学習机評論家のオススメ

学習机評論家・収納マンが、学習机の選び方やオススメのデスクなどを紹介します。

*

初潜入!浜本工芸の2018新作デスク発表会に行ってきました

      2017/06/24

私が学習机評論家としてオススメしているメーカーは4社あります。素晴らしい学習机を作っているメーカーはたくさんありますけど、その中でも「悩んだらこの4社の中から選べばまず間違いない!」というメーカーです。

そしてその4社とは、コイズミファニテック、イトーキ、カリモク家具、浜本工芸です。しかし、その中で唯一、私が直接会って話をうかがったことがないメーカーがありました。それが浜本工芸です。

例年、6月の中旬には大阪で学習机メーカー各社の展示会が開催されます。こちらからお願いさえすれば展示会に潜入することはこれまでも可能だったと思いますが、展示会はあくまで取引先(=家具販売店)のためのものですから、こちらからお願いすることは自重していたのです。

それで、お誘いくださったメーカーの展示会には喜んで飛んで行っていたのですけど、浜本工芸だけはなかなか呼んでくれなくて…。正直、嫌われているんじゃないかと思っていました(←思い当たる節はいくつもありましたが・爆)。

しかし、ようやく片思いの恋が実って、このたび晴れて浜本工芸の2018年度新作デスク発表会にお招きいただくことができましたので、今回はその様子をレポートしたいと思います!

 

No.09デスクにNo.89ブックスタンドがセット可能に!

浜本工芸No.09デスクにNo.89ブックスタンドがセット可能に

展示会場に足を踏み入れて、いきなり「ええーっ!?」と驚いたのがこちらです。

昨年こちらで話題となりました「浜本工芸No.09デスクにNo.89ブックスタンド取り付けできるのかできないのか問題」。公式見解としては「できないことはない」ということだったと思うんですけど、2018年度はそれが解決することとなりました。

別に仕様が変わったわけではないそうです。それなら何故できるようになったのかというところですが、それはともかくとして組み合わせできるようになったことは消費者としてはありがたい限りです。

 

2018新型デスクは2モデルの予定

浜本工芸2018新型デスク

初めて浜本工芸の新作デスク発表会に潜入したので私はかなり緊張しておりました。とは言え、来たからには何か情報を持って帰らなければなりません。No.09デスク+No.89ブックスタンドの組み合わせなどというマイナーなネタも悪くないのですが、やっぱり世間の注目は新型デスクということで、おそるおそる写真撮影をお願いしてみました。

ところが、基本的に何を撮ってもOK、新作デスクもまったく問題ないということで、すんなりと許可が下りました。想定外にノーガードで拍子抜けしてしまいましたー。

浜本工芸の2018年度の新型デスクは2モデルあるのですが、上写真がそのうちのひとつです。2017年度のNo.21デスクとNo.89デスクの中間のようなデザインのデスクで、No.32デスクのような組み替え可能なデスクですね。

実はその奥というか右のほうにチラッと写っているデスクも新型なのですが、ここでは敢えて紹介せず、今後のお楽しみに取っておきましょう。ヒントは浜本工芸の人気No.1デスクに近いデザインです。

 

10kgの荷重でも開閉がスムーズなワゴン最下段引出し

10kgの荷重でも開閉がスムーズなワゴン最下段引出し

これは別に新しいことではないのですが、展示されているワゴンの最下段引出しに「ご体感ください 10kgの荷重でも、こんなに引き出しやすい!!!」というPOPが付けられていて、なるほどなーと感心しました。

我が家にも浜本工芸の学習机がありますので、そのスムーズさは当たり前のように分かっています。ワゴン最下段引出しだけでなく、浜本工芸の学習机と言ったら引出しのスムーズさが一番の売りです。

でも改めてこう言われると、納得してしまいますよね。世界三大金具メーカーのひとつであるグラス社製のスライドレールを使い、「50kg荷重で6万回の開閉試験に合格」した引出しはやっぱり素晴らしいです。

 

ともあれ、2018年度の浜本工芸は消費者に求められていることがちょっと分かってきたのかなという印象を受けました。No.09デスクにNo.89ブックスタンドがセット可能になったということは些細なことのように見えて、とても重要なポイントだと思います。また、新型2モデルも的を外していないように感じました。

今回は別の用件で話し込んでしまったということもあり、あまり詳しく話をうかがうことができなかったんですけど、また機会があれば今回を機に色々と情報を聞き出して、こちらで紹介できればと思います!

