イトーキ「サリダチェアYL2」は程良いコンパクトさでテレワークに最適

前回、IKEA(イケア)の「MICKE(ミッケ)デスク」を妻のテレワーク用に購入したことを報告しました。今回はそれに合わせて購入した回転チェアのお話です。

回転チェアを購入するにあたり、第一にホワイトのデスクとナチュラルのフローリングや家具に合うことを重視しました。また、妻の体格に合わせて座面の奥行がコンパクトな小柄の女性向きの椅子が良いと考えました。なおかつ、ミッケのデスクは引出しが付いているので肘付きは基本的にNG。また、妻はあまり予算を掛けたくないと言うので、低価格のものでなければなりません。

そういった諸条件にマッチするものとして最終的に選んだのが、イトーキの「サリダチェアYL2」だったのです。

※価格および仕様はすべて2021/08/14現在

 

イトーキ・サリダチェアYL2

イトーキ・サリダチェアYL2梱包

「YL2」は1万円台から4万円台まで揃うイトーキの「サリダチェア」シリーズの中でもっともコスパ重視のモデルです。機能的にはシンプルながら、イトーキの名に恥じないクオリティは備えています。今回はホワイト系3色の中からベージュを選びました。

こちらは組立品ですが、背もたれは最初からセットされているので、あとは脚部にシリンダーを挿し込んで、その上からシートを乗せるだけです。ただ、梱包は両手で抱えて階段を上がるのは困難な大きさなので、1階で組み立ててから2階に持って上がることにしました。ちなみに、梱包重量は14.5kgです(製品重量は10.2kg)。

汚れはメラミンスポンジでキレイに

イトーキ・サリダチェアYL2脚部に汚れ

樹脂パーツが白いところが気に入って購入したサリダYL2ですが、やっぱり汚れやすいのでしょうか。脚部のあちこちに黒い汚れが付いていました。

台湾の工場の方が額に汗しながら梱包してくれたんだと考えれば、クレームを入れようとは思いません。ですが、せっかくの白い椅子ですから、少なくとも最初の間は美しい状態で使いたいじゃありませんか。

そこで、まずウエットティッシュで拭き取ろうとしましたがダメでした。「すっごい掃除水」でもダメ。かと言って樹脂パーツなので溶剤系は無理です。それでメラミンスポンジを試したところ、思いのほか簡単に汚れを落とすことができました。

一瞬で組み立て完了

イトーキ・サリダチェアYL2は一瞬で組み立て完了

汚れを取り除くことができたら、あとの組み立ては一瞬です。1万円ちょっとでイトーキのこんな立派な回転チェアが自宅に居ながらにして手に入るなんて、本当に良い時代になりました。

座り心地はまずまず

イトーキ・サリダチェアYL2ベージュの張地

サリダYL2の張地はこんな感じ。ナイロンかポリエステル系のワッフル生地で、摩耗性や防汚性、通気性が期待できそうな質感です。

座面はモールドウレタンを使用しているので耐久性が期待できます。また、板ウレタンに比べるともっちりとした座り心地です。ただし、割りと扁平な形状なので、意識しなければ板ウレタンとの違いは分からないかもしれません。

ミッケデスクにセットしてみた

IKEA・MICKE(ミッケ)デスク142cmにイトーキ・サリダチェアYL2ベージュ×ホワイトをセット

サリダYL2を、先に組み立てたミッケデスクにセットしました。ホワイト×ベージュ色で部屋のインテリアにもマッチしています。

凹みキズ防止のため、床にはサンコーの「おくだけ吸着 デスク足元マット」のベージュ色を敷きました。思ったよりも赤みが強いですが、これで安心です。

妻に座ってもらいました

イトーキ・サリダチェアYL2に妻が座った場合

サリダYL2のスペックには「サイズ:W58.5×D59〜68×H77.5〜88cm」と書いてあるので、私はてっきり背もたれを前後させて座面の奥行を調節する機能があるものだと思っていました。しかし、実際はその機能はありません。奥行が「D59〜68」となっているのは、背もたれを立てた状態からリクライニングさせたときの状態の奥行を示しているようです。

