サンウッドイズノット「サンノット」!ヒカリサンデスクの2022学習机

ようやくヒカリサンデスク(光製作所)の学習机カタログが公開されました。

ようやくと言っても、別に今年はカタログの発行が遅かったわけじゃありません。例年よりもちょっと早く新型デスクの情報がキャッチできていて、「これは是非みなさんに早くお伝えしたい!」と思っていたのに、私の期待とは裏腹にデジタルカタログの公開時期が例年通りだけだっただけです。

既にその新作デスクは島忠ホームズの店頭でチェック済み!早速ご紹介したいと思います。

 

SDW-サンノット

こちらが2022年度のヒカリサンデスクの新作デスク第1弾「SDW-サンノット」です。てっきり、そのデザインから2021年度登場の「SDW-サンウッド」が早くもリニューアルしたのかと思いましたが、サンウッドは継続となっています。

上棚が足元棚にチェンジ!

サンウッドは上棚が足元棚になるというギミックでしたが、サンノットも同じようなギミックを備えています。ただ、サンウッドは一旦デスク天板から上棚を外して足元に固定するという仕様だったのに対し、サンノットは上棚を裏返すという構造です。

コンセントは天板収納に格納

それだけの違いか、などと思うことなかれ。上棚の棚板の下に付いていたUSBポート付きコンセントは、上棚をひっくり返しても使えるようになっています。上写真の通り、フタ状になった天板を持ち上げると、コンセントが収まっているのです。余分な電源コードなども隠してしまえます。

タブレットスタンドにもなる

さらに、反対側のフタを立て掛けると、タブレットスタンドとして使える状態になります。

なんすかコレ!めっちゃ良くできてるじゃないですか!

ワイルドな節付きオーク

しかも、デスク本体は地板構造、引出しは四方枠組構造+アリ組み+補強桟つきのこだわり仕様。上棚の側板はボリューム感のある厚みです。天板はオーク突板ですが、節が入っているのでかなりワイルドな印象。これは好みが分かれるところでしょう。

あと、気になったのは上棚スタイルにした状態だとわずかに横揺れがするというところ。上棚をひっくり返した状態のフラットスタイルだとまったく揺れないんですけどね。この点が問題なければパーフェクトだったと思います。

なお、サンノットはナチュラル色とウォールナット色の2色展開で、標準サイズのワゴンを備えたMワゴンセットのほか、スリムワゴンの「Sワゴンセット」もあります。

SDW-サンナチュレ

新作デスク第2弾は「SDW-サンナチュレ」。松(パイン)無垢のデスクで、バックパネルを倒すと天板奥行を拡張できるというギミックを搭載しています。

これ、どうも既視感があるなーと思ったら、以前に一瞬だけKEYUCA(ケユカ)で扱っていた「ヘンリー」に似てるんですよね。デスク、ワゴン、シェルフのセレクトタイプという構成も同じです。もっとも、ヘンリーも光製作所が作っていたので、何の問題もありませんが。

ともあれ、サンナチュレはヘンリーの雪辱を果たすことができるでしょうか。

 

スカーレットが廃番に

2022年度のヒカリサンデスクは新作が上記2モデル。一方で、「スカーレットU」と「SDW-リビスタデスク2」の2モデルが廃番になっています。

サンナチュレはイマドキなんでパイン材なのかと思ったんですけど、おそらく同じくパイン材を主材としていたスカーレットを廃番にしたためでしょうね。材料の引き当てや製造する工場の兼ね合いがあったのではないかと思います。

それにしても、スカーレットの廃番は驚きました。ヒカリサンデスクにとってのスカーレットはイトーキにとっての「カモミール」のような存在だったわけですが、これも時代の流れということでしょうか。

 

Mコンパクト2やベッドが値上げ

今年度は各社とも値上げが取り沙汰されていますが、ヒカリサンデスクはほぼ据え置きとなっています。値上げとなったのは「Mコンパクト2」(上写真)くらい。こちらは75cm幅のデスクが追加されるなど、これから材料を仕入れて作る必要があるからなのだと思います。Mコンパクト2は概ね10%前後の値上げとなっています。

それ以外で値上げとなったデスクは「ニコ リビングデスク90」だけ。旧「サンライト」シリーズはもはや在庫処分の状態だと思ってたんですけど、まだ作っているということに逆に驚きましたー。

それはさておき、ベッドは「ヒュッテ2段ベット」が約24%の値上げとなるなど、ほとんどが値上げとなっています。細かいオプションパーツに至っては50%以上も値上げしているものもあります。ベッドのパーツはデカいので、原材料コストはもちろん、物流コストの影響が企業努力だけではどうにもならないのでしょうね。

一方、仕入れ商品であるデスクライトはすべて価格据え置き。木製デスクチェアは主力モデルが約5~15%の値上げとなっています。既に在庫になっているものはともかく、これから作るものはコスト上昇を価格に転嫁しなければやっていけません。

 

というわけで、2022年度のヒカリサンデスクをザザーッとご紹介したわけですが、いかがだったでしょうか。

個人的には新作のSDW-サンノットがすごく良かったです。多少の横揺れはありますが、ウィドゥスタイルの「セレクト」ほどではないので、許容範囲と言えばその通りです。ショボいデスクライト付きで、Sワゴンセットが8万円台、Mワゴンセットが9万円台なら、選択肢としては悪くないと思いますねー(価格は2021/10/30現在の家具の穴場カナケン楽天市場店の場合)。

しかもこれが、ニトリ色に染まりつつある島忠ホームズでも拝めるというのがありがたい。島忠ホームズではMコンパクト2のSワゴンみたいなワゴンがセットされていますが、カタログモデルは取り寄せできるはずです。

ヒカリサンデスクのクオリティーは賛否の分かれるところですけど、是非一度チェックしていただきたいと思います。

関連記事

まさかの光製作所!KEYUCA(ケユカ)第4のデスク「ヘンリー」
KEYUCA(ケユカ)第4のデスク「ヘンリー」はコイズミファニテックではなく光製作所が製造。天板奥行拡張機能が付いたリビングダイニング学習向けのコンパクトなデスクと言えます。スペック的にはSDW-サンワークス2、機能やラインナップはKコンパクトに近いです。
【2021最新】ヒカリサンデスク(光製作所)の学習机の特徴
ヒカリサンデスクは光製作所の学習家具ブランドです。現在は知名度は高くないものの、昔はテレビCMで有名でした。近年はデザインを重視しており、サンワークスなどが人気となっています。また、家具販売店での二段ベッドの存在感は大きいです。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など