7月からコイズミファニテックも値上げ!学習机を買うなら今でしょ?

7月からコイズミファニテックの学習机も値上げ!

ここのところ、ネットでもテレビでも値上げのニュースを聞かない日はありません。買い物に行っても、値段が上がり、食品の内容量が少なくなっていることを実感することが多々あります。

これだけ広範囲に値上げの波が迫っていると、お勤めの会社でも仕入れ価格が上がったとか、値上げせざるを得ないということで、頭を抱えている方も多いのではないでしょうか。学習机に関しても同様で、また値上げの話がゾロゾロと出てきました。

 

昨年度に続きコイズミ値上げ

先日、コイズミファニテックが一部商品の価格を7月1日から改定すると発表しました。理由は”世界的なインフレによる原材料の高騰や円安の進行、諸経費の値上がり”で、”改定した価格は7月2日よりホームページ”にて公表する予定ということです。

コイズミファニテックは2022年度にも値上げに踏み切っています。にもかかわらず、2023年度も値上げというのは決して辛抱が足りないのではなく、それほど仕入れなどのコストが急激に上がっているからに他ありません。

WDスペシャルやアルフは値上げ必至!?

値上げは仕方ないとして、一体どれくらい値上がりするものでしょうか。

2022年度は価格を据え置いた「WDスペシャル」(上写真)や「ファリス」、逆に値下げされた「アルフ」は値上げ必至だと思います。一方で、それ以外は概ね4~5%ほどのアップ、最大でも9%程度だったので、同程度で済むのか、それを上回るのかが気になるところです。

ビーノは価格据え置きの可能性も!?

もっとも関心が大きいのは、こちらでも人気の「ビーノ」(上写真)だと思います。ただ、ビーノの値上がり率については、値上げの発表とほぼ同時に取り扱いを始めたニトリでの売価が参考になるかもしれません。5月にニトリでビーノの取り扱いを始めて、2ヶ月後にいきなり値上げなんて、ちょっと考えられませんからね。

現状ではネット販売のみと思われるものの、数年ぶりにニトリでコイズミファニテックの学習机が取り扱われた格好ですが、ニトリでのビーノの売価は定価の約25%引きとなっています。これはズバリ、楽天市場やYahoo!ショッピング、amazonなどの他のネットショップに合わせた格好と言えます。

ニトリの店頭に並ばず、あくまでネット販売のみなら、7月の値上げに対応して価格を変更するのは容易です。しかしながら、前述の通り5月から取り扱いを始めて2ヶ月も待たずに値上げというのはちょっと考えにくいような気がします。一度は手を引いたコイズミファニテックがそんなややこしいことができるはずがないと考えれば尚更です。

ほかにも色々考えれば考えるほど、このタイミングでビーノの価格をいじるのは難しいんじゃないかと思うんですよねー。そんなわけで、ビーノは価格を据え置く可能性が十分にあるんじゃないかと思います。予想が外れたらゴメンナサイ(苦笑)

ちなみに、ニトリではビーノだけでなく「ウェルビー」も取り扱われます。

 

堀田木工所も値上げ

コイズミファニテックに先んじて4月に堀田木工所も値上げを発表しています。こちらは7月1日受注分からです。

堀田木工所は2022年度にも値上げしました。そのときは数%から最大20%までと決して小さな値上げ率ではありませんでしたが、さて2023年度はどうなることでしょうか。

 

既に浜本工芸も7月1日受注分から学習家具関連品を値上げすると発表しています。カリモク家具も6月1日受注分から値上げという話を小耳に挟んでおりますが、学習関連品が対象となるかどうかは現時点で定かではありません。でもたぶん、遅かれ早かれ対象となるでしょう。

ともあれ、この状況で「当社は値上げいたしません!」という声を期待するのは無理筋です。もはや値上げラッシュと言うよりインフレですよね。意中の学習机がございましたら、手持ち資金が相対的に目減りする前にご購入ください。

関連記事

昨年度モデルが激安大特価!コイズミ「ビーノ」&「ブロスト」3点セット
コイズミファニテックの「ビーノ」デスクWT色の3サイズいずれか+シェルフWT色+「ブロスト」チェアの3点セットが楽天市場の「家具のアイテム」ならびに「家具の穴場カナケン」にて数量限定激安販売中です。シェルフとチェアは旧モデルですが、まったく問題ありません。
コイズミファニテック「WellBee(ウェルビー)」は傾斜天板採用!
コイズミファニテックから傾斜天板を採用した「WellBee(ウェルビー)」が発売されました。デザインはビーノやファリスに似た感じですが、天板はMDFダイレクトプリントであるなど質感はCDシリーズとほぼ同じ感じです。
テレワーク向き?コイズミ「ガジェ」はコンパクトながら上棚付きのデスク
コイズミファニテックの新商品「Gaje(ガジェ)」はテレワークに最適なコンパクトなデスクです。引出しはないものの、上棚やサイドラックが用意されていて、ペンやスマホ、ノートパソコンなどを収納するのにちょっと気の利いた感じのするガジェットと言えそうです。
2023年度の学習机メーカー&販売店 年間スケジュール予測
2022年度学習机シーズンの総括に代えて、2023年度の学習机メーカー&販売店の年間スケジュールを予測してみました。7月1日受注分から浜本工芸がおそらく値上げ、それ以降、順次各社のカタログが発行されていく予定です。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など

  1. 茨城県民 より:

    こちらの記事でコイズミ値上げと拝見し、入学済みの下の子の机をゆるーく検討中だったので、家具店にリサーチに行ってきました。

    ○ウェルビーとルーミンは価格変更ないが、そのほかの当該店舗取扱商品はほぼ値上がりします
    ○ビーノもだいたい2割ぐらい上がります(デスク2割・ワゴン1割強くらいだったかな)
    ○レイクウッドのベーシックが廃盤になります
    ○OD1-WOODYのロータイプ・ウォルナット色は売り切れです

    だそうです。
    そんなわけであと1年くらいの間でぼちぼち考えようと思っていた机を、えいっと購入することにしました。
    主力候補がビーノとレイクウッドベーシックだったので、候補外のものについてはあまり詳しくは伺っていないのですが、なかなか値上げ幅が大きかったので驚きました。
    近隣の別の家具店でもやはりビーノが2割くらい値上げと聞きましたので、だいたいそのぐらいなのでしょうね。
    両店とも7/1注文分から新価格です、とのお話でした。

    • 収納マン より:

      茨城県民さま

      おひさしぶりです^^
      今回もまた貴重な情報ありがとうございます!

      ウェルビーとルーミンは新しい商品なので、将来の値上げを織り込んだ価格設定だったんでしょうね。

      ビーノは2割ぐらい上がりますかー。
      昨年はめちゃ頑張って価格を抑えたようですが、今年はもうさすがにお手上げって感じですかね^^;

      レイクウッドのベーシックデスクは再び廃番ですかー。
      やはりコスパで言うとステップアップデスクを選ぶ人が多いのでしょう。

      OD1-WOODYのロータイプ・ウォルナット色は売り切れ。
      一時的な売り切れなのか、廃色もしくは差し替えなのか、今後の展開が気になります。

      値上げまで残すところあと1週間余り。
      ビーノとレイクウッドベーシックあたりで決まりなら、今が買いですね^^