それでも、身長154cmの妻に座ってもらったところ、座面の奥行が深すぎるということはありませんでした。男性向けに作られた椅子だと座面の奥行が深すぎて膝の裏が痛くなってくるということがあるのですが、こちらはその心配はなさそうです。

妻に感想を聞くと、座り心地が軟らかめで良い、ダイニングチェアに座っていたときより疲れないと、おおむね好評でした。一方で、妻が会社で使っているオカムラの回転チェアに比べると座面の幅が狭くて、太腿の両側に手を着くことができないそうです。

ちなみに、サリダYL2の座面の大きさは実寸でW46×D44cm、同じく背もたれの最浅部から座面の前端の奥行は40cmくらいです。

私が座ってみた場合

イトーキ・サリダチェアYL2に収納マンが座った場合

妻の感想を聞いたうえで、身長179cmの私も改めて座ってみました。私がふだん使っているハラチェアの「プロニーチェ」に比べると随分とコンパクトですが、だからと言って座り心地が悪いとは感じません。脚を広げて座っても大丈夫です。背もたれが適度にリクライニングするので、リラックスして座ることもできます。

ただし、私よりも恰幅の良い方だとコンパクトすぎて不満を感じるかもしれません。また、座面も一緒にリクライニングしたほうが良いという方には向かないでしょう。この椅子はあくまでエントリーモデルであり、小柄な人や、座り心地よりもコーディネートを重視する方に最適な商品だと思います。

 

というわけで、私としては妻のテレワーク用にイトーキのサリダチェアYL2のホワイト×ベージュ色を選んで大正解だと思っています。色もコンパクトさもインテリアにバッチリ合ってますし、座り心地も決して悪くありません。なによりイトーキ製ですから安心して使うことができます。

妻は肘付きならもっと良かったと思っているようですが、引出し付きのミッケには合わないので仕方ありません。なお、サリダYL2もフレームが黒のモデルなら別売の肘置き、もしくは肘置き付きのチェアが用意されています。

サリダYL2のホワイト系もよく売れているようなので、ホワイト系にも肘置きが欲しいところですねー。

2021/09/20追記:ホワイト用のアジャスタブル肘が発売されました。肘掛けはグレーなのですね。

関連記事

テレワーク用にIKEA「MICKE(ミッケ)デスク」142cm幅を購入
テレワーク用にIKEA(イケア)の「MICKE(ミッケ)デスク142×50cm」を購入しました。価格が安いのは助かりますが、天板は波打ち、縁はガサガサ。緩衝材がほぼない梱包なので、角打ちがあったら即クレーム発生です。組み立て時間は慣れていても1時間以上掛かります。大変です。
ズレないけど毛玉だらけ!サンコー「置くだけ吸着デスク足元マット」
子供部屋の学習机の下にサンコーの「おくだけ吸着デスク足元マット」を敷きました。フローリングにピタッと貼り付いて掃除機をかけてもズレたりめくれ上がることがありません。椅子の滑りもスムーズ。一方で、毛玉が大量に発生するというデメリットがあります。
まるでスキーをしている感覚!腰痛持ちに最適なハラチェア「プロニーチェ」
HARAchair(ハラチェア)の「プロニーチェ」は座面が左右に割れていてそれぞれ独立して動きます。その座り心地はまるでスキーをしているよう!おかげで姿勢が固まることなく長時間デスクワークに取り組むことができ、私は半月以上も腰痛や肩凝りを患っていません!
美尻・姿勢・腰痛に効果あり!?MTG「ボディメイクシート・スタイル」を1ヶ月使った感想
MTG「ボディメイクシート・スタイル」を3年近く使った感想です。最初はとにかく痛くて座ってられないです。姿勢に矯正には役立ちそうですが、腰痛の解消には効果は感じられません。それよりも美尻効果のほうが高いのではないかと思います。

【コメント】 皆様からご質問・ご意見など