【価格帯別おすすめ学習机2024】4万円台はリビング学習向けが勢揃い

当ブログは広告を掲載しています。詳細はこちら

【価格帯別おすすめ学習机2024】4万円台

2024年度の「価格帯別おすすめ学習机」第2弾は、4万円台のおすすめを紹介します。学習机の予算は5万円以下で考えたいという消費者は少なくありませんから、ここは結構なボリュームゾーンになっているはずです。さて、今年度はどうでしょうか。

今回も基本的に上棚もしくは書棚付きの学習机を中心に、楽天市場で取り扱っている4万円台の千アイテム以上からピックアップしています。それでは早速、4万円台のオススメを紹介して参りましょう。

※この記事は2024年1月20日時点の情報に基づいています

 

コイズミファニテック・ルーミン

トップバッターはコイズミファニテックの「ルーミン」。これはスゴイですよ。学習机最大手のコイズミファニテック製で、天板はホワイトオーク突板。おまけに、コイズミ製最新デスクライト「ECL-111」同等の照明を搭載したものです。

テレワークやリビング学習の需要を受けてヒット間違いなしと注目されていたデスクですが、結果的に2022~2023年度の2年間でカタログから姿を消すことになりました。そのため、約6割引きという破格値で販売されているわけです(税込45,800円)。こんなのデスクライトの価格を差し引いたらデスクは2.5万円程度ですから激安すぎるにもほどがあります。

幅75cmとコンパクトで引出しもありませんが、リビングダイニングの隅にセミプライベート空間を作りたい親御さんやお子さんにとっては良い選択肢だと思いますよ。

2024/05/14追記:ルーミンは残すところ2色となりましたが、39,800円からとさらに値下げされています。

 

一生紀・フリンク2点セット

続いてもリビングデスクで、一生紀の「フリンク デスク90+プリンターカート 2点セット」(税込46,980円)。幅90×奥行50cmのコンパクトなデスクです。値上げ続きの昨今、昨年よりも約2千円安くなっています。

実はこの組み合わせはある意味”欠陥品”で、デスク下にプリンターカートを収めると椅子をセットできません。しかしながら、使わないときはプリンターカートの上にランドセルを乗せてデスク下に収めておき、学習時にはカートを引っ張り出し、ダイニングからチェアを持ってきて使うということもできると思います。

フリンクの天板はウォルナット突板のウレタン塗装。引出前板や脚はウォルナット無垢ですから、とても4万円台とは思えない質感を備えています。なお、ナチュラル系がお好みの場合はオーク突板の「アルボ」もあります。こちらはスリムワゴンを組み合わせることも可能です。

2024/04/03追記:一生紀のアルボは販売を終了した模様です。

 

マナベIH・ゲイル

マナベインテリアハーツの「ゲイル」は、いわゆる天板昇降式のデスクです。ナチュラル、ウォルナット、ホワイトの3色が用意されており、それぞれオーク、ウォルナット、カバの突板が使われています。

”デスク単品”で税込49,900円となっていますが、ワゴンも付いています。天板奥行は50cmとコンパクトであるものの、逆に未就学児からリビングで使う場合には良いのではないでしょうか。

 

大商産業・SPR-550

最後は大商産業の「SPR-550」。昨年は3万円台で買えましたが、今年は49,800円に大幅に値上がりしています。そのため、4万円台のオススメにピックアップすることは躊躇したんですけど、もともと売れ筋の商品だし、他で買うよりはお得ということでチョイスしてみました。

幅80×奥行55cmのコンパクトなデスクと幅35cmのサイドチェストの組み合わせです。男子にはブラック系の「MWSP-520」もあります。

 

2024年5月14日追記

一生紀・ENOMO

ニトリの「ハイデスク(IM24)」である一生紀(いっせいき)の「ENOMO(エノモ)」が4万円台に値下げされています。天板はホワイトオーク突板のオイル塗装なのでキズや汚れには弱いですが、収納量が多く、バックパネルでマグネット収納が使え、おまけにテーパー脚で座り降りしやすいのはメリットと言えるでしょう。