 - メーカー, 2018学習机 ,

Comment

  1. 納豆ごはん より:

    以前ケユカの机で質問させていただいたことがあり、その際はありがとうございました。
    私は気に入りましたが、やはり今年度の各社のラインナップを見てから決めたいと思い、収納マン様のブログの更新を日々楽しみにさせていただいています。
    浜本工芸のNo.9も実物を見た際に質感やスライドレールのスムーズさに感動した記憶がありますが、上棚の形状は子どもにとって使いやすいかなーどうかなーと思っていたので、No.89の上棚取り付け可能になったとのことで、また選択肢が増えたなと思いました。
    ランドセルより机を早く決めたいと思いつつ、机は秋ぐらいにならないと出揃わないんですよね?早く机を家に迎えたいと思いますが、収納マン様の記事を読みこんで、来年入学の娘のためにじっくり机を選べればと思います。また悩んだ際にはよろしくお願いします!

    • 収納マン より:

      納豆ごはんさま

      おひさしぶりです^^

      浜本工芸のNo.09デスクにNo.89ブックスタンドが公式見解として取付可能となったことはやはりうれしいですよね♪

      例年通りであれば、学習机はカタログが出回り始めるのは8月初旬から、実際には9月か10月になってからでしょうね。
      私も一通り確認できるのはおそらく10月頃で、コンプリートできるのは12月か1月だと思います。

      そんな感じですが、またお悩みの際はいつでもご質問ください^^

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

浜本工芸・No.41デスク
アクタスついに怒る!浜本工芸デスクが「ヴァリオ」類似品として持ち込まれる、の巻

まあ、そのうちこうなるとは思っていましたけどね(苦笑) 家具業界紙「ホームリビン …

コイズミファニテック・ショールーム大阪
学習机は入学式に間に合わなくても構わない!?【コイズミ突撃レポート1】

2016年度の学習机商戦もピークを越えた感じではありますが、ひとつどうしても気に …

コイズミファニテック・ショールーム大阪
「学習机評論家とコイズミの学習机開発者を囲んでオフ会@大阪」開催のお知らせ

先日、いつも取材にご協力くださっているコイズミファニテックのYさんから、イベント …

イトーキ・ジョイカラーネオ
イトーキ2018年度ネオ学習机!全体的にシックで大人っぽくなりました

いやー、ボケッとしてました~。イトーキの2018年度新作学習家具、6月26日にプ …

杉工場・SD 3点セット
杉工場の2017学習机は仕様アップ&ダウンで価格はアップ、ラインナップは実質不変

杉工場の2017年度版の学習机デジタルカタログは9月14日には公開されていたんで …

「学習机って本当にいるの!?」座談会@コイズミファニテック20161204
満員御礼!12/4「学習机って本当にいるの?!」座談会@大阪のご報告

先日の12月4日(日)にコイズミファニテックのショールームで開催しました「学習机 …

たなとつくえ・ミニマデスクセット
浜本工芸「No.09デスク+No.89BS」vsたなとつくえ「ミニマデスクセット」比較

先日からIDC大塚家具で販売開始されました、浜本工芸×学習机評論家コラボの「たな …

大塚家具製造販売・カスタネット
おしい!大塚家具製造販売の学習机5重奏はセラウッド塗装で素敵だけど奥行が浅すぎる

さてさて。前回に予告した通り、今回から「おしい!」と嘆かずにはおれなかった学習机 …

1. LDのテーブルで学習し、LDに棚などに収納
リビング?子供部屋?学習スタイルと収納レイアウトから考える学習家具の選び方

多くのご家庭にとって、お子さんが小学校に入学したらどこで勉強させるかということは …

たなとつくえ・フレム60オープンシェルフ
ランドセルラックを買うなら待った!たなとつくえ「フレム」オープンシェルフ

リビングダイニング学習が一般的になってきたことも影響していると思いますが、最近は …