アクタス2019キッズ家具の新顔は子供の秘密基地的な「テンポ」

アクタス六甲店

近年、売上も利益も堅調を維持していると思われるアクタスは、キッズ家具のラインナップも安定感があります。バタバタと商品が入れ替わることはなく、それでいて毎年なにかしら新商品を投入してユーザーを楽しませてくれます。

2019年度は今のところ、残念ながら学習机の新作はありませんが、ベッド主体のシリーズを投入してきました。

スマートキュートな「テンポ」

アクタス・TEMPO(テンポ)

出典:ACTUS

こちらがアクタスの2019ニューカマー、「TEMPO(テンポ)」です。基本は1~3段のベッドで、そこに上写真のようにデスク天板を取り付けたりして、拡張することができるようになってます。

秘密基地のようでありながら、悪い意味での子供っぽさはなく、いわゆる北欧風でかわいらしいデザインに仕上がっています。また、正直に言ってデスク天板の部分などは強度不足なんじゃないかと思いましたが、思いの外シッカリとしており、その点は心配なさそうです。

一方で、一般的な6畳間に上写真の組み合わせで設置した場合、デスクは部屋の隅に押しやられた感じになってしまいます。そのため、6畳間よりも広い部屋でないとちょっと厳しいと思いますが、国産の二段ベッドが買えてしまえる価格を見ると、それなりの豪邸に住むような人しか買わないでしょうから、そんなのは余計な心配なのかもしれません。



ファズルよりお手頃価格

アクタス・ファズル

出典:ACTUS

2019年度のアクタスは、現時点では前年度に比べてテンポが単純にラインアップにプラスされたかたちとなっています。アクタスの場合、冬になってから突如としてラインナップが変更になることがあるので何とも言えませんが、いくらアクタスが堅調と言ってもこの価格帯のベッドが単純にプラスされるというのはさすがに無理があると感じます。

おまけに、2段ベッド、ロフトベッド、ハイベッド、シングルベッドが揃っている「ファズル」とラインナップが被ってしまっています。ホワイトオークを使ったファズルの2段ベッドは税別279,000円、一方でテンポのそれはメープル材で同229,000円ですから、同じように並べれば価格が安いテンポのほうにお客さんが流れる予感がします。

逆に言うと、2015年度の登場以来いろいろとテコ入れを図ってきたファズルもそろそろ商品寿命が切れたので、テンポにそのポジションを譲ることにした…という風に見ることもできるのではないかと思うのですが、さてどうでしょうか。

なお、2019年度のアクタスは2018年度と比較して価格の変更はありません。2018年8月25日から10月31日までモニターキャンペーンと称して10~13%程度の値引きが実施されていますが、これは例年通り。ケユカ同様、アクタスも年に何度か10%オフくらいのセールは実施していますから、ここぞとばかりに意気込んで買う必要はないでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

スポンサードリンク
スポンサードリンク