ワゴン付きは税込62,980円となっています。今なら3色から選べるので早い者勝ちです。

 

以上、4万円台のオススメ学習机を4台ご紹介しました。

いずれも幅もしくは奥行がコンパクトなリビング学習向けという感じでしたが、4台中3台が天然木突板、大商産業のSPR-550もWW色だけはラバーウッド無垢となっています(ほか三色はMDF合板)。値上げ続きの昨今、4万円台でこれだけ天然木のデスクが揃うというのはスゴイことだと思います。

一方で、奥行60cm以上は欲しいと考えておられる方にとっては物足りないセレクションでしたね。5万円台にご期待ください。

2024/01/26追記:amazonにて無印良品の「木製デスク3点セット」が税込45,214円で販売開始されました。オーク材突板となっていますが、これはデスク天板のことではなく上置きの棚板のことで、現在販売中のものと同じ仕様です。 公式オンラインショップ(税込64,900円)よりも約30%も安く、しかも送料無料。私の経験上、こういうのはすぐに売り切れますので、ご検討中の方は是非お急ぎください。 ⇒2月3日に特価品は完売、2月6日頃から通常価格に戻っています。 ⇒2月20日頃からamazonには入荷がない状況が続いています。

5万円台のオススメ学習机

【価格帯別おすすめ学習机2024】5万円台は天然木のデスクが勢揃い
5万円台のオススメ学習机はニトリの「メルシーH」、イトーキの「コファーノ」、大商産業(金次郎デスク)の「XD」、一生紀の「リフレ」、エイゼントレィディングの「ツリー」です。いずれも天板に天然木を使っています。

3万円台のオススメ学習机

【価格帯別おすすめ学習机2024】3万円台でもメーカー品が買えます!
3万円台のオススメ学習机はトロフ「ルオト」(大商産業・LD-960)、エス・ワールド「Nワイズ」、イトーキ「リーモリビング」2点セット、オカムラ「ヴィチーノ」デスクセット(オープンタイプ)です。

関連記事

テレワークや書斎デスクに最適な「ルーミン」「トリムス」が半値以下!
テレワークや書斎デスクに最適なコイズミファニテックの「ルーミン」&「トリムス」が半値以下という激安価格で販売中です。ルーミンは太陽光スペクトルデスクライト付きのコンパクトなホワイトオーク突板デスク。トリムスも同様に突板でゆったりサイズとなっています。
一生紀も7月から学習机を価格改定!また値上げかと思いきやまさかの値下げ?
一生紀の学習机が2023年7月1日に価格改定されました。しかし値上げではなくほとんどが値下げです。改めて調べてみると、一生紀はこの5年ほどでほとんど値上げしていないことが分かりました。ウレタン塗装のデスクもあるのでコスパが良いと思います。
一生紀の学習机の半数近くがウレタン塗装に!「リフレ」「フェロー」など
一生紀(いっせいき)の学習机と言えばメードイン・ベトナムのオイル塗装というイメージでしたが、この1~2年で一気にウレタン塗装のデスクを増やしました。中でもリフティングワゴンを採用した「リフレ」と「フェロー」は魅力的だと思います。
【2024最新】その名は「金次郎デスク」!大商産業の学習机
大商産業の学習机は「金次郎デスク」として認知されています。また、組み替え式デスクは「3Dデスク」と称しており、意外と認知度が高いブランドです。価格は大手メーカーより安いですが、決して品質面で劣っているわけではありません。ニトリに対抗できるデスクです。
この記事を書いた人

家具メーカーを退職後、2002年に収納スタイルコーディネーターとして独立。多くのご家庭の片づけの悩みを解決してきました。TVチャンピオン「収納ダメ主婦しつけ王」選手権で優勝するなどメディア出演多数。
長女が小学校に入学するのを機に学習机を購入してブログで報告したところ、学習机について相談が殺到。以後、「学習机評論家」としてメーカーの展示会や販売店に足を運ぶなどして日々情報収集に努めています。詳しいプロフィールはこちら

収納マン(芝谷 浩)をフォローする
価格帯別おすすめ

コメント 皆様からご質問・ご意見など