昨年度の失策を踏まえて2024年度のニトリの学習机はデスクライト付きに

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

2023年度の学習机市場は散々であったと思います。コロナ禍に家ナカ需要が急増した反動で、アフターコロナでは家具業界全体が不振に。さらに原材料や物流費などの高騰で値上げラッシュ。さすがのニトリも値上げやスペックダウンを余儀なくされましたが、あまりの売上不振に途中から主力モデルを対象に「デスクライト+コンセントBOX無料」などの販売促進策に踏み切りました。実質9千円の値引きです。

2024年度も同じ轍を踏むわけにはいきません。さりとて、値上げなりコストダウンをしなければ利益率の維持が難しいこともまた事実です。

ともあれ、そこは増収増益を続けるニトリです。何かしら手を打ってくるに違いありません。その一端が明らかになって参りましたので、ちょっと見てみたいと思います。

※この記事は2023年11月4日時点の情報に基づいています(2024年4月26日一部更新)

 

くみあわせデスクDL24

まず主力の「くみあわせデスクDL24」(旧・リビオ)から見てまいりましょう。

こちらは組み替え式のカラーデスクです。2024年度は上棚の形状がバックパネルのようになるとともに、懸下式のタブレットスタンドが装備されました。また、ワゴンがスリムになっているように見えますし、足元には配線収納スペースのようなものが見られます。

くみあわせデスクDL24はデスクライト付きで税込69,990円。2023年度のDL23は発売当初、デスクライト無しで同69,900円、途中からデスクライト+コンセントBOX付きで同68,990円になったことを考えると、絶妙と言うよりは微妙という感じの価格です。タブレットスタンドが装備された一方で、ワゴンは幅が狭くなり、コンセントBOXが付かないからです。

ともあれ、諸々のコストが上がっていることを考えると致し方なしかなとも思います。ワゴンがスリムになったことで、足元が広くなったと好意的に見ることもできるでしょう。デスクライトは必要でも、コンセントBOXの有無なんて気付かない人が大半だとも思います。

ちなみに、この上棚の形状からすると、2024年度は上棚ハイタイプがなくなると考えられます。

2023/12/10追記:DL24はベトナム製で引出内部材は白塗りのMDF合板となっており、基本スペックは昨年度モデルのGL23と同様と言えます。ワゴンは幅が狭くなったためか、収納量がかなり少なくなったと感じます。
2024/04/26追記:その後、くみあわせデスクDL24はセール時に5千円引きの税込64,990円で販売されることが何度かありました。それを見越しての価格設定だったと思われます。

メルシーH

天然木突板の「メルシーH」 も2023年度の失策を踏まえてデスクライト+コンセントBOX付きになりました。価格は税込59,990円で、2023年度途中からデスクライト+コンセントBOX付きで同54,900円だったことを考えると、約5千円のアップです。

それでいて、こちらもワゴンがスリムになっているように見えます。ただ、「ワゴン(メルシーH P)」のサイズを見ると、2023年度モデルと同じ幅40cmということになってるんですね。写真ではスリムになっているように見えるのですが。

あと、ここ数年、メルシーは東日本や西日本など地域と品番を分けて販売していましたが、2024年度はそういった区分はなくなるようです。おそらく、ひとつの工場で作れてしまうほどの台数に減ってしまったか、逆にひとつの工場でまとめて作ることでコスト抑制に努めたのだと考えられます。

もう一点、写真で見る限り、どうにも木目がありません。これはCG画像を使っている可能性も考えられるものの、また工場や材質を変更した可能性も考えられます。

2023/12/10追記:メルシーHはスリムワゴンということで間違いないです。前述のDL24と同様、かなり収納量が減ったと感じます。
また、引き続きアルダーまたはバーチ突板を使っていると思われますが、LBR色は写真で見るよりもかなり色が濃くなりました。イトーキ「リーモ」のティーブラウン色、もしくはそれよりも濃いと感じます。アルダーにしては木目が強いので、違う樹種に変えた可能性もあります。
なお、昨年度はベトナム製で引出内部材は白塗りのMDF合板でしたが、2024年度は中国製で桐になりました。今のご時世、この仕様で税込59,990円はお買い得感があると思います。

メルシーのラインナップ

2023年度当初価格 2023年度途中~ 2024年度価格
スタンダードデスク 54,900円 54,900円 59,990円
ユニットデスク 64,900円 64,900円 69,990円
くみあわせデスク 74,900円 74,900円 79,990円
デスク(平机) 29,900円 29,990円
ワゴン 15,000円 14,900円

※デスクライト&コンセントBOX付き価格

メルシーのユニットデスク、くみあわせデスクともに、約5千円のアップです。2023年度当初はデスクライト+コンセントBOX別だったことを考えると改善されましたが、現在も販売中の旧モデルと比較すると割高感は否めません。いまメルシーを検討されている方は在庫があるうちに買ったほうが良いでしょう。

2023/12/10追記:先に追記した通り中国製に戻ったので、2024年度モデルは決して割高とは言えません。ただし、LBR色は色が濃くなっているように思われるので、その点は注意が必要です。また、2023年度モデルに比べるとワゴンの収納量がかなり少ないです。

なお、2022年度から引出し3段のワゴンではなく価格を抑えた棚3段の「S」タイプがありましたが、現在のところ、そのタイプは見られません。そんなに売上が悪かったとは感じなかったのですけど、3段引出しタイプに集約することでコストを抑えたのでしょうか。もしくは引出し3段をスリムにしたことで、ニーズを集約できると考えたのかもしれません。

 

ラック付き学習イスWT24

2024年度のニトリのデスクラインナップには他にも変化があるのですが、それよりも注目したいのがこちらの「ラック付き学習イスWT24」です。

私は最初、コイズミファニテックの「ハイブリッドチェア」をまたイジったのかと思いました。しかし、シート部の変更や足置きを無しにしただけではなく、足元棚の形状やキャスターも異なることが分かりました。キャスターがコイズミ仕様ではないことから、コイズミファニテック製ではなさそうです。

ニトリ版「ハイブリットチェアODC-842」をやめてこちらにシフトするつもりかもしれませんね。

 

以上の通り、さすがのニトリでさえも学習机に関しては今年も手を焼いているように見受けられます。2023年度のデスクライト別売とすることで実質的に価格を据え置きに見せかける戦略は失敗。それを踏まえて2024年度はデスクライト付きにすることでボリューム感は訴求しつつ、あらゆる手法でコストを抑えたり、〇万9千990円という具合に価格帯を大台に乗せないようにして少しでも安く感じさせようとする魂胆戦略のようです。

とは言え、苦労しているのはニトリだけではありません。ほかの販売店やメーカーも似たり寄ったりです。そのような中でニトリがどこまで上手く立ち回れるのか、競合他社も注目していることでしょう。

主に2024年の年明け以降に追加されたモデルについては以下をご覧ください。
無印良品と同じくリノリウム!ニトリ「デスクワゴンセットIR24」は一生紀?
ニトリの2024年度新作デスクの追加情報です。「デスクワゴンセットIR24」と「ハイデスクIM24」はたぶん一生紀が作っているのだと思います。「スタンダードデスクDK24」と「ユニットデスクDSR24」は大商産業。「スタンダードデスクWC24」と「WR24」はくろがね工作所でしょうか。

関連記事

オワコンだったはずのニトリの2023学習机が実質値引きで反転攻勢に?
2023年度のニトリの学習机は値上げとスペックダウンの嵐でオワコンかと思ってましたが、2月から反転攻勢に出た模様です。「メルシー」はデスクライトとコンセントボックスがオマケ(0円)に。「くみあわせデスクDL23」と「GL23」、「WC23」、「WR23」は、キャンペーンなど関係なくシレッと値下げされています。
値上げ&スペックダウンの嵐!ニトリの2023年度学習机はオワコン
ニトリの2023年度学習机は値上げ&スペックダウンの嵐です。昨今のコストアップを考えると値上げは致し方なしとしても、スペックダウンはちょっと眉をひそめるところがあります。この価格、この仕様なら、ほかで買ったほうが良いと言えるものが多いと思います。
【2024最新】定番デスク徹底分析!ニトリ「メルシーH」
ニトリの定番デスク「メルシー」は天板に天然木突板を使いつつデスクライト付きのスタンダードデスクで5万円台という比較的お手頃な価格が魅力です。ホワイトウォッシュ、ライトブラウン、ミドルブラウンの3色展開で、男女ともに人気というのも大きいと思います。ライバルは無印良品やイトーキ、コイズミファニテックなど。
【2024最新】無印良品「木製デスク」vsニトリ「メルシー」徹底比較
2024年度最新版。無印良品「木製デスク オーク材」+キャビネット+上置き棚の3点セットと、ニトリ「スタンダードデスク メルシーH」を徹底比較してみました。低価格ながらオーク無垢の天板ということを考えると無印良品は魅力的。一方で、安心感や無難さを求めるならメルシーという選択肢もアリかもしれません。
この記事を書いた人

家具メーカーを退職後、2002年に収納スタイルコーディネーターとして独立。多くのご家庭の片づけの悩みを解決してきました。TVチャンピオン「収納ダメ主婦しつけ王」選手権で優勝するなどメディア出演多数。
長女が小学校に入学するのを機に学習机を購入してブログで報告したところ、学習机について相談が殺到。以後、「学習机評論家」としてメーカーの展示会や販売店に足を運ぶなどして日々情報収集に努めています。詳しいプロフィールはこちら

収納マン(芝谷 浩)をフォローする
ニトリ

コメント 皆様からご質問・ご意見など