【2024最新】定番チェア徹底分析!一生紀「フィオーレ」

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

定番チェアの第2弾は一生紀(いっせいき)の「フィオーレ」を取り上げたいと思います。

これまでに取り上げた定番デスクとチェアはいずれも大手学習机メーカーばかり。そのため、一生紀のフィオーレを取り上げるというのは私自身もちょっと意外に感じるところです。しかしながら、定番と言える学習椅子はあまり多くなく、コイズミファニテックのハイブリッドチェアの次に思いついてしまったのがフィオーレだったというわけです。

ともあれ、今となっては選択肢が少なくない4本脚の学習椅子の中にあって、フィオーレの人気が高いのはなぜでしょうか。詳しく見てまいりましょう。

※この記事は2023年7月19日時点の情報に基づいています

 

一生紀・フィオーレ

ラインナップ

仕様カラー材質サイズ
W×D×H(mm)
税込価格
フレーム
完成品ナチュラルラバー無垢アルダー無垢450×460×74018,990円
ミディアムブラウン
ナチュラル/ミディアムブラウン17,990円
ホワイト
ブラック
ナチュラルオーク無垢オーク突板24,990円
ミディアムブラウンウォルナット無垢ウォルナット突板26,990円
組立品ナチュラルラバー無垢バーチ突板14,990円
ミディアムブラウン

※価格はすべて2023/07/19現在のISSEIKI FURNITURE SHOP楽天市場店の場合

特徴・人気の秘密

一生紀のフィオーレが人気となった理由は、価格が手頃な4本脚の学習用チェアだからと言えるかと思います。

昨今はダイニングテーブルで宿題などに取り組むご家庭が増えました。しかしながら、大人用のダイニングチェアでは子供が座ったときにテーブルの高さが合わず、足もブラブラして落ち着きません。一方で、学習机メーカーの木製椅子は学習用として最適と言えるものの、多くがキャスター付きでカーペットを敷く必要があります。また、デザインや質感がダイニングルームのインテリアに合わないことも多いです。

フィオーレは木部のカラーバリエーションが豊富でダイニングセットに合わせやすく、4本脚のためフェルトを脚裏に貼り付けるなどすればカーペットが不要なうえ、ほかのダイニングチェアとデザインを揃えやすいというメリットもあります。また、張地のベースはホワイトのPVCレザーですが、布地の専用カバーが用意されているので、この点でもコーディネートしやすいだけでなく、触り心地が良く、洗濯可能という点も支持されているのでしょう。

なお、専用カバーとチェア本体のセットも販売されています。ただし、通常時は特に割安になっているわけではありません。

よく比較検討されるチェア

市場・イートコJUC-2877RW

フィオーレと競合する椅子は現在では多いのですが、実際には比較検討されることが少ないように思います。逆に、フィオーレが登場する以前は市場の「E-toko(イートコ)チェア」の独壇場でした。しかしながら、何度もリニューアルを繰り返しているうちに私でもワケが分からなくなってしまった感じです。

商品そのものは決して悪くないものの、今となってはフィオーレと比べると野暮ったく感じてしまうのかもしれません。なお、現在は上写真の「JUC-2877RW」のほか、ベビーチェアにもなる板座の「JUC-3172」、背板タイプの「JUC-3507」もあります。

一生紀・エアリー3

一生紀の「エアリー3」はフィオーレよりも価格が手頃ということもあって、フィオーレに負けないくらいよく売れています。5色展開でインテリアに合わせやすく、別売の専用カバー(クッション)をセットすることで座り心地の向上を図ることもできます。

なお、エアリー3は組立式のみ。組立式だとネジが緩んでガタツキが生じやすいため、個人的にはフィオーレの完成品をオススメしたいところです。エアリー3のカバーは紐が切れやすいそうですから、その点でもPVCレザー張りのフィオーレのほうが良いのではないでしょうか。

ニトリ・キッズチェアHH23AV

一生紀のフィオーレを扱っている家具販売店はそれほど多くないので、代わりにニトリの「キッズチェアHH23AV」を検討する方もいらっしゃるかもしれません。

HH23AVはアルダーを主材とする「アルナス」シリーズのチェアで、フィオーレと同様に背板にアルダー無垢、フレームにラバーウッドを使っています。一方で、HH23AVは組立品のみ、座面カバーとのセット品のみの販売となっています。

ヒカリサンデスク・G-65DX

学習机メーカーで4本脚チェアの取り扱いが多いのがヒカリサンデスク。「G-65DX」はアッシュまたはウォールナットの突板を使った椅子となっています。ほかにもヒカリサンデスクには同型の「ロイスキッズチェア」やイートコ似の「G-71」などがあります。

堀田木工所・ペルケチェア

ここまで紹介したものは2万円以下ですが、もうちょっと頑張ると堀田木工所の「ペルケチェア」が買えます。もちろん、国産&完成品。背板だけでなくフレームもアルダー無垢。自然塗装ですが、デスク天板と違ってそれほど気にすることはないでしょう。

杉工場・スピカ

もっと頑張ると、杉工場の「スピカ」が買えます。こちらはビーチ材のオイル塗装です。さらに値は張りますが、レッドオークウォールナットもあります。

 

ほかにもカリモク家具や浜本工芸にもリビング学習に最適な4本脚やスキー脚のチェアがありますが、フィオーレの価格帯とは大きく乖離してしまうので割愛します。

フィオーレはダイニングセットとコーディネートするのに最適なデザインかつカラーバリエーションで価格も手頃。おまけに座面カバーも用意されているので、汚れても洗えるという点がメリットです。その点で言うとニトリのHH23AVはかなり強力なライバルと言えましょう。

あとはより低価格のエアリー3、逆に国産&完成品のペルケも捨てがたいところかもしれませんね。

関連記事

ダイニングテーブルにセットするのに最適な4本脚の子供用学習椅子まとめ
ダイニングテーブルにセットするのに最適な4本脚の子供用学習椅子をまとめてみました。ダイニングセットの下にはカーペットを敷かないことが一般的なので、4本脚のチェアの脚裏にフェルトを貼って使うのがオススメです。もちろん、カーペットを敷かない場合の学習机にセットするにもオススメのものばかりです。
ダイニングチェアに厚手のクッションを置けばダイニング学習もOK?
「ダイニングチェアに厚手のクッションを置けばダイニング学習でも問題ないですか?」と聞かれることが時々あります。 結論から言うと、大丈夫とも言えるし、厳しいとも言えます。また、クッションがないよりはマシとも言えるし、かえって邪魔になることもあ...
一生紀「フィオーレ」に組立式が登場!組立は手間だけど完成品よりお得?
一生紀の「フィオーレ」デスクチェアに組立式が登場しました。物流コストを抑えることでラバーウッド&アルダーの完成品より少し価格が安くなっています。半面でネジが見えるだけでなく、耐久性が犠牲になる可能性があると考えられます。
一生紀も7月から学習机を価格改定!また値上げかと思いきやまさかの値下げ?
一生紀の学習机が2023年7月1日に価格改定されました。しかし値上げではなくほとんどが値下げです。改めて調べてみると、一生紀はこの5年ほどでほとんど値上げしていないことが分かりました。ウレタン塗装のデスクもあるのでコスパが良いと思います。

コメント 皆様からご質問・ご意見など