

ハイブリッドチェアもトワイスKS32もほぼ同じ価格で、しかもいずれも甲乙つけがたい機能性を有しています。なので、どちらがオススメかと言うのは簡単ではありません。

回転することもできる、足置きステップが大きいという特徴で、トワイスのほうが選びやすいと思います。一方で、ハイブリッドチェアの安定感、モールドウレタン使用の座り心地も捨てがたいところです。

なお、学習椅子では一昔前は汚れにくさと耐摩耗性でPVCレザーが好まれることが多かったですが、近年は肌触りの良さでファブリック張りに人気がシフトしています。その点で言うとハイブリッドチェアのファブリックタイプはよく売れると予想されますが、背フレームに布を巻いた構造で、PVCレザータイプのように板にレザーを巻いた構造ではないため、背当たりはかなり違います。どちらが良いというわけではなく座り心地には好みがあるので、できる限り実際に座り比べてもらうことをオススメします。

 

というわけで、コイズミファニテックのハイブリッドチェアとイトーキのトワイス2モデルを比較してみました。椅子はやはり座ってみないことには分からないのでハイブリッドチェアのほうが安心感があると言える一方、トワイス特有の機能も捨てきれないというのも正直なところです。

ただ、トワイスKS5はキャスター荷重ロック機能がないので小学校入学時~低学年には不向きです。じゃあ小学校高学年以上かと言うと、そのときには大型の足置きステップはほとんど必要がないと思います。KS32より価格が安いのは魅力ですけど、どっちつかずのスペックだと言えそうです。

ちなみに、ハイブリッドチェアには従来から角家具販売店オリジナルのファブリックタイプ(ローバック)やPVCレザータイプ(ミドルバック)もあります。無地だけではなく柄ものもあります。それも含めて比較検討するとなると大変かもしれませんが、是非あちこち足を運んで試していただければと思います。

関連記事

【2024最新】定番チェア徹底分析!コイズミ「ハイブリッドチェア」
コイズミファニテックの「ハイブリッドチェア」は回転チェアのようなソフトな座り心地と木製椅子のような安定感を備えた、座面が回転しない学習椅子です。ニトリには布張り、島忠ホームズとナフコ21スタイルには背もたれが高いオリジナル仕様もあります。イトーキや大商産業、オカムラには、回転をロック&解除できるものもあります。
学習チェア唯一のスマートロッキング搭載!イトーキ「トワイスKS32」
イトーキから学習用回転チェア「トワイスKS32」と同「KS5」が発売されました。KS32は学習チェア唯一のスマートロッキング機能を搭載。長時間の学習でも途中でリラックスできます。また、キャスターには荷重ロック機能が付いており、子供が座ると固定されます。
【2024最新】子供の勉強に最適な学習椅子の選び方
子供の勉強に最適な学習椅子の選び方をまとめてみました。特に重要なのがデスクカーペットを敷くかどうかで選ぶタイプが変わってくるということ。リビングダイニング学習の場合はカーペットを敷かないことが多いので、4本脚やスキー脚のチェアを選ぶのが良いでしょう。
学習椅子はどっちが良いの?【木製チェアvs回転チェア】メリット&デメリット
学習椅子は木製チェアと回転チェアのどちらが良いのか。JOIFAや当サイトのアンケート結果とともに、メリット&デメリットをまとめてみました。一概にどちらが良いというわけではなく、お子さんやシチュエーションに合わせて選ぶのが良いでしょう。

コメント 皆様からご質問・ご意見など

  1. どんぐり より:

    収納マンさま
    以前、学習椅子選びでハイブリッドチェアにするかトワイスK32にするかで相談させていただいておりました、どんぐりです。
    色々とアドバイスいただきありがとうございました。
    検討の結果、トワイスK32のネイビーを購入しました。実際に試しに行くことはできませんでしたが、収納マンさんのおっしゃる通り、回転させることができることや足置きステップが大きいことは大きな決め手となりました。あとは個人的な見た目の好みも大きかったです。フレームが白いので、北欧風にまとめたい部屋の雰囲気にはピッタリだったかなと思います。あと、脚の部分の見た目も良かったです。安定の面でも問題無さそうです。
    息子もかなり気に入った様子で本当に大満足です。

    どうもありがとうございました。

    追伸。学習椅子に続けて、学習ライトもこちらのサイトで知ったコイズミのECL611ホワイトを購入しました!

    • 収納マン より:

      どんぐりさま

      トワイスKS32を購入されたのですね!

      おっしゃる通り、トワイスは回転させることもでき、足置きが大きいことが大きな魅力だと思います。

      コトアには確かにフレームがグレーのハイブリッドチェアよりもホワイト系のKS32のほうが似合いますよね♪
      敢えてネイビーというところが凛として素敵だと思います^^

      デスクライトはECL-611にされたということで、こちらもベストマッチでしょう。
      椅子も含めて最高の組み合わせだと思いますよ^^

      まだ実際にKS32を購入された方は少ないはずなので、今回いただいたご感想は参考になる方が多いと思います。
      こちらこそありがとうございました